RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« Vol.518 9月18日 '60年代GPサウンド炸裂! | メイン | Vol.520 10月3日 何だかイタリア語りばかりだけど »

2010年9月27日 (月)

Vol.519 9月27日 イタリアンの強さ

09241441_4c9c3a210adda_3 本日発売のライダースクラブ、
もうご覧になりましたか?
巻頭のイタリア特集では
情熱の国から生まれる
感性豊かなバイクが、
実は熱い思いだけでなく
緻密さと合理性、さらには貫き通す強い意志に
支えられているのだという根拠に触れています。
イタリアンといえば、情熱はあっても
どこかイイ加減なイメージを抱きがちですが、
意外なほど真っ直ぐな考えや行動パターンの人が多く
いまやそこが日本との差になってきた気がします。
たとえばイタリアの国内総生産額は
2008年も2009年も世界で7位、
両年とも2位の我が国からすれば41〜46パーセント
の半分以下という大差がついています。
しかしコレが1人当たりでの順位となると
日本は17位に対しイタリアは21位と近く、
金額もほぼ90パーセントで僅かにしか違いません。
遊びばかり考えサボっている人が多い……
イタリアがホントにそうなら大差がつくでしょう。
我が国は'80年代あたりから
バブリーな繁栄をもたらしたものの
成果を数値の上昇ではかるのが常になり、
画一的に集約する効率の良さを学習してしまった結果、
現状では価格を下げる以外に手段がなく、
デフレ脱却に大切な独自性の高い製品開発が
何と不得手という信じられない状況にありますよネ。
リスクのないビジネスなどあり得ない、
イタリアンは当然のように言い切ります。
ライダースのKen's Talkにも書きましたが、
失敗してもまたチャレンジすればイイという
ママに勇気づけてもらえる国民性って、
ちょっと見習わなきゃと思いません?
因みにボクの母はもう他界していて
「ダイジョーブ!」はカミさんが言ってくれてます(^^)v

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR