ランドネ最新号案内

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

檜枝岐村発着 尾瀬トレッキングを満喫するための山小屋リスト

こんにちは、ランドネスタッフのゆのです。

尾瀬にある山小屋の最大の魅力は、お風呂があること。
湿原や山を歩きかいた汗をその日のうちにしっかり流せるから、
翌日は心身共に気分よくまた尾瀬を歩くことができる。

尾瀬がいつも美しいのは、訪れた人をもてなす小屋のおかげで
“美しいと感じる心ができるから”も、ひとつかもしれない。

それはきっと尾瀬の山小屋マジック。
今回は、エリア別に11軒の山小屋を紹介します。
あなたはどこの山小屋マジックにかかる!?


*以下にご紹介している山小屋の宿泊料金は、すべて税込みとなります。



1、尾瀬ヶ原の山小屋

燧ケ岳と至仏山の間に広がる日本最大の湿原、尾瀬ヶ原の東側に点在する小屋7軒のご紹介。

 

▼温泉小屋

_img_3117s

今夏、友里さんも初めて泊ったことでホットな話題小屋。敷地内から湧き出る、鉄分を含んだ20℃の冷泉100%を循環なしで加熱給湯した、正真正銘の“温泉”が山小屋で味わえるという贅沢をぜひ!

住所:福島県南会津郡檜枝岐村尾瀬ケ原 

営業期間:5月中旬~8下旬、9中旬~10中旬

電話番号:0241-75-2222または090-8921-8329

アクセス:御池から燧裏林道、段吉新道経由で約3.5時間

宿泊料金:¥8,640~(大人/1泊2食付)

URL:www.onsengoya.com

 

▼弥四郎小屋

2_s

昭和7年開業、長蔵小屋に次ぐ老舗小屋。尾瀬ヶ原の見晴から一番近い小屋で、尾瀬ヶ原を眺められるお部屋・お風呂が自慢。“弥四郎清水”で親しまれる、小屋近くの湧水を汲むこともお忘れなく。 

住所: 福島県南会津郡桧枝岐村燧ケ岳1

営業期間:4月下旬~10月下旬

電話番号:027-221-4122

アクセス:沼山峠より尾瀬沼経由で約4時間

宿泊料金:¥9,000(大人/1泊2食付)

URL:http://www.84658.jp

 

燧小屋

_img_3174s利用者のほとんどが『山小屋とは思えない充実設備』と称賛する、尾瀬ヶ原見晴十字路に立つ小屋。ボリューム満点、自慢の山菜・まいたけ料理に檜風呂というおもてなし。今秋のランドネ山大学の宿泊はこちら!

住所:福島県南会津郡桧枝岐村燧ケ岳1

営業期間:4月下旬~10月下旬

電話番号:090-9749-1319

アクセス:沼山峠より尾瀬沼経由で約4時間

宿泊料金:¥9,000(大人/1泊2食付)

URL:http://ozehiuchigoya.com

桧枝岐小屋

4_img_3053s

“ひげくまさん”という愛称で知られる、気さくなオーナーがお出迎え。女将手作りのカレーや季節限定の冷やし中華などがある喫茶メニューも充実しているので、宿泊以外の利用者の立ち寄り場としても人気。

住所:福島県南会津郡桧枝岐村燧ケ岳1

営業期間:4月下旬~10月下旬

電話番号:090-3405-6460

アクセス:沼山峠より尾瀬沼経由で約4時間

宿泊料金:¥9,000(大人/1泊2食付)

URL:http://www.oze-hinoematagoya.jp

 

尾瀬小屋

5_dscn6235s

至仏山や燧ケ岳といった、尾瀬を代表する山々が一望できるパノラマ小屋。早朝の幻想的な風景、夜空の星たち、宿泊者のみが味わえる尾瀬の景色が愉しめる。会話が弾む、心地よいテラスや談話室の充実さもウリ。
 

住所:福島県南会津郡桧枝岐村燧ケ岳1

営業期間:5/21~10/15

電話番号:090-8921-8342

アクセス:沼山峠より尾瀬沼経由で約4時間

宿泊料金:¥9,000(大人/1泊2食付)

URL:http://www.ozegoya.co.jp


▼第二長蔵小屋

Dscn7354

尾瀬沼の長蔵小屋から約3時間の場所にある姉妹小屋。気さくな雰囲気で、今咲いている花などを教えてくれる。ブナの森を眺めながらテラスで飲むコーヒーやビールも格別。夏には近くでホタルも見られる。

 

住所:福島県南会津郡桧枝岐村燧ケ岳1

営業期間:5月中旬~10月下旬

電話番号:0278-58-7100

アクセス:沼山峠より尾瀬沼経由で約4時間

宿泊料金:¥8,640(大人/1泊2食付)

URL:http://chozogoya.com/hara.html


▼原の小屋

7_img_3049s_2

部屋数が多く個室利用できるため、とくにファミリーや女性グループに人気の山小屋。夕食・朝食の手書きメニューもアットホーム感があり、『ゆったり泊れる』と喜ばれ、リピーターも多い。

住所:福島県南会津郡桧枝岐村燧ケ岳1

営業期間:5月中旬~10月中旬

電話番号:0241-75-2038 

アクセス:沼山峠より尾瀬沼経由で約4時間

宿泊料金:¥9,000(大人/1泊2食付)

URL:www.ne.jp/asahi/oze/haranokoya/


2、尾瀬沼の山小屋

一周約8km。尾瀬ヶ原に並ぶ、尾瀬を代表する尾瀬沼に建つ2軒の山小屋をご紹介。

 

長蔵小屋

Img_2480

明治23年創業の老舗小屋。収容人数も多く、また2名以上で個室を基本としているのでファミリーからも人気がある。小屋近くに構える売店で購入できるオリジナル手ぬぐいはリピーターも多く、友里さんもそのひとり。 

住所: 福島県南会津郡桧枝岐村尾瀬沼畔1

営業期間:4月下旬~11月上旬

電話番号:0278-58-7100

アクセス: 沼山峠から約1時間

宿泊料金:¥8,640(大人/1泊2食付)

URL:http://chozogoya.com

 

尾瀬沼ヒュッテ

_g1a6642

ウッドテラスから、日本百名山の燧ケ岳が望めるパノラマヒュッテ。大江湿原にも近いので、夜の星空、早朝の朝焼け散歩にもおすすめ。全室個室でゆったり過ごせるのも魅力。尾瀬沼キャンプ場の受付も行っている。


住所:福島県南会津郡桧枝岐村尾瀬沼畔1

営業期間:4月下旬~10月下旬

電話番号: 090-7064-4183

アクセス: 沼山峠から約1時間

宿泊料金:¥9,000(大人/1泊2食付)

URL:http://www.ozejin-yamagoya.jp/ozenuma.html

 

3、登山口の小屋

日本百名山の会津駒ケ岳や燧ケ岳登山者におすすめの宿2軒をご紹介。

 

尾瀬御池ロッジ

11_img_2936s

檜枝岐村から尾瀬への玄関口、燧ケ岳の登山口となる御池にある施設。日帰り入浴もできる自慢の展望露天風呂のほか、尾瀬の歴史を知ることができる無料の尾瀬ブナの森ミュージアムもうれしい。

住所: 福島県南会津郡檜枝岐村字燧ヶ岳1 尾瀬御池

営業期間:4月下旬~10月下旬

電話番号:080-2844-8873

アクセス: 檜枝岐村から車で約25分

宿泊料金:¥9,000~(大人/1泊2食付)

URL:http://www.ozejin-yamagoya.jp/lodge.html

七入山荘

10_75d9212_2

会津駒ケ岳の登山口がある檜枝岐村と、燧ケ岳の登山口がある御池のちょうど真ん中に位置するお宿。夕食には旬の山の幸を使った、ここでしか味わえない料理が愉しめる。宿泊者限定のオリジナルツアーも展開。

住所: 福島県南会津郡檜枝岐村字燧ケ岳1306-2

営業期間:4月下旬~11月上旬

電話番号: 0241-75-2434

アクセス:檜枝岐村、御池からそれぞれ車で約10分

宿泊料金:¥9,720(大人/1泊2食付)

URL:http://nanairi.com

 

ランドネスタッフ・ゆの

2016年9月 5日 (月)

麓グルメを食べ尽くす

こんにちは、ランドネスタッフのゆのです。
秋の気配を感じながらも、まだまだ残暑残りすぎな
今年の常夏、みなさまいかがお過ごしですか?

先日、仕事で山口に行ってきまして、
福島で暮らす父母へのお土産に
山口の地酒と焼ふぐ、ふくちくわを買ってきました。
お土産に酒を選んでしまうあたり、わたしも
すっかり歳をとったなー、なんて想う今日この頃。

わたしの自論ですが、『酒呑みはグルメ』。
ビール、日本酒、ワインなど、それぞれに
合う肴を知っているので、舌が超えてグルメ派が多い。

そんな自論を持つわたしの好きな食べ物は“郷土ごはん”。
好き嫌いのないわたしは、訪れる先で地酒はもちろん、
そこでしか味わえないごはんを徹底的に食べ尽くすのが旅の醍醐味。

さぁ、今回は檜枝岐村の麓グルメを紹介していきましょう!


まず一番ビビビとくるのは、裁ちそば


日照時間が短く、狭くやせた土地の檜枝岐村は稲作が向かず、
寒冷な気候でもよく育つそばがメイン。

檜枝岐村のそばはつなぎを一切使わず、そば粉に入れるのは水と熱湯だけ。
畳むと折れてしまう十割の生蕎麦を2~3mにのし、
布を断ち切るように何枚にも重ねて切ることが裁ちそばの由来なんだとか。

村でおすすめな裁ちそば処が、民宿も営む開山
女将自らが、そばの実を天日乾燥させて製粉するというこだわりの
裁ちそばは、ホッとするおふくろの味。
ゆっくり味わいたところだけど、裁ちそばはゆでて時間をおくと
そばが切れてしまうため、せっせと食べるのがコツ、と女将さん。

1_2

▲檜枝岐村名産の青シソ、唐辛子等の山の幸を塩漬けした山人漬けが薬味にあるのもうれしい、開山の裁ちそば (¥900)


もちろん裁ちそばは檜枝岐村を代表する郷土ごはんなのですが、
慣れ親しんだ地元人が愛してやまないのが、
実は、かどやの味噌ラーメン。

OPENの10:30に合わせてお店を訪れると、すでに
ほぼ満席状態。その地元客の8割が、まさかの味噌ラーメン。
だからわたしたちもすかさず頼みました、『味噌ラーメン4つ!』

2▲太めの麺に、ちょい辛濃厚味噌がからんでスーパー美味(¥700)


田舎で洋食を味わいたいなら、
ハーブ畑のレストランあした天気へ。

檜枝岐村を代表する、赤さび色な屋根色統一の街並みから
少し離れた土地にぽつりと佇むログハウス。
レストランまでの道のりには100種類以上のハーブ畑があり
辿り着くまでに、うっかりきょろきょろしてしまう。

3

ご夫婦で営むこのレストランは今年で25年。
奥さまの趣味で始めたハーブやお野菜をふんだんに使った
カレー、オムライス、グラタンなどのほか、
摘み立ての香り豊かなハーブティも充実。

ガーデンに摘みに行く奥さまにとことこ着いていき、
ハーブについていろいろ聞いてみたりして、
時が止まったかのようなメルヘン空間が心地よい。

4

各テーブルにはランチョンマットならぬ、尾瀬MAPが
敷いてあり、登山や釣り客も多いんだとか。

5▲一番人気の、タイムとローズマリーのチキンソテー(¥1,900)

6

▲今日は、胃腸を健やかにし、精神も安定するレモンバーベナのフレッシュハーブティ(¥550)をチョイス

7

レストラン近くには、後白川天皇の皇子、
高倉の宮の喉の渇きを潤したという安宮清水も
湧き出ているので、myボトル持参で訪れたい。

8

9

裁ちそばに、ラーメンに、洋食、
い~っぱい食べた〆は、やっぱりデザート♪

一行はミニ尾瀬公園に車を走らせ、
園内のカフェで栃みつジェラート(栃の木から採れる天然のみつ)¥400をオーダー。

10

とろとろの栃みつがさっぱりミルク味のジェラートに
溶け込んで、もうお口の中はとろとろいっぱい!

尾瀬の自然水コーヒーなど、メニューも豊富。

11

巷でもうわさになっている!?
サンショウウオジェラートもいつかぜひ食べてみたい。

12

▲燧ケ岳をバックに食べるキンキンジェラートは格別!!


その土地で食べるからよりおいしい麓グルメ。
読むだけではお腹いっぱいにならない方は、
今すぐ檜枝岐村にGO!

=SHOP DATA=
開山
営業時間:10:00~17:00
定休日:無休
住所:福島県南会津郡檜枝岐村上ノ原537-3
電話番号:0241-75-2039
URL:http://kaizan.yamanoha.com/

かどや
営業時間:10:30 ~
定休日:不定休
住所:福島県 南会津郡檜枝岐村上ノ原595-1
電話番号:0241-75-2004
URL:http://tachisoba-kadoya.com/

あした天気
営業期間:4月中旬~12月上旬
営業時間:5月~10月中旬・・・10:00~20:00(ラストオーダー19:30)
4月・11月・12月・・・11:00~19:00(ラストオーダー18:30)
定休日:水曜日(祝祭日の場合は木曜日)、第3木曜日
住所:福島県南会津郡檜枝岐村下ノ台353
電話番号:0241-75-2177
URL:www16.plala.or.jp/asitatenki/


ミニ尾瀬公園
営業期間:4月23日(土)~11月中旬
営業時間:9:00~17:00(受付は16:30まで)
入場料:4月~8月・・・大人500円/子供200円/団体400円
9月~11月・・・大人200円/子供100円/団体100円
※子供は中学生以下、団体は20名以上が対象です。
住所:福島県南会津郡字左通124-6
電話番号:0241-75-2065
URL:www.oze-info.jp/spot/minipark/

ランドネスタッフ・ゆの

 

写真◎加戸昭太郎

2016年9月 1日 (木)

15時〜7時。尾瀬に泊まる魅力

アウトドアスタイル・クリエイターの四角友里です。
みなさま、夏休み、いかがお過ごしでしたか?
もうそろそろ秋の山の計画をする時期になりましたね。

さて、ランドネ山大学×檜枝岐村presents
『秋の尾瀬・縦断2日間の旅』ツアーが応募開始になりました!!
http://blog.sideriver.com/randonnee/2016/08/2-9f1e.html

Photo

初めての方にも、リピーターの方にも
尾瀬を存分に味わってもらえる、
貸切バス送迎付きだからこそ挑戦しやすい贅沢&ロマンいっぱいのコースです。
ぜひチェックしてみてくださいね。

さて今回のブログは、このツアーの醍醐味でもある
「尾瀬に泊まる」という魅力について綴りたいと思います。 

         *

7月末のことですが、尾瀬で日帰りの撮影がありました。
(そのときの様子はこちら→ http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/g3xsp/detail18/

Img_1936_4

……そして実は私、撮影のあと、ひとり残らせていただき、
もう1日、尾瀬ですごさせてもらったんです。

竜宮で日帰り組のみなさんとお別れして、そこから見晴方面へ。

Img_0025

15時あたりになると、
日帰りハイキングのひとたちは、最終バスの時間があるため
みな復路へ向かい始め、
ここにいるのは、ほとんどが、この日尾瀬に泊まるひとばかり。
のんびりとした雰囲気が漂い
太陽の光の具合も、流れている時間も
あたりの雰囲気がふわっと変わっていることに気づきました。

私も、弥四郎小屋の喫茶室で、アイス珈琲とケーキを。
湿原がみえるテラス席に置かれたアウトドアチェアもとってもすてき。

Img_8739

Img_6881

(見晴エリアには6軒の山小屋や売店があります)

Img_6888

Img_6887

Img_6889

交差路を赤田代へと進むと、そこからまた一段と、静かな道に。

Img_0026

Img_0027

この日、目指すは、初めて宿泊する温泉小屋。
尾瀬認定ガイドの資格をもつランドネ編集・安仁屋さんもオススメの小屋で
ずっと泊まってみたかったんです。

Img_0028

尾瀬ヶ原の北側、赤田代という辺りに佇む小屋で、
三条ノ滝へのアクセスが◎

Img_6909

畳みを張り替えたばかりで、いい香り。清潔な室内。

尾瀬の山小屋にはお風呂がついている小屋が多いですが、
温泉小屋と元湯山荘のある「温泉地区」のみ、本当の「温泉」に入ることができます。
(小屋のそばで湧き出る約20度の源泉100%を加熱給油)
(ほかの山小屋では、尾瀬の水を沸かしています)

Img_8750

鉄分を含んだ赤茶っぽいお湯で、ぽかぽかに。
日帰り入浴はできないので、泊まったひとだけのご褒美。

夕食は、名物・ローストビーフ!!
一品一品、とっても豪華でした。

働いていらっしゃる小屋番さんたちの雰囲気もとってもよかったです。
(facebookページはこちら

Img_6915

Img_6918

(談話室)



翌朝、部屋の窓をあけると、月と朝焼け。
昨日の夕方までの雰囲気といい、この朝焼けといい
この時間を味わうために尾瀬に泊まったんだなぁ……と実感できるひとときです。

Img_0029

Img_0030

すこし早い時間に小屋をでて、鳩待峠へ向かって歩きだしました。

誰もいない時間。
木道も湿原もひとりじめ。

Img_0031

Img_8835

Img_0035

歩いていると、目の前に虹が出現。
天気予報は下降気味で、パラパラと雨が降りだしたのですが
そんなお天気の狭間にいるからこそ、
虹を、3,4回目撃することができました。

Img_0032

Img_0033

Img_0034

ダブルレインボー!!!
ああ、尾瀬に泊まってよかったなぁと実感する瞬間。

山小屋って、今まで日帰りハイキングをしていた人が、
『次のステージへステップアップのために使う場所』
など思い浮かべるイメージはそれぞれあると思うのですが、
わたしは、『山の豊かな時間に身を委ねられる場所』
だと思っています。

特に尾瀬は、日帰りもできますが
山小屋に泊まることで、出会える景色をぐっと広げてもらえます。

湿原がドラマティックな表情をみせてくれる
『15時〜7時』。
この16時間が、尾瀬に泊まる醍醐味!!

尾瀬エリアには、それぞれに魅力がある山小屋がたくさんあります。
私がこれまでに泊まったことがあるのは、尾瀬沼ヒュッテ、燧小屋、竜宮小屋、会津駒ヶ岳。
まだ泊まっていない小屋のほうが多いんですよね。

喫茶メニューやごはん、お土産、温泉、立地、
そして山小屋で働く方々との出逢い……と、楽しみがたくさんありますし
なによりも、そこで過ごす幸せな時間を、ぜひ、この秋ご体験してみてください。

Img_8846

Img_0036

(雲のなかの燧ヶ岳)

Facebook:yuri.yosumi

写真◎四角友里





  • 尾瀬横断バス乗車券
  • かぎや旅館
  • 桧枝岐小屋
  • ランドネブログ
  • 四角友里

    四角友里 | Yuri YOSUMI

    着物着付け師 | アウトドアスタイル・クリエイター

    女性のためのアウトドア普及活動に力を入れ、執筆、講演活動、商品開発を通し、独自のメッセージを発信。「山スカート」を世に広めた登山ブームの立役者として活躍する。着物着付け師としての顔も持ち、和の感性を活かして企画したアウトドアウエアは海外の賞を受賞するなど評価も高い。2010年より、永住権を取得したニュージーランドにてトレーラーハウスや湖畔の森に暮らす。現在は拠点を日本に移し、四季折々の自然を味わいながら山歩きの魅力を伝えている。著書に『一歩ずつの山歩き入門』(エイ出版社刊)
    www.respect-nature.com

  • 安仁屋円香

    安仁屋円香(アニー) | Madoka Aniya

    ランドネ編集部員。栃木県出身。尾瀬や自然の魅力を伝える「尾瀬認定ガイド」として活動していたことこともあり、山歩きと花とコーヒーが好き

  • 湯野澤いづみ

    湯野澤いづみ(ゆの) | Izumi Yunosawa

    ゆび編み伝承師。編集ライター。福島県出身。ガーナ滞在がきっかけでゆび編みに出逢う。「mamayuno」として野外フェスを中心にワークショップを開催中

四角友里

四角友里 | Yuri YOSUMI

着物着付け師 | アウトドアスタイル・クリエイター

女性のためのアウトドア普及活動に力を入れ、執筆、講演活動、商品開発を通し、独自のメッセージを発信。「山スカート」を世に広めた登山ブームの立役者として活躍する。着物着付け師としての顔も持ち、和の感性を活かして企画したアウトドアウエアは海外の賞を受賞するなど評価も高い。2010年より、永住権を取得したニュージーランドにてトレーラーハウスや湖畔の森に暮らす。現在は拠点を日本に移し、四季折々の自然を味わいながら山歩きの魅力を伝えている。著書に『一歩ずつの山歩き入門』(エイ出版社刊)
www.respect-nature.com