RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

2018年11月30日 (金)

Vol.685 11月30日 RIDERS CLUB 1月号発売です!

Rc01_banner

今回はずばり「ヒザを擦りたい!」
奥多摩で空き缶を膝にくくりつけ、
地面へ突き出していた世代もいまや50代……
はともかく、大人のライダーがやってみたい
トップランクは相変わらずデス。
でもやんちゃゴコロとして、当然だと思います。
とはいえ、そこまで寝かせられない、
ムリ膝で腰を落とすと車体が起きてしまう等々、
願望はあってもまだ擦ったことのない方々のお悩みも様々。
基本は旋回中に安心できる
自信も持てる乗り方を身に付けるコト、
ただそのアプローチに
皆さんキャリアによっても異なるので、
読者体験のプロセスをぜひご覧ください。

Rc01_01

Rc01_cover

そんなことやれなくてもイイですよね?
ハイ、自分でも仕方なく擦ってしまうときだけなので、
スライダーもできたら痕のないのがクールだと思ってます。
ましてや一般公道では……なのは、いうまでもありません。

Rc01_02Rc01_03

立ち読みはコチラからどうぞ。

2018年10月29日 (月)

Vol.684 10月29日 RIDERS CLUB 12月号発売です!

Rc12_banner

電子制御にどんなイメージをお持ちだろうか。
トラクション・コントロールのように
暴力的なパワーを限界まで攻めたとき、
ハイサイドとか危険な転倒を防ぐため
パワー制御して介入してくるシステム……
まだそのような捉え方をしていると、
あなたは最新機能だからこそ可能になった
ビギナーでも安全に醍醐味を楽しめるライディングに
自ら蓋をしてしまったも同然。
即ち、モトGPマシンの開発過程がそうであったように、
当初はリスクを回避する仕組みだったモノが、
如何に扱いやすく乗れるかに特化し、
それがいよいよ最新市販スーパースポーツへ
次々と反映されはじめたからだ。

Rc12_cover_3

たとえば最新モデルで「レインモード」は
雨の日用のモードではなく、
晴れたドライ路面でもリスクを避け
醍醐味を楽しみたいライダーには至福の時を提供する。
前輪が路面から離れたかのような荷重がなくなった感覚と、
どんな状況からでもスロットル全閉から開けた瞬間でさえ
猛烈なパワーにドキッとする尖った反応ではなく、
’80年代後半に
2st250レプリカで多くのライダーが虜になった、
勢いよく開けて官能的なダッシュを待つ、
あの感性と同じ世界が展開されるのだ。
その馴染みやすさに、
まさかの考えてもみなかった
徐々に攻めたライディングを楽しみはじめてしまうだろう。
300km/hとか「肘スリ」とか、
パフォーマンスバイクへの憧れは
持ち続けてきたけれど、
もうさすがに「Too much」な部分が多過ぎて
自分には関係ない……
等々、縁のない世界と諦めていた方々にこそ、
ぜひ味わって頂きたいクオリティなのだ。
しかも試してみればわかるのだが、
予め専門知識など仕込んで置く必要もない。
人間の感性に馴染みやすい特性を追求しているから、
突然のコトに驚かされる危険度など皆無なのが
乗っているうちに納得できるに違いない。
食わず嫌いこそ一番もったいない!

Rc12_01

Rc12_02Rc12_03

立ち読みはコチラからどうぞ。

2018年9月30日 (日)

Vol.683 9月30日 RIDERS CLUB 11月号発売です!

Rc11_banner

Rc11_01

イタリアンというと、優れたデザインに代表される
感性に溢れた国民性がイメージされますよネ。
同時に熱血漢が多く、勢いだけで突っ走ってしまう
信頼性に?も必然性のように言われがち。
しかし皆さん、ボクの知っているイタリアン・ライダーは
情熱をとことん深く追求する側に発揮、
しかも詰めていくと複雑になる状況を
シンプルな原点で考え直すことも得意。
さらにイタリアン・エンジニアも、
マイノリティつまり少数派であっても
ためらいなくメジャーと互角であろうとしますし、
いくつかの要素を役割として兼ねた
シンプルな構造ほど良いという美学にも徹しています。
それだけに、最新の電子化によって
複雑多岐と思われがちな技術ほど、
実にスマートにこなしています。
パニガーレV4などその典型でしょう。
もちろん我々を魅了する「熱さ」が原点ですが、
意外なほどクールである実態もお伝えしたい……
そんなイタリアンの誘惑、ぜひご覧ください!

Rc11_02Rc11_03


立ち読みはコチラからどうぞ。

2018年8月28日 (火)

Vol.682 8月28日 RIDERS CLUB 10月号発売です!

Rc10_banner

リーンは横ではなく下へ……
最近よく見かけるんで、
いつかは試したほうがイイかもとは思ってるけど、
もしくは何度か試したけれど、
違いがよくわからないし効果も感じられない。。。。

Rc10_01

スミマセン、我々伝える側も
工夫が足りてないとの反省もしつつなのですが、
コレ2人でペアを組んで試さないと
違いを実感できないのが大きな妨げなのと、
拳(コブシ)ひとつ身体の重心を移動するのが、
わかってさえしまえば
特別ムズカシイことではないのですが、
コツを掴むまでに時間がかかる人も、
アッという間に体得しちゃう人など千差万別。
でも掴んでしまえば、
チカラ要らずにリーンができる……
なんてレベル以上に効果が大きい、
思ったトコロで思ったように曲がりはじめられるという、
コレ川を渡ってしまった人には
自信もつくし安全という嬉しいメリットだらけ、
川を渡る前には想像もしていなかった
別世界が待っているのです。
ブレーキのリリースと合わせワザだと、
スポーツ・ライディングには欠かせないテクになりますが、
ブレーキを使わないビギナー・コースでも
とにかく体得してリスクを減らし、
楽しいライディングの世界に浸って頂きたい!
ぜひぜひ、お試しを!!!!!

Rc10_cover

Rc10_02Rc10_03


立ち読みはコチラからどうぞ。

2018年7月30日 (月)

Vol.681 7月30日 RIDERS CLUB 9月号発売です!

Rc09_banner_2

ワインディングはどのカーブもブラインド。
曲がりきれなかったら……
この警戒心から減速し過ぎて
コーナリングになっていないとか、
そこそこイイ感じでコーナーへ入ったら
奥できつく回り込んだ複合カーブで
慌てて凹んだコトなどあると思います。
楽しみながら気持ちよく走りたい、
でもどうしたら?
その具体的な解決策となるテクニックを
今月号でも読者の方々に体験して頂きました。
要するに思ったトコロで思うように曲がれれば
すべて解決するワケですが、
そんなコトできっこない、そう思われていたら
今回の企画はきっと目ウロコ間違いナシです。
しかも長いキャリアを積んでいなくても
並外れた感性が必要でもありません。
これまで巻頭ライテクで身に付けられた
それらの基礎を応用するだけです。
ぜひ読者の方々が当日に辿った経緯をご覧になって、
ご自分でも実践なさってみてください!

Rc09_01

Rc09_02Rc09_03

Rc09_cover

立ち読みはコチラからどうぞ。

2018年6月28日 (木)

Vol.680 6月28日 RIDERS CLUB 8月号発売です!

_dsc0528

フロントブレーキが怖い方から
ちょっと自信ありな方まで
この機会にどうやってかけているか
ご自身でチェックしてみませんか?
かけたら反射的にストンと前のめり……
減速Gがフロントフォークへ載っかるんだから当然 !?
でもちょっと待ってください、
慣れてるライダーだと、
このストンと前のめりがブレーキが効いている証拠
そんな思い込みから、いつも一定の入力でかける、
まるでスイッチのように扱ってませんか?
でもこの前のめり、
ブレーキをかけたショックで
必要以上に深く沈んでいるのです。
そこでもっと強くかけてもそれほど前のめりせず、
不安感のない自信がつくかけ方を、
読者の方々が習得していくプロセスを
ご覧にいれながらのいつものレクチャー。
もう何度かご覧になっている方も、
また違った方の体験から
新たなヒントを見つける可能性大です。
とくにブレーキのリリースを使い、
ここぞという地点からスパッと向き変えするテクは、
マージンも大きく満足度200パーセントアップの
コーナーが待ち遠しくなること間違いナシ!
スーパースポーツとかカテゴリーに関係ない操り方なので、
この機会にぜひ身につけましょう。

08_01

また今回はパニガーレV4Sに試乗させてもらいました。
ドカなのにV4ってがっかりしてた方、
走り出した瞬間、ヒャー、これドカじゃん!!!!!
と狂喜するに違いありません。
これまでLツインで追求してきた、
ライダーの意思によるコントロールが前提で
マシンは如何に素早く追随できるか、
だから安定性を前提に探るような乗り方だと
いつまでも馴染めない……
それを次世代では最新テクノロジーを駆使して
さらなる高みまで進化させていました。
Lツインとしか思えない車体の軽さ、
エキゾーストノートに後輪の不等間隔な蹴り方、
日本車はもちろん、どのメーカーの
頂点マシンとも似てません。
しかも電子デバイスが
いやはや、ここまで進化するのかという
まるでエンジニアやメカニックが
一緒に乗って調整を変えてくれているかのような
諸々のタイミングに瞬時に反応している凄さ……
感動しました。
最新のスーパーパフォーマンスマシンに乗る度に
「生きてて良かった!」って神様に感謝デス。

08_02

08_cover


立ち読みはコチラからどうぞ。

2018年5月29日 (火)

Vol.679 5月29日 RIDERS CLUB 7月号発売です!

Rc7banner

今月のライテクは基本中の基本、トラクション。
旋回中に加速すると後輪が路面を蹴って
安定感と曲がれるチカラが増える……
感じたことがある多分アレ、
これぞコーナー立ち上がりの醍醐味、
等々ご存じだとは思いますが、
果たしてホントに効果を充分得られているのか、
そのチェックを含めぜひご覧頂きたい特集です。
今回は特別にスクーターをご用意、
ちょっとした旋回立ち上がりにグイッと曲がる
トラクションを誰でも感じられますが、
実はこのグイッとくる区間がとても短いのと
徐々に開けたらグイッとこないのもわかります。
これをヒントに参加された読者の方々が、
ちゃんと感じられてシッカリ曲がれて
安心と醍醐味を満喫できる”域”を自分のモノに。
飛ばすためではなく、
低速域でも自分で操っている状態でいるために、
必ず身に付けておきたい大事な操作なのです!

Rc7_01

Rc7_03Rc7_02

Rc7_cover


立ち読みはコチラからどうぞ。

2018年5月14日 (月)

R/Cフォーラム やります!

Nemoken_cover1024x765_2

「オートバイ乗りは"怖がり"ほどうまくなる」の出版記念、ライダースクラブ40周年記念、もひとつオマケに70歳記念……とにかくこのタイミングで皆さんに集まって頂き、フォーラムとかやりましょう!な勢いに「フ〜ン」とか頷いていたら日時も場所も決まったとの報告。エッ、2週間後なの? と驚きつつ、原田さんが応援トークに来てくれて多聞さんがMCというので、何だかとても楽しそうって気になってきました。ワンドリンクと軽食付き、ビールもあるそうなんでぶっちゃけ不安です😅。因みにモーターサイクルショーに展示したDaytona GUZZI V7 も会場に運ぶそうです。
ネモケンのR/Cフォーラム
2018年5月29日(火)18:30開場 19:00スタート 21:30終了予定
主催:渋谷東京カルチャーカルチャー
東京都渋谷区渋谷1-23-16
お申し込みは下記まで
http://tokyocultureculture.com/event/general/24192

 

2018年4月29日 (日)

Vol.678 4月29日 RIDERS CLUB 6月号発売です!

Rc06_banner

Rc06_01_2

バイクを傾けるには色々なやり方がありますよネ。
ハンドルで寝かしていく、腰を捻る、
腰をズラして肩からイン側へ体重をかけていく……
どれも時間差などの違いがあっても、
車体は傾きます。
でもありそうでナイのが
イン側のステップを踏むという動作。
もしもシートから立ち上がって
体重を両方のステップに載せていれば、
体重をかけたステップの側へリーンしますが、
通常の姿勢でシートに座った状態で、
ステップをいくら踏んづけても何も起きません。
でも旋回中に外足で下半身をホールドしたり、
内側も緊張で踏ん張ったりと、
何かやってる感があるので勘違いしやすいのです。
そして思ったタイミングで思い通りにという方法は、
やはり身体の重心をイン側の下へ移動させるのがベスト。
左折の要領なんですが、
ある程度スピードが出てしまうと
重心移動しにくい気持ちになってしまいます。
2人ひと組になって試す方法が一番わかりやすいので、
ぜひぜひ実践してみてください。

Rc06_02_2Rc06_03

立ち読みはコチラからどうぞ。

2018年3月27日 (火)

Vol.677 3月27日 RIDERS CLUB 40周年記念号発売です!

Rc400cover

東京モーターサイクルショーでは
大勢の方にお見え頂き、
また拙著もお買い上げくださり
ありがとうございました。
そして40周年記念号デス!
1978年の月刊誌として創刊以来、
皆さまに支えて頂き
今日まで生存えることができました。
本当に、本当にありがとうございました。
この40年間は、
まさにバイクが如何に乗り手の感性へ順応できるか、
そこへのチャレンジの歴史だったと思います。
また様々なプロたちが、
40年間の変遷に関与し時代を築き上げてきました。
なぜいまがあるのか、
そしてこの成熟期を迎えた様々なプロダクツの恩恵を、
どうバイクライフに活かしていくのか、
乗りやすかろうが、
守られていようが、
捉え方を間違えればリスクに直結するのは
昔も今も変わりありません。
そのための必要な知識や情報を、
皆さまへお届けするのが
我々に課せられた役割……
さらにエンジョイできるバイクライフを目指し、
これからも頑張りますので
何卒宜しくお願い致します!!!!!

0rc400_1

Rc400_2

Rc400_3


立ち読みはコチラからどうぞ。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • BikeJIN × Coleman CAMP STARTINGSET 2018 バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG BikeJIN×Coleman キャンプスターティングセット2018 ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR