RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« Vol.320 9月23日 カピロッシ、ポール! | メイン | Vol.322 10月1日 “もてぎ”詣のお奨め »

2006年9月24日 (日)

Vol.321 9月24日 カピ、Pole to Win!

Photo_550 やりましたネ、ロリス.カピロッシ。
ドゥカティ・ファンの皆さま、おめでとうございます。
ビデオ、チェックしました。
スタートのシグナルにタイミング合わせるのも落ち着いていて、
無理なく、しかも確実なダッシュ。
ポールポジションの優位さを活かして前に出ると、
イン側へ滑り込ませない絶妙なラインで
第1コーナーを制するのを見たとき、
彼の中に優勝までの戦術がシッカリ描かれているのを感じました。
緊張感がみなぎっていて余裕タップリとは言いませんが、
終盤で追い上げるロッシを突き放すペース配分は
横綱相撲といえる完璧なモノ。

ロッシもミスでクラッシュしないよう
落ち着きつつ果敢に攻めてましたが、
2速の立ち上がりでスロットルを開けてから
後輪が路面を捉えながら踏んばるまでに
ちょっとだけタイムラグがあり、
開け方が早かったりスロットル開度が大きいと
ホイールスピンになるのを抑えながらだったので
あとひと息のペースアップができずにいたようです。

メランドリは良い感じなんだけど
気合いが入っちゃうとミスを呼ぶ熱い走りで、
ミスをしない前のふたりとの違いそのままの結果だったと思います。
ヘイデンは最終ラップの中野選手の転倒に助けられ
5位でゴールしましたが、
アライメントやサスのセッティングなのか、
それとも本人の焦りがコントロールのリズムを外しているのか、
ピッチングのでやすい安定感を欠いた面があって
トップグループには届かない走りだったようです。
どこでもエンジン回転が高めなのが、敗因のひとつかも知れません。
カピの駆るデスモセディチが、
画面にディスプレイされたエンジン回転と
ミッションのポジションをそのまま信じると、
立ち上がり加速で引っ張るより早めのシフトアップとはいえ
全開を17,000rpmあたりまで使っていたのに対し、
コーナーの一番回転がドロップするトコロでは
7,000rpm以下を平然と許容していたのと好対照でした。
そういえば、スリッパークラッチ機能をフルに使った
一気に6→5→4→3→2とシフトダウンを終えてしまう素早さに唖然。
コレは皆さんのバイクとは設定がまるで違うので
参考にはできません、念のため。

それにしてもカピもロッシも、
コーナーで体重をイン側へあずけていく間が丁寧さで
あのペースなのにスローモーション見ているようでしたネ。
3コーナーの入口でロッシがイン側のステップから足を外して
最初の向き変えの角度を稼ぐ大きな荷重をかけていたのが印象的。
いかにもバランス・スポーツ然とした身のこなしは
何とも説得力が高かったナァ。

ビデオではダイジェストしか見られなかった250ccですが、
KTMで頑張っている青山博一選手の優勝は素晴らしい!
こういうドラマ、ご多分に漏れずボクも大好きです。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR