RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« Vol.422 3月5日 2日目は2レースとも4位! | メイン | Vol.424 4月5日 バイク談義つれづれ… »

2008年3月29日 (土)

Vol.423 3月29日 脱力感?

Img_0011 デイトナから帰って早3週間……
会社勤め定番の期末の忙しさに追われ
ブログ更新に手が出なかった、
というよりは頭の中が空っぽで
書くネタが思いつかなかったというのが本音。
実際、目が回る忙しさだったのはホントなんですけど、
いっぱいに詰まった思い出を吐き出す気になれず
何となく過ぎちまいました。

とにかく無事で良かった、
コレに尽きるんですが、何だか脱力しちゃってる感じで
どうにもならないんですナ。
この間ライダースクラブ(27日から発売してます)の記事に向け、
キーボードを叩いたときも
気合いを入れないとエンジンかからず。
てなわけで、デイトナのコトはその気になったら書きます。

そういえば、先日ハーレーのジャーナリスト・ミーティングへ
出席させてもらったんですが、
昨年の販売台数の発表を聞いてビックリ!
14,967台だったんだそうです。
1万台を突破したのが'01年、
ハーレーは年間の販売計画を発表しないんですが、
将来の需要予想はという問いに
「1万台を越えたんだから次は2万台と本国に言われそうで」
と奥井社長が笑っていたのを思い出しました。
'90年ごろ、3,000台がやっとだったハーレーが
5,000台を越えると、巷では
「どこを見てもハーレーってなったら誰も買わなくなる」
などと冷ややかな声が聞こえてました。
でもそんな心配をよそに1万台を越えいまや1万5,000台……
国産はもとよりこの2年間、
やや苦戦気味な他メーカーを尻目の快進撃です。
でもハーレーとディーラーの努力は凄い。
とにかくお客様が楽しめるよう地道な積み重ねを絶やさない、
このパワーは抜きんでています。
ボクもハーレーとのお付き合いで色々なコトを学びました。
おかげさまで「クラブハーレー」も絶好調。
間もなく創刊10周年を迎えます。
どっちにしても、結果が良かった話しを聞くのは気持ちイイもんです。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR