RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

その他の雑誌

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« Vol.408 11月21日 らいNAVIにドーバーホワイト登場 | メイン | Vol.410 12月14日 ライパも終り…… »

2007年11月30日 (金)

Vol.409 11月30日 テージの箱開け立ち会い

Img_0002 先週の日曜日、厚木のモトコルセで
ビモータ・テージ3Dの
箱開けに立ち会ってきました。
ライダースクラブ400号記念企画の
ボクの乗り方指南&サス・セッティング付きで
お渡しするバイクがイタリアから到着したからです。

外枠を外し姿を現したテージの横で満面笑顔なのは
オーナーとなられた秋元重雄さん。
来週、那須サーキットで
ハブセンター・ステアの感覚に慣れてもらいつつ
独得なロール軸の低さと舵角がほとんどつかないため
曲がる手前で体重を預ける位置とタイミングなど
通常のバイクとニュアンスの異なる乗り方を
アドバイスさせて頂く予定です。
誤解のないようつけ加えておくと、
ハブセンター・ステアだからといって
特別なライテクが必要というわけではありません。
フツーに乗れます。
ただ、せっかくだからその違いを活かした
効率の良い乗り方をしたほうが
より楽しめる……ということデス。

てな事情もあって、
昨日の今年最後の筑波サーキットでのライパで
合間を見てテージ3Dのハンドリングをチェックしました。
サーキットでも、フルブレーキングで全くノーズダイブせず
前輪の路面追従性の良さから
恐ろしいほど奥まで
ブレーキングを開始するタイミングを
遅らせることができるポテンシャルを再確認。
さらにコーナー立ち上がりで、
深くバンクしたまま全開加速しても
前輪が外へ逃げ気味になるアンダーステアに
全くならない不思議な感覚も、
あらためて驚きと共に確認しました。
ではどう乗ったら良いのか……
それは12月27日発売のライダースクラブ誌面で
お伝えします。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR