デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

編集部・タクタ一覧

編集部・タクタ

2018年2月10日 (土)

フリック!3月号Vol.77本日発売です!

フリック!3月号、Vol.77、本日発売です。

こちらからどうぞ(https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/flick-457904/)。

※ただし、ごめんなさい今のところZinio版がリリースされていません。先方が休日で連絡が取れないので、最悪解決は週明けになるかもです。Kindle版は買えました。



Photo_2

巻頭特集は、注目の最新技術を取材。こんごそれらの技術がどう進歩して、僕らの周りのデバイスやサービスをどう進化させていくのはを聞いてきました。
Img_4975ご登場いただいたのは、人工知能に取り組んでいるGHELIA清水亮さん、日本のIoTデバイス、Makersムーブメントの旗手であるCerevo岩佐琢磨さん、AR/VRの進歩に必要不可欠なUnityのエバンジェリストである𥱋瀨洋平さん、国産でGPSゲームを作りさらに ブロックチェーンの仕組みを盛り込んで『歩けば稼げる』かもしれないゲーム『BitHunters』を作っている清古貴史さんと岡部典孝さん。

Img_4976第2特集は、弓月ひろみさんレポートによるアメリカのCESレポート。
Img_4977そして、必見、iPhone Xの全バラ。iPhone 8/8 Plusより、ずっとスッキリして美しい構造で、やっぱり全然進化していることがよく分かります。

Img_4978カバンの中身登場は、研究者にしてブロガーの堀正岳さん。意外なことに初登場です。 Lifehacking.jpの主宰者でもありますから、効率化、ライフハックの極みのカバンの中であります。

Img_4979だいたい200円という低価格、かつkindle unlimitedご契約の方は無償で読めるので、ぜひお楽しみ下さい!

繰り返しになりますが、お求めはこちらから(https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/flick-457904/)。

(村上タクタ)






2018年1月29日 (月)

Xに似合うデザインのQiチャージャー、Cheeroから

Cheeroから、iPhone Xに似合うデザインのQiチャージャーが登場した。

_s3a0860

中央部はレザー風、周囲はアルミ風でシックで高級感がある。

_s3a0643

充電時は裏面が弱くブルーLEDで光る。ベッドルームなどでの使用が想定されているようだ。逆にオフィスなど明るいところでは、ちょっと分かりにくい。

_s3a0635

公称スペックは最大5V/2A、9V/1.67Aだが、iPhone 8/8 Plus / 8との組み合わせでは、5V1〜1.2A(だいたいの実測。計測中も数値はめまぐるしく変わる)になる模様。つまりは、他の多くの一般的なQi充電器と同じということだ。

Dsc08160

急ぐならコネクターに繋ぐ方が速いが、置いておけば、いつの間にか充電されるというのは便利。

Qi充電器としては後発なので、iPhoneの高速充電の可能性を切り開いて欲しかったなぁ……と思うのだが、これは仕様上仕方ないのだろうか?

Dsc08161
置いた時の位置のズレは比較的許容範囲が広く、↑このぐらいまでは充電してくれる。

置き場所の設定が厳密だと、いつの間にかズレて充電されていないなんてことあるので、ここの許容範囲が広いのは実用的。

価格は参考小売価格が3480円(税込)、Amazonでの直販価格は2480円(税込)。また例によって発売記念価格が設定されており、そちらは1980円(税込)。iPhone 8/8 Plus/Xを持っていて、Qi充電器をお持ちでないから、この機会に買っておくのもいいだろう。

発売開始は29日正午から。



cheeroのサイトはこちら(http://www.cheero.net/products/wireless_charger)

(村上タクタ)

2018年1月18日 (木)

スマートウォッチが『ダサい』時代は終わった


これはスマートウォッチだとは気付かない


FOSSILのプレス向け内覧会にお招きいただいて、お邪魔してきた。

そこでびっくり。ハイブリッドタイプのスマートウォッチがすごくカッコよくなっている。

ご覧のKate spade NEW YORKの時計、実はスマートウォッチなのだ。

Img_5687

ご存じのように、私はギークだし、Apple Watchユーザーなので、他のスマートウォッチには興味がなくて、あまり追いかけていなかったのだが、これは驚いた。

一見普通の時計に見えるが、スマホに通話やメッセージを着信したら、バイブレーターで伝え、登録されている人なら、針の動きで誰から来たか、まで分かる。活動量計としてアクティビティを記録し続けてくれているからダイエットにも役立つし、スマホのカメラのリモコンとしても機能するのだそうだ。


なぜ、FOSSILがスマートウォッチなのか?


FOSSILは、ご存じのように、アメリカのカジュアルな時計メーカー。クラシカルなアメリカらしさと、ポップな表現を比較的リーズナブルな製品として提供し、大人気を博してきた。

Img_5636

(FOSSILの時計の製品パッケージはご覧のようなカジュアルなデザインの缶。コレクターズアイテムでもある。)

また、EMPORIO ARMANI、DIESEL、kata spade、Michael Kors、Marc Jacobsなど、様々なファッションブランドの時計を生産するOEMメーカーでもあり、時計のファッション性、それぞれのファッションブランドのアイデンティティを大切にした時計の提供に長けているメーカーなのである。

Img_5715

そのFOSSILが活動量計メーカーであるMISFITを買収したのは2015年のこと。常時腕に装着するという過酷な状況で、壊れずにデータを計測したり、スマホと同期したりには独特のテクノロジーが必要。もっとも成功している活動量計メーカーのひとつを丸ごと買ってしまうというFOSSILの行動は正しかったといえるだろう。

それにより、様々なファッショブランドに、MISFITの技術を活かしたスマートウォッチを提供できるようになったというわけである。



スマートウォッチは女性にこそ役立つ


スマートウォッチというとギークっぽいと思う人が多いかもしれないが、ここまでスマホが普及した現在、とっても役立つアイテムである。

メッセージの着信などを逃すことなく、スマホをバッグに入れていてもアクティビティを計測できる、自撮りの際にも時計からシャッターが切れるから、無理に腕を伸ばす必要だってない。

特にバッグにスマホを入れることの多い女性にとって役立つシーンが多いというのも注目すべき点だ。

Img_5683

FOSSILグループが提供するスマートウォッチには2種類あって、ひとつはご覧のように丸いデジタルのタッチパネルを持つタイプ。こちらは、一般的なAndroid Wearとして、さまざまな機能に対応している。ブランドごとにオリジナルのウォッチフェイスが提供されるというのも、スマートウォッチならでは。


Img_5689
いまひとつが、冒頭で紹介したアナログ時計にスマートウォッチの機能を追加したハイブリッドタイプ。アナログウォッチのスタイルを愛する人でも、通知や活動量計は絶対便利だと感じるハズだ。

こちらは、FOSSILのメンズモデル。これだけの機能を持ちながらフォッシルブランドのものは十分にリーズナブルだというのもうれしい(写真の右側のモデルで2万1000円)。

Img_5645

『ファッション性とは何か?』という命題に応えるのは難しいが、このデザインの時計にスマートウォッチの機能が組み合わさっているとなると、かなり魅力的だ。ちなみに、Android Wearもハイブリッドタイプも、iPhoneとAndroidのどちらでも利用するすることができる(一部使えない機能もある)。

Img_5702
このEmporio Armaniの時計がスマートウォッチだなんて誰も気付くまい(CONECTEDと小さくロゴが入っている)。相当カッコ良さそうだ。……もっとも、その前に、Emporio Armaniのファッションが似合う男にならねばならないかもしれないが(笑)

(村上タクタ)

2017年12月30日 (土)

Apple、バッテリー問題に日本でも対応

ニッカドや、ニッケル水素に対して、圧倒的にコンパクトで軽く、形状が自由で、メモリー効果もほとんどないリチウム系バッテリーの進化によって、今のノートパソコンや、タブレット、スマホの進歩がある。

24
現在iPhoneなどに使われているリチウムポリマーバッテリーはコンパクトで、軽く、炎上の可能性も可能な限り抑制され、劣化も少ない驚くべき性能を持つバッテリーだ。

とはいえ、内部で化学反応を繰り返し、電力を溜めたり吐き出したりするバッテリーの性質上、反応を繰り返すたびに劣化していくのはやむを得ないし、その劣化に対して、ソフトウェア的にピーク性能を抑制することによって、バッテリーライフの低下による電池の持ちの劣化を抑制しようというのはクレバーな工夫だと思ったのだが、それに対して『裏切られた』と感じて、訴訟まで起すような人たちがアメリカでいたらしい。

『性能抑制を秘密裏に行ったのはユーザーに対する裏切りだし、アップルは性能抑制によって新しいiPhoneを我々に買わせようと企んでいるに違いない!』というのが彼らの主張らしい。

それに、対して、米アップルが対応を発表した。続いて日本でも対応が発表された。アップルは情報を公開せず性能を抑制したことを謝罪し、補償対象外のiPhoneのバッテリー交換を8800円から、5600円減額して、3200円にすると発表した。

リリースはこちら。
『iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと』
https://www.apple.com/jp/iphone-battery-and-performance/

私としてはバッテリーが劣化するのは当然だし、対応する必要はないのではないかと思うのだが、アップルはリリースで、まずユーザーの意見を汲み、非公開で性能制限したことを謝罪し、具体的にバッテリー交換の価格を破格に安くすると発表した。問題に対する対応としては、完璧な対応だと思う。

しかし、私としては、ここまでの対応が必要なのだろうかと、少し疑問には思う。四半期ごとに数兆円の黒字を上げるアップルだからこんな対応が可能だが、こんな手厚い対応が業界のスタンダードになってしまったら、他の企業、とくに発展途上の企業やスタートアップが同じようにできるとは思えない。

不当な扱いに対して、ユーザーは声を上げるべきだ。しかし、ネット炎上で脅して、引き出せる対応は何でも引き出すというようなやり口が、本当に最終的にユーザーのためになるのだろうか?

(村上タクタ)

2017年12月15日 (金)

iMac Pro 55万8800円〜147万6600円(税別)で登場

6月のWWDCで発表されたiMac Proが、なんとか年内に間に合って発売された。

iMac Pro
(https://www.apple.com/jp/imac-pro/)

そのゴージャスな仕様から予想されたことではあるが、お値段なんと55万8800円〜147万6600円(税別・どこまでを仕様に入れるかによるが)。

Imacpro_pfperformance_20171214
ちなみに、最低限のコンフィグレーションが、8コアXeon CPU、32GBメモリー、1TB SSD、Vega GPU。これが55万8800円(税別)。とりあえずは、これでも凄まじいスペックだし、黒いiMacを使いたい……というニーズにも応えてくれる。

18コアXeon CPU、128GBメモリー、4TB SSD、Vega GPUの最高スペックは、特殊な用途になってくるだろうが、価格は147万6600円(税別)。

キーボードやトラックパッドまですべて、専用のブラックのものが用意されるのは素敵だが、ちょっと趣味で買うにはなかなか勇気がいる価格ではある。

Imacpro_keyboardspacegray_20171214

アップルのサイトには『フォトグラファーからビデオ編集者、3Dアニメーター、ミュージシャン、ソフトウェアデベロッパ、科学者まで。あらゆるプロのために、』と書いてある。

私の周囲で言うと、購入しそうなのは、一部の経済的に余裕のある層か、高負荷な業務を行っていて、経費として購入できる層……という感じ。

Imacpro_pfgravitysketch_20171214

周囲からは「iMacってコンシュマー向けっていう意味だったんじゃないの?」「プロ仕様というなら、モニターは選べるべき」「モニターが壊れたら、150万円のマシンが使えなくなるってこと?」「次世代Mac Proが公開されないと決められない」など、いろんな声が聞こえてくる。

Windowsと違って、アップルから発売されない限り、Macは自作することができないので、こいういうマシンもあっていいと思う(私は買えませんがw)。

特にミュージシャンや、アニメーター、デザイナーなど、高付加価値で高負荷な作業をするが、コンピュータに詳しいわけではない……というプロフェッショナルはいるので、一体型で買えばこれでOKというiMac Proは便利そうではある。映画などの制作で臨時にスタジオが設定される場合などでも一体型なら設置も簡単だ。

Imacpro_thunderboltdisplaythreeup_2
現在、広報用の機材の用意もまだないようなので、お借りできるようになったら、また詳しいレポートをお伝えしたい。

(村上タクタ)

2017年12月13日 (水)

【速報】iMac Pro、唐突に12月14日発売を発表!

HomePodは2018年初頭に発売延期とあって、12月に発売と言われていたiMac Proも、もしや来年に……? と思っていたら、突然、12月14日の発売がアナウンスされた。

iMac Pro
(https://www.apple.com/jp/imac-pro/)

Imac_pro__apple

最低のコンフィグレーションでも、5Kディスプレイに、8コアXeon CPU、32GBメモリー、1TB SSD、Vega GPU、最大なら18コアXeon CPU、128GBメモリー、4TB SSD、Vega GPUということで、ざっと計算しても100万円は越えそうなモンスターiMac。

たしかに、技術計算、ARやVRのための演算、マシンラーニングのためには必要と思われるモンスター級のパフォーマンスだが、我々一般ユーザーとしては、どうやって使ったらいいのか悩むほどのハイパフォーマンスマシンとあって、むしろスーパーカーのような憧れの存在になるのだろうか?

とりあえず、現在のところ価格は発表されていないのでなんともいえないが、iMac 5Kから想像するに最低のコンフィグレーションでも40〜50万円の価格は下さらなさそうなこのモンスターマシン。なかなか購入への敷居は高いとはいえ、ブラックアルマイトらしいボディ、マウスやキーボードまでもブラックという仕様は、マニアにとってもたまらなく魅力的。

とりあえずは、価格の発表をかたずをのんで見守りたい。

(村上タクタ)

2017年12月10日 (日)

Yahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.まとめ! #hackdayjp

と、いうわけで、10周年を迎えるYahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.にお邪魔してきました。私が取材にお邪魔するのも4回目。

当初、お邪魔し始めたころにはIoTが話題で、センサーからデータを取ったり、クラウドサービスに送ったり。また、Arduinoやichigojamのようなワンボードマイコンとそういうものを組み合わせて、物理的に工作物を動かしたりというものが主流でした。

総評を話されたYahoo! CTOの藤門さんによると、HACKDAYが始まった頃は、スマホアプリなんてなかったし、Arduinoもなかったし、もちろん機械学習もなくて、多くの人はWindowsのパソコンでパソコンアプリのコードを書いていたとのこと(多分、いらすとやのイラストも)。

今回のハッカソンで特徴的だったのはマシンラーニングやARの活用。まさにWWDCでアップルがプッシュした部分と共通しているのが今日深いですが、マシンラーニングを使って、音声人認識、文章解析、画像解析をしたり、ARKitを使って、立体画像を眼前に表示したりということを、エンジニアの方々が24時間で開発できたりするようになっているのは、本当に驚くべきことでした。

また、Google HOMEやAmazon Echoを使って、音声認識させたりしている人が多いのも特徴。

受賞したサービスを見ても、そうした最新のテクノロジートレンドを上手に活用して、取り込んで行くというのも重要なポイントであるように思います。

また、多くの人の心に訴えるテーマの選び方、90秒というパッケージにプレゼンをどうまとめるか……というのも大事なことのように思えます。

ちなみに、上位入賞はこちら。

どれも、素晴らしいサービスでした。面白かった。

あと、この他に僕が面白いなぁと思ったのは……

一日の目標歩数に行かないと自宅のドアが開かない Hippo。



街中ののらねこの写真を撮って、その画像をマシンラーニングして、Pokémon GOのようにのらねことの遭遇をゲーミフィケーションする『のらねこにゃー』。これは受賞しなかったのはかなり残念だった。実働すれば、ネコ好きの人は喜ぶと思うのだが。


女子高生チーム『apricot jam』が作って、ARKitをちゃんと実装してた『くまとばいきん時々おかん〜ARでお片づけ』。


コンビを組んだお父さんが出張に出かけてしまい、小学6年生ひとりでプレゼンをやりきったichigoATTACK の『おうちへ帰りたい』。


友達とのお金のやりとりを音声認識し、最終的にはBlockChainまで扱うBlockCharin(ブロック・チャリン)……などが興味深かった。


最優秀賞に輝いた『撮るだけユーチューバー』は、本当によくできていて、動画を入れるだけでセリフがテロップ化され、意味からフォントを選らんで、さらにジェスチャーに応じて、You Tube風に表示されるという作品。

Dsc07955
さらに、アクションに応じて編集もされるという凝りっぷり。なんと、アイデアの持ち込みはなく、現場に集まってからアイデア出しを始めたというからビックリだ。

Dsc08154

審査員や、僕らのようなメディアが反応したのも、実際に動画の編集で困っているからで、動画を撮った瞬間に、編集して適度なサイズにしてテロップを入れて配信できるのなら、それに越したことはないだろう。

たった24時間で、アイデアから出して、実際に多くの人が欲しいと思えるサービスが実現するなんて、まさにYahoo! HACKDAYの趣旨にあったプロダクトだったといえるだろう。

受賞を受けて、今後真剣に製品化を検討したいとのことだが、いっそYahoo!やUUUMとかで買い上げてサービスとしてローンチしてくれたらいいのにと思う。オプションでジェットカットなどが自動でできるようにしてくれたら、かなり喜ぶ人が多いのではないだろうか?

というわけで、受賞作を見渡しても、Arduinoなどを使った電子工作系が減少し(たぶん、完成度の高い作品を短時間で作るのが難しい)、ML、AR系がググッと増えた感じ。2018年も12月にYahoo! HACKDAYは開催されるということだが、来年はどんなサービスが登場するのだろうか。今から楽しみだ。

Dsc08142

ではまた来年。

(村上タクタ)

Yahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.開催中です!【更新中】

というわけで、Yahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.開催中です!

興味深いサービスを(手が間に合う範囲で)tweetしているのでそちらもご覧下さい。

こちらにまとめておきます。


以上終了!

面白そうなのを選らんで投稿してますが、私の処理速度が間に合わなくてカバーできていないのもいっぱいあります。書けなかった方、ごめんなさいね!(汗)

秋葉原で、Yahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.、本日開催です! #hackdayjp

1月号Vol.75『仕事を楽しむ達人の愛用品選び』本日配信スタートしております。



それはともかくとして、本日、秋葉原のUDXでYahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.のクリエイターズ・プレゼンテーションが開催されます。12:30〜17:00です。観覧無料なので、みなさんもぜひ!

過去のレポートはこちら

Yahoo! HACKDAY 2014
Yahoo! HACKDAY 2015
Yahoo! HACKDAY 2016

Yahoo! Hack Dayは、もともとYahoo!の社内イベントとして始めって、社外の人も参加できるようになったイベントで、チームを作って24時間で、何がしかのサービスを開発し、それを90秒でプレゼンするというイベント。

昨日の昼から徹夜で開発されており、それをたった90秒でプレゼンしないといけない。しかも、アイデアや完成度が問われるという非常に面白いイベントです。

プレゼンの90秒も、せっかく素晴らしいアイデアを持っていても90秒で上手く語れないところもあったり、機材トラブルでテンパってしまったり、逆に非常に上手くプレゼンされたりと、非常に面白いです。

昨夜も、ちらりと覗いてきましたが、10年目ともなると、みなさん、熟練されていて、手慣れた感じで開発が進んでいました。

Dsc07639

Dsc07642

謎の巨大な構築物を作ってるチームがあったり、
Dsc07648

スチロール製の大きな什器を作っているチームがあったり(旅行先を入力すると、この箱の中が旅行先の気温になって、服を合わせられるのだそうです)。

Dsc07652

こちらは、女子大生のチーム。子供にお片づけを促する、ARアプリを開発中だそうです。

Dsc07651


こちらは、友達とのお金の貸し借りを記録するアプリ。Google Homeで、声で入力できて、返すときにはBitcoinでの返済も可能なのだそうです。

Dsc07662

画面も凝ってます。

Dsc07659

親子で参加されているチームもあります!

Dsc07672

息子さんは小学校6年生。自転車を漕ぐと、Googleストリートビューの中を移動できる仕組みを作るそうです。ランダムに日本のどこかへ飛ばされて、自転車を漕いで家に帰ってくるのだそうです。

こちらは毎年おみかけするベテランの方々が集まったチーム。

Dsc07682

ミシンまで持ち込んで、なにやら大掛かりなものを作ってらっしゃいます。

こちらはディープラーニングを使った画像認識で、ひとりでクラッピーたちと『だるまさんが転んだ』をプレイできる装置だそうです。もはやなんだかわかりません(笑)

Dsc07697

テクノロジーの無駄遣い感がすごいですが、昨夜の時点で、ちゃんとクラッピーを画像認識してました。

Dsc07690

こちらのチームは『ビジュアルを可聴化する』のだそうです。

Dsc07706

街角の光景を動画として撮影して、それを音楽に変えて行くという仕組みで、街角の混雑具合やテンポが、メロディとして奏でられるという仕組みです。

Dsc07705


というわけで、もうすぐ、プレゼンテーションが始まります! 17:00までやってるので、みなさん、秋葉原へGO!





2017年12月 9日 (土)

フリック!2018年1月号Vol.75 『愛用品選び』今夜配信開始です!

1
早くも、雑誌の月号的には、2018年がやってきて、1月号Vol.75『仕事を楽しむ達人の愛用品選び』今夜配信スタートです。だいたい200円。



今回もいろんなお仕事の達人にご登場いただいています! 

20171209_41706まず最初に、元ファッションモデルで、現在写真家はじめマルチなクリエイティブ活動をされている桐島ローランドさん。趣味人として知られる氏の、仕事場に訪問してこだわりのアイテムをご紹介いたします。

20171209_41804そして、我々世代の青春の憧れだった大西結花さん、アドビシステムズのデジタルメディアビジネス本部の本部長であり、アドビきってのガジェット好きである西山正一さん、ブロガーでありロフトワーク広報であり、HDR写真の第一人者して本も出しておられる石川真弓(まゆみん)さん。オウルテック広報の安藤省吾さん。フォーカルポイント広報の石川うららさん、ASUS JAPAN広報の福與さやかさん……と、道具にこだありありまくりの8人に登場いただきました。

20171209_41905

その他、新製品はLogicoolのトラックボールMX ERGO、ASUSのZenBook Pro、ハイレゾオーディオのAK70 MkII、ソニーの学習リモコンHUIS、チーロのケーブル付きバッテリーツインテールと2万mAhのPower Elite、ERATOの完全ワイヤレスイヤフォン、サテチのMacBook Pro用アダプター……などを紹介します。

ぜひ、ご覧下さい!



flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー