RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« Vol.403 10月26日 モーターショー、見てきました | メイン | Vol.405 11月2日 ドーバーホワイト、遂に完了! »

2007年10月30日 (火)

Vol.404 10月30日 九州でライディングレッスン&ツーリング

Img_0074 先週末、九州のフリーマン主催による
ライディングレッスンに出かけてきました。
2日間ご参加くださった方々、ありがとうございました。
土曜日はオートポリスのジムカーナ場で、
Img_0024 シフトアップとシフトダウンのコツ、
リーンと体重移動など
タンデムでお手本を体験して頂きながらの実技指導。
晩は阿蘇の麓の菊池温泉で懇親会、
Img_0049 日曜日に阿蘇の山々を巡るツーリングをしながら
皆さんのライディングをチェック、
ブレーキングなどのご相談に乗りながら
楽しく過ごさせてもらいました。

Img_0070 参加された20名の方の中には
このブログをチェックされていた方もあって、
「鎖骨、大丈夫なんですか?」
と気遣ってくださいましたが、
時折“ウッ”なんて呻き声を漏らしながら
何とか無事に終えることができました。
実はその二日前に筑波のライパがあって、
バイクを乗るのに支障がないことは
わかっていたんですけれど、
革ツナギの胴ッ腹の締めつけが
肋骨の痛みを呼び覚ましてけっこう辛かった……
テーピングやギプスなどで何で固定しないかというと
そのほうが骨折そのものの直りが早いからです。
でも腕を動かす方向によっては
くっつきにくくなってしまうので、
それなりの知識も必要ですから
良い子の皆さんはけして真似をしないように、デス。

Img_0076_2 今年で3回目を迎えるライディングレッスン、
今回もコーナリングで車体が傾いていても
ショックの無いシフト操作で
シフトアップとシフトダウンが可能になり
翌日のツーリング中、頻繁にギヤチェンジをする方々が激増、
バイクのミッションやクラッチにも負担が少なくなるので
お教えして良かったナァと、ひとり納得。
女性ライダーも4人参加していて、
昨年に続いて来てくださった方が2人という熱心さ。
こういったお客様に楽しんで頂くプログラムを常に用意する
BMWディーラーのフリーマンの姿勢にはいつも感心させられます。

さてさて、今週末の文化の日は那須のライパ。
皆さんがマージンがあって楽しく走れるよう
全力を尽くしますので宜しくお願いします。
それと翌日の日曜日は岡山国際サーキットで
愛車グッツィV7 Sportでレース参戦の予定でしたが、
レースをするには万全の体調でもないし、
この前の転倒に自分を罰する気持ちを込め
欠場させてもらうことにしました。
でも……走りたいナァ、なんて未練がましいったらないんだから。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR