RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« Vol.455 3月21日 Daytona 徒然…… | メイン | Vol.457 4月24日 新しい時代……の衝撃!! »

2009年4月18日 (土)

Vol.456 4月18日 九州でワインディング三昧

_4_3 先週末のお天気の良かったコト……
ボクは九州で阿蘇から豊後水道や宮崎方面まで
土曜日と日曜日の2日間、
_1_2 これでもかというほど
ワインディングを楽しんでました。

_3 実はBMWディーラーの
フリーマン30周年記念ツーリングに声をかけて頂き
ほぼ110台の大集団とご一緒させてもらったのです。
もちろん、これだけの台数が同じペースで走れるはずもなく
いくつかのグループに分かれて、
それぞれ異なるルートを楽しんでから
_2 阿蘇の外輪山に囲まれた内牧温泉に集合、
皆で30周年をお祝いした次第。

しかし阿蘇を中心とした九州のワインディングは、
いつ来ても素晴らしいの一言に尽きます。
そもそも火の国……峠が多いのは当然として
最近では広域農道と呼ばれる新しい道で、
山々を縫うようにいくつものルートが誕生してます。
今回も宮崎の佐伯で、国木田独歩ゆかりの
独歩丼をお昼に食べに行きましたが、
遠くを目指したのではなく
どうせだから行ったという感じ。
後で調べるとある範囲の山の中を
グルグルと南へ西へ、東へ北へ徘徊してました。

_5 この広域農道、主要な幹線観光道路と違って
ほとんど対向車も来ないし、
コーナーが緩やかで3ケタ速度が可能という
ワインディング好きにはまさに桃源郷……
ましてやBMWですゾ、
どんなコトになってたか、そこは想像におまかせします。
ツーリング、いよいよシーズン真っ盛りに突入ですが、
皆さま、くれぐれもご自愛ください。
この先、来年も10年後もバイクを楽しんでいたいなら、
一瞬の誘惑に負けないコトです。
ライパで最近冒頭にお話しているのですが、
「乗れてる」と思ったら、
つまり何だか今日は怖くなくてイケイケって感じ……
てな場合、それは自分を見失っているだけかも
なんて疑いをもったほうがイイですね。
ドキドキしながらもう少しの突っ込みができない、
そんないつものほうが実力だからです。
一番気持ちの良い季節に、
後々バイクを恨んだり後悔などしないよう
心のブレーキを忘れずに、デス!

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR