RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« Vol.503 5月24日 ンー、気になります…… | メイン | Vol.505 6月6日 低い回転域で大きく開ける »

2010年5月30日 (日)

Vol.504 5月30日 自分は何が好き、なんて出逢い次第?

Img_0009 毎年デイトナでブッチ切られる
ハーレーのXR+J.スプリングスティーン…
カッコいいですよネ〜、
ボクのグッツィV7だって負けじと
カッコいいですけど、
ビンテージと限らず空冷ツインのような
パフォーマンスといってもトップスピードじゃなく
走る・操るのプロセスに楽しみが大きい
そういったカテゴリーのスポーツ・バイクが
いまのボクに相性が良いと思う時間が続いてます。

そういえば今日は岡山のモトレヴォ、
デイトナから戻ったグッツィはまだ修復できてないので
ホントは走りたかったんですが、
我慢して“仕事”してマス。

最近つくづく思うのが、モノをつくるという仕事と
それを買ったり使ったりする側との関係の変化です。
そういう我々も雑誌をつくる側なので
自分に言い聞かせている面もあるのですが、
人の好みの多様化に集約化という逆の法則で
経済発展してきた社会が半ば混乱状態に陥っている、
そんな気がしてなりません。
値下げ競争とか直面している利益確保が難しい状況への
対応に追われてばかりいないで、
先を見据えた方策に時間をかけて構築しないとならない、
そういう大事な局面を迎えているんだと痛感してます。
とくに雑誌とかバイクとか、言ってみれば
生活必需品じゃないカテゴリー(ボクには必須ですが)
だとホントに好きと感じる価値に出逢わなければ、
こんな不況の時代、お金を使う気になりません。
でも人々はネタを求めて旅行したり、
ウインドウショッピングにブラついたりと
行動する動きは依然として衰えてませんよネ。
なのにバイク・メーカーの口からは、
「売れるモノ探し」がしにくいという
行動を控えている言い訳ばかり聞かされます。

これだけバイクに深く係わってきたボクでさえ、
突如ビンテージバイクにハマったんですから
出逢わなけりゃ、何が好きになるかなんて
わかりっこないんだと思います。
モノづくりには新しさ探しが基本なのは
いうまでもないコトですが、
新しさって、もっとパワーとか、もっと軽くとか
いままでの進化を意味したスペック的なものばかりでなく、
良く知らなかった旧いモノの良さだったり
楽しさの本質が深いモノだったりすることが多い、
そんな時代じゃないんでしょうか。
でもだからといって押し付けるもんじゃないし、
ホントに好きで続けている、その姿を伝えるしかない……
それが出逢いを生んで繋がっていくんだと思います。
凄い!を誇示するより、素敵を共感するほうがイイのは
インフラが進んで何事も上から下へではなく、
横への繋がりが拡がりを生んでいる現状をみれば
当然のことなのに、ですよネ。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR