RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« Vol.378 6月3日 忙中閑アリ…でもバイクに触れてりゃシアワセ | メイン | Vol.380 6月16日 梅雨はいずこ…… »

2007年6月 9日 (土)

Vol.379 6月9日 フジブルースカイヘブン

Photo_4 今年もハーレーのブルスカが開催されました。
昨年と同じ雨に見舞われてしまったものの、
会場はいつものテントでキャンプを楽しむ
ハーレー乗りで大賑わい。
参加しているライダー側が
熟練してきたというか、
お天気が悪かろうがそれはそれとして
楽しもうというパワーがみなぎっていて、
Photo_5 大人の集いを感じさせてます。
間違いなく、日本で最大のバイクイベント。
日本のメーカーとの努力の差
というしかありません。
思い出すのは第1回当時、
催し物も大したことがないのに
コレで集まるのか、楽しめるのかと
Photo_9 心配したものでしたが、
実はそれこそが考え方の違いであったと
後々反省させられました。
各ショップのブースや
カントリーソングのコンサート、
スタントバイクに今年もメキシカンポリスの曲乗り、
Photo_7 それにパレードや花火と
恒例のものばかりですが雨が降っても
ちゃんと盛り上がってます。
いつもながら感心させられる
キッズが遊べる数々のオリジナル遊具に
Photo_8 女性向けの工夫のアレコレ。
素朴なようで実は積み上げたノウハウを感じさせる
日本のメーカーとの一番の違いかも知れません。
ハーレーに乗ってて良かった……
人気ブランドなのに、それにあぐらをかくことなく
できるかぎりのサービスを提供しようという
接客精神にはいつもながら脱帽です。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR