ランドネ最新号案内

エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


メイン | 福島県檜枝岐村って、どんなところ? »

2016年5月18日 (水)

プロローグ~私と檜枝岐村の出会い~

こんにちは。アウトドアスタイル・クリエイターの四角友里です。
このたび、福島県南会津郡檜枝岐村(ひのえまたむら)を愛するひとりとして、
ブログ“ひのえまたDiary”を1年間、綴らせていただくことになりました!!
よろしくお願いします。

9551_4

私にとって檜枝岐村は、四季折々、繰り返し訪れてきた大好きな土地。

尾瀬への福島側玄関口である檜枝岐から入山し、
出逢うことのできた素晴らしい景色がたくさんあります。
会津駒ヶ岳登山で泊まらせていただいた駒の小屋での時間も、
忘れられない思い出のひとつ。
そしてなにより、山だけでなく麓での時間も素晴らしいんです!!
通ううちに、すっかり私は“檜枝岐ファン”になりました。


初めて檜枝岐を訪れたのは、2009年の秋。
燧ヶ岳に登ったときのこと。
目の前に、「風の谷のナウシカ」の“金色の野”のような黄金の草紅葉が広がっていて、
「自分がここを歩いてもいいのだろうか?」と
美しい自然のなかに入っていくことを「畏れ多い」と感じるほどでした。
枯れゆきながらも輝く、この植物たちと同じくらいひたむきに生きているか……とも。

山歩きを通して、自然が私に語りかけてくれたメッセージや、大切な思い出が
この檜枝岐の自然のなかにあるのです。

Img_0009_2

Img_0010_5

これからすこしずつ、そんな私の大好きな檜枝岐について書いてゆきたいと思います。

今年も遊びにいくのが、たのしみです。

9499_3

四角友里

Instagram:yuri_yosumi
Facebook:yuri.yosumi

写真◎加戸昭太郎、柳田由人

  • 尾瀬横断バス乗車券
  • かぎや旅館
  • 桧枝岐小屋
  • ランドネブログ
  • 四角友里

    四角友里 | Yuri YOSUMI

    着物着付け師 | アウトドアスタイル・クリエイター

    女性のためのアウトドア普及活動に力を入れ、執筆、講演活動、商品開発を通し、独自のメッセージを発信。「山スカート」を世に広めた登山ブームの立役者として活躍する。着物着付け師としての顔も持ち、和の感性を活かして企画したアウトドアウエアは海外の賞を受賞するなど評価も高い。2010年より、永住権を取得したニュージーランドにてトレーラーハウスや湖畔の森に暮らす。現在は拠点を日本に移し、四季折々の自然を味わいながら山歩きの魅力を伝えている。著書に『一歩ずつの山歩き入門』(エイ出版社刊)
    www.respect-nature.com

  • 安仁屋円香

    安仁屋円香(アニー) | Madoka Aniya

    ランドネ編集部員。栃木県出身。尾瀬や自然の魅力を伝える「尾瀬認定ガイド」として活動していたことこともあり、山歩きと花とコーヒーが好き

  • 湯野澤いづみ

    湯野澤いづみ(ゆの) | Izumi Yunosawa

    ゆび編み伝承師。編集ライター。福島県出身。ガーナ滞在がきっかけでゆび編みに出逢う。「mamayuno」として野外フェスを中心にワークショップを開催中

四角友里

四角友里 | Yuri YOSUMI

着物着付け師 | アウトドアスタイル・クリエイター

女性のためのアウトドア普及活動に力を入れ、執筆、講演活動、商品開発を通し、独自のメッセージを発信。「山スカート」を世に広めた登山ブームの立役者として活躍する。着物着付け師としての顔も持ち、和の感性を活かして企画したアウトドアウエアは海外の賞を受賞するなど評価も高い。2010年より、永住権を取得したニュージーランドにてトレーラーハウスや湖畔の森に暮らす。現在は拠点を日本に移し、四季折々の自然を味わいながら山歩きの魅力を伝えている。著書に『一歩ずつの山歩き入門』(エイ出版社刊)
www.respect-nature.com