RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 2007年8月 | メイン | 2007年10月 »

2007年9月25日 (火)

Vol.396 9月25日 日本メーカーはレース参戦に違う賭け方を

Capirossi カピロッシ、もてぎ3連覇……
急展開のドラマを制した
ベテランらしいレース運び。
楽しませてもらいました。
そしてストーナーのタイトル獲得、
ひとつの節目を感じさせます。

日本メーカー、とりわけホンダとヤマハには
レース参戦の意味を
この機会に再考して欲しいと思います。
両ファクトリーの今シーズンの技術力に
どんな進化があったのか、
表面的には伝わりにくい部分が多々あったのでしょう。
しかし組織力と資金力で明らかに劣勢な
ドゥカティに勝てなかった事実は、
そのパワーの使い方に誤りがあったからだと思います。
ボクは常々クルマのフォーミュラ1と
バイクのMoto GPとの違いは、
市販車へフィードバックできる技術開発が
あるか否かだと信じてきました。
F1は市販車と明確に技術の方向性が異なります。
対してスポーツバイクとMoto GPの関係は
限りなく近い……
ファンはそこに「夢」を期待します。
もしもホンダが3気筒でチャレンジしていたら、
レースに勝てなくても近い将来そのレプリカに
乗れるかも知れない「夢」を見ることができたでしょう。
そしてヤマハもVツインを走らせていたら、
同じようにファンを惹きつけていたに違いありません。
もちろんレースですから「勝ち」を狙うのは当然のこと。
でも今のままだったら、
来シーズン、巻き返しを見せてもらっても、
組織力と資金力をパワーアップした印象しか残りません。
何に対してチャレンジするのか、
その厳しさを自らに課す潔さこそが、
Moto GPに参戦する価値を高めるのだと思います。
パワーとトップスピードだけが、
バイクの魅力ではない……
そんな発信が日本メーカーから出てくるのを
ボクは心待ちにしています。

2007年9月20日 (木)

Vol.395 9月20日 33年ぶり

Stoner いよいよ今週末、もてぎの日本GPで
ドゥカティを駆るケーシー・ストーナーが
世界チャンピオンを決めるかも知れません。
1974年にMVアグスタを駆る
フィル・リードがタイトル獲得したのが
世界GPの頂点クラス(当時は500ccクラス)
で日本メーカー以外での最後。
実に33年ぶりということになります。
日本人としては複雑な感じではありますが、
バイク好きは判官びいき……
規模の小さなメーカーが
巨人をやっつけるストーリーには弱いというのが本音。
しかし今シーズンのストーナーの速さは
誰の目から見ても別格ですネ。
とくにコーナーの前半、
ブレーキングからクリッピングポイントまでの
後輪のエンジンブレーキによる
マイナストラクションを主体に曲がっていく部分から
前輪の内向力を補う部分への繋がりを
下半身から上半身へ身体の荷重を移行させていく間の、
彼の間髪入れない連続ワザは群を抜いています。
ココを厳しく攻めるため
コーナー後半へスロットルを開けるタイミングが
誰よりも早く、
その結果、コーナー出口の初速が高く
ストレートでのトップスピードが稼げるという
優位な展開を続けています。
マシンの仕上がりもあるのでしょうが、
さすがのロッシも今シーズンはそこがいまひとつ。
週末のレース、ぜひコーナーの前半に注目してください。

2007年9月15日 (土)

Vol.394 9月15日 NRのような“夢”を……

Nr 近づいてきた東京モーターショー、
ニューモデル発表の口火を切る
ヨーロッパでのショーを間近に控え、
各メーカーから次々に資料が届いています。
期待されるサプライズはあるのか?
バイク編集部に行くと
オッと声を上げる画像を発見!
間もなく各誌で掲載される発表写真、
楽しみにお待ちください。
大人の趣味や遊びゴコロを意識……
そんな意気込みは感じます。
レプリカはさらに刺激的に、
ビンテージもあるしマッチョもあります。
でもボク的にはもっと“夢”を見たかった。
いまさらですが'70年代終盤、
考えたら30年も前になるんですネ、
オーバルピストンNRのような
画期的なチャレンジがないものかと。
400ccでV6とか、
1000ccシングル、それも7バルブヘッドとか
前後に水平対向の250ccツインなんて
きっと見た瞬間に乗りたくなるんでしょうネ。
根拠なんて要らないんです。
なんでそんな必要があるのか、
オーバルピストンの存在を知ったときも
謎、謎、謎でした。
でもバイクってそこが命、そう思います。

2007年9月 7日 (金)

Vol.393 9月7日 タイヤの空気圧をモニターできる時代

1400gtr ライダースクラブの最新号に
試乗リポート掲載してますが、
カワサキ1400GTRはタイヤの空気圧が
何と走りながらインジケーターで
検知できるという装備を持っています。
コレはクルマの世界で既に実用化されてましたが
エアバルブに超小型のセンサーと発信器を組み込み、
オンボードでチェックできる仕組み。
センサーと発信器は単4乾電池くらいしかなく
エアバルブと変わらない大きさ。
これなら走行前にいちいちエアゲージではかる
面倒な手間も省け、
これからの季節にありがちな
空気圧が下がってしまい
(真夏の高温時に合わせると
気温が下がると空気圧も下がります……
どの道チューブレスタイヤといっても
何ヶ月も経てば少しずつリークして
空気圧は低くなりますが)
走行中の安定感とリーンのレスポンスなど
思惑と違うハンドリングに戸惑ったり
危険な目に遭うこともありません。
とくにツーリング中、さっきからバイクの動きが鈍く
ハンドリングも重いな、と思ったとき
モニターでチェックしたら1.0kgしかなくて
止まってチェックしたら釘が刺さってた!
サービスエリアまでゆっくり走り
パンク修理して事無きを得た……
なんてコトが可能になります。

ところで1400GTRは、
吸気バルブのタイミングが可変なのですが、
これはある回転で低速型→高速型へ切り替わるのではなく
回転域に応じて徐々に変わるシステム。
これもクルマでは実用化されてましたが
バイクでも効果は抜群!
何より子供ぽいアイデアのような機構から
大人が納得できる内容の
凝ったエンジニアリングを感じさせるのがイイですね。
他にも頑張った新機構が満載で、
正直言って他の国産メーカーの諦めムードとは違う
将来に向け闘う意欲を感じさせます。

明日はライパ……
これから岡山国際サーキットへ向かいます。
その同じサーキットで3日前に
沼田憲保選手が亡くなってしまいました。
全日本に向けテスト中だった由。
レース生活につきもののリスクとはいえ
残念でなりません。
ご冥福をお祈りします。

もちろん、レーシングマシンで攻める走りと
ライパの楽しむ走りはリスクがまるで違います。
でも、万一を考えさらに気を引き締めましょう。
バイクで人を悲しませることなど、あってはなりません。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR