RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

Vol.480 12月31日 今年もありがとうございました…

Img_0020_2 遂に大晦日…
このブログもですが、「らいNAVI」
各バイク雑誌また弊社発行の
雑誌にムックと書籍など

皆さまのご愛顧にひたすら感謝デス。

世の中、不況ムード一色で、我々の出版界も
猛烈なアゲインストの強風が吹き荒れてます。
でもコレってなるべくしてなった
高度成長のツケみたいなモノ…
苦しいけれど、何がホントに大切かを
見直す良い機会だと心底思ってます。

楽しいを伝える使命の我々にとって、
反省すべきをかなり認識できた1年でした。
来年もどうぞよろしくお願いします。

2009年12月26日 (土)

Vol.479 12月26日 RIDERS CLUB 2月号、発売です!

12251927_4b3493982d380_2 松葉杖キャプテンの欠場?などあって、
記録的な入稿遅延で凸版印刷に迷惑をかけた
RIDERS CLUB 2月号でしたが、
何とか発売に漕ぎ着けることができました。

もちろんボクのMVアグスタNewF4試乗リポートも
掲載してますし、他にも諸々企画盛り沢山の力作。
片足を冷やしながらデスクから指示出しつつ
カタカタとパソコンに向かうのみで、
焦る様子ひとつ見せないキャプテンの
肝の据わった大物ぶりには感心しました……
ボクも粘ったほうですが、
ここまで引っ張ったコトなかったナァ。
ホントは褒められた進行じゃないのですが、
このくらい肝っ玉太くないと
面白い雑誌づくりはできないかも。
……コレって出藍の誉れってこと??

立場的にはバイク雑誌だけでなく、
我が社全誌の面倒をみる業務がメインなので、
この年末進行の2週間は生きた心地しませんでした。

で、もうご覧になったかも、ですが
「らいNAVI」も走りのシーンが増えつつ今週も更新され
来週はいよいよ走行シーンがメイン。

また月曜日にはボクも翻訳から何かと手伝った
「V.ロッシのコーナリング」が書店に並びます。
コーナー入り口で、何で片足ステップから外すのかを
ロッシ本人が説明している「意外な事実」も多く、
これを読めばレースシーンの動画が016021k11_2
より楽しくなるコト間違いなし。
暮れからお正月を過ごすのに、
お奨めの一冊デス。

2009年12月19日 (土)

Vol.478 12月19日 禁断のMVアグスタNew F4…

Mv_2 ア〜ァ、ライダースクラブ発売まで
まだ1週間あるというのに、
熱い思いをガマンできません……
「らいNAVI」、遂に映像とサウンドを
一瞬だけ出しちゃいました。
先週キャプテンの松葉杖なんて謎めいたコト言いましたが、
発売前に早々とネタをバラすことに。
なので、大谷カメラマンが撮影した
来週土曜日発売のRIDERS CLUBに掲載されている
MVアグスタF4の走りをちょっとだけお見せします。
そう、キャプテンのピンチヒッターで
F4を試乗したんデス!
その素晴らしいコトといったらありませんでした……

実は先週このブログにアクセスして頂いた数が
エー、何で!?というくらい、突然の激増ぶり。
MVアグスタだから? ホントにそうなのかナァ。
嬉しくもあり、俄には信じられなくもありですが、
詳しくは来週末のライダースクラブ2月号を
ご覧くださいデス。
それまでにまだ「らいNAVI」ご覧になっていなかったら、
ぜひ一瞬の走りの動画とサウンドをお楽しみください。

2009年12月12日 (土)

Vol.477 12月12日 MVアグスタNew F4…

P1000370 10年前の'99年、ボクはイタリアは
モンツァを、感動の嵐に見舞われながら
伝統の赤・銀カウルのマシンで
駆け抜けてました。
M.タンブリーニという、
おそらくボクが知っているバイクに注いだ愛情の深さが
世界でトップ10に入るエンスージャストの手で育まれた
美しく繊細で完璧なバイク、それがMVアグスタ F4でした。

あれから10年、そのF4がモデルチェンジされ
今月26日発売のライダースクラブにその詳細が紹介されます。
ご存じ、動画の「らいNAVI」でも
昨日の更新からその勇姿をご覧に入れてます。

でも……New F4はタンブリーニが去った後の開発で、
同じようなデザイン・コンセプトながら
ボクらのような昔からの愛好者には
正直いうと何か違う…的な抵抗感がちょっぴりありますよネ?
でも、デス。ボクのそんなモヤモヤはすべて吹き飛びました。
いまあらためてNew F4を眺めると、
この世で一番カッコよくみえてます。
バイクが違って見えるときって、ボクの理由はたったひとつ。
ヒントはキャプテンの松葉杖。
もうおわかりですよネ!

皆さま、衝撃を覚悟しておいてくださいマセ!!

2009年12月 5日 (土)

Vol.476 12月5日 来年のライパを袖ケ浦で…

Img_00 11月にオープンした
袖ケ浦フォレストレースウェイです。
世田谷・環八の編集部から
アクアラインを使うと
僅か1時間で到着する
アクセスの良さが魅力。
オープン前に下見に行ったのですが、
Img_0162 1周2.4キロと筑波より
ちょっと長くコーナーも多めでした。
アップダウンもあって、
下りのまわり込んだヘアピンという
Img_0165 アプローチに工夫が必要ですが、
コースの幅員が大規模サーキット並みにワイドで
レコードラインがいくつもありそう……
森に囲まれた美しい環境と
Img_0166 エスケープゾーンの広いスケール感で
パドックに降り立つと爽やかな気持ちに浸れます(画像をクリックすると拡大表示します)。

この袖ケ浦フォレストレースウェイの協賛が得られたので
来年4月からのライディングパーティは
ココでスタートできることになりそうです。
いつもの栃木県・那須サーキットまで
東京から2〜3時間かかっていたのに比べると
あまりに呆気なく到着するので驚かれるに違いありません。
参加者の皆さんがこの往復で疲れてしまうのを
コレで改善できるとスタッフも大喜び。
週末開催3回に平日開催も何回か加えても良いかナ、
などと只今スケジュール調整中です。
ぜひお楽しみに!

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR