デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

ウェブサービス一覧

ウェブサービス

2018年8月22日 (水)

我々は、今後何で名刺管理をすればいいのか? 【Eight Premium Nightで、Eightの次のバージョンがチラ見せされた】

名刺管理アプリ、Eight使ってますよね?

こういう仕事をしていると、けっこうな頻度で聞かれるのが『名刺管理は何ですればいいの?』ということです。

まぁ、ご存じのように、名刺管理アプリといえば、テレビでもCMをやってるSansanがあり、同じ会社がやってるEightがあり、メイシーがあり、まぁEvernoteで管理するっていう方法もあるワケです。

しかし、まぁ一番順当な答えとしては『Eight』を勧めるのが一番失敗なく、その質問した人へのアフターサービスも簡単かな? と思えます。

そんなEightのユーザーさんの中でも、超濃い、Eightユーザーの中のEightユーザーというべき20人の方が集まるイベントがあるというので行ってまいりました。8月20日の夜のことであります。

Dsc09850

イベント会場はSansanのオフィス内。渋谷と表参道のビルの13階にある超シャレな部屋であります。

ここに集められた人は、220万人のEightユーザーのうち、Premiumユーザーの中で希望者を募ったところ、数百人の応募があり、その中でよりすぐられた20人であります。

一番古くからEightを使ってるユーザーさん、一番長くPremiumを使っている人、一番たくさん名刺を登録している人、一番たくさんの投稿をしている人……など、それぞれに方向性は違えど、Eightのヘビーユーザーの方々ばかりなのです。

Dsc09854

最初に挨拶されてたのは小父内(おぶない)信也さん。

Eightのカスタマーサクセスを統括している方だそうです。

昼は工事現場、夜は音楽活動をしながら中小企業診断士の資格を持ち、企業のコンサルティングを行っていたという不思議な経歴をお持ちの方。

Eightの根幹である、数百人を越えるオペレーターの方々を束ねるセンター長として6年勤務した後に、現職だそうです。

普段、Eightのユーザーと直接合う機会はなかったとのことで、今回、実際のヘビーユーザーの方々に会って、大変感激されていました。

知ってました? Eightの歴史


そして、次はEight事業部長の塩見賢治さんから。

Dsc09865

塩見さん曰く、『名刺なんかなくなればいい』と。

この時代に元々デジタル的なデータである名前やメールアドレスなどを、紙という非常にレガシーなデバイスに印字し、その後それをまたスキャンしてデータ化すると……めっちゃ無駄です。

なのに、なぜ我々はこの紙を交換しなければならないのだろう?

そこで、名刺のない世界を作るための名刺ソフトを作ろうということでEightは始まったのだそうだ。

そして、これが最初のバージョンのEight。

Dsc09867

2010年9月ローンチ。奇しくも弊誌フリック!と同じころですね。iPhoneは4が出たばかりの頃ですが、当時はまだiPhoneが成功するとは思われておらず、パソコン用のサービスでした。

「当時、流行していたmixi的なビジュアル」とおっしゃっていましたが、もうmixiの流行は終わりかけていたかもしれません。

2〜3カ月経った、2010年11月のユーザー数はなんと37人。

明らかに失敗……という状態だったそうです。今の220万ユーザーという状態からは信じられませんね。

その後、スマホ用のアプリを追加したβ2.xが登場。

1年後である2011年11月末のユーザー数は2683人。今から考えればとても少ないのですが、当時は「これはもしかしたら、行けるかも?」と思い始めたそうです。

Dsc09872

そして、多くの人が知っている、Eight V.3。

机の上に名刺がちりばめられたスキューモーフィズム的なデザインで、スマホ上での動作を前提とし、クラウドで名刺を管理するという今のEightのスタイルが完成したバージョンです。

弊誌フリック!で最初に取り上げたのもこのバージョンだったと思います。

Dsc09877

これで、2012年11月末のユーザー数は11万2904人。Eightは爆発的な成長路線に乗ったわけです。

しかし、無料で、しかも人力での確認を前提としたEightでは、爆発的にユーザーが増えると、今度は文字認識の方が間に合わないという問題が発生し、内部的には相当大変な時期が続いたそうです。

そして、現在Eight V.9。さまざまな改善、進化とともに、ソーシャルな機能を取り込んでいます(賛否両論ありますが)。

現在のユーザー数は220万5283人。名刺の印刷数から考えると、日本の名刺の流通数の約10%を把握できるまでになったそうです。

Dsc09884
実はこのあと、次バージョンのEight V.9が公開され、モックを体験できました。

Dsc09885

が、これに関する情報は非公開ということで、詳細をここに語ることはできません。ごめんなさいね。

そのあとにその体験版を触れてみての、ワークショップも行われた。新しいいバージョンに触れてみて、しかもそれに対する意見がもしかしたら製品版に取り込まれるかもしれないということで、みなさんとても熱心に話をされていました。

とても充実した会合でした。

Dsc09926


我々の名刺管理の未来。ビジネスコミュニケーションの未来

さて。ということを踏まえて、我々はEightにどうなって欲しいのか?

V.3以来、僕らはEightで名刺をスキャンし続けてきました。

我々フリック!も、一般の人に、「大量の名刺を持っているんだけど、どうすればいい?」と言われた時に、Eightを一押しでお勧めしてきました。

しかし、V.6あたりからのSNS化が進められている件に関しては、多くの人に支持されているとは言い難いと思います。「名刺管理をしたいだけなのに、ネットワーク上で勝手につながりたいワケじゃない!」という意見は多く聞きます。

なぜ、EightはSNS化したいのか? ホントにそれを望んでいるユーザーが多いのか?

いくつか理由は考えられます。

ひとつは、同じ社内にSansanという企業向け名刺管理サービスがあること。Eightは出来た時からこのSansanとある程度カニバる運命にありました。また、企業から集金するため収益性の高いSansanに対して、フリーミーアム戦術を取るEightが収益を上げるのはなかなか難しいのだと思います。無料で使っている人の多いEightは、収益性という点に於て、とても苦労している部分があるかと。

推測でしかありませんが、有料版のPremiumだけで収益を上げるのは難しいのではないでしょうか? だから、フィードを成立化させて広告を募ったり、企業アカウントを募り、たとえば有償で情報発信したり、求人に活用出来たり……というような方向に進化して行く必要がある……のではないでしょうか?

もうひとつ、冒頭で事業部長の塩見さんが語ってらっしゃったことですが、Eightは名刺管理サービスでありながら、最終的に名刺をなくそうとしているサービスです。

この時代に、紙の名刺を手渡して、ペコペコ挨拶するのが果たして正しいのか? 名刺交換して挨拶して、『今日はご挨拶にまいりました』なんていう非効率が、現代的なのか? たとえば2社それぞれ5人5人のミーティングだったら、事前にそれぞれ情報を把握できて「この人が意思決定者なので我が社からこういう意思を伝えよう。この人がこういう情報を持っているハズだからこの人にこれについて話を聞こう」……なんていうことを考えてから、会合を開く方がよっぽど効率的じゃなでしょうか?

LinkedInを使っている国々では、そうなってますよね。

なのに、日本は相変らず、大勢で名刺交換しながらテーブルの回りをクルクル回って、最初の会合は挨拶だけで済んでしまっています。圧倒的に効率が悪いのだから、そりゃ競争力も低下します。

話は逸れますが、日本では、ビジネスSNSとして、中途ハンパにFacebookが普及してしまいました。業種によるし、大会社同士のつきあいではそんなことないのかもしれませんが、 IT系の会社同士だと、けっこうFacebookで繋がって、FBメッセンジャーでやりとりをしたりします。そうなると、初対面なのに、その人が「娘と遊園地に行きました!」なんていうファミリーな側面を見せられることになります。これはこれで良いコミュニケーションなのかもしれませんが、プライベートでは繋がりたくない……という人が拒否しにくい関係……というのも問題があるでしょう。

USでは、プライベートはFacebook、仕事のつきあい連絡はLinkedInという感じの使い分けになっていると聞きます。

では、日本はどうすればいいのでしょう?

最終的に『紙の名刺』はなくなって、電子的な情報交換になるとすれば、将来的に我々を支えるのは、現状のプレイヤーでいえば、Eightか、LinkedInか、Facebookになると思います。

FacebookはUS本国がもともとそれを意図していないことを考えると、EightかLinkedIn。

名刺という日本の仕組みを押えているEightか、USで仕組みを作っているLinkedInか。それとも他のプレイヤーが現れるのか? どっちが最終的に我々のビジネスコミュニケーションを支えてくれるのか? まだまだ、分からないと思います。

いっそのこと、EightとLinkedInが連携してくれれば、最強なんですけどね!

(村上タクタ)





2018年7月24日 (火)

【YouTube】約50組!フジロック、ライブ配信アーティストラインナップが決定!!

今週末、7月27日(金)〜29日(日)に開催されるフジロックフェスティバル’18。新潟県・苗場で開催される日本最大級のロックフェスティバルで、国内外の大物アーティストが参加。毎年、この日のために仕事をしているという人もいるほど、日本の夏を彩る大イベントです。

そんなフジロックフェスティバルが、今年はYouTubeでライブ配信! 仕事などの都合で足を運べなくても、アーティストたちのパフォーマンスを楽しむことができます。


YouTube: FUJI ROCK FESTIVAL'18 LIVE ON YOUTUBE

フジロック公式チャンネル https://www.youtube.com/fujirockfestival


ライブ配信されるのはGREEN STAGE、WHITE STAGE、RED MARQUEE、FIELD OF HEAVENの4ステージの一部。以下、ライブ配信が楽しめるアーティスト一覧です。

ALBERT HAMMOND JR

ANDERSON .PAAK & THE FREE NATIONALS

浅井健一& THE INTERCHANGE KILLS

ASH

Awesome City Club

CARLA THOMAS & HI RHYTHM

W/VERY SPECIAL GUEST VANEESE THOMAS

cero

CHVRCHES

D.A.N.

DIRTY PROJECTORS

eastern youth

エレファントカシマシ

FISHBONE

GLIM SPANKY

HINDS

HOTHOUSE FLOWERS

ハンバート ハンバート

jizue

JOHNNY MARR

KACEY MUSGRAVES

KALI UCHIS

King Gnu

MAC DEMARCO

ミツメ

MONGOL800

N.E.R.D

neco眠る

小袋 成彬

ODESZA

odol

OLEDICKFOGGY

Ovall

PARQUET COURTS

POST MALONE

RANCHO APARTE

ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA (feat. 仲井戸”CHABO”麗市、甲本ヒロト、奥田民生トータス松本)

サカナクション

シャムキャッツ

STARCRAWLER

ストレイテナー

Suchmos

The Birthday

THE FEVER 333

toconoma

TUNE-YARDS

VAMPIRE WEEKEND

YEARS & YEARS

and more


リストはアルファベット順。このとおりに配信されるわけではなく、4ステージで平行して配信されるわけではないので、タイムスケジュールもしっかりチェックしておきましょう!

2018年6月26日 (火)

フリック!Vol.81、FileMaker 17記事、お詫びと訂正

先日配信開始しました、フリック! Vol.81のP40において、以下の間違いがありました。おわびして訂正いたします。

●デスクトップクライアントの名称は『FileMaker Pro Advance』ではなく『FileMaker Pro Advanced』です。
●価格は、5万7600円(税込)としておりましたが(税別)です。

以上、おわびして、訂正いたします。

なお、価格はパッケージ版でもダウンロード版でも同じ。アカデミック/NPO価格は3万4560円(税別)。FileMaker Pro/Advanced 16〜14のいずれかの個人向けシングルライセンスを持っている場合にはアップグレード版を2万2800円(税別)で購入可能(14は2018年9月21日まで)。

また、ボリュームライセンスも設定されており、こちらは年額で5ユーザー/9万6000円、10ユーザー/18万円、25ユーザー/39万円、50ユーザー/72万円(それぞれ税別)となってます。

(村上タクタ)

2018年3月16日 (金)

ビジネスのコミュニケーションも前進してるんだよ! 【Sansan Innovation Project働き方2020】

Sansanさんのイベントに行ってまいりました。

『Sansan Innovation Project働き方2020』であります。

東京の某ホテルで開催されていたのですが、こちらのエントランス。ブライダルフェアかと思って、別の会場を探してしまいましたよw

Dsc08322_2

中のディスプレイもめっちゃすごい! 展示されている植物はガチで生きているものだそうです。これをこうやってディスプレイする技術力すごいなぁ……と、本来の取材と違う趣旨で感心したりw

Dsc08325_2
それはそうと、たくさん講演やトークが開催されているのですが、お目当てはこちら。

『人のつながりで、仕事に変化を起こすには』と題する対談です。

登壇者の中に、LinkedIn カントリーマネージャーの村上 臣さんがいらっしゃる(笑)

SansanとLInkedInってライバル会社だと思っていたのですが、こういうの太っ腹でカッコいい。

その他、元FaceBookの日本代表で、アンカースター代表キックスターターカントリーマネージャーの児玉太郎さん、Adobeのコミュニティマネージャーの武井史織さん、EightのBNL編集長丸山裕貴さん、Forbs JAPANの九法崇雄さんと非常に興味深いとりあわせ。

Dsc08358

話としては、FacebookやLinkedIn、EightやAdobeのコミュニティネットワークなど、テクノロジーを使って広がって行く人のネットワーク、これをもっと活用しましょうよということなんですが、それぞれの切り口、ご経験からのお話がとても面白い。

Dsc08357

昨今、よく言われる、『弱い繋がり』『強い繋がり』の話も出てきたんだけど、別に言われるように弱い繋がりがいいんだっていう話ではなく、弱い繋がりならではの、メリットというか、利点があるという話。

親しい人、上司や部下、同僚……と言う関係じゃないからこそ、聞ける客観的意見や、アドバイス、また依頼できることがある。LinkedInやEightを使ってできてる関係は、だからこそ大きくビジネスを動かす可能性があるし、人間関係的にもとっても重要……というお話です。

Dsc08353
まだまだ日本のビジネスに最適化されたネットワークサービスってなくて、Facebookは児玉さんがmixiのある日本に入る時にちょっと、ビジネス寄りに振って日本にアプローチしたら、それがハマってしまった。だから、今、村上さんがLinkedInで入れるスペースがない。日本的アプローチの名刺……からのEightともまたナワバリ争いをしなきゃいけない……という状況。

もちろん、だから争う……というより、共闘することもできるのではないかと。

Dsc08367

LinkedInのデータで、日本以外にいる日本語をネイティブレベルで使えるという人たち。30万人。LinkedInを使えば、そういう人にも即座にアプローチできる。

ちょっとショッキングだったのが、Adobeの武井さんの挙げたこのデータ。日本のZ世代(現在の20歳前後)で自分をクリエイティブだと思っている人が、8%しかいなくて、他の国より圧倒的に少ない。

Dsc08383

遠慮がちで、控えめに答える国民性ではあると思うけど、これはちょっと酷過ぎないでしょうか?

デジタルツールやサービスを使って、年齢のいった人たちより、もっともっと圧倒的にコミュニケーションのスキルなそが高いハズなんだから、じゃんじゃんツールを使って、年寄り世代をおいてけぼりにしちゃって欲しいですね!

Dsc08352



(村上タクタ)

2017年12月 5日 (火)

一太郎2018発表、ATOKはサブスクリプションモデルに。ワープロソフトの未来とは?

ジャストシステムさんの発表会に来ています。

Dsc07450

ジャストシステムから、一太郎2018とATOKパスポートが発表されました。

一太郎はこれまで通り、イヤーモデルとして更新されるが、変換エンジンの方はATOK PASSPORTとして、サブスクリプションモデルで販売されるのだそうだ。

Dsc07444

一太郎はワープロソフトとして30年の歴史を持ち、ATOKにはディープラーニングを導入したりと非常に高い技術力を持ち、さらにFastaskというマーケットリサーチのサービスまで持つジャストシステムが、一太郎とATOKをどう進化させるのか、非常に興味がある。
Dsc07460

で、リサーチに基づいての結果が、さらなる思い通りの『出力結果を得たい』ということなのだそうだ。書類はどんどんスキャンして、デジタル化していこう。コンテンツはどんどんマイクロコンテンツ化していって、ウェブに上がって行くよね……と思ってたフリック!としてはちょっと戸惑う結果。

Dsc07461

ただ、考えてみれば、『ワープロソフト』を購入するのはそういう人なのかもしれない。誰も彼もがIllustratorやInDesignで書類を作れるわけではないですから、『思い通りの紙出力』を作ろうとしたら、高機能なワープロソフトが必要。僕らが思ってるより、そういうマーケットは大きいのかもしれません。

Dsc07465

ちなみに、グラフィックソフトの花子もさらに進化しているのだそう。

Dsc07449 Dsc07446

いろいろな冊子を作ったり、チラシ的なものを作ったり……ができるそうです。

Dsc07469

変換エンジンのATOKはサブスクリプションモデルとしてさらに進化。

ディープラーニングを使って、変換精度をさらにアップしたり、そもそものキーの入力ミスを自動修復したりすることがでいる。スペースキーを押すだけで入力ミスをなかったことにして、正しいと推測される変換候補が表示されるという。入力ミスの修復率はなんと35%もアップするとのこと。

『一太郎2018』が希望小売価格2万円(税別)、『一太郎2018プレミアム』が希望小売価格2万5000円(税別)、『一太郎2018スーパープレミアム』が希望小売価格3万8000円(税別)、『花子2018』が希望小売価格9800円(税別)、『Shuriken2018』が希望小売価格4800円(税別)となっている。


(村上タクタ)

2017年11月 7日 (火)

唐突ですが……ビジネス特化型SNS、LinkedInのアカウントを作っておいた方がいい

みなさん、LinkedIn(https://www.linkedin.com/)のアカウントはお持ちだろうか?

お持ちでないなら、早めに作っておいた方がいい。もし、以前作ったきりプロフィールを更新してないなら、更新して最新のものにアップデートしておいた方がいいだろう。

Linkedin
LinkedInは、2003年にスタートしたビジネス特化型SNS。日本では、転職用SNSのように思われて、会社員の人はちょっと登録しにくい雰囲気もなくはないが、本来はビジネスコミュニケーションのためのツールで、かならずしも転職ツールではない。

終身雇用的な働き方が終わりを告げ、通りのいい会社の名前があれば安穏としていても仕事が来るような時代は終わった。会社名で仕事をオーダーするのではなく、○○さんがいあるから仕事を頼む……というような属人化の傾向はこれからますます強くなる。会社員だって、個人としてエンパワーしていかないと、仕事のできない人になってしまう。

思えば7〜8年前、TwitterやFacebookなどのSNSが日本に入ってきた時、「基本実名制のFacebookは普及しない」なんてことが言われたが、いまやかなり普及して、仕事の場面でもFacebookのメッセンジャーが活用されるシーンは多々ある(業種によっては一般的ではないかもしれないが、我々の仕事ではかなりその傾向が強い)。ただ、やはり基本的にはプライベートツールであるFacebookとは違って、ビジネス上の情報を発信することに徹したLinkedInの方が、公私混同の恐れがなくて便利な側面もある。

以前、アメリカに取材に行った時(http://blog.sideriver.com/flick/2014/05/5-e3e8.html)、お会いした人の記事を書く時にLinkedInで検索すると、その人の正確な履歴や何を得意としているか……などが、すべて分かってとっても便利だった記憶がある。

さて、なぜ突然、こんなことを言い出すかというと、Yahoo!のCMO(チーフ・モバイル・オフィサー)だった村上臣さんが、Yahoo!を辞めてLinkedInの日本代表に就任したからだ。村上臣さんは、2012年のYahoo!の大改革の時に、弱冠36歳の執行役員として、モバイル対応が少し立ち遅れたYahoo!に大きな変革をもたらした方。Yahoo!ハッカソンなどでも旗振り役として活躍されたし、LODGEの責任者でもあった方。

9b30a5a5dfcf489a9a5a1bebe70811ec
しばらく前に「Yahoo!でやるべきことはやったので、離れます」という発信はされていたので、その去就は気になっていたのだが、LinekedInとは予想してなかった!

たしかに、考えてみれば、ビジネスSNSの必要性はあるし、Eightが同様の方向性を目指しているがまだ定番とはなっていないし、ワールドワイドでは4億人が使っていて日本が乗り遅れているだけだし、LikedIn自体はMicrosoftに買収されていて資本と基盤はあるから、これはすごく可能性のあるビジネスだ。

とりあえず、LinkedIn、まだの人はアカウントを作った方がいいですし、放置状態の人はプロフィールメンテナンスした方がいいですよ。

(村上タクタ)



2017年9月27日 (水)

Adobe CCの Typekitに4社74の日本語フォント追加

クリエイターにとって欠かせないAdobeのCCに、新たに4社74種類の日本語フォントが追加された。

プレスリリースはこちら

これにより、Adobe CCを導入していれば、さらに多彩な日本語フォントを、これまで通りの定額で使えることになり、Adobe CCを導入しているデザイナーと、そうでないデザイナーの表現力には、ますます大きな差がつくことになりそうだ。

Photo
日本語フォントは、グリフの数も多く、ライセンスは非常に高価。しかも、現在のDTPワークにおいては、ストレスなく運用するには、デザイナーも、印刷所も、場合によってはそれに関わる人たちも、そのフォントを導入しておく必要がある。そうなると、勢い『トラブルなく使えるフォント選びを』と、保守的なフォント選びになってしまう。

たとえば、デザイナーが『このフォントを使いたい』と思っても、数万円、数十万のフォントの購入をしなければならないとあっては、個人のデザイナーにとっては大きな支出だし、組織に属しているデザイナーにとっても、社内的な決済だなんだと、本来のクリエイティブワークとは違う仕事が増え、ストレスがかかることになる。

それゆえ、写植の時代からDTPの時代に移り変わるにつれ、デザインで使われる日本語フォントの数は減少する傾向があったと思う。

Typekitのフォントの増加は、そういう問題を大きく解決するハズだ。

Dsc06991
今回の発表によって、Adobe CCを使っている人なら、今回追加された74の日本語フォントを含めて、日本語171フォント、英文1万フォントが使えることになり、日本語表現は(Adobe CCを使っている人にとっては)かなり多彩になりそうだ。

Dsc06958

今回収録されたのは、株式会社視覚デザイン研究所、有限会社字游工房、大日本印刷株式会社、フォントワークス株式会社の4社のフォント。

視覚デザイン研究所からは、タイトルなどに使い勝手の良さそうなVDLフォント36フォントを。『VDL-ロゴG』や『VDL-メガ丸』『VDL-ラインG』『VDL-京千社』『VDL-ロゴJrブラック』など、個性的なフォントが提供される。

Macで使われる標準的なフォントであるヒラギノをデザインしている字游工房からは、『游明朝体R』など本文に使い勝手の良さそうな、伝統的で読みやすく、かつ現代的なフォントが提供される。

大日本印刷からはその前身である秀英舎の時代から100年に渡り開発を続けられているオリジナル書体の『秀英体』の中から『秀英明朝 L』『秀英角ゴシック金L』など20フォントが提供される。

デジタル環境で読みやすいフォントとして定評のある『筑紫明朝』などで知られるフォントワークスからは、『筑紫丸ゴシック体』のファミリー4書体を含む合計14フォントが提供される。

Dsc06994

もちろん、日本語表現の世界は非常に広大だし、さらにいろんなフォントがあればいいとは思うが、今回の発表でCCを導入しているデザイナーと、導入していないデザイナーの間には、表現力にまた大きな差がつくことになるだろう。

(村上タクタ)

2017年9月 9日 (土)

フリック!2017年10月号Vol.72『Yahoo!特集』今夜発売です!

フリック!2017年10月号Vol.72 今夜発売です!

今回の特集は、誰もが毎日使ってるけど、本当の活用法をみんな知らない『Yahoo! アプリをフル活用する方法』です。

72
ご存知のように、Yahoo!のルーツはありますが、現在の日本法人は完全に米国の法人から独立した存在として運営しており、日本のインターネットの世界では『老舗』で『巨大』です。かといって、鈍重になることを嫌い、2012年からは『爆速』をテーマに、迅速に活発に活動してます。

毎日目にする『Yahoo!ニュース』は250億Impだそうです。フリーザ様だって小指で圧倒できそうな戦闘力です。このニュースのアプリを筆頭に『天気』『乗換案内』『MAP』『カーナビ』『myThings』『リアルタイム検索』『カレンダー』『ウォレット』『ヤフオク』『ショッピング』『GYAO!』など、数限りないアプリが我々の生活をサポートしています。

011今回の特集では、そんな『誰もが使ってるけど、本当は知らない』Yahoo!アプリをフル活用する方法をお伝えします。

012国産サービスであるYahoo!アプリを目一杯活用する方法をお伝えします!

新製品情報もキヤノンのミラーレス M100や、Logicoolの新型最高級キーボード MX1000S CRAFTなど、満載!

今夜0時配信開始の、フリック!10月号Vol.72をどうぞよろしくお願いします!

2017年8月31日 (木)

藤井太洋さんの新作短編集『公正的戦闘規範』発売!

『電子書籍によるセルフ・パブリッシング』という極めて近未来SF的な手法で世に出て、今や注目のSF作家さんとなっている藤井太洋さん。

私が、どれだけ藤井太洋さんの作品を楽しみにしているかは、こちらのエンタメステーションさんの編集長が勧める小説というコラムに書かせていただいている。

今、すべての人が読むべき近未来SFの俊英。難度高い近未来を描く藤井太洋作品の魅力
https://entertainmentstation.jp/103548

その藤井太洋さんの新作が、出た! 私は小説はSony Readerで読むので、本日発売って感じだ。もしかしたら、他の配信元からは少し前に出てたところもあるかもしれない。

Fullsizerender_2




Sony Reader 公正的戦闘規範 藤井太洋

Amazonはこちら。


で、一気に読んだんですが、いい! 藤井太洋さん的世界観が、さらに練られていて、フリック! の読者さんならとっても楽しめると思います。

短編集で、5つのエピソードが載っています。インターネットがなくなって、閉じたトゥルーネットがある世界のコンピュータの中に生まれた知性を描く『コラボレーション』。量子コンピューティングをテーマに、近未来のフィリピンで展開される『常夏の夜』。軍用ドローンがブンブン飛んで楽しいです。上海のゲーム会社を舞台に、主人公が昔持っていた中国が国策的に作っていたスマホHW7に入っていたアプリについて意外な秘密が明かされていく『公正的戦闘規範』。今のトランプ政権下では笑うに笑えない、銃が持ててて、白人優位で、テクノロジーに肯定的でないもうひとつのアメリカが独立している未来を描く『第二内戦』。そして、一番SFっぽい、木星系の資源採掘に携わる宇宙労働者の話『軌道の輪』。

テクノロジーについてもそうなのですが、中国語や中国の様子、フィリピンの細かい地勢とかはどうやって取材するんですかねぇ。

どれも、今のテクノロジーをよく知ってないと書けない話だし、テクノロジーに対して悲観的にならずに、ポジティブは方向に展開するのがいい。SFはこうでなくっちゃ!

というわけで、この文章を書くために急いで読んだので、これからあらためて、じっくり読み返します〜。

(村上タクタ)

2017年7月25日 (火)

“Phil Libin Strikes Back!” 大会社でも起業でもない『スタジオ』方式のAll Turtles、秋に日本でもスタート

EvernoteのPhil Libinが、大好きな日本に再びアプローチ

Philが、『人工知能に関する』『スタジオ形式の新会社』であるAll Turtlesをサンフランシスコでスタートした話は、こちら(http://blog.sideriver.com/flick/2017/06/evernote-4c88.html)に書いた。

そして、今日(2017/07/24)、Philは前回、匂わせていた日本での展開を、正式に発表してくれた。

Philの提言は、日本のIT産業、いや産業全体が耳を傾けるべきものなのではないかと思う。

単に新しい会社がシリコンバレーから日本にやってきたということではなく、彼がAll Turtlesを通じて提案する『スタジオ』という形式が、日本に向いており、現在の日本の『停滞したイノベーション』を打ち破る鍵になるのではないかと思うのだ。

Dsc06154
PhilはEvernoteを運営していく中で、日本の魅力とうまく発揮できていない優れた点を理解してくれたのではないかと思う。今回のプレゼンテーションも、日本に力を発揮して欲しいという思いに溢れていた。

ともあれ、なぜ『スタジオ形式』なのか? なぜ『人工知能』なのか? なぜ『日本』なのか? について、新たに語ってくれたので、Philのプレゼンテーションに沿って、説明していこう。



一度の失敗で、可能性を見限られてしまう日本に向いた『スタジオ』形式


まずは、なぜ『スタジオ形式なのか?』だ。

Dsc06160


いくつかの起業を経験して、そしてEvernote後、ベンチャーキャピタリストとして活動して、Philはシリコンバレー方式の起業の限界を感じたという。

まずは、投資家は、数十億ドル(数千億円)以下のアイデアに投資しない。つまり、優れているけどとっても大きくスケールしないアイデアは失敗と見なされる。

次にアイデアを持ったクリエイターが社長業に注力しなければならなくなる。つまり、資金繰りやスタッフィングに奔走し、プロダクトを作ることにはほとんど力を割けなくなる。

また、地理的および人口統計的濃度がイノベーションを制限する。つまり、成功する人物像の中心は、シリコンバレーに住む英語を解する白人男性になってしまう。

Philはそうでない方法論を模索したいと感じたのだという。

Dsc06174


上下にプロフェッショナリズム、左右に既存の概念を守るか、新しい機会を探すかのベクトルを配し、四象限に分けると、既存の概念を守るプロフェッショナルは企業、アマチュアに近い人が可能性を探るのがスタートアップとなる。

では、プロフェッショナルとして新しい可能性を探るにはどうしたらいいだろう?

Philはハリウッドの映画産業にその雛形を見出したという。映画産業では本当のプロフェッショナルが、映画というプロダクトに向けて、起業することなく集合し、成果を発揮している。

その仕事の方式『スタジオ』を、用いることにしたのだという。

Dsc06193


Evernote時代にフォーカスした2ワード『Remember Everything』に対して、All Turtlesは『Product First』にフォーカスする。

従来のようにベンチャーキャピタルからお金を集めて起業してしまうと、起業した人は、プロダクトにフォーカスできず、資金繰りはもちろん、法的問題、セールスの問題、会社の成長性、広報、人事……などの問題に振り回されてしまう。本来のプロダクトにフォーカスすることなんてできない。

それで、多くの起業がダメになっていく。

そうした問題をスタジオとしてのAll Turtlesが引き受けていくのだという。



Dsc06197



『人工知能』が皮切り、将来的には『スタジオ方式』を横展開していく


すでに、サンフランシスコのAll Turtlesでは、9つのサービスが胎動を始めている。

『Replika』は自然に対話できる、AIの友達を開発中。
『sunflower labs』はドローンなどを活用したホームセキュリティサービス。
『Edwin』は、AIで応対してくれるFBメッセンジャーを使った英会話の学習システム。

この他にも6つのサービスの支援を始めている。これらのサービスはいずれも今もっとも進捗の著しいテクノロジーであるAIを活用しており、All Turtlesでともに育成されている。

Dsc06211
ちなみにAll Turtlesはすでに、2000万ドル(約22億円)以上の資金をシリコンバレーや日本、ヨーロッパの投資家から集めている。アメリカのVCであるジェネラル・カタリスト、日本のデジタルガレージ、楽天の三木谷浩史、フランスのザビエル・ニールなど、多くの投資家がすでに資金を投じている。

Dsc06274

(写真右は、日本のAll Turtles立ち上げにあたって大きな支援をしているデジタルガレージCEOの林 郁さん)


そして、この『スタジオ』方式が成功すれば、他のカテゴリーにも横展開していくとのこと。Philは例として、量子コンピューティング、精密医療(個々の特性を精密に調べたオーダーメイド医療のこと)、宇宙開発……などを挙げていた。

Dsc06214


そして、Philは『シリコンバレー以外の場所での可能性を広げるため』に、All Turtlesを、サンフランシスコと、東京と、パリで展開するという。

Dsc06218


ちなみに、日本では東京オフィスをこの秋に開設。2018年の1月1日にアイデアの受付を開始し、同4月1日には5チームのサポートをスタートする予定だという。

人工知能を用いた、世界を変えるアイデアをお持ちの方は、即座にプレゼンテーションの準備を始めた方がいいかもしれない。これは大きなチャンスだ。

Philは日本こそ『失敗は成功の母』を知る社会であったと言う


Philが例に挙げたのが『金継ぎ』という陶芸の手法。

割れてしまった陶器を、漆と金を用いて修復する。金継ぎで修復することにより、新たな美が生まれる。割れたこと、修復したことにより、より価値が生まれる。

Philが出会ったのは金継ぎ職人は福島の井上俊介さん。彼をPhilに紹介したのは会津若松でEyes, JAPAN(アイヅジャパン)を率いる山寺純さん。彼らは震災と原発事故で損なわれてしまった福島を、金継ぎのように修復することでより価値あるものにしていきたいと考えていたという。

この金継ぎの価値観にPhilは惹かれた。Philにとっても、Evernote自体に失敗したことこそ、学びの機会であり、次の成功の糧となった。

Dsc06236


金継ぎが日本固有の文化であるにも関わらず、日本は失敗についてあまりにも厳しい。起業して失敗してしまった人に、次のチャンスが与えられる可能性はとても低い。それゆえ、日本で起業しようとする人は多くないし、結果日本から新しい可能性は生まれない状況が続いている。

しかし、Philは金継ぎの価値を知る日本だからこその、失敗の価値を知って次なる可能性を開くやり方があると力説していた。

さて、これはPhilがEvernoteの CEO時代に愛用していた『スターウォーズ・帝国の逆襲』のマグカップ。フィルはこれをとっても気に入って、オフィスで使っていたのだという。写真は、その時にさまざまなメディアで撮影されたインタビューカット。たしかに、帝国の逆襲のマグカップをPhilが持っている。

Dsc06242


EvernoteでのCEO時代に長い間ともにあった大事なマグカップ。しかし、Evernoteを離れるために、引っ越し荷物をまとめていた時に、うっかりと落としてマグカップを壊してしまった。

Dsc06247


それ以降、忙しくて、フィルはこの破片を捨てるでもなく袋に突っ込んで、放置していた。そして、All Turtlesの立ち上げにあたって日本に来ていた時に、思い出して福島の職人さんに金継ぎでの修復を依頼したのだという。

Dsc06249


そして、3カ月を経て、ついに『帝国の逆襲』のマグカップは、金継ぎをされ、より価値の高いものになって、Philの手元に帰ってきた。

Dsc06254

Evernoteを去る日に割れて、日本にAll Turtlesを立ち上げる数日前に金継ぎされて手元に戻ってきたマグカップにPhilはなにやら象徴的なものを感じるという。

失敗は失敗に終わらず、それを埋め合わせることで新たな、より大きな価値を産み出す。ビジネスの失敗は単なる敗北ではなく、次なるステップへの礎だ。

このマグカップは、『スタジオ』というアイデアを実現する『Product First』な場所を作ることで、『金継ぎ』という文化を持つ日本人に合った挑戦のステージを用意したいというPhilの思いを象徴したマグカップとなったわけだ。

Dsc06281


Philのスタジオが成功しますように。

そして、それが日本のイノベーションを活発にするヒントになるように願って止まない。


(村上タクタ)

2018年9月

カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー