RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« Vol.419 3月2日 パドックで開梱 | メイン | Vol.421 3月4日 2レースとも3位! »

2008年3月 3日 (月)

Vol.420 3月3日 車検も無事終り……

Img_0001 今日も何だかナァの寝不足のまま
デイトナから30分ほど離れた場所の
車検場へとグッツィを運び、
楽しみにしていたAHRMAの皆との再会。
顔を見るなり「Ken!」と声をかけてくれるので
キザな言い方かも知れませんが、戻って来たって感じがします。

Img_0004 選手受け付け、メカニック登録、
そしてライダースミーティングに参加した後、
我がグッツィV7 Sportの車検も無事終了したので
暫く顔見知りと情報交換。
Img_0009 ジョン・エリスが出ないので
もう1台のヤマハXS650を駆る常連
ブライアン・フィロと明日からのレース談義。
「ジェイがハーレーじゃ走らないって情報があるんだ。
バイクが足らないんで、他のホンダかトライアンフで走るって
言ってる人もいるけど、ジェイはハーレー以外は乗らないはず」
エエッ、するってーといきなりトップ争い候補ってわけ?
「でも突然現れて、やっぱりXR750乗ってブッチギルかも。
ジェイのことだからどうなるかわからないヨ。
それよかグッツイに競り勝つ気でいるからネ」
オゥ、良いレースしようナってところで握手。
トラでバカッ速いティム・ジョイスもいて
「今年はハーレーが足らないから乗れない……」
なんて言ってたっけ。
で、発表になったグリッド表を見て
エントリーリストと照らし合わせると
トラの3発ばかりじゃありませんか。
このバイク、とにかくストレートは猛烈に速い。
それに実は速いシーリーもいて、
昨年とはうって変わった状況です。
走ってみないとわからない、
ウ〜ン、楽しみ、楽しみ。

Img_0016 デイトナ・バイク・ウィークもいよいよ佳境の週に入りました。
とにかく、そこいら中からビッグツインの爆音が轟き、
街中がバイクに乗っ取られた感じ。
サブプライム問題の影響か、高価なハーレーが
例年よりちょっと少ない気もします。
その分、国産レプリカやフラッグシップが増えたかも。
さてと、さすがに今夜は早寝しないと。
日本からいくら仕事連絡が入っても、
明日からの2日間だけはカンベンしてもらわなきゃ。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR