RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« Vol.352 1月20日 Newツナギのデザイン | メイン | Vol.354 2月9日 らいNAVIロケ »

2007年1月28日 (日)

Vol.353 1月28日 自動車騒音パブリックコメント

W400_spl 培倶人・ドカマガ・ボクサージャーナル・ホンダバイクスの
埜邑(のむら)編集長ブログでも、
新しい騒音規制について度々触れてましたよネ。
で、国土交通省のWebサイトで
「道路運送車両法施行規則等関係規則(自動車騒音関係)
の一部改正に係るパブリックコメントの募集について」

と題した内容は、ご覧になりました?
これに対するユーザー側の意見を送る期限の
1月31日が間近になりました。
FAXまたは郵送、もしくはEメールと記されてますが、
郵送は当日必着なのでそろそろ間に合わないかも。
といっても、何てコメントすれば……と思われた方に
ボクが送った意見の概要を記しておきます。

1)「自動車の消音器(マフラー)を交換すること等により、大きな騒音や人が不快と感じる騒音をまき散らす自動車が後を絶たない状況にあり、大きな社会問題となっています」とありますが、実態がどれほどのものなのか詳細が開示されていないので、果たして改正が必要なものなのか否かを判断できません。
2)大きな社会問題となっているのであれば、現行の規制で取り締まりを頻繁に実行しているのでしょうか? 取り締まりの実態と違反車輌の割合や検挙件数も開示されていない現状では、改正が必要なほど状況が悪化しているか否かの判断ができません。
3)現在愛用している自動二輪車は、マフラーの錆による劣化で純正部品が製造されていないため社外部品に交換してあります。このような騒音問題とは関係ないユーザーが、今後車輌を補修できなくなる事態を招くことは大きな不利益であり容認できません。
4)上記に関連して、一部の騒音を撒き散らす悪質なユーザーに対し、取り締まりを強化して状況が好転する可能性を模索し、その結果を開示してからでなければ、騒音問題とは関係ないユーザーは納得できません。
5)以上の理由で、一般ユーザーの不利益を招く今回の改正には断固反対します。

と、まァ主な記述はこんな感じにしました。
すぐに文言が思い浮かばない方は、コレをベースに
ご自分が優先する課題や内容に書き換えては如何でしょう。
ただ、まんまコピペだとボクが扇動したことになっちまうので、
どこかは変えてくださいマセ。
ボク自身のモノは、この文章のままではありませんが……
もちろん、もっと色々な側面から問題を提起できますし、
規制の内容に対し細々と注文をつけるのもアリだと思います。
何れにせよ、黙ったまま見過ごすのだけは止めません?

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR