デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

Kickstarter一覧

Kickstarter

2015年5月20日 (水)

【Kickstarter】VRのハードルを下げる、視線追跡技術

サンフランシスコのFOVE社が、KickstarterでVRヘッドマウントディスプレイ、FOVEの資金調達を始めました!

G画像からKickstarterのページに飛べます!

A1FOVE社が発表した視線追跡型VR用ヘッドセット「FOVE」

未来を感じるガジェット筆頭、ヘッドマウントディスプレイ。SONYなどからすでに市販されていますが、FOVE社のものは視線追跡技術(アイトラッキング)を搭載した次世代のモデルです。

C

視線追跡技術とは、文字通り、装着した人の頭と眼、両方を使って上下左右360度の仮想現実世界を楽しめるというもの。「対象を見る」という動作だけで入力制御を行えるため、誰でもすばやく簡単に高精度な操作ができます。マウスやキーボード、コントローラーが不要になります。ゲームなどとの相性は抜群です!

D1

ゲームでは、「見る」だけでターゲッティングできます!

D3視線追跡技術を使えば「見る」だけで文字入力などが可能に

E2ピアノ演奏など高度な作業もこなすことができます

さらに、この視線追跡技術を活用すれば、現行のVRヘッドマウントディスプレイに使用されるハイスペックなPCなども不要になります。注視している部分以外、人間はその周辺があまりよく見えていません。FOVEは注視している部分の表示にレンダリングパワーを集中させ、周辺部分を低解像度で表示させることができます。これにより、将来的には低スペックのマシンやスマホでも仮想現実を楽しめるようになるとのこと。実際の見え方と違い、すべての表示を高解像度で行う現行のヘッドマウントディスプレイで起こる「酔い」も防げます。

D4

「眼」を使った入力制御とその活用で、操作的にも機器的にも仮想現実体験のハードルを下げることができるとのこと

視線による操作と低スペックマシンでを仮想現実体験を実現するFOVE。まだまだマニアが楽しむものという域を脱しないVRヘッドマウントディスプレイの可能性を拡げ、より身近で現実的に便利なガジェットにしてくれる可能性を秘めています。

349ドル以上のバックをした方には本体の特別割引先行予約ができるとのこと(すでに349ドル分のバックは定員に達してしまいました、製品化は400〜500ドルでの販売を想定しているとのこと)。

Kickstarterのページには、動画による解説もあります。
FOVEのVRヘッドマウントディスプレイなら、さらにもう一歩、未来を体験することができそうです!

F左からFOVE CEO 小島由香氏、FOVEを使ったピアノ演奏を行った沼尻光太氏、女優の池澤あやか氏。

H

http://www.getfove.com/

FOVEのHPでも詳細の確認ができます!

2015年2月25日 (水)

6000万円集めようとして8億4000万円集ってるPebbleの新製品Pebble TimeとApple Watchどちらを買うか?

Pebbleの新製品、Pebble TimeがまたしてもKickstarterでPledge可能になっています。

Goalは50万ドル(約6000万円)に設定されていたのですが、そんなのはあっという間に(まだ初日)飛び越えて今700万ドル(8億4000万円)の出資を集めています。期間はあと30日あるので、Kickstarter誌上最高の成功例として知られるPebble自身の持つ1020万ドル以上という記録を塗り替えるのは間違いないのではないでしょうか?

Pebble_time__awesome_smartwatch__no
KickstarterのPebble Timeのエントリーはこちら。
https://www.kickstarter.com/projects/597507018/pebble-time-awesome-smartwatch-no-compromises?ref=home_popular

新製品は、まったく新しい製品となっていて、カラーeペーパーを使った表示となっており、従来型と違ってスムーズなアニメーションなどを実現しています。

僕は、デジタルデバイスの非常に重要なファクターは『バッテリーの持ち』だと思っています。過去の経験から言って、どんなに新機能満載のデバイスでも実用的なバッテリーライフがないと使わなくなってしまいます。

僕はPebble Steelのユーザーですが、これの一番評価できるところは1週間以上持つバッテリーです。他の1日しかバッテリーが持たないスマートウォッチは、ちょっと面白くても、いつしか使わなくなってしまうんです。



その他にも、タイムライン表示の新しいインターフェイス、1000以上のウォッチフェイス、カラーeペーパーが日光下でも読みやすい、防水、音声通知、通話も可能になっています。iOS 8、iPhone iPhone 4s以降のiPhone、4.0以降のアンドロイドに対応とのこと。

ともあれ、多くの人が気になるのは、3〜4月に発売されるApple Watchとどちらを買うかでしょう。というか、多くの人はともかくApple Watchが第一の選択肢なのではないでしょうか?

私は、前述の理由つまり『バッテリーライフ』においてPebbleの方が有用なデバイスになるのではないかと思い、Pebble TimeをPledgeました!

Pebble_time__awesome_smartwatch___2

ちなみに、定価は199ドルになるようで、最初の1万人は159ドル、3万人までが179ドルになるようです。

Dsc06751(昨年の春に取材に行ったPebble社の社内がムービーに写ってて面白かった。分解されたPebbleは見たけど、カラーeペーパーは知らなかったぞ!w)


限られたバッテリーパワーの中で、実現できることを実現するというのはアップルが得意だったことのようにも思うのですが、Apple Watchはどうも実現している機能からしてバッテリーライフはかなり短いのように思います。高性能なCPU、カラー液晶、光学式ハートレートモニターなどがどう考えても激しくバッテリーを消費するでしょう。

それとも、限られた機能を上手く使ったPalmより、バッテリーが持たなくても誰もが望む機能をすべて華やかに実現したiPhoneが最終的な勝者になったように、Pebbleはギークのためのマシンに過ぎず、Appleが勝者となるのか。注目したいと思います。

というわけで、私はPebble Timeを買いましたけれどね(Apple Watchも買うけれど……財布が(泣))

Dsc06776(この写真は昨春Pebbleに行った時、Pebble Steelを購入した時。EvangelistのMyriam Joireさんと一緒に。)


(タクタ)

2014年9月27日 (土)

Moff来た〜! #moffband

タクタです。

Kickstarterで応援したり、記事として取材させてもらったりした『Moff』の製品が、ついに宅配便で自宅に到着しました!

Img_4039
実は僕、KickStarterでPledgeしたものが届くの初めてなんですよ。自分が応援したものが届くって、感慨深いものがありますね! シンプルな包装です。

Img_4041
ていねいなカラーの日本語取り扱い説明書(裏面は英語)、Pledgeしたことに対するお礼のメッセージ、そして、代表の高萩さんの名刺(!)が入ってます。「オレが責任を取る感があって素敵ですよね」。

ベルトを外して、シリコン(?)のカバーが取れます。

Img_4043
本体はキャンディオレンジのカラーも素敵。

Img_4042
ボタン電池のフタがちょっと貧弱かなぁ。子供が勝手に扱ったりして、ツメを曲げないか心配。でも、まぁ、このへん少量生産でちゃんとリテラシーのある人間が扱うことが前提かな。キックスターターなんだし。

ツメの部分やコインで回す部分を壊さないように慎重に。まぁ、一度電池を入れれば開く部分でもないしね。

Img_4049_2


さて、iPhoneにアプリを入れて、遊びましょう!

設定のところも丁寧な造りで、文字もデカイです。

Img_4045_2
年齢を聞かれるのがちょっと辛かったですね。45歳で、オレ何やってるんだろう的な?

Img_4047_3

45歳、男……ってあらためて直面すると、ツライものがあります。

まぁ、それはそうとして、遊びますか!

Img_4048_2

「バーン! バーン!」「チャリーン! シャキーン!」
(休日の、誰もいない編集部で。ひとりで)

また、誰か動画を撮ってくれる人がいる時に動画アップします(ひとりで撮れない)。


出荷は1カ月後ぐらいになるみたいですが、Amazonでも購入できます。

2014年8月11日 (月)

走りを左右する空気圧をスマートに、完璧に管理できる『Cycle AT』現在出資募集中

001

002

9月20日までKickstarterにて出資を募集している『Cycle AT』はオートバイや自転車の空気圧を検知してくれるセンサーで、その情報をリアルタイムでスマホから見ることができるデバイスだ。

タイヤの空気圧、普段それほど気にしている方は少ないかもしれない。せいぜいガソリンを入れる時にチェックしてもらったり、高速に乗るときに少し上げたりというところだろう。しかし、空気圧はとても重要で、空気圧はタイヤのグリップ性能、タイヤの減り、燃費など様々な形で影響を及ぼす。自転車においても、空気圧が適正でないとすぐにパンクしたりする。そのため、適正な値に調整しておくことが重要なのだ。レースの世界などになると、路面温度やコースの形状などに合わせてサスペンションのセッティングと同じくらい空気圧も微調整しながらベストを探っていく。プロのレーサーほどではないにせよ、僕もオートバイでサーキット走行する場合など、コースやその日の気温に合わせて、いくつかタイヤ空気圧のパターンを決めていたくらいだ。

003

そんな空気圧をリアルタイムで監視できるのが『Cycle AT』。使い方は簡単で、タイヤのバルブにセンサーを取り付けるだけ。Bluetoothでスマホと接続し、その情報は専用アプリで見ることができる。センサーを取り付けたまま空気の充填などすることも可能で、ひとつの重さ~29gとハンドリングに影響するほどのものではないだろう。また、それに加え、タイヤの温度、斜体の傾き、速度、スマホのGPSを使った走行軌跡の記録なども可能。様々な走行データのログとともに、最適な空気圧管理をすることができ、走行パフォーマンスのアップはもちろん、安全にライディングを楽しむことを可能にしてくれる。

004

僕も冷間時にその日の状況に合わせたりしているが、その後の走行でどのくらい空気圧が上がっているかなど、なかなか一定の条件で測定できないので、実際に気温や路面温度などに対してどう変化するのか気になるので欲しいと思えるデバイス。『Cycle AT』をゲットするための最低出資額は139ドルで9月20日まで受付中。オートバイや自転車のライディングを真剣に考えている方は、試してみる価値のあるデバイスだと言えるだろう。

詳しくは以下のムービーにて

(山本)


続きを読む "走りを左右する空気圧をスマートに、完璧に管理できる『Cycle AT』現在出資募集中" »

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー