RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« Vol.397 10月2日 8日の体育の日はFISCOへ! | メイン | Vol.399 10月10日 雨でもイタ車好きは熱い!そして懺悔…… »

2007年10月 5日 (金)

Vol.398 10月5日 遂にギブアップ!

Img_0019 ご無沙汰している
レストア中の
ドーバーホワイトR50/2ですが、
遂にBMWビンテージの大御所
ボクサーショップの神宮司さんへ託すことにしました。
これまで自分の黒いR50/2から
パーツを移植したりしながら
何とかカタチにしてきたものの、
やはり走らせる段階となると
さすがに限界があります。
そうこうしているうちに、
自分のR50/2も車検が切れ
あれこれパーツをもがれ走れない状態の
無残な姿を見るにつけ
もうココは駆け込み寺に頼るしかないと覚悟しました。
これまでも、あちらこちらのプロの方々に
協力をして頂いたのですが、
最後のフィニッシュとなると
細かいパーツの欠品など、
日常BMWビンテージを扱っていないショップでは
メドが立たなくなってしまったからです。
ところがBMWビンテージを得意とするショップが
首都圏や関東ではなかなか見つかりません。

というわけで、愛知県は豊田市の
BMWボクサージャーナルでもいつもお世話になっている
ボクサーショップへ電話したところ、
「とにかく持ってきて」と
救いの手を差し伸べてくださいました。
なぜ最初から大御所にお願いしなかったかというと、
ボクサーショップでは40年以上前のバイクでも
フルスロットルで走り続けられる
当時のボクサーのポテンシャルでなければという
徹底したレストアが前提だからです。
まさか大御所に曖昧な妥協をお願いできるわけもなく、
当然コストもかかる……
だったのですが、遂にギブアップ!
伺うと11月までに約束していた2台を
仕上げなくてはならず
(50台以上のバックオーダーを抱えているそうで、
でも確約できないので20台以下でストップをかけている由)
合間を見て手をかけていくので
頑張って年内……と仰有って頂けました。
昨日ドーバーホワイトを預けてきたトコロ。
また進捗をご報告します。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR