RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

Vol.547 9月30日 RIDERS CLUB 11月号、発売中デス。

Riders_club_11_2 宮城光のライテクで
大好評だった10月号に続き、
新刊11月号も続いてその第2弾、
「宮城光のコーナリング3秒間のすべて」
が発売中です。
今回はコーナリングで、
前後のタイヤを荷重で潰し続けるという
言葉だけ聞いていると「プロ専科」的に
感じてしまうかも……ですが、
カンタンに言えば体重をシッカリ
あずけ続ける乗り方指南。
これまでの弊誌では、
誤解されると曲がりはじめを妨げるので
フロントブレーキのリリースが
リーンを開始してからカブらないよう
表現していましたが、
ラジアル世代の最新タイヤでは
いわゆるFブレーキの引き摺りを
かなり受け容れるとの判断で、
そこの表現を変えています。
もちろん強過ぎるFブレーキは、
曲がりにくさを増しスリップすれば
前輪からコケるリスクもあります。
このあたり、イメージを伝える難しさを
編集スタッフ全員あらためて痛感していますが、
宮城光の誤解をおそれずのひと押しで
キッパリとアピールすることにしました。
彼のバイクが本来もっている機能を
妨げることなくフルに駆使しようという思いは
従来の我々の基盤と100パーセント違わず、
その点で混乱をきたすことはありません。
ぜひぜひ、ご覧ください。

2011年9月25日 (日)

Vol.546 9月25日 デイトナ用ツナギお披露目!

Mrj_1815_2 毎度のコトながら、
一瞬だけ時間を割けば
書けるブログのはずなのに、
仕事の目処が立つと
睡魔に負けてのご無沙汰……。
そんな多忙な日々で痛感するのが
バイクから貰えるモチベーション。
先週の連休も九州で
モトコルセラグジュアリーツーリング
に参加して、停滞する台風の
Mv_touring_4 雨に行く手を阻まれたり
オートポリス走行では奇跡的に
ドライ路面を満喫できたりと
参加した皆さんと
ドラマチックに過ごしました。
MVアグスタのブルターレで、
タンデム・ジェットコースターもしましたが
意外なほど2人乗りポテンシャルが高く、
8月のHSR九州でのモンスターに続き
あらためてその実力を再認識した次第。

Mrj_1806_3 Mrj_1809_2







さてさて、デイトナまで1ヶ月を切り
ビンテージライダーのAHRMA仲間から、
「グッツィの今年のチューンはどんな?」
など嬉しいメールも届きはじめてます。
コンロッドをチタンでショート化したけど
ベンチでは目立ったパワーアップもなく……
なんてフェイントかけた返事をしつつ
走りをイメージしては気がつくと手に汗して、
『いまから本気モード』に思わず苦笑い。
密かに盛り上がりつつな毎日デス。
そんな折り、届きましたNewツナギが!!
いつものデグナー製で、これも例年通り
嘉山琴子嬢の手になるNewデザイン。
今年は3月ではなく10月と決まった時点で、
新しくするならやっぱりデイトナからでしょうとなって
楽しみを先送りしてました。
どうです、ブルーってのもイイ感じでしょ?
既に木曜日の筑波ライパで試着ライディング。
この日も走行時間が終了すると雨に見舞われるという
連続ラッキーに胸を撫で下ろしつつ、
このツキをデイトナ前に使い果たしちゃいませんよネ、
なんて要らぬ心配が頭をもたげたりもしてます。

2011年9月 1日 (木)

Vol.545 9月1日 袖ケ浦ライパ、延期します!

V7 今週末、9月3日の
袖ケ浦ライパですが、
残念ですが延期と決定しました。
日本へ接近中の台風12号は
3日の朝に四国〜紀伊半島へ
上陸という現時点での予想ですが、
大型で広範囲な雨雲を伴っているため
明日の金曜日夜から土曜日の午前中まで
局地的な豪雨となる可能性があります。
千葉県から遥か遠くへの上陸とはいえ、
この条件下ではサーキットまで来られるのに
危険を伴いかねません。
もちろん肝心の走行時間帯でも
いつゲリラ豪雨に見舞われるかわからないので
ココは皆さんの安全を第一に、
躊躇せず延期とさせて頂きました。
楽しみにされていた皆さんには申し訳ありませんが、
ご理解のほど、宜しくお願い致します。

ところで今週月曜日に、
我が愛車モトグッツィV7 Sportが、
ひと足先にデイトナへ旅立ちました。
昨年の最終レースでの痛恨の転倒によるダメージも
完全にリペアされ、いつもの美しいTea Green Guzzi
(現地ではお馴染みのマシンとしてそう呼ばれてます)
の凛々しい姿での出発です。
因みに今年も新たなチューンが、
モトラボロの神宮司さんの手で加えられていますが
詳しくはまた別の機会にご紹介します。

そうそう、今年のデイトナ、
例年3月第1週開催だったのが
我々のビンテージバイク・レースと
CCSというクラブマンレースの2団体だけ
10月15〜16日の開催となりました。
この週末、実は岡山国際サーキットでのライパの日
本来は絶対に行かなきゃのスケジュールなのですが
1年にたった1回のデイトナなので
我儘いわせてもらい、フロリダに行かせて頂きます。
もちろん宮城光選手をはじめ、他のスタッフが全力を挙げ
皆さんのサポートをさせて頂きます。
何卒ご容赦のほど、重ねてお願い申し上げます。
本当にゴメンナサイ。。。。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR