ランドネ最新号案内

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


« 檜枝岐村から行く、御池周辺の紅葉スポット | メイン | 「秋の尾瀬・縦断2日間の旅」ツアー報告その1・尾瀬ヶ原編 »

2016年10月18日 (火)

下山後に立ち寄りたい、檜枝岐村の立ち寄り湯

こんにちは、ランドネスタッフのゆのです。

残暑もあれば、朝晩は毛布でぬくぬくしたい時期になってきましたが、

みなさま、秋の夜長をどうお過ごしですか?

檜枝岐村にも秋がやってきました。

 

山からの雪解け水が豊富で、すべての山小屋でお風呂につかり

その日の汗を流せることが自慢の尾瀬ですが、

温泉湧き出る檜枝岐村は、なんと各家庭にその癒しの湯が

通っているというから贅沢!

 

メインの国道352号線沿いにある水芭蕉の石像から流るるものに

触れてみてください。それはそれはあたたかな温泉です。

尾瀬歩き後は、やわらかなそれと想い出に浸ってほしい。

 

檜枝岐村温泉の泉質は、慢性婦人病や慢性皮ふ病に効果のある単純硫黄泉と、

神経痛や疲労回復、筋肉痛に効果のあるアルカリ性単純泉の2種類。

湯めぐりもよし、一旅一温泉もよし。

今回は、檜枝岐村の立ち寄り温泉施設4軒をご案内します。


【アルザ尾瀬の郷】

_3

新緑・紅葉ともに見応えのある木々に囲まれた大露天風呂、打たせ湯、寝湯、泡風呂がそろう温泉ゾーンのほか、エアースライダーもある室内温水プールも併設されているので親子にも人気。

 

住所:福島県南会津郡檜枝岐村字見通1156-1

電話番号:0241-75-2200

営業時間と期間:10:00~18:00 4/29~11/13

定休日:5月~10月は木曜の午前、11月~4月は毎週木曜 

入浴料:温泉のみ500円 温水プールセット1,000円/大人

泉質:アルカリ性単純泉

露天風呂の有無:有

設備内容:ドライヤー、脱水機、休憩所

 

【公衆浴場 燧の湯】

_2

国道352号線から川窪橋を渡った先にある、村で唯一ここだけの単純硫黄泉を単独で使用する源泉かけ流しの温泉。ヒノキの香りが癒される内湯と、眼下に流れる舟岐川が愉しめる露天石風呂が魅力。

住所:福島県南会津郡檜枝岐村上ノ台208-1

電話番号:0241-75-2290

営業時間と期間:6:00~21:00(4月下旬~11月中旬)、12:00~20:00(そのほか冬季間)

※歌舞伎上映日(5/12、8/18、9月第1土曜日)は22:00まで営業

定休日:火曜の午前

入浴料:500円/大人、子ども250円

泉質:単純硫黄泉

露天風呂の有無:有

設備内容:ドライヤー、休憩フロア、フットマッサージ器

【公衆浴場 駒の湯】

_1

観光案内所や六地蔵などからすぐのところにあるので、檜枝岐村を歩きで愉しむ観光者はもちろん、会津駒ケ岳登山口にも近いため、トレッカーにも人気。燧の湯同様、露天風呂では眼下に檜枝岐川が愉しめる。

 

住所:福島県南会津郡檜枝岐村下ノ原839-1            

電話番号:0241-75-2655

営業時間と期間:夏季6:00~21:00、冬季12:00~20:00(内風呂のみ営業) 

定休日:水曜の午前

入浴料:500円/大人、子ども250円

泉質:アルカリ性単純泉

露天風呂の有無:有

設備内容:ドライヤー、休憩フロア



【檜枝岐の湯】

_1_2

歌舞伎の舞台近くにある旅館ひのえまたで日帰りできる温泉。夕食前後で入れ替わる広々とした清潔な内湯“燧ケ岳の湯”と“みずばしょうの湯”が男女別であり、それぞれに露天風呂がある。

 

住所:福島県南会津郡桧枝岐村居平679

電話番号:0241-75-2324

営業時間と期間:13:00~15:00 ※日帰り入浴の場合

定休日:なし

入浴料:500円/大人

泉質:アルカリ性単純泉

露天風呂の有無:有

設備内容:ドライヤー


ランドネスタッフ・ゆの
写真◎ウェブサイト「おいでよ!南会津。

  • 尾瀬横断バス乗車券
  • かぎや旅館
  • 桧枝岐小屋
  • ランドネブログ
  • 四角友里

    四角友里 | Yuri YOSUMI

    着物着付け師 | アウトドアスタイル・クリエイター

    女性のためのアウトドア普及活動に力を入れ、執筆、講演活動、商品開発を通し、独自のメッセージを発信。「山スカート」を世に広めた登山ブームの立役者として活躍する。着物着付け師としての顔も持ち、和の感性を活かして企画したアウトドアウエアは海外の賞を受賞するなど評価も高い。2010年より、永住権を取得したニュージーランドにてトレーラーハウスや湖畔の森に暮らす。現在は拠点を日本に移し、四季折々の自然を味わいながら山歩きの魅力を伝えている。著書に『一歩ずつの山歩き入門』(エイ出版社刊)
    www.respect-nature.com

  • 安仁屋円香

    安仁屋円香(アニー) | Madoka Aniya

    ランドネ編集部員。栃木県出身。尾瀬や自然の魅力を伝える「尾瀬認定ガイド」として活動していたことこともあり、山歩きと花とコーヒーが好き

  • 湯野澤いづみ

    湯野澤いづみ(ゆの) | Izumi Yunosawa

    ゆび編み伝承師。編集ライター。福島県出身。ガーナ滞在がきっかけでゆび編みに出逢う。「mamayuno」として野外フェスを中心にワークショップを開催中

四角友里

四角友里 | Yuri YOSUMI

着物着付け師 | アウトドアスタイル・クリエイター

女性のためのアウトドア普及活動に力を入れ、執筆、講演活動、商品開発を通し、独自のメッセージを発信。「山スカート」を世に広めた登山ブームの立役者として活躍する。着物着付け師としての顔も持ち、和の感性を活かして企画したアウトドアウエアは海外の賞を受賞するなど評価も高い。2010年より、永住権を取得したニュージーランドにてトレーラーハウスや湖畔の森に暮らす。現在は拠点を日本に移し、四季折々の自然を味わいながら山歩きの魅力を伝えている。著書に『一歩ずつの山歩き入門』(エイ出版社刊)
www.respect-nature.com