デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

news一覧

news

2015年7月 1日 (水)

iOS&Mac OSがバージョンアップ! Apple Music(今なら無料トライアル中)もスタート

iOSが8.4に、Mac OSが10.10.4にバージョンアップしました。今回のアップデートにより先のWWDCで発表されたApple Musicが利用できるようになりました。

1_2

今回はアップデート用のデータは222MBと比較的軽めです

Apple Musicは『Apple Musicカタログ』内の数百万曲を自由に選んで再生できたり、オフラインで保存、再生できるなどのサービスです。各種リコメンド機能で大好きな曲が自然に流れたり、知らなかったオススメ曲がかかったります。

3_2

22222

上がiPhone版新『ミュージック』、下がPC(Mac)の新『iTunes』

赤かった『ミュージック』のアイコンが白いものに変更。これまでiTunesで購入した楽曲やCDから取りこんだ曲を操作する『ミュージック』内で切り替えて楽しめます。

2PC版iTunesのアイコンも変更されています

料金は1人だと980円/月、家族であれば最大6人まで1480円/月。また、Apple IDでサインインすれば、音楽、インタビューなどが流れるラジオステーション、Radio Beat 1やアーティストがファンのために解説した特設ページ(『ミュージック』内で表示)を無料で視聴可能です。

4アーティストとファンとの交流の場『Connect』。スヌープとこれまで配布されていたイメージ画像にも出ていたファレルの情報も

スタートから数時間の現在、やはりiTunes Store開設当初と同じように楽しめる楽曲は海外、アメリカのアーティスト作品がメイン(佐野元春あり!)……とかいっている間にも、コンテンツが続々増えております。PC版のiTunesも12.2にバージョンアップすることでApple Musicの機能が使えるようになりました。

111

3カ月の無料トライアルが設けられているので、気になる方は是非!

2015年6月23日 (火)

外食も家ごはんも “食”に関する情報をまるっと網羅する『dグルメ』

5月末にスタートした、NTTドコモの新サービス『dグルメ』が人気だ。

日本最大規模の料理教室『ABCクッキングスタジオ
レシピ検索サイト『クックパッド
グルメ・レストランガイド『食べログ

という日本の『食』に関するメジャーサービスが協力して誕生した『dグルメ』は、開始から1カ月で22万契約を達成! すごい勢いでユーザー数が増えている。

Img_9685

5月28日に始まったNTTドコモの新サービス『dグルメ』。『料理』のカテゴリーではレシピや詳細な調理方法を見ることができる。

Img_9687

ABCクッキングスタジオが提供する調理動画。動画の指示に従えば料理初心者でもおいしく仕上がること間違いなし!

サイトは『料理』『外食』『ニュース』の3カテゴリーに分かれている。

『料理』はレシピやレッスンなど、料理することに関する情報が掲載されている。ABCクッキングスタジオの料理に関する基本的なレッスン動画や、クックパッドの注目料理レシピを見ることができる。『料理名』や『食材』で検索することができる。

Img_9688

『外食』のページ。さまざまな検索方法で『いい感じ』のお店がすぐに見つかる

『外食』はレストラン情報のページだ。クックパッドが提供している人気レストランのランキングやお得なクーポンをゲットすることができる。

Img_9689

『食』に関するニュースをチェック。料理が苦手……でも、見ているだけでも楽しい

『ニュース』はトレンドや話題のお店、健康など食に関する情報が掲載されている。例えば夏バテ予防に最適な食材やレシピの紹介、さらに人気のレストランなどのニュースが満載だ。

主婦が『ニュース』で今晩、何を食べるかを考えて、『料理』でレシピや調理方法をチェック! もしくは『外食』で近くでお店を探すといった、これまでアプリなどをまたいで行ってきた『食』に関する情報収集が『dグルメ』の中だけでできるのだ。

もちろん、夜仕事終わりに立ち寄る店を検索、割り引きクーポンをゲットするといった使い方もできる。

Fireshot_capture_d_https___gourmetd

webブラウザで『dグルメ』にアクセス。スマホ、タブレットではSafariやChromeなどのwebブラウザを使って閲覧する


『dグルメ』はスマホ、タブレット版アプリではなくwebサービスなので、iPhoneでもAndroidスマホ、さらにタブレット、PCでも利用できるのもうれしい。月額400円(+税)の有料サービスだが、今なら初回31日間は無料で試してみることができる。

ただし、『dグルメ』を見ているとお腹が空いてしまう……ので、ダイエットをしている方(ダイエット用のレシピもあります!)、時間がないといった人は時と場合を考慮した閲覧をオススメする。

Img_9686

『dグルメ』サービス開始スタートを記念した特別レシピも。見ているだけでお腹いっぱい!!

2015年5月20日 (水)

【要充電ケーブル】Apple Watch OSが初めてのアップデート

Apple WatchのOS、「Apple Watch OS 1.0.1」にアップデートしました。バグの修正だけでなく、以下のパフォーマンス向上が図られるとのことです。

●パフォーマンスの向上
・Siri
・スタンドアクティビティの測定
・室内自転車および室内ローイングワークアウトのカロリー計算
・屋外ウォーキングおよび屋外ランニングワークアウトの距離とペース
・アクセシビリティ
・他社製App

●新しい絵文字の表示サポート
言語の追加
・ポルトガル語(ブラジル)
・デンマーク語
・オランダ語
・スウェーデン語
・ロシア語
・タイ語
・トルコ語

A

アプリ「Apple Watch」を起動、「マイウォッチ」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」へ

Apple Watchのソフトウェア・アップデートは、iPhone内のアプリ「Apple Watch」を使って行います。まずはアプリでデータをダウンロード(今回は51.6MB)、その後、Apple Watchにアップデートのデータがダウンロードされます。アップデートにしてはデータは小さめですが、終了まで30分ほど時間がかかります(もちろん、環境にもよります)。

B

ソフトウェアアップデートには充電ケーブルが必要です!


またアップデートを行うためには、以下の条件が必要です

・iPhoneが通信圏内にある(ペアリングされている)
・充電器に接続されている
・50%以上充電されている

つまり、アップデートには充電ケーブルが必要で、屋外では行うことができません。「まだ」の方は今晩、ご帰宅されてからゆっくりアップデートしましょう。

2015年5月14日 (木)

【docomo&au夏の発表会】スマホで僕らの生活がまた変わる!?

5月13日にNTTドコモ 2015夏 新サービス。新商品発表会が、そして本日5月14日にはau 発表会 2015 Summerが行われました。

定例の発表会ですが、いつものように最新の技術が詰まった輝く新端末のお披露目でが中心ではなく、両社とも新サービスの紹介がメインのイベントでした。

Da

新ポイントサービス「dポイント」は2015年12月1日から提供開始。

Dc

dポイントはLAWSONのPontaと交換可能!
さらにドコモのクレジットサービス、DCMX、DCMXminiで決済すれば3%割り引きに

NTTドコモは新ポイントサービス「dポイント」を発表。従来の「ドコモポイント」が進化したもので、これまでNTTドコモ商品の購入などに使えるだけでなく、dポイント加盟店での支払いにも使える(1ポイント1円)というもの。さらにdポイントはLAWSONが提供する「Ponta(ポンタ)」と相互交換可能。LAWSONでの買い物にも使うことができるようになります。

 

Ab

「au WALLET Market」をオープンし、食料品をはじめとした「ちょっといいもの」を販売!

Ad

全国のauショップでも販売!

一方、auは好評を博している(開業1周年で1200万の累計申し込み数!)au WALLETをさらに展開した「au WALLET Market」のオープンを発表。約2500店舗のauショップで「ちょっといいもの」、例えば厳選されたお米やコーヒー豆、無農薬野菜、さらにIoT家電などが買えるサービスをスタートさせる。実際に店舗に商品を置くのではなく、店舗内に設置したバーチャルモールやウェブサイトで購入するもので、スタッフやコールセンターによる丁寧なサポートも充実させるとのこと。

Aa

まさかキャリアショップで野菜を買う日が来るとは

Ac

auショップが郵便局のような場所になります!

さらに両サービスとも、上記以外にも映画のチケットが安くなったり、高級ホテルでのディナーを安く行けるようになったりします。

携帯電話キャリアとして、基本的に通信網の提供、端末の販売を主に置いてきたNTTドコモとauが、ほぼ同じタイミングで実店舗を舞台にしたサービスを始めるのは非常に興味深いこと。

両社とも提供する新サービスは、ユーザーなら「積極的に使わなきゃ損」なもの。ポイントはNTTドコモ、auの端末を介して生活に密着した買い物ができるようになります。今後、新サービスが定着すれば、スマホがますます手放せないものになるだけでなく、一度、利用し始めるとMNPで他社に乗り換えるのが難しくなる。スマホがいろんなお買い物の窓口になるってことは、携帯電話キャリアの社会に対する影響力がさらに強くなることでしょう。MVNOが安価な月額利用料金を提供し始めていますが、NTTドコモやauといった大きな会社ゆえにできる便利でお得な包括的なサービスは強い引き止めの効果が期待できます。

もちろんユーザーがその便利さに即座に飛びつくかどうかは、はっきりと見えないところがあります。また、携帯電話で買い物ができるおサイフケータイ機能は一部の人には熱狂的に支持されていますが、その機能がないiPhoneユーザーが多いことからも、「スマホで買い物」するという習慣は、まだまだ絶対に必要だと多くの人に思われていません。

しかし数年後に振り返ると、今回の発表会は、携帯電話キャリアの業態が変化する、その転換点になるかもしれません。NTTドコモのLAWSONという毎日使っているコンビニでのサービス開始。そしてauの「あたらしい自由」というキャッチフレーズの強さから、想起される「明日」は、やっぱり便利で楽しそうです。

もうひとつの大手携帯電話キャリア、ソフトバンクの発表会はこれから。どんな発表になるのか、楽しみです。

2015年4月 7日 (火)

日本でも加速するDropbox! 1000万人以上が愛用中!!

日本で1000万人以上ものユーザーを獲得しているDropbox(個人、ビジネス合わせて)が、日本法人を設立したのが2014年10月のこと。メジャークラウドサービス、Dropboxが本日、ソフトバンク コマース&サービスとの業務提携を発表。さらに今回は日本国内の様々な企業とのサービス提携も発表した。

A_2

Dropbox Inc. CEO兼共同創業者のドリュー・ハウストン氏とドロップボックス・ジャパン株式会社代表取締役社長の河村浩明氏

サイボウズとの提携では、同社が提供する業務アプリ構築クラウド『kindtone』と『ビジネス向けDropbox』が連携。kintoneの案件情報とDropboxをヒモづけできるようになる。さらにアイ・オー・データとの提携では、同社のNASの特定フォルダに保存されたデータは自動的にDropboxと同期されるようになる。などなど、本日の発表では13もの提携企業が発表された。

ドロップボックス・ジャパン代表取締役の河村浩明氏によれば、世界的にみて日本は有償ユーザーの数がダントツで多いという。また、日本の就業人口の70%が中小企業。小規模な組織で安価に導入できる、さらにセキュリティの高さ『ビジネス向けDropbox』は、日本にピッタリのサービスだ。導入することで、就業環境のさらなる向上も狙えるだろう。

会社で決められたクラウドサービスがDropboxになれば、「使い慣れているし便利!」と思う人も増えるだろう。仕事で個人的に使っていた、という人には朗報だ。また、多くの人がDropboxを使っているのであれば、それをメインにしてしまえるというメリットもある。相手に合わせてクラウドサービスを使い分ける必要がなくなり、『ビジネス向けDropbox』でなくとも、大容量のプランへの変更もしやすいはずだ。

明日から世界が変わる、センセーショナルなものではないが、本日の発表された『ビジネス向けDropbox』と利便性を向上する提携は、じわじわとユーザーを獲得していくに違いない。

この提携の目標は、『ビジネス向けDropbox』の日本での販売強化。
中小企業を中心に5年間でさらに100万ユーザーの獲得を目指すとのこと。Dropboxのヘビーユーザーが多い日本、さらにその傾向は強くなるはずだ。

B_2

2015年3月20日 (金)

タムカイさんの本が出ます!(他所の部署から) #rakugakinote

イラストブロガーとして知られるタムカイさんが本を出されます!!

(↓タムカイさんのブログ↓)
タムカイズム——人生の楽しみ方をデザインするブログ
http://tamkaism.com/

なんと、ウチのエイ出版社からです(知らなかった(笑))

Dsc09511_2
読みましたが、すっごく楽しい本です。

ラクガキノート術
タムラカイ著
3月25日発売、1300円+税



『絵が苦手だなぁ』と思ってる人こそ読んで欲しい。

ノートやメモにちょっと絵や図解があるだけで、すっごく分かりやすくなるでしょ? そんな、人生に絵がない人に、絵を描かせてくれる本です。

タムカイさんは、新製品の発表会なども、ラクガキで表現されているですが、この楽しさと、分かりやすさが、この本を読んだら手に入ります!

Dsc09516
『絵が苦手』って思っている人に、コツを教えてくれて、「大丈夫、それでOKなんだよ」って背中を押してくれる本です。

Dsc09514
苦手でも表現力豊かな絵を描く方法をおしえてくれます。

で、先日、とある新製品発表会で会ったタムカイさんからメッセージです。

Dsc09506

表紙は帯を取ればスペースがあって、シンプルなデザインなので
表紙にラクガキして、#rakugakinote と付けシェアして下さい!
とのこと。

みんなでラクガキを楽しみましょう!





さっそく、僕も描いてみました!

#rakugakinote

Dsc09713_2

2015年2月14日 (土)

【速報】心に迫る光と影と、大切な主題。堤大介さんの短編映画『ダムキーパー』のiTunesでの提供が始まります!

昨年シリコンバレーを訪れた折りに、Evernote外村さんのご紹介で、ピクサーを案内して下さった堤さんの短編映画『The Dam Keeper』の、iTunesでの予約販売が始まりました!

Itunes
渡米し、ピクサーでカラースクリプト(ストーリーボードのような感じで、色や光の当て方でシーンを描いていく手法)を担当している堤大介さん。ジョブズが建築を指揮したというピクサーの社屋の中にあるこの大きな絵も堤さんが描いたモノ!

Dsc06818
(この時、ピクサーをご案内下さったのが、堤さんです)

なんといっても聖地巡礼!【シリコンバレーレポート5】
http://blog.sideriver.com/flick/2014/05/5-e3e8.html


その堤さんが、ピクサーでの立場を離れて、作った自主製作映画が『The Dam Keeper』。

大気汚染から町を守るために人知れず働くブタくんと、ブタくんの通う学校に転校してきたキツネくんの話ですが、心に迫る光と影の美しい扱い方、アニメーションとは思えないほど深みのある、まるでペインティングナイフで描いた油絵のようなテクスチャー、そして見るほどに浮かび上がってくる重要な主題。各国の短編映画の賞を総なめにした短編アニメーションです。

私は、ショートフィルムフェスティバルで上映された時に見たのですが、本当に良かったですよ。
『ダム・キーパー』を見た
http://blog.sideriver.com/flick/2014/06/damuki-pa.html

まだ、iTunesでは予約できるだけのようですが、ぜひダウンロードして、できればアップルTVなどを使って大きな画面で見て下さい。iPhoneなどの小さな画面で見るのはもったいないかな。たった300円です。必見。

『The Dam Keeper』(iTunes)
https://itunes.apple.com/us/movie/the-dam-keeper/id962374424




(ショートフィルムフェスティバルの時の予告編)

(あ、でも言語が英語のみになっているので、英語版かも。字幕とか入ってるのかな……? でも割とシンプルな映画だから、言葉が完全に分からなくてもおおよそ分かると思います)

2015年1月 2日 (金)

『東京女的生活』がサイトを開設!

あけまして、おめでとうございます。
今年も、『フリック!』をよろしくお願いいたします。

Img_6379
10年ぐらい前から、お正月の様子がすっかり変わりましたねぇ。

以前は、お正月に他の人が何しているかなんて、さっぱり分らなかったのに、ウェブサイトを作るようになり、mixiやtwitterを使うようになり、Facebookを使うようになり、他の人の様子がだいたい(発信している人については)分るようになりました。

最近は、10年ぐらい前と違って、みなさん必要な情報を必要な範囲に公開し、そうでないところには閉じておく……なんて、コントロールがお上手になった気がします。洗練されてきたとでもいいましょうか。そして、その傾向はますます強まると思います。

私のウォールにいらっしゃる方は、海外、温泉地へ出かけてる方、帰省している方、無理して動かずにのんびりと自宅ライフを楽しんでいる方に分かれるような気がします。

さて、デジタルデバイスの進化のおかげで、私も帰省しながら年末進行の最後の必死の追い込みからこぼれてしまった仕事をポチポチしたり、新春に出す本のプランに手を加えたりしながら正月を過ごしております。1月10日配信のフリック!の『東京女的生活』では、『新年の目標の立て方』について語っていただいてるのですが、その『東京女的生活』が、あたらにウェブサイトをスタートさせました。

『東京女的生活』オフィシャルサイト
http://www.joteki.tokyo/

__home

『joteki.tokyo』っていう、今風なドメインをしっかりいつの間にか押さえているところがしたたかですね〜!w

一騎当千のスーパーウーマンであり、同時にみなさんの身近にいるようなビジネスウーマンである彼女たちが、デジタルデバイスやインターネットというツールを使って、どんな可能性を開いていくのか? 非常に楽しみですし、そこに、デジモノ好きな我々自身の可能性も見いだせるのではないかと思っております。

2015年も、女的の3人に乞うご期待ってことで。

(タクタ)

2014年11月11日 (火)

Evernoteはどこへ行くのか?

フィル氏が語ってくれた未来のEvernote

昨日、終日、3つのイベントに分けて開催されたEvernote Work Dayだが、最後のUser Meet Upでフィル・リービン氏のしてくれれた話しの要旨をお伝えするとともに、この1日でEvernoteが提示してくれた未来がどんなものだったかをお伝えしよう。

Dsc04913
用意された500もの席をいっぱいにしたEvernoteユーザーを前に、フィル氏は、1枚のスライドも使わず、延々と語りかけ続けた。

撮影していると分るのだが、手元の台本や、後ろのスライドを見ながら語る人は観客の方を見てるタイミングが少ない。絵としては演台を見ている写真にはしたくないので、観客の方に目を上げた瞬間を狙うのだが……人によってはそのタイミングがとっても稀少だったりする。フィル氏の場合、ずっと観客の方を向いてるので、いつでも絵になる。

聞けば、台本はなく、その場で思いのままに伝えたいメッセージを伝えていたのだそうだ(同時通訳の人が訳しているから台本があるのかと思ったら、純粋にその場で訳していたのだそうだ)。つまり、この言葉にこそ、Evernoteの首脳陣が討議を重ね、フィル氏の心の底から出てきたメッセージということになるだろう。

昼のスピーチの時には『Evernoteはあなたのワークスペースになりたい』という話があった。忙しい人のための、生産性を向上させるためのツールになりたいと。

ファイルキャビネットがあり、ノートがあり……という世界にいて、WordやExcelを使いこなせなかった人にも、新しい時代の生産性向上ツールとして役に立ちたいということだった。


もう、50年前のメタファーを必要としない人たちがいる

面白いなと思ったのは彼が言った『書類、ファイル、キャビネットなどというメタファーが50年来変っていない』ということ。

たしかに、パソコンが職場に普及してきたのは'90〜95年ぐらいなのだが、それより以前の会社には、たしかに大きなファイルキャビネットがあり、KINGJIMのファイルがたくさん並んでいて、その中には手書きの書類が(もしくはせいぜいコピーされて)たくさん詰っていた。

そのメタファーとして、フォルダアイコンや、書類のアイコンがあるのだが、そもそも、30代より若い人は、リアルなそれらの素材に触れていないかもしれない。少なくとも20代は確実にそうだろう。となると、いつまでのそのメタファーを残しておく必要があるのだろうか? ということだ。

フィルによると『Evernoteはそのメタファーの必要ない人たちにとっての生産性のツールになりたいと思っている』という。

昨日発表されたことを統合すると、書類を開いて『今日の○○の株価は……』と書き始めると、関連ノートとして日経の今日の記事が表示される、『○○社についてですが……』と書くと、(Evernote Businessなら)社内の他の人が書いた、その会社のレポートが表示される。

それらの書類を、社内で結びつけていくのがWork Chat。『この書類について意見はありますか?』と何人かに書類を共有したら、『ここに関連情報があるからチェックしておくといいよ』と誰かがサジェストしてくれる。その場(ワークチャット上)で、そのドキュメントに関する活発な討論を始めることができる。それぞれのいる場所が離れていても、生活時間が多少ズレていても。

そして、誰かに見せる時には——それが隣の席の同僚であれ、大勢の観衆の前でのプレゼンテーションであれ——普段作っている資料を、それのままプレゼンテーションモードで公開することができる。シェアすることもできるし、モニター全面に大きく美しいデザインで表示することができる。資料自体がドキュメントになり、それがプレゼンテーションの書類になるのだから、元の資料の数値がアップデートされたら、プレゼンテーションの書類も書き変る。もう、バージョン管理に費やしている時間なんて要らないのだ。

Dsc04701
それは、『ミーティング』『書類』『プレゼンのスライド(これも古いメタファーだ)』などをどんどん革新していくだろうし、そのスピード感に旧来のビジネススキームを使っている会社は太刀打ちできないだろう。

それこそが、Evernoteの提供する新しいワークスペースなのだ。


ちょっとした違和感

Evernoteは高機能、多機能になっていく中でも、シンプルであること、使いやすいことを見失わない。

今でも、iPhoneだけで使い始められるし、『ミルクを買いに行く』などといったToDoリストから使い始めることもできるし、最寄りのバス停の時刻表を写真に撮って持ち歩くためにも使える。

でも、フォーカスが『ビジネス』に絞られてきた気がする。そりゃあもちろん、昨日は『Evernote Work Day』なんだし、登壇している人がビジネスを語り、成功を語るのは当然だ。ウォールストリートジャーナルや、日経、docomoと協業し、どんどん大きなビジネスに漕ぎ出していくEvernoteは素晴しい。

そんなものは、幼なじみが世界を舞台に活躍するのを見て感じるような、くだらないおいてけぼり感かもしれない。だけど、ミートアップの対談が終った後、500人ものEvernoteファンが集まった割には、そうそうに多くの人が引けてしまったのに少し寂しさを感じた。昔のミートアップって、もっと「もう、いいかげん帰れよ!」って言いたくなるぐらい、みんなウロウロ溜まってませんでしたっけ?

もちろん、前のビジネスセミナーから流れていた仕事ユースの人が多かったっていうのもあるでしょう。このちょっとした違和感が杞憂ならいいんだけど。しかも、いずれにせよEvernoteがどんどん便利になっていて、前進しているのは確かなことだし。

Dsc04939
(こんだけの熱気があるんだから、大丈夫だよね?(笑))





2014年11月10日 (月)

Evernoteがあなたの仕事のワークスペースになる【新発表まとめ】

先のエントリーに速報を書きましたが、本日、Evernoteの発表会がヒカリエでありました。

CEOのフィル・リービン氏、外村仁氏、アレックス・パチコフ氏も来日していることから大規模な発表であることがよくわかります。

フィル氏が話したようにEvernoteは『あなたのワークスペースになりたい』という。

Dsc04692
快適に、仕事ができるように新しいクラウド時代の仕事の快適さを追求した結果、OSより上のレイヤーで、新しい世界のデスクトップになるわけです。もう、OS Xとか、iOSとか、Windowsとか、Androidとか、何を使っていても、Evernoteというワークスペース上で仕事ができればいいわけです。

その上で、みんなが『書き』『集めて』『見つけて』『発表する』ってことができればいい。

Dsc04698
いつ、いかなる時にでも、どんなデバイスを使っていても、『情報を集めて』、『快適に執筆し』、『必要な情報を見つけて』、『誰かにシェアしたりプレゼンする』。そんな環境をEvernoteが提供するってことです。そのための新しいサービスが、SCANNABLEであり、Work Chatなわけです。

Dsc04740
日本マーケットにとっては、日経さんとの業務資本提携っていうのもビッグニュースですよね。すでにdocomoとも協力なパートナーシップを結んでいるわけで、各カテゴリーのトップブランドとしっかり提携して、強力な基盤を気付いていっているEvernoteは、また新たなステップに入っていくようです。

今日はまだまだ、Evernoteのニュースが続きます。

ちなみに、今日はフリック!の発売日ですので、そちらもよろしく。

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー