ランドネ最新号案内

  • ランドネ 最新号はこちら

エイ出版社からのご案内

« 今年も花のリレーがはじまりました! | メイン | 湿原の魅力 »

2016年6月 8日 (水)

6/25(土)石井山専 新宿東口ビックロ店にて開催決定! 春夏秋冬の尾瀬へ~四角友里のひのえまたDIARY スペシャルトークイベント~

9499

▲尾瀬の湿原。奥に見えるのは燧ケ岳!(写真◎加戸昭太郎)


尾瀬の玄関口である福島県檜枝岐村cute

この檜枝岐村とランドネとのコラボレーションで、アウトドアスタイル・クリエイターの四角友里さんがこのフィールドの魅力を語る、スぺシャルトークイベントを開催しますsign03

Yuriyosumi_p1190699t▲会場は、石井山専 新宿東口ビックロ店ですmoneybag


イベントは、6月25日(土)のお昼13時からと夕方17時からの2回に分けて、それぞれ1時間半ずつ開催する予定です。参加費は無料! 各回先着30名で、予約受付開始は6月9日(木)12時から。予約は、トークイベントの会場であるICI石井スポーツのウェブサイト内特設フォームからお申込みいただく流れとなります。

特設フォームのURLは、こちらブログに改めて掲載いたしますので、お見逃しなきようflair

檜枝岐村の方にもお越しいただき、アドバイス等をいただく予定です。
また、元・尾瀬ガイドのランドネ編集部・安仁屋も参加しますので、
「どうやって行ったらいいの?」
「オススメの場所は?」
などの質問などにお応えしますgoodshine
ぜひ、この夏のプランニングに役立ててくださいhappy02


みなさんのご応募、お待ちしてますsign03


《春夏秋冬の尾瀬へ〜四角友里のひのえまたDIARY スペシャルトークイベント〜》

※満席となりました!ご予約いただいたみなさま、ありがとうございました!


開催日:6月25日(土)

開催時間:
1回目:13:00~14:30
2回目:17:00~18:30

会場:石井山専 新宿東口ビックロ店 
www.ici-sports.com/shop/ishiiyamasen.html

ゲスト:アウトドアスタイル・クリエイター 四角友里
www.respect-nature.com/

9551

(写真◎加戸昭太郎)


テーマ:「尾瀬&檜枝岐村の魅力について」

参加費:無料

定員:各回先着30名(立ち見可)

予約申し込み方法:

http://www.ici-sports.com/climbing_school/school/kanto_area/diary.html

上記、登山学校のお申込みフォームよりお申込みください。
もしくは会場までTELにてお申込みください。

tel.03-5312-9550(石井山専 新宿東口ビックロ店 担当/増田/植田)

受付日時/11:00~20:00


応募開始日時:6月9日(木)12時~

イベントに関する問い合わせ
エイ出版社 ランドネ担当
TEL.03-3708-6051
mail:randonnee@ei-publishing.co.jp

  • 尾瀬横断バス乗車券
  • かぎや旅館
  • 桧枝岐小屋
  • ランドネブログ
  • 四角友里

    四角友里 | Yuri YOSUMI

    着物着付け師 | アウトドアスタイル・クリエイター

    女性のためのアウトドア普及活動に力を入れ、執筆、講演活動、商品開発を通し、独自のメッセージを発信。「山スカート」を世に広めた登山ブームの立役者として活躍する。着物着付け師としての顔も持ち、和の感性を活かして企画したアウトドアウエアは海外の賞を受賞するなど評価も高い。2010年より、永住権を取得したニュージーランドにてトレーラーハウスや湖畔の森に暮らす。現在は拠点を日本に移し、四季折々の自然を味わいながら山歩きの魅力を伝えている。著書に『一歩ずつの山歩き入門』(エイ出版社刊)
    www.respect-nature.com

  • 安仁屋円香

    安仁屋円香(アニー) | Madoka Aniya

    ランドネ編集部員。栃木県出身。尾瀬や自然の魅力を伝える「尾瀬認定ガイド」として活動していたことこともあり、山歩きと花とコーヒーが好き

  • 湯野澤いづみ

    湯野澤いづみ(ゆの) | Izumi Yunosawa

    ゆび編み伝承師。編集ライター。福島県出身。ガーナ滞在がきっかけでゆび編みに出逢う。「mamayuno」として野外フェスを中心にワークショップを開催中

四角友里

四角友里 | Yuri YOSUMI

着物着付け師 | アウトドアスタイル・クリエイター

女性のためのアウトドア普及活動に力を入れ、執筆、講演活動、商品開発を通し、独自のメッセージを発信。「山スカート」を世に広めた登山ブームの立役者として活躍する。着物着付け師としての顔も持ち、和の感性を活かして企画したアウトドアウエアは海外の賞を受賞するなど評価も高い。2010年より、永住権を取得したニュージーランドにてトレーラーハウスや湖畔の森に暮らす。現在は拠点を日本に移し、四季折々の自然を味わいながら山歩きの魅力を伝えている。著書に『一歩ずつの山歩き入門』(エイ出版社刊)
www.respect-nature.com