RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月24日 (木)

Vol.467 9月24日 NRは凄かった……その3

Nr750eg '79年の英国GPで
片山敬済とM.グラント両選手の
ライディングでデビューしたNR500…
まだようやく走れる状態に
漕ぎ着けたばかりだったため、
リタイヤという惨憺たる結果でした。
しかもカウルがボディという
モノコック・シャシー構想で
初の倒立フォーク等々、
あまりにチャレンジ要素が多く
(前回の冒頭画像をクリックしてご覧ください)
レースどころではなかったのですが、
以来コンベンショナルなフレームとなったり
あのF.スペンサーがライディングするなど
徐々に2スト勢に肉迫していったものの、
勝てないシーズンが続く中、
遂にHRCは2ストGPマシンの開発を決定、
NRは表舞台からその姿を消していました。

'86年、ボクは当時HRC監督だった
尾熊洋一さんからの電話を受けたのです。
「話したいコトがある、他言無用…」
いつものぶっきらほうな言い方で、
とにかくHRCへ来いという話に
出かけたその日、
迎え入れられた応接室の片隅に
白いベールを被ったマシンが置かれてました。
「まずは見てから、話はそれから…」
とベールを剥ぐと現れたのは
お馴染みのV4ワークスマシンRVF750…
と思いきや、良く見ると
ツインチューブフレームの一部が切り取られ
エンジンのヘッドカバーが
露出しているじゃありませんか。
『シリンダー幅がワイドってことは…』
一瞬、頭の中がグルグル状態になったボクに
「NRです、デイトナのフォーミュラクラスを
狙って試作したけれどAMAのレギュレーションが
変わって出られなくなった。
NRはレースのためだけに開発してたんじゃない、
それを立証するためにそろそろ市販化への
メドをつけたい……そこでル・マン24時間へ
参戦しようかと考えた。
但しワークスライダーではなく
バイク雑誌のジャーナリストライダーに
乗ってもらい市販化を前提にした
プロジェクトだとアピールしたい」
尾熊監督からそう説明を受けました。
「その1人、日本代表としてやってみません?」
ビックリ、唖然としました。
続いてきた身震い、前代未聞のお誘いに
もちろんふたつ返事というか、
何と言ったか正直覚えていません。
「但し、出来るか否かマシンが立証されるまで
というか来春エントリー発表をするまで、
他言無用、絶対に秘密です」
会社に戻っても誰にも言えない時間が
その日から8ヶ月も続いたのです。

でもそんな悩みを吹き飛ばしたのが
オーバルピストンの信じ難いポテンシャルでした。
その後の鈴鹿でのシェイクダウンで
初めて知ったまさに異次元の
パワー特性とは……

2009年9月13日 (日)

Vol.466 9月13日 NRは凄かった……その2

Nr500NRといえば、
'80年代にピストン(燃焼室)が丸くない
長円(市販車は楕円)形状の
特異な存在として、当時のファンで
知らない人はいないはず。
しかし「コレは世界GPが4気筒までと気筒数を
制限していたのをかいくぐる方策に過ぎない、
V型8気筒のシリンダー壁を取り払って繋げた奇策……」
なんてインチキ呼ばわりに近い誤解もされてました。

もちろん実際はそんな発想ではありません。
実は'70年代後半にホンダは世界GP復帰宣言をしたのですが、
当時のYZR500やRG500など2スト勢の
120psを超えるパワーに
4スト・エンジンで肩を並べるため生み出された、
充填効率を画期的に稼ぐ秘策だったのです。
エンジンは回転を高めれば燃焼回数が増え
それだけパワーが稼げます。
しかし2ストより高回転化が可能な4ストといえど、
当時は20,000rpmが限界……
これだと100〜110psがやっとで追いつけなかったのです。
高回転化の他に手段といえば
吸気バルブの開口面積の大径化とその数を増やすこと。
吸気側3バルブ+排気側2バルブの5バルブなど
シリンダーヘッドをバルブの穴だらけにするのが
既に一般化してました。
つまり吸気行程で可能な限りたくさん吸い込めば
充填効率が高まりパワーは稼げるのですが、
2スト勢の目標値から必要な吸気バルブ面積を逆算して
吸気バルブの円(○)を描いていくと
お互い円のフチが重なり合ってしまい収まり切りません。
燃焼室が円のカタチなのに、そこに小さな円を描けば
どうしても三角形に似た円を描けない部分が残り、
自ずと合計面積に限界があるというワケです。
Nr500engine …何とかこのバルブ面積を
燃焼室に埋め込めないか…
悩める日々を送っていたある日、
通勤途中の信号機を見てハッと気がついたのは
(画像クリックしてください)
横長の長円の中に収まる青・黄・赤の3つの円……
瞬く間に図面が引かれ、必要とされたバルブ合計面積は
吸気側4本+排気側4本の気筒あたり8バルブとなって
見事に長円の中に収まったのでした。

但し、円ではないピストンの圧縮を維持するリング類は?
横長のピストンとコンロッドはどう結ぶのか?
世界で実用化されたことがないため、
次々に立ちはだかる難問の数々。
'79年にデビューしたNR500は、
そんな発想と生みの苦しみを背負ったマシンだったのデス…

何やらどこかのTV局のプロジェクトX調ですネェ、
でも気にせず次回へと続きます

2009年9月11日 (金)

Vol.465 9月11日 NRは凄かった……その1

Photo春から夏までブログをサボった間に
アップしなかったネタのひとつがコレ。
6月3日にホンダ主催の編集長ツーリングで
社長退任を前に参加してくれた
福井威夫さんとのツーショット……
久しぶりに一緒に走れたし、
ボクには運命的としか言いようのない
NRと過ごした日々をプレゼントしてくれた
福井さんがHRC社長だった頃の
懐かしい話で盛り上がってました。

昔からのファンの方ならご存じのように、
ボクは'87年のル・マン24時間耐久レースで
ホンダNR750というワークスマシンを駆る
3人のライダーのひとりとして参戦してました。
バイク雑誌の編集長が、
ワークスマシンに乗ってレースに出場するなど
もちろん前代未聞。
しかもエンジンはV型4気筒の
オーバルピストン32バルブという、
完全なプロトタイプ。
ル・マンでも本来のワークスチームは
RVF750という市販車ベースのワークスマシンで、
エースのD.サロン選手ら3人のプロが
勝つためのレースをしていたのです。
そのピットの隣に陣取ったNRチーム……
ボクだけでなくフランスのバイク雑誌からも
G.ロアがピックアップされ、
本来はもうひとり英国のバイク雑誌から抜擢して
プロライダー抜きで参戦するというプロジェクトでした。
残念ながら英国ライダーは事情で参加できず、
オーストラリアのプロライダー、
M.キャンベルが代役を務めてました。
この前代未聞のプロジェクトにGOサインを出してくれたのが
福井威夫さんだったのです。
……というワケで、次回からNR750秘話をお届けします。

2009年9月 5日 (土)

Vol.464 9月5日 秋祭りは大盛況!!

P1000328 いま培倶人・秋祭り会場デス。
おかげさまでお天気にも恵まれ、
会場は大混雑……ありがとうございます。
培倶人の誕生秘話?なんてお題の
汗だくトークショーも終わり、
お客さまに紛れてバイク談義を楽しんでます。

RC212VやBMWのS1000RRに跨がれたり、
試乗会は長蛇の列……
皆さんの笑顔が嬉しい1日です。
これだけ盛況だと、もっと回数やろうか
なんて、スタッフも調子に乗ってます。
でもイベントって良いですよネ〜。
「らいNAVI毎週みてますヨ」
そんなお声をかけて頂けるので、
仕事の忙しさも報われるってもんです。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • BikeJIN × Coleman CAMP STARTINGSET 2018 バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG BikeJIN×Coleman キャンプスターティングセット2018 ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR