ランドネ最新号案内

エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


« 15時〜7時。尾瀬に泊まる魅力 | メイン | 檜枝岐村発着 尾瀬トレッキングを満喫するための山小屋リスト »

2016年9月 5日 (月)

麓グルメを食べ尽くす

こんにちは、ランドネスタッフのゆのです。
秋の気配を感じながらも、まだまだ残暑残りすぎな
今年の常夏、みなさまいかがお過ごしですか?

先日、仕事で山口に行ってきまして、
福島で暮らす父母へのお土産に
山口の地酒と焼ふぐ、ふくちくわを買ってきました。
お土産に酒を選んでしまうあたり、わたしも
すっかり歳をとったなー、なんて想う今日この頃。

わたしの自論ですが、『酒呑みはグルメ』。
ビール、日本酒、ワインなど、それぞれに
合う肴を知っているので、舌が超えてグルメ派が多い。

そんな自論を持つわたしの好きな食べ物は“郷土ごはん”。
好き嫌いのないわたしは、訪れる先で地酒はもちろん、
そこでしか味わえないごはんを徹底的に食べ尽くすのが旅の醍醐味。

さぁ、今回は檜枝岐村の麓グルメを紹介していきましょう!


まず一番ビビビとくるのは、裁ちそば


日照時間が短く、狭くやせた土地の檜枝岐村は稲作が向かず、
寒冷な気候でもよく育つそばがメイン。

檜枝岐村のそばはつなぎを一切使わず、そば粉に入れるのは水と熱湯だけ。
畳むと折れてしまう十割の生蕎麦を2~3mにのし、
布を断ち切るように何枚にも重ねて切ることが裁ちそばの由来なんだとか。

村でおすすめな裁ちそば処が、民宿も営む開山
女将自らが、そばの実を天日乾燥させて製粉するというこだわりの
裁ちそばは、ホッとするおふくろの味。
ゆっくり味わいたところだけど、裁ちそばはゆでて時間をおくと
そばが切れてしまうため、せっせと食べるのがコツ、と女将さん。

1_2

▲檜枝岐村名産の青シソ、唐辛子等の山の幸を塩漬けした山人漬けが薬味にあるのもうれしい、開山の裁ちそば (¥900)


もちろん裁ちそばは檜枝岐村を代表する郷土ごはんなのですが、
慣れ親しんだ地元人が愛してやまないのが、
実は、かどやの味噌ラーメン。

OPENの10:30に合わせてお店を訪れると、すでに
ほぼ満席状態。その地元客の8割が、まさかの味噌ラーメン。
だからわたしたちもすかさず頼みました、『味噌ラーメン4つ!』

2▲太めの麺に、ちょい辛濃厚味噌がからんでスーパー美味(¥700)


田舎で洋食を味わいたいなら、
ハーブ畑のレストランあした天気へ。

檜枝岐村を代表する、赤さび色な屋根色統一の街並みから
少し離れた土地にぽつりと佇むログハウス。
レストランまでの道のりには100種類以上のハーブ畑があり
辿り着くまでに、うっかりきょろきょろしてしまう。

3

ご夫婦で営むこのレストランは今年で25年。
奥さまの趣味で始めたハーブやお野菜をふんだんに使った
カレー、オムライス、グラタンなどのほか、
摘み立ての香り豊かなハーブティも充実。

ガーデンに摘みに行く奥さまにとことこ着いていき、
ハーブについていろいろ聞いてみたりして、
時が止まったかのようなメルヘン空間が心地よい。

4

各テーブルにはランチョンマットならぬ、尾瀬MAPが
敷いてあり、登山や釣り客も多いんだとか。

5▲一番人気の、タイムとローズマリーのチキンソテー(¥1,900)

6

▲今日は、胃腸を健やかにし、精神も安定するレモンバーベナのフレッシュハーブティ(¥550)をチョイス

7

レストラン近くには、後白川天皇の皇子、
高倉の宮の喉の渇きを潤したという安宮清水も
湧き出ているので、myボトル持参で訪れたい。

8

9

裁ちそばに、ラーメンに、洋食、
い~っぱい食べた〆は、やっぱりデザート♪

一行はミニ尾瀬公園に車を走らせ、
園内のカフェで栃みつジェラート(栃の木から採れる天然のみつ)¥400をオーダー。

10

とろとろの栃みつがさっぱりミルク味のジェラートに
溶け込んで、もうお口の中はとろとろいっぱい!

尾瀬の自然水コーヒーなど、メニューも豊富。

11

巷でもうわさになっている!?
サンショウウオジェラートもいつかぜひ食べてみたい。

12

▲燧ケ岳をバックに食べるキンキンジェラートは格別!!


その土地で食べるからよりおいしい麓グルメ。
読むだけではお腹いっぱいにならない方は、
今すぐ檜枝岐村にGO!

=SHOP DATA=
開山
営業時間:10:00~17:00
定休日:無休
住所:福島県南会津郡檜枝岐村上ノ原537-3
電話番号:0241-75-2039
URL:http://kaizan.yamanoha.com/

かどや
営業時間:10:30 ~
定休日:不定休
住所:福島県 南会津郡檜枝岐村上ノ原595-1
電話番号:0241-75-2004
URL:http://tachisoba-kadoya.com/

あした天気
営業期間:4月中旬~12月上旬
営業時間:5月~10月中旬・・・10:00~20:00(ラストオーダー19:30)
4月・11月・12月・・・11:00~19:00(ラストオーダー18:30)
定休日:水曜日(祝祭日の場合は木曜日)、第3木曜日
住所:福島県南会津郡檜枝岐村下ノ台353
電話番号:0241-75-2177
URL:www16.plala.or.jp/asitatenki/


ミニ尾瀬公園
営業期間:4月23日(土)~11月中旬
営業時間:9:00~17:00(受付は16:30まで)
入場料:4月~8月・・・大人500円/子供200円/団体400円
9月~11月・・・大人200円/子供100円/団体100円
※子供は中学生以下、団体は20名以上が対象です。
住所:福島県南会津郡字左通124-6
電話番号:0241-75-2065
URL:www.oze-info.jp/spot/minipark/

ランドネスタッフ・ゆの

 

写真◎加戸昭太郎

  • 尾瀬横断バス乗車券
  • かぎや旅館
  • 桧枝岐小屋
  • ランドネブログ
  • 四角友里

    四角友里 | Yuri YOSUMI

    着物着付け師 | アウトドアスタイル・クリエイター

    女性のためのアウトドア普及活動に力を入れ、執筆、講演活動、商品開発を通し、独自のメッセージを発信。「山スカート」を世に広めた登山ブームの立役者として活躍する。着物着付け師としての顔も持ち、和の感性を活かして企画したアウトドアウエアは海外の賞を受賞するなど評価も高い。2010年より、永住権を取得したニュージーランドにてトレーラーハウスや湖畔の森に暮らす。現在は拠点を日本に移し、四季折々の自然を味わいながら山歩きの魅力を伝えている。著書に『一歩ずつの山歩き入門』(エイ出版社刊)
    www.respect-nature.com

  • 安仁屋円香

    安仁屋円香(アニー) | Madoka Aniya

    ランドネ編集部員。栃木県出身。尾瀬や自然の魅力を伝える「尾瀬認定ガイド」として活動していたことこともあり、山歩きと花とコーヒーが好き

  • 湯野澤いづみ

    湯野澤いづみ(ゆの) | Izumi Yunosawa

    ゆび編み伝承師。編集ライター。福島県出身。ガーナ滞在がきっかけでゆび編みに出逢う。「mamayuno」として野外フェスを中心にワークショップを開催中

四角友里

四角友里 | Yuri YOSUMI

着物着付け師 | アウトドアスタイル・クリエイター

女性のためのアウトドア普及活動に力を入れ、執筆、講演活動、商品開発を通し、独自のメッセージを発信。「山スカート」を世に広めた登山ブームの立役者として活躍する。着物着付け師としての顔も持ち、和の感性を活かして企画したアウトドアウエアは海外の賞を受賞するなど評価も高い。2010年より、永住権を取得したニュージーランドにてトレーラーハウスや湖畔の森に暮らす。現在は拠点を日本に移し、四季折々の自然を味わいながら山歩きの魅力を伝えている。著書に『一歩ずつの山歩き入門』(エイ出版社刊)
www.respect-nature.com