ランドネ最新号案内

  • ランドネ 最新号はこちら

エイ出版社からのご案内

« 東北以北の最高峰、燧ケ岳へ! | メイン | いざ、尾瀬へ!・・・の前の、お土産予習!! »

2016年7月 8日 (金)

ハイジの世界、会津駒ケ岳をゆく

こんにちは、じめじめ続きの日々ですが、いかがお過ごしですか?
6月末、鳳凰三山への山歩きを予定していたのですが、
生憎の雨予報で延期したランドネスタッフのゆのです。 
梅雨明けまであと少し・・・!

先日、福島に帰省した際、
父母と“実践!にっぽん百名山”を観ていたところ、
6月25日(土)の放送が会津駒ケ岳と知り
多大なるご縁を感じましたw。
その日は同時刻、友里さんの尾瀬のトークショーも
東京は新宿で開催されていたのですが、
みなさん、どちらかご覧になりましたか?

そう、今回は、前回ご紹介した燧ケ岳(ひうちがたけ)に並ぶ
日本百名山 会津駒ケ岳(あいづこまがたけ)の魅力をご紹介します。

会津駒ケ岳は、“会津駒”とも親しまれ、
尾瀬の北方にそびえる標高2,133mの名峰。
可憐な高山植物の宝庫でもあり、頂上からは尾瀬の山々のほか、
南会津、日光、奥利根と広大な展望が広がります。

_n6u3425s

▲なだらかな稜線が続く会津駒ケ岳

今回も、現地ガイド・楽の平野崇之さんに、
3つの登山口があるルートでおすすめの
ルートを教えていただきました。

 

尾瀬檜枝岐温泉内にある滝沢登山口からスタート

そこから約4時間歩き、山頂に到着

頂上からの“天上の楽園”を堪能したあと、

約45分かけて池塘が点在する中門岳(2,060m)へ

会津駒を通り過ぎ、駒の小屋まで約1時間のピストン

駒の小屋で1泊

翌日、約2時間半かけて滝沢登山口をピストンし、ゴール


ご覧の通り、下りはゆったりなので、
下山後、おすすめの駒の湯温泉で汗を流したあと
檜枝岐村の観光もできるという贅沢コース!
燧ケ岳より気軽に登れるので、
尾瀬初心者は会津駒から入るのがベター。

【公衆浴場 駒の湯】
http://www.oze-info.jp/spot/komanoyu/                                           

Cimg_76

駒の小屋に宿泊せず1DAYも可能ですし、
ピストンを避けたい方は山頂から大津岐峠を超えて
キリンテ登山口または御池登山口へ下ることもできますが、
とにかく駒の小屋への1泊を推奨したいのデス。

なぜならば、駒の小屋に泊った人にしか味わえない特権があるから!
『電気も水もない自炊小屋ながら、ご夫婦の人柄あふれる
アットホームな快適空間。そこから見る満点の星空、
神々しいご来光を一度は見て頂きたいのです』と平野さん。

_n6u3276s

_n6u3366s_2

尾瀬の中で、唯一山の麓にある小屋で
目前に会津駒はもちろん、池塘(湿原の泥炭層にできる池沼)が
あり、そこからのご来光がもうたまらない。

電気がなくとも、ランプの灯火がある。
水や食材がなくても、売店と布団はある。
愉快なブログを拝見しているだけでも中野さんの言う
“ご夫婦の人柄あふれるアットホームな快適空間”が
しっかり伝わってきて、
『わざわざ泊ってでも出逢ってみたい』と、確かに想わされる。

“絶景”に惚れ、“人柄”に惚れる。そんな駒の小屋は
リピーターが多く、そのリピーターを駒中(駒の小屋中毒の略)と呼ぶ。
友里さんもそんな駒中のひとりだ。

【駒の小屋】
http://komanokoya.com/

会津駒の魅力はもちろん夜だけでなく
その山行にもあり、なんと言っても
たおやかな稜線と、そこ一面に広がるお花畑や
散りばめられた池塘。

_n6u3397s

▲中門岳に点在する池塘

会津駒を写す大きな駒の大池
コバイケイソウ、ハクサンコザクラなどのお花が満載で、
瞬きする瞬間さえも惜しいほどの桃源郷。

S

▲瑞々しい清らかな色彩が美しいコバイケイソウ

『会津駒ケ岳は“天上の楽園”とよく称されていますが
まさにその通り。だけどわたしの表現だと“ハイジの世界”。
草原(湿原)の緑に青い空、カラフルな花々。最高のトリプルカラーです』
と、なんともロマンチックな平野さん。

7月2日には、ついに山開きも完了。
さぁ、いざ会津駒ケ岳へ!

http://www.oze-info.jp/komagatake/

 

ランドネスタッフ・ゆの

 

写真◎柏倉 陽介


~おまけ~

Dscn1125s_2▲ランドネ編集部アニーが歩いた会津駒ケ岳

  • 尾瀬横断バス乗車券
  • かぎや旅館
  • 桧枝岐小屋
  • ランドネブログ
  • 四角友里

    四角友里 | Yuri YOSUMI

    着物着付け師 | アウトドアスタイル・クリエイター

    女性のためのアウトドア普及活動に力を入れ、執筆、講演活動、商品開発を通し、独自のメッセージを発信。「山スカート」を世に広めた登山ブームの立役者として活躍する。着物着付け師としての顔も持ち、和の感性を活かして企画したアウトドアウエアは海外の賞を受賞するなど評価も高い。2010年より、永住権を取得したニュージーランドにてトレーラーハウスや湖畔の森に暮らす。現在は拠点を日本に移し、四季折々の自然を味わいながら山歩きの魅力を伝えている。著書に『一歩ずつの山歩き入門』(エイ出版社刊)
    www.respect-nature.com

  • 安仁屋円香

    安仁屋円香(アニー) | Madoka Aniya

    ランドネ編集部員。栃木県出身。尾瀬や自然の魅力を伝える「尾瀬認定ガイド」として活動していたことこともあり、山歩きと花とコーヒーが好き

  • 湯野澤いづみ

    湯野澤いづみ(ゆの) | Izumi Yunosawa

    ゆび編み伝承師。編集ライター。福島県出身。ガーナ滞在がきっかけでゆび編みに出逢う。「mamayuno」として野外フェスを中心にワークショップを開催中

四角友里

四角友里 | Yuri YOSUMI

着物着付け師 | アウトドアスタイル・クリエイター

女性のためのアウトドア普及活動に力を入れ、執筆、講演活動、商品開発を通し、独自のメッセージを発信。「山スカート」を世に広めた登山ブームの立役者として活躍する。着物着付け師としての顔も持ち、和の感性を活かして企画したアウトドアウエアは海外の賞を受賞するなど評価も高い。2010年より、永住権を取得したニュージーランドにてトレーラーハウスや湖畔の森に暮らす。現在は拠点を日本に移し、四季折々の自然を味わいながら山歩きの魅力を伝えている。著書に『一歩ずつの山歩き入門』(エイ出版社刊)
www.respect-nature.com