RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« Vol.310 8月11日 ナナハンなのにコーナリング・マシンという衝撃 | メイン | Vol.312 8月16日 パンタF1つれづれ »

2006年8月14日 (月)

Vol.311 8月14日 モトルネ参戦

Photo_444 行ってきました、岡山国際サーキット。
お盆+夏休みでどこもかしこも大渋滞ですネ。
様々なドラマがあったんですが、
それはともかく何とか辿り着き、
無事にレースを楽しんで帰ってくるコトができました。
Img_0002_1 コレが乗せてもらったF1。
猛烈にスリムで、最新のバイクと比べると背が高い……。
でもこのシルエット、好きですねェ。
走ったクラスはOver 40 Boys+Over 50 Kidsという
オヤジ用の何ともオトナゲナイ集団。
アマチュアレースでスリックタイヤOKなんて、このクラスだけ。
皆、ハンパじゃないお金をかけてます。
999R、CBR(もちろんレース用に限定販売された市販レーサー)など
Img_0004 いつ誰がRC211V持ってくるんだろう……なんて、ココではあり得ます。

で、ボクは最も旧式で最も排気量が小さく、
さすがに予選から後ろのほうのポジション。
レースもチェッカーを受けた完走車のなかではビリから2番目でした。
でも楽しかった〜!
その楽しげな中身、お話したいんですけれど
いま成田空港でこれから台湾での商談に飛び立つトコロ。
1泊なんで明日の夜にでも続きをアップします。
では、行ってきます。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR