RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« Vol.347 12月24日 那須サーキットを視察してきました! | メイン | Vol.349 1月1日 新年あけましておめでとうございます »

2006年12月29日 (金)

Vol.348 12月29日 デイトナのバンク両側復活!!

07daytona 仕事納めでエンドレスぽかった日々に
ようやく終止符が打てた感じ……。
でもやりたかったコトが終わらなかった
中途半端感がちょっと残ってますが、
まァそこは観念しちまうほうが良いんでしょうネ。
そんな感じでホッとしつつ
AHRMA(アメリカのビンテージバイク・レース協会)の
ホームページをチェックしたら、
来年のデイトナがバンクを両側とも使うコースに戻るらしい。
05daytona 一昨年からAMAの200マイル・レースで
バンクのスピードが300km/h
を超えっぱなしの時間が長いため、
西側のバンクの使用をやめ
インフィールドのコーナーから裏ストレートへ出る
コース・レイアウトになってました。
この新しいコースに、2年目でようやく慣れたトコロ
だったのでちょっと惜しい気もしないわけじゃありませんが、
でも前のインフィールドを出て西側バンクへ駆け上がり
裏ストレートでトップに入った直後にフルブレーキで
シケインへ飛び込んでいく
スリリングなレイアウトのほうがやっぱり醍醐味あるナ。

因みに今年から200マイルは600ccのバイクで争われるようになり
バンクのスピードが落ちたのを確認できたんでしょう。
何せタイヤメーカーが保証できないと
200マイルの長く長く続く300km/hオーバーの距離と時間に
(バンクにある舗装面の継ぎ目でホイールスピンしてました!)
警告してましたから。
そうなるとインフィールドのコーナーは
1〜2コーナーとクランクを介した後の
ホースシューと呼ばれる右コーナー、
それに軽く左へターンする高速コーナーの後の
右コーナーに次の左くらいしかなくなります。
そしてタップリのバンク速度勝負の区間……。
トップスピードが若干高まった愛車グッツイV7 Sportには
こっちのほうが優位な気がしないでもありません。
宿敵ドカとCB750フォアにハーレーXRとの争いだと
バカ速いハーレーは別にして
ほぼ互角以上の走りが期待できそう……。
何せデイトナのバンクに合わせた減速比と、
完全な専用仕様にまでチューンしているんですから。
来年のことをいうと鬼が笑う、
といっても残りは僅か2日間。
やっぱり、こんなコトを考えていると
ワクワクして楽しくなってきます。

ところで前に予告した
このサイドリバーの「らいでぃんぐNAVI」の動画で
今週の更新でヘルメットにカメラをつけ
走りながらインプレを語るシリーズが始まってます。
数秒で次のコーナーが迫ってくる箱根なので、
雑誌の記事のように細かいニュアンスまでは
時間的にお伝えできませんが、
何といっても臨場感が違います。
自分で乗ってる気になれる、
そんな感じがするように思うのですが……。
ちょっと覗いてみてください。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR