RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« Vol.530 12月12日 久しぶりのボニー、素晴らしい! | メイン | Vol.532 1月22日 感動Newモンスター »

2010年12月31日 (金)

Vol.531 12月31日 大晦日になっちまった。。。

Phantom_2 イヤ〜、今年も終りだなんて
アッという間の師走スピード。
フル回転でも追いつかない、
次々と仕事量を増やしちまう
性癖なんだから仕方アリマセン……
そんな中、ピレリからの
P1000593_2 クリスマス・プレゼントが到着!
愛車モトグッツィV7 Sportの
デイトナ用タイヤ「ファントム」が
ボクのためブラジル工場で
特別生産され送られてきました。
最新のラジアル・タイヤではなく、バイアス構造のナロウな
タイヤしかAHRMAビンテージ・レースでは許されません。
日本だとクラシック・タイヤといえば懐かしい
T.T.の愛称で親しまれてきたK81がお馴染みですが、
アメリカの連中は同じダンロップ製でも
ボクが世界GPを走っていた'70年代後半の
スリックタイヤになる直前のKR124レーシングタイヤが
継続生産され、ほぼワンメイク状態が続いてます。
そんな中、ピレリは'70年代ファントムに
現代のスポーツバイク用コンパウンドを採用した
まさにスペシャル・タイヤをV7のためだけに
2年に1度のサイクルで供給してくれているのデス。
ペニージやアンドレアなどピレリの友人たちから
62歳でもまだV7でレースしてるボクへの応援……
唯々それだけの友情に、感謝感激!!
これまでの経験からリヤ1本に対しフロント2本の
摩耗なので、今回は6+12の18本で2年分デス。

でも先々月AHRMAから来年のデイトナは
3月ではなく10月に開催するとの発表があって、
慌てて同じFormula750クラスを走る仲良しの
ジョン・エリスやティム・ジョイスにメールしたら
Mk2n7217 「AMAがバイクウイーク中に
モトクロスを開催するんで
そのスケジュールで
スピードウエイが使えなくなっちまった」(ティム)
Mk2n7586 「今年までの最終戦はバーバーだったけど
来年はバーバーの翌週がデイトナと
2週間連続で最高のコースを走れる、
一緒に楽しもう!」(ジョン)
てな具合にすぐ事情を伝えてきてくれました。
「最近2ストのGPマシンが混走してるから
さらにコンペティティブで気を抜けない!」(ジョン)
「オレは後塵浴びせてるから頑張ろーッ、
でも今は離婚協議中なんで、慰謝料を払ったら
走れるかナ……」(ティム)なんて、
中高年会話?で気を紛らわせつつ、
あと1年近くも遠のいた再会を約束。
正直、ガックリきて3月までモチベーション保てない
と心を寒風が吹き抜けた一瞬あったけど、
仕事量の多さでそれどころじゃないまま今日まで突っ走ってこれたってトコロです。

P1000589 この間、また台湾にも“徹夜”しに行ったし
前に触れた『裏閻魔』発行準備でも
眠れない日々の連続……

でもやり甲斐あるプロジェクトなので
Photo_3クワクしっぱなしなんですけどネ。
1月中旬には公式にアナウンスできるので
ぜひお楽しみに!

P1000583そうそう「あざみ野倶楽部」もスタート、
お近くの皆様、ぜひカジュアル・レストランと
特製パ
ンの素晴らしさをご賞味くださいませ。

P1000584と、バタバタしてる間にバイクから遠ざかったまま、
これはケンコーに良くありません。
来るべき2011年は、もっとバイクに乗らんとイカン!
やっぱ何か買わんとその気になれん……
不遜なココロがむくむくと目覚めてきたゾ!!
ってな感じで、今年も大変お世話になりました。
皆さま、良いお年をお迎えください。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR