RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« Vol.515 8月15日 復活、本気で考えませんか? | メイン | Vol.517 9月11日 9月というのに… »

2010年8月22日 (日)

Vol.516 8月22日 とうとう、遂に……

46 ご存じの方も多いでしょうが、
先週ドゥカティが来シーズンを
Ducati_2 V.ロッシ選手と契約したと
正式発表がありました。
既に今年ドカに乗っているストーナー選手が
来季はホンダと契約する旨の発表が早々とあって、
……ということは、などと思いを巡らせていた
ファンも少なくなかったようですネ。
天才ロッシ選手は、ホンダからヤマハに移籍する辺りでも
フェラーリのF1で試走したりして、
フォーミュラ1カーのドライバーになってしまうかも
といった噂が飛び交ってましたっけ。
でもバイクの世界でやっていく気持ちに変わりはない、
そんな彼だけに世界中のバイクファンの
心を掴んでるんだと思います。
先の大ダメージをうけた後も、観戦にくるファンを思い
無理をしてまでレースに復帰するなど
自分が何を期待されているか、よく理解している
プロ中のプロといえるでしょう。
MotoGPマシンを開発しているエンジニアに聞いても
バイクの理解度や技術的なセンスも群を抜いていて、
現在のMotoGPマシンのレベルアップへの貢献度は
はかり知れないモノがあると口を揃えて言います。
そんな彼が同じイタリアのドゥカティに乗るとなれば
来シーズンへの期待も高まるというもの。
でもホンダのストーナー選手獲得の発表も
ちょっと早過ぎませんでしたかネ……
今回のドゥカティだって、まだ早い気がします。
いくつもレースが残っている状況で、
まさか誰も消化試合のような走り方はしないだろうけど、
最終戦まで、いやシーズンオフまでは知りたくなかった
というのがファンとしてボクの本音。
何れにしても、ホンダにもヤマハにも
ロッシ選手が加わるドゥカティに
負けないマシン開発を期待したいトコロ。
彼のシビアな要求に、ドカの規模ではすぐ対応できず
混乱を招いて実力発揮まで時間がかかる
そんな楽観論は通用しないと思います。
熱い心と思いきった実行力、
イタリアンのポテンシャルを知るひとりとして
侮るなかれと言いたい……

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR