RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月18日 (金)

Vol.414 1月18日 V7の旅立ち……

V7 V7がひと足先に
フロリダへ旅立っていきました。
オークランドのホテル駐車場で、
いつものように梱包を解いて
再会するまで暫しのお別れ……。

ご覧のようにパレット上に固定して
周囲にスペアパーツ、タイヤ、工具など
空いているスペースにぎっしり詰め込みます。
そして樹脂製の壁面を組み立て、
天板を被せて出来上がり。
これまで7回(年)使った箱が
遂に使い物にならなくなり
昨年に新造したばかり。
本牧から太平洋を1ヶ月ほどで渡る長旅なので、
本音を言うとちょっと心配。
梱包を解いたら破損してたなんてことになったら
レースもできないし、何より美しい愛車のフォルムを
再生するなんて、きっと失神しちゃうナ。

エントリーも済ませたし、
後は3月1日の出発日まで、
健康でいることが先決。
なんて、これから期末にかけて
仕事の追い込みが最も厳しいシーズン。
そんな中、1週間の休みをもらって遊んでくる
この後ろめたさは、毎年のこととはいえ
「だからいつも頑張って仕事してるじゃないか」
とまで強気にはなれません。

08 ところで毎年このデイトナからツナギが新調になる
超贅沢なサポートを続けてくれている「デグナー」から
新作のデザイン・スケッチ案が届きました。
アレンジしてくれたのは、
鈴鹿8耐にはじまり、デイトナでも
ヘルパーを務めてくれている同社の嘉山琴子嬢。
3案あったのですが、
彼女のお奨めのこのパターンに決めました。
今年から脊椎パッドだけでなく、
胸のプロテクターも装着するので
久しぶりの採寸し直し。
昨年の富士スピードウェイで
胸を強打した教訓からですが、
ボクが選んだのはダイネーゼ製。
脊椎プロテクターと胸のプロテクターが
一体でセットになったタイプ。
装着すると意外なフィット感で
すっかり気に入ってしまいました。
だからといって、コケても良いってわけじゃありませんけど。

ドーバーホワイトへのご応募、
今日時点で14名と予想を超えた反響を頂いています。
さてどなたに決まるやら、締め切りは今月末です。
興味ある方はこちらまで。

2008年1月11日 (金)

Vol.413 1月11日 心はデイトナ!

Daytona_2 遅くなりましたが……
新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

いつの間にやら今年も2週間目が終わろうとしています。
ちょっぴり風邪気味なこともあって、
仕事がはかどらず、早くも心に焦りを感じる日々……。
良い歳こいて、ホント成長してない自分に嫌になってマス。
とはいえ、時間は容赦なく過ぎていて
「モトラボロ」で愛車V7 Sportは、
3月3〜4日のデイトナAHRMAレース目指して
すべてを見直し組み立てが終了したトコロ。
15日に横浜の本牧へ梱包して運び込むことになってます。
箱に収まってしまう前に、
ひと目ご対面……明日か日曜日にでも
出かけなきゃデス。

去年は初めて30°バンクの
一番上のレーンを走れました。
やっぱりココが駆動抵抗が少なく
トップスピードが稼げるようで……
でもうまく最終コーナーからラインを乗せないと
無理に駆け上がったのでは遅くなってしまう難しさも。
なんて、デイトナのコトを考えていれば
仕事のストレス吹っ飛びます。

そうそう、ドーバーホワイトへのご応募、
既に多くの方からお申し込みがありました。
どなたも熱い思いを綴られていて、
ウ〜ン、これは決めかねるゾと嬉しい悲鳴です。
ありがとうございます。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR