RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

Vol.412 12月31日 今年もお世話になりました!

212v いつの間にやら大晦日……。
今年はいつもより実感ないナァ。
何とも慌ただしいままに過ぎてましたから。
でも、正月になれば
さすがに落ち着くんでしょうネ。
このサイドリバーの新サイト「趣味side」
何とか発進できました。
色々なウンチクを幅広い層の方に向け
毎週アップしていきますので
ぜひ覗いてみてくださいませ。

そんな暮れのドタバタしている最中に、
我が社のスタジオにはRC212Vがいました。
1月売りのライダースクラブで掲載する
写真撮影のためで、
毎年恒例になってます。
考えたらNS500やYZR500の
スタジオ撮影をはじめてもう25年近く。
神秘のベールに包まれた
ワークスマシンの詳細を撮影するなんぞ
当時まで完璧にタブーだったのを
その素敵さとファンをひとりでも増やすためと
必死でメーカーをくどいて独占取材してました。
このワークスマシン特集、
いつもより3割以上売れるドル箱号でした……。

そうそう、来るべき2008年は、
我が社初の雑誌だったライダースクラブが
月刊誌となって30周年を迎えます。
とても語り尽くせない思い出ばかり……。
そんな感慨深い年がもうすぐ始まります。
今年も皆さまに大変お世話になりなした。
どうぞ良いお年をお迎えください。

2007年12月21日 (金)

Vol.411 12月21日 150万円に決定!

Doverwhiteお待たせしている
BMW R50/2 DoverWhiteの価格は、
150万円(税・諸費用別)に決まりました。
サイドリバーのバイク・ポータルで
ライダースクラブ400号記念の企画で販売した
ビモータのDB5A/Cやテージ3Dと同じ頁に
詳細をアップしたかったんですが、
サイドリバーでは来週早々に
「趣味side」という弊社で刊行している
趣味の雑誌13ジャンルの趣味ガイドを
スタートするための準備で大忙し。
まァ、ボクもこれの面倒を見ているひとりなので
当事者として何とも言えないナ……。

とはいえ概要だけでもお伝えしておきます。
このドーバーホワイト購入をご希望される方は、
所有なさりたいお気持ちなどをリポートして頂き
1月下旬の締め切り後に、
僭越ながら当選者の方を選ばせて頂く……
という手順です。
何れにしても詳細は来週のバイク・ポータルでの
発表をお待ちください。

2007年12月14日 (金)

Vol.410 12月14日 ライパも終り……

St1200今年もタンデムに頑張ってくれたBMWのST1200。
これが今シーズン、ボクと後席のお客様を守ってくれた
ミシュランのパイロット・ロード2です。
この摩耗具合で、
そろそろ滑り出しが気持ち早くなったかナ
というレベル。
まだライパ2回はイケそうな
先代のパイロット・ロードとほぼ変わらない
驚きの耐摩耗性を誇っています。
サーキットをあれだけの距離と時間を走れば、
ハイグリップタイヤだとライパ1〜2回で
交換しなければなりません。
なので、サーキットを走る目的が明確なため
STはツーリング・スポーツのタイヤを選択してきました。
実は履き替えたのがシーズンのオープニング。
グリップが先代より明らかに高く、
とくに深くバンクしたときの差は歴然で
自然にペースアップしてしまい
「いつもより飛ばしてません?」
とスタッフが心配顔なほど。
もちろんライパではマージンたっぷりを厳守、
でもコーナリングが進入から速いってことに
なっちまってました。
だから、おそらくシーズン途中で新品に交換かも、
と覚悟していたんですが、
結局、交換ナシで走りきることに。
おまけにツーリング・スポーツの良さで、
路面温度が低くてもいきなりスリップてなこともなく
これだったらスーパースポーツに履いても良いんじゃない?
そんな風に思えるポテンシャル。
バイク乗りは、何でも性能は高いほうが良い……
そう思いがちですが、
賢い選択も忘れちゃならないという
典型的な例ですネ。

Img_0018 先週、遂に更新できませんでした。
毎月の台湾出張と、刊行数がピークを迎えたこと、
さらになぜかこの時期、ゴチャゴチャ難題が山積し
徹夜が何日も続くありさま……
オーイ、体調でも崩したんか?
などとご心配のメールなんぞくださった輩には
この場を借りて御礼申し上げます、ハイ元気です。
でも台北往復で乗る
キティちゃんジェットのA330-200なんぞ
寸暇の楽しみだったりして。
日本のエアラインにはない
静かで揺れにくい新しい機材の良さはさすがという感じ。
このエバー航空はまだ墜落事故ナシを誇ってますし、
客室の装備もエコノミーでさえ
AVOD(オーディオ・ビデオ・オンデマンド・システム)で
最近では台北まで他のエアライン、
まるで乗ってません。

てなこと言ってる場合じゃないのが
ドーバーホワイトの価格発表。
お待たせしている方、申し訳ありません。
来週にはアップできそうですが、
何れにせよ、このKen's Talk2で
衝撃のお値段を必ずお知らせします。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR