RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« Vol.552 10月16日 賭けにでる戦略進行中…… | メイン | Vol.554 11月4日 まだ余韻、続いてます…… »

2011年10月17日 (月)

Vol.553 10月17日 目標タイム達成!、燃え尽きるまで走った3位!!

2011daytona_11_2







いよいよ最後の決勝日、
早朝の練習走行は新品フロントタイヤの慣らし
を兼ねながらタイムアタック、
路面温度が低くても16秒キープできたので
ヤル気満々なまでに気分が高揚……

2011daytona_12 で、午後のフォーミュラ750は
思いきりスタートダッシュしたものの、
軽量なノートンに行く手を阻まれ
4位で第1コーナーを通過、
そこからクランクを抜けホースシューと呼ばれる
右ヘアピンの突っ込みで
1台を抜き返し3位にポジションアップ、
先頭は本命のティム・ジョイスで
ジョン・エリスが追う予想通りの展開に。
オープニングラップは2台のノートンに
絡まれるものの、第1コーナー突っ込みで
突き放し、先行する2台に追いすがろうと
必死で攻めまくるもどうにも届かず、
順当な3位でゴールとなりました。
目標だった2分15秒もマークできたけど
先行する2台はさらに2秒以上速かったので
万事休すというところ。
でも燃焼し尽くしました。
コーナーは両輪とも進入で滑りっぱなしまで
攻めまくったので、心残りはまったくナシ。
こんな充実感、滅多に経験できません。

続くフォーミュラビンテージでは、
どうせ一昨日と同じ5位だろうと思ってはいたものの、
最後のレースということで、オープニングから
前レースのペースをキープしたおかげか
前半の好ポジションを奪われることなく
何とこちらも3位でゴール!

イヤ〜、気持ちよかった。
ここまで順当に詰めてきて目標タイムはマークできたし、
相手がさらにタイムアップしちまったので
ジョンたちとデッドヒートしたかったけど
こればかりは仕方ありません……。
今年のデイトナ、まるで悔いナシ、
この歳になってもまだ成長を実感できて
唯々感激を噛み締めています。
何とシアワセ者なことか。

メカニックを務めてくれたモトラボロの関戸さん、
3日間、本当にご苦労さま&ひたすら感謝デス。
「来年こそバーバーから参加してくれヨ」
AHRMAのオフィシャルからジョンやティムをはじめとする
多くの人たちに期待と激励の言葉をもらいました。
来年もデイトナ、来るっきゃないですネ。。。
2011daytona_f_2 2011daytona_g 2011daytona_h



2011daytona_10

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR