RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

2017年3月28日 (火)

Vol.664 3月28日 RIDERS CLUB 5月号発売

Rc05_banner

サスをイジるなんて……
メーカーが多くのライダーに最も平均的で
ベストな状態を想定して設定したモノを
何で変える必要があるのか、
こう信じている方がほとんどでしょう。
しかし実際は違います。
それは今回の記事を読んで頂ければ納得されるはず。
そして難しく考えず、先ずは減衰力を弱めてみましょう。
ビギナーでもわかる違い、
安心感が段違いに大きく乗りやすくなることに
きっと驚かれるはずです。

Rc05_01

今回も読者の方々に
この違いを実感して頂きました。
一番知って頂きたいのは安心=楽しい
に直結しているというコト。
フワフワしたら危ないんじゃない?とか、
そういう状態にはなりません。
柔らかくするのではなく、
良く動くサスになるからです。
ライダーは人間、
その感性に馴染みやすい動きで乗れると、
それだけで安心できます。
そういえばMotoGPの開幕戦、
ご覧になりましたか?
いやはや今シーズンのマシンは
さらにサスがひっきりなしに動いてましたネ。
もちろん本誌では速く走るためではなく、
一般公道の常識的な速度域での楽しさを前提にしています。
ぜひぜひご覧になってください。
「もっと早く知っておけば良かった」
今回の参加者が思わず漏らした言葉をあなたにも!
そしてそして特大号、
ちょっとした分厚さ……重くてゴメンナサイ。

Rc05_00

Rc05_02





Rc05_03

立ち読みはコチラからどうぞ。

2017年2月28日 (火)

Vol.663 2月28日 RIDERS CLUB 4月号発売

Rc04_banner トラクション……
エンジンの駆動力を利用して、
カーブで後輪の旋回方向性と安定性を増やす
ご存じ基本のテクニックですが、
いつでもどこでもとなると感じにくい、
つまり効果を発揮できるまで
使いこなせていないケースが多いようです。
最大の勘違いは大きなパワーを与えるほど
ガッツリ曲がるはずという感覚。
速さを競うモトGPでさえ
速度の低いコーナーでは唖然とするほど回転を下げ、
爆発間隔が後輪に伝わって
路面を掴むグリップに
ライダーも開発エンジニアも拘っています。
ムリしたらスリリングでも
実は旋回半径が大きくなってしまうからです。
でも言葉でわかっていても、
実際に走ると何をどうしたら良いかわからない。

Rc04_01_3

そこで今回も3人の読者の方々に、
トラクションをどう感じたら良いか、
効率アップにはどこに留意したら良いかを
ステップbyステップで体感して頂きました。
攻めたい方、そこまではしないけれど
リスクは減らしたい方にもわかりやすいように、
これまでご披露してこなかった方法を含め
我々側も記事展開にチャレンジ、必見デス!

Rc04_02_3Rc04_03_2

 

Rc04_cover

立ち読みはコチラからどうぞ。

2017年1月31日 (火)

Vol.662 1月31日 RIDERS CLUB 3月号発売

Rc03__4

Rc03_01a

Rc03_01 タイヤは減ります、
当然ですが走るほどに減ります。
で、減って溝が浅くなったのを見ると
その出費を考えて憂鬱になる……
コレ大半の方々の正直な気持ちだと思います。
でもリスクを冒さないために
新品へと交換しなくちゃならないこの機会こそ、
走る楽しさ倍増のチャンス!
とくに2年前に新車だったとか、
交換して2年以上過ぎた方々は、
最新の進化を遂げたタイヤで
驚くほどの安心と醍醐味が手に入れられるのです。
エッ、最近タイヤってあまり変わってないんじゃない?
と思っていられる方が多いようですが、
ハイグリップ・タイヤはその神経質だった面が緩和され、
スポーツ・ツーリング・タイヤは
ちょっと前のハイグリップに近いポテンシャルへと
明確に進化しているのです。
乗りやすさの進化がメインの最新タイヤ、
そういっても過言ではありません。
今回は3人の読者の方々に、
タイヤ交換で何が変わるかを体験して頂きながら、
タイヤをより「感じる」ライディングもアドバイス。
シーズンイン前の準備のひとつとして、
ぜひ参考になさってください。

Rc03_02_2 そして2016年度チャンピオンマシンRC213Vの
詳細な撮り下し写真と
クランク逆回転に敢えて挑戦するなど
中本HRC副社長のわかりやすい開発コンセプトと
シーズン・ストーリーも必読。

Rc03_03 個性的なバイクに圧倒される
試乗リポートも今回は数多く掲載しています。

立ち読みはコチラからどうぞ。

2017年1月 1日 (日)

新春のご挨拶を申し上げます

Kohtani_2015_1017_3 新年明けましておめでとうございます。
世界のすべての国々で
先のわからない1年になりそうですが、
その変化を楽しむ気持ちで
スロットルを開け続けようと思います。
今年もどうぞ宜しくお願い致します!
photo:K.Ohtani

2016年12月29日 (木)

Vol.661 12月29日 RIDERS CLUB 2月号発売

15727330_1350008105033189_5619003_2

年齢を重ねてからのバイクのほうが、
若いときより数倍も楽しい……
ボクも実際に中年を越えるまで
わかりませんでした。
そして40代、50代、さらに60代と、
歳をとる毎に感じる醍醐味は増すばかり。
ボクの場合は若いときより
乗れる時間が増えたワケでもなく、
むしろ絶対時間は減っていたのですが、
人生経験を積んでからのほうが
バイクと接している間に没頭できるというか、
アタマが切り替わって
心の奥底から楽しめるようになっていました。

01_3

そんな「旬」を迎えた皆さんと、
RIDERS CLUBは2017年をいかに共有できるか、
最新号はそんなテーマに取り組んでみました。
さらに次号からは
その具体的なお手伝いを特集していきます。
乞うご期待!

02_cover

02

03



立ち読みはコチラからどうぞ。

2016年11月29日 (火)

Vol.660 11月29日 RIDERS CLUB 1月号発売

Rc01_banner

Rc01_cover

右へのリーンが
左と同じにできない……
何となく苦手に思いながら
クリアできないままに過ぎている、
キャリアがあるないに係わらず
こんな悩みがひとつやふたつありますよネ。

Rc01_01_2

今回はいわゆる大ワザではないけれど、
わかっちゃいるけど的な場面の
基本的な原因と解消のためのコツを
集めてみました。
左のリーンと比べて右だとチカラが抜けないのは
ある意味仕方がないことで、
左でリーンしているときと
右でのときとを比較しながら
腰や肩にアタマの位置まで
ひとつひとつクリアしていくしかありません。

Rc01_02_2

また電子化をさらに進めた
最新CBR1000RRの詳細情報をはじめ、
気になる可能性を拡げるネタを網羅。
来シーズンへの夢を育む内容としました。
お見逃しなく!

Rc01_03


立ち読みはコチラからどうぞ。

2016年10月29日 (土)

Vol.659 10月29日 RIDERS CLUB 12月号発売

Rc12_001_2 コーナーの出口に向かって
スロットルを開け、
エンジンの駆動トルクで
後輪を路面に押し付けながら
グリップさせると安定して曲がれる
「トラクション」

Rc12_003Rc12_002Rc12_004


上り坂だと誰でも感じられるメリットですが、
どこでも発揮するためには相応にコツが要ります。
スロットルの開け方、
徐々に捻ったら効果は半減……
体重をシンクロさせて載せるタイミング、
逸するとグイグイ曲がりません……
そして何より大事なエンジンの回転域、
ピーク域だと気持ちよくても曲がれない……
頑張り過ぎると却って曲がらなくなるのは、
MotoGPを見ているとよくわかります。
蛮勇が通じないトラクションは、
速く走るためというよりむしろツーリングで
リスクを避けつつ楽しむ基本のテクだと思います。
ネモケンに聞け!今回もいまさら聞けないネタ系です。
ぜひお楽しみください!

Rc12_cover



立ち読みはコチラからどうぞ。

2016年9月28日 (水)

Vol.658 9月28日 RIDERS CLUB 11月号発売

14457348_1249931501707517_2205962_2 ライテク特集の第六弾はハング・オフです。
レースではお馴染みの腰を大きくズラしたこのフォーム、
リーンインをさらに深めたライディングですが、
巷でよく見かけるハング・オフは
腰を横へズラしただけが圧倒的多数。
実はこれだとシートから荷重が抜けやすく
その効果がないというのをご存じでしたか?

14484912_1250598091640858_834751408

腰は横ではなく下のイン側へズラし、
上半身も弧を描くように
バイクの内側へ回り込ませるのが正解。
その体勢へ持ち込むには、
シートの上を下半身がどう動いていくかで
ほぼ決まってしまうのです。
そして両腕はもちろん、
腰にも太股にもチカラが入ってはいけません。
勘違いして腰を捻るのもNGです。
如何にバイクの内側下方向へ
身体の重心をスーッとリーンとシンクロさせて
移動させていくか……
わかっているようで大半の人ができていない
このハング・オフの基本を、
ぜひ確認してみてください。
ネモケンに聞け!もよろしくお願いします。

14485021_1251533398213994_563604440

14484624_1249894181711249_9348219_2

 


※立ち読みサイトはココをクリック

2016年8月29日 (月)

Vol.657 8月29日 RIDERS CLUB 10月号発売

14064254_1221612874539380_2565467_2

ライテク特集の第五弾はブレーキングです。
バイクの着実な操作は、まさにブレーキを
如何に操るかにかかっています。
一番やりがちなのが、ブレーキをスイッチのように
いきなり握ってしまう操作。
これではどんなに弱くかけても
急激な前のめりとなってしまうだけでなく、
前輪のグリップに不安が残ります。

20160829_121743


右手でワシづかみにブレーキレバーを握ると
親指の付け根と人さし指や中指の両方から挟んだ
実は支点のない入力になってしまいます。
クルマのフットブレーキで、
かかとを床につけずに踏んだらどうなるでしょう。
支点がないため強弱コントロールができずに
いきなり急ブレーキになってしまいますよネ。
そしてどこまでが遊びで、どこから効き始めるのかなど
細かな反力も感じられません。
大事なのは小指と薬指でグリップラバーをホールドして
ここを支点に残る指でブレーキレバーを引くこと。
人さし指と中指でブレーキレバーを
軽く上から下へ押しながら、指の腹を滑らせながら
引き込むようにたぐり寄せる感じだとうまくいきます。
これで細かな反力が感じられ
実際に前輪がブレーキ荷重をうけてからの
強弱コントロールが実感できるようになる筈。
いま効きはじめた……そこからジワッと強めると
ノーズダイブも増えずに驚く安定感で
安心の強力ブレーキングが可能になるのです。
これさえ掴めればどうにでもできるので、
そのためのノウハウを何としても身につけましょう。
次に大事なのがリリース・コントロール。
リーンのきっかけに利用することで、
最初の曲がり方を自在に操れるからです。
そして後輪をシッカリ路面にグリップさせておくこと。
この機会にビギナーもベテランも、
あらためて見直してください。
もちろんネモケンに聞け!のお悩み相談も
ぜひご覧ください。

14102343_1221567554543912_594351659



※立ち読みサイトはココをクリック

2016年7月29日 (金)

Vol.656 7月29日 RIDERS CLUB 9月号発売

13775752_1197159570318044_3750819_3

両腕のチカラを抜くにはじまり、
身体のどこも力んではいけない……
昔から言われ続けていることですが
最新の誰にも乗りやすいバイクだろうと
この原則に変わりはありません。
しかし、言葉ほど簡単でないのはご存じの通り。
それをひとつひとつ具体的にしようと
わかりにくい細かいアドバイスに徹したのが今回の企画。
ひとつ例を挙げれば太股に力を入れると
筋肉が緊張してシートに触れている面積を
小さくしてしまいます。
常に柔軟な状態でいれば、
旋回やバランスをコントロールする身体の重心移動が
効率良く活かされます。
様々な車体の挙動に影響されず、
安心できる安定した走りが得られるからです。
それを可能にする手足や背筋に下半身のコツを
この機会にぜひ掴んでください。

13765990_1197918033575531_232158816

Rc09_01_2


                        

また高い趣味性を感じさせる、大人向けの新たなチャレンジの数々も見逃せません。
もちろんネモケンに聞け!のお悩み相談もお忘れなく。

Rc09_02

※立ち読みサイトはココをクリック

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • BikeJINがリニューアルします! NAVITIME ツーリングサポーター BikeJIN春祭り2017 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • アイウエアブランドOAKLEYのミリタリー部門「ESS」サングラス クシタニ×ライダースクラブ「GPR6-1.1 RACING GLOVES Ver.RIDERS CLUB」 CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー ショット・オンライン

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR