RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« Vol.494 3月12日 S1000RR試乗しました! | メイン | Vol.496 3月27日 東京モーターサイクルショー »

2010年3月18日 (木)

Vol.495 3月18日 デイトナ、しょんぼり…

Img_0004 見るも無残……
痛恨のクラッシュから
パドックへ帰ってきて
でも記録だからとパチリ。
大したコトなさそう、
に見えるかも知れませんが
(実は大したコトないです)

Img_0004_1 クラッシュパッドに激突して
割れたスクリーンを
見たとき心臓が止まりそうでした。
もう探すのがムズカシイ、
ヴェリアのタコメーターが……

Img_0004_2_3 オーッ何とか無事! 潰れずに良かった!!
でもよく見るとカウルは左右に割れかかった
クラックがあって修復して塗装しなきゃデス。
ジンさん製作のグッツィ・ガードが削れて
貴重なV7 Sport専用ヘッドカバーは
無事な姿で助かってマス。

でもその下のエキパイは思いきり凹み
超軽量な、でも思いきり高価な
チタン製をオーダーしなさいって
言われてるようなモノ。
Img_0004_3_4左ステップはボキッと折れ
チェンジのリンクからペダルも全損。
そして超高価だった

何とチタン製メガホン・マフラーは
ンー、うまく磨いて塗装すれば大丈夫そう……
持ったらビックリするほど軽い自慢のタネなので
かなりホッとしました。
大袈裟ですよネ、心の傷だもの仕方ないけれど。
Img_0004_4_3 で、フロント・タイヤのショルダーの擦った跡。
転倒直後に見たら濡れていて触ると
オイルじゃないし、水のような……
何だったんだろう。なんて、
まだ男らしくないウダウダを呟いてます。

我がV7の帰国は
ゴールデンウィークあたりなので、
戻ったら早めに直して忘れちまいたいナァ。

だったらお小遣い倹約しなきゃ、
もうイイ歳なんだからそのくらい殊勝な心がけ
できるようになろうヨ!……ってネ。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR