デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

ipad一覧

ipad

2019年4月22日 (月)

話題のAnker窒化ガリウム採用30W充電器の充電能力を計測してみる

Ankerから、新世代の窒化ガリウム(GaN)採用の30W充電器が発売された。

Dsc00898

窒化ガリウムは、シリコンなどの半導体の代わりとして使われる化合物半導体の一種で、青色LEDの製造にも使われるなど次世代製品の根幹を担う素材。電流が通っている時に、シリコンほど発熱しないので、放熱回路の部分を小型化できるとのこと。

その窒化ガリウムを使った充電器が30Wの『Anker PowerPort Atom PD 1』(3499円・Amazon価格)だ。

性能的には30Wなので、MacBookや、最新のMacBook Air付属の充電器と同じぐらい。それだけの性能を持ちながら、あの一番普及しているiPhone付属の5W充電器が少し太ったぐらいのサイズ感。

ちなみに、iPhoneの5W充電器は実測で25g。MacBook Airの 30W充電器が109gなのに対して、PD 1は55gとなっている。相当小さいことがお分かりいただけると思う。

コンパクトさを追及したからか、プラグ部分は折り畳めない。これだけは残念との声が多い。私もそう思う。大きさの問題だけではなく、バッグの中で他のものを傷つけないかが不安なのだ。

Dsc00883

というわけで、実際に充電能力を計測してみよう。データは上2ケタで四捨五入している。

まず、MacBook Pro 13 Touch Bar(2016)を繋いでみた。

Dsc00888

20Vで1.5Aが流れたので、30W。公称スペック通りだ。

純正の充電器が61Wなので、約半分だが、ウェブブラウジングしたりぐらいの用途で、大きな負荷をかけないのなら、そのまま使い続けることができる。つまり収支はプラスだ。画像処理、3Dのレンダリングなど負荷の大きな処理を続けると、消費電力の方が大きくなりバッテリー残量が減るだろう。

続いて、iPad Pro 12.9インチ。

Dsc00891
こちらは15V 2A。同じ30Wだが、電圧/電流が違うのが興味深い。PDの場合、充電される機器と、アダプターとケーブルがネゴシエーションするわけだが、iPad Proの場合は15Vで充電する設定となっているわけだ。
20190222_170329

iPhone Xも充電してみたが、こちらは5V 1Aで、それほど高速では充電できなかった。

今後、PD2、PD4といった商品も予定されているということで、そちらも楽しみ。

30Wの出力を持つPD1は、iPad Pro、MacBook、MacBook Airのユーザーに最適だといえるだろう。MacBook Proでも一応は使えるが、電力負荷が大きい処理をする人だと、もっと大きなアダプターを持っていた方が無難だ。

45W、60Wなどのより大きな電圧に対応した窒化ガリウム充電器の登場にも期待したい。

(村上タクタ)



flick!5月号 vol.91配信開始! 最新iPad mini 第5世代とiPad Air 10.5インチについての詳細!

flick!5月号 vol.91配信開始しました!

先月、ニューヨークに行って受け取ってきたiPad mini 第5世代と、iPad Air 10.5インチについて詳細にレポートしております!

配信はこちらから

https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/flick-483079/

Img_5522

安さに軸があるiPad 9.7インチと、性能は高いけど高価なiPad Proの間の『ちょうどいいところ』を突く製品なんですよね。

実際、僕らはハイエンドの性能とか記事にしやすいですけど、実質的なコストパフォーマンスという意味で、実にいいところ突いてます。これを出せるところが、今のアップルの強みですよね!

Img_5524

特にiPad miniについては、ニューヨークでお借りして、帰りの機内など含めて使ったので、思い入れたっぷり。返却したあとは、自分で購入しようと思っています。

Img_5523ちょっと情報としては、難しいなぁ……と思うのが、一般のユーザーの方にとって、こうやって並べた時に、どれを選べばいいのか分かりにくくなったっていうこと。

実際に触ってみると、サイズ感は全然違うのですが、写真だとちとわかりにくいですよね。また、価格っていうモノサシが入ると、違いは明白なんですけどね。
Img_5525もうひとつ、専門誌ならではというところで、画面のクオリティの差についてもレポートしています。たぶん、ここのところには他誌、他メディアには出てないところなんじゃないかなと思います。ぜひご覧になってみて下さい。

Img_5526

その他、ASUSのZenBook 13、VAIO S15などのモバイルデバイスの最新モデルについても。

Img_5529

また、気になるところで、RICOHの高品質なコンデジ、GR IIIやTHETAの最新型Z1についても使用して、詳細レポートをお届けしております。

Img_5527実はGRシリーズは使ったことなかったのですが、すっかりハマってしまいました(笑)決して高性能っていうわけじゃないんですけど、28mm相当っていう限られた画角の中で何を撮れるかチャレンジするのがとても楽しいです。THETA Z1はその画像のクオリティに驚かされました。一部分をズームしてクロップしても十分な画素数があるという、その性能に驚かされました。

Img_5528

そして、今回の『カバンの中身』は、なんとアップル情報を扱っているgori.meの中の人、g.O.R.iさんです! あの巨大で重そうなカバンの中身がついに白日のもとに!

Img_5531

というわけで、フリック!の最新版5月Vol.91はAmazon KindleやZINIO、hontoなど電子書籍配信サービスで提供されています。Amazon Unlimitedや楽天マガジンなどに加入してる人は、無料で読めますので、ぜひ読んで下さい!(サブスクリプションでも読んでいただければ、ちゃんとフリック!にお金が入るようになっているので、安心してじゃんじゃんページをめくって下さい)。

(村上タクタ)

2019年2月 7日 (木)

『iPad超活用術 Proと9.7インチ』本日発売です!

ウチの編集部で作る本で一番売れる『iPad超活用術』シリーズの最新版『iPad超活用術 Proと9.7インチ』本日発売です!

Dsc00861

表紙と巻頭のイラストは、もう弊誌の読者の方にはおなじみ、AppleのNYの発表会にも招待されたMAKO Okestudioさん( https://www.mako-okestudio.com/ )
です!



A4変形、112ページ・オールカラー、中とじ、920円(税別)です。全国の書店、一部コンビニ、Amazonはじめ通販で販売します。

ちなみに電子版も同時発売です。電子版は900円。紙よりちょっとお安くなっています。削られているページは別にありません。

今回のテーマは、iPad ProとiPad 9.7インチのどっちを選ぶかというところにあります。3万7800円(税別)からと破格に安いiPad 9.7インチと、超高性能なiPad Pro、どっちを選ぶかというのは悩ましい問題ですからね。

また、ウチの作った本ということで、実際のユーザーさんの利用シーンの取材にも力が入っています。特に今回の特徴として、マニアックなというかクリエイティブ系というか、もうちょっと開くとヲタクな方面の取材も熱心にやっております。マンガ制作アプリとして、過半数のマンガ家さんが使ってらっしゃるクリップスタジオがiPadに対応、さらにiPad Proの性能が上がったっていうのが、とっても影響が大きいみたいです。

もう、昔のようにアトリエにこもらなくても、iPad Proがあればマンガが描けるっていう感じになっているみたいです。

というわけで、こちら!

Instagramで154万人のフォロワーを持つ、イリヤ・クブシノブさん(https://www.instagram.com/kuvshinov_ilya/)ってご存じでしょうか?

Dsc00871
なんと、ロシアの地方に生まれ、11歳の時からモスクワの芸術専門学校でアートの英才教育を受けたという人。6歳の時に見た攻殻機動隊のアニメが忘れられず、マンガ、アニメなど日本のヲタク文化への憧れを追い続け、ついに24歳の時に来日。

Instagramに毎日イラストをアップし続け、アップしたイラストなんと2300枚以上。そしていろんな仕事が舞込み、ついに、この春公開の原恵一監督の『バースデー・ワンダーランド』(http://wwws.warnerbros.co.jp/birthdaywonderland/)のキャラクター他ビジュアルすべてのデザインを担当することになったという新進気鋭のアーティストだ。

そのイリヤ・クブシノブさんのアトリエにうかがい、iPad Proの活用についていろいろお話をうかがってきた。

また、『ひそねとまそたん』のキャラクターデザインや『ウゴウゴルーガ』の制作、NHKのドラマ『あまちゃん』の二次創作『あま絵』で有名な青木俊直さん( https://www.facebook.com/ToshinaoAoki/ )もiPad Proで創作をされているということで、取材にうかがってきた。

iPad Proで絵が描けるようになって、青木さんは、喫茶店などで仕事をすることも多いという。

Dsc00863

その他にも、MAMORIO( https://mamorio.jp/ )のアプリのプログラミングを担当するプログラマーでブロガーのあきおさん( https://egg-is-world.com/ )、

Dsc00864

ボカロPの夕立Pさん( https://mofday.info/ )など、今回のiPad超活用術は、ガチでクリエイターの方々のところに突込んで行っているのが特徴です。こんな本、たぶん、他にあまりありません(笑)

Dsc00865

もちろん、製品としてのiPad Proの紹介も抜かりありません。iPadの系統図とか、グラフィカルな価格表とか、ウェブサイトではやりにくい雑誌ならではのコンテンツ展開にもこだわりました。

Dsc00867
USB-Cポートにもいろいろ突込んで、試してみましたよ!

Dsc00869

iPad 9.7インチと、iPad Proの特徴はすなわち、発表された場所に非常に色濃く表れていますということで、両方にご招待いただいて取材している私ですから、シカゴの学校でのiPad 9.7の発表会の様子と、ニューヨークのオペラハウスでのiPad Proの発表会の様子をあらためてレポート。再確認しています。

その他にもアプリ紹介、用品紹介等々、超テンコ盛りな一冊になっております! 

ジャイアン鈴木さんの『iPadノートPC的運用テクニック』もめっちゃお役立ちですよ!

本日発売の『iPad超活用術 Proと9.7インチ』ぜひお求めを!



(村上タクタ)

2018年12月23日 (日)

MAKOさんが、新しいiPad Proでニューヨークを描いてくれました!

今回、AppleのニューヨークでのiPad Pro発表会に一緒に行ってくれたMAKOさん(https://www.mako-okestudio.com/)が、新しいiPad Proでニューヨークをスケッチしてくれました。

※スケジュールの都合上、現地で出歩いた時にはまだ写真に写っている旧型を使っていました。そのデータをコピーして新型iPad Proで作品を仕上げる作業をしていただきました。

ここはWTC Cortlandt駅に直結して作られたショッピングモールOCULUS(オキュラス)というショッピングモール。
Img_0304

911のあったWTC跡地には、プールと呼ばれる巨大な異例のためのモニュメントが作られいます。

Img_0294
横にはOne World Trade Centerという新しいビルが。周囲のビルを美しく写して、まさにスカイスクレーパー。911があったのに、そのあとにこれを建てるというのが、いかにもアメリカですねぇ。どうもちょっと微妙な心持ちがします。

Img_0299
そして、ビルの倒壊で大きなダメージを被った駅を修復するとともに、そこに直結するカタチで作られた新しい商業施設が、このOCULUSという施設です。

10784352864_img_0282

海生の生物か、肋骨のような巨大な構造体の中に、さまざまな商業施設があります。

Img_6435_2

もちろん、アップルストアも。

10784355696_img_0312

今回、MAKOさんが一番時間をかけてスケッチしていたんじゃないかなと思う場所が、このセントラルパーク。行って見ると、南北4km、東西800m(幅は京都御所と同じぐらいだけど、長さは2.5倍)と、想像より広い場所なんですね。こうかくとスケール感は近いように思うかもしれませんが、周りの街の密度と高さが違うし、それだけに落差を大きく感じます。

Img_0230
まさに都会の中のオアシス的な存在で、散歩したり、ピクニックしたり、ジョギングしたりしているニューヨーカーがいっぱいいます。

Img_0240
私は、旅行中は猛烈に動き回る(しかも疲れない)タイプなので、ちょっとMAKOさんを引き回し過ぎたかも(気をつけてペースダウンしたつもりなのですが)。セントラルパークでスケッチしていたMAKOさんがいちばん生き生きしてらっしゃった気もします。

Img_0243

アメリカに行くとUberやLyftにお世話になりまくるのが常ですが、ニューヨークはさすがに地下鉄が便利なのですね。

Img_2231

NYの地下鉄というと治安が悪いイメージでしたが、少なくとも昼間中心街の地下鉄に乗った感じではとても安全なイメージでした。もちろん、時間や場所によっては違うかもしれませんが(ブラジルやインドをウロウロしてきた僕のモノサシなので、一般的に安全かどうかはまた別ですが)。

Img_2277

身なりのいい人、お洒落な人がとても多い印象。ラフな格好の人が多いカリフォルニアとは確かに全然違いますね。

ここは、行かないとわからない感じ。360全方向の看板に動画広告が流れていて、なるほどここが全世界の広告戦略の中心か……と思った。Netflixの広告が多くて、今の勢いを感じますね。

Img_2250

ここでもMAKOさんはしばらくiPad Proでスケッチをされていました。

Img_2260

ホテルの近くにあったブルックリン・ブリッジにも、到着した日の夕方駆け足で行って見ました。

Img_2308
眺めのいい場所ではあるのですが、橋の上にいるから橋自体は見えないし、スカイスクレーパーやブルックリンの眺望は、橋のワイヤーに遮られて微妙な展望。景色は船からとかがいいのかもしれませんね。

Img_2315

ティム・クックもこの橋からのtweetを上げていましたが、どうもこれは光の方向からすると朝に歩いているようです。さすが。ちゃんとそのあたりも抜かりないですよね。

発表会終わって、私はホテルの部屋に篭って原稿を描いていたのですが、MAKOさんはその間に外に裸婦スケッチの回に行ってらっしゃいました。活動的!

Img_0104

芸術の街ニューヨークで、芸術に最適なデバイスNew iPad Proを満喫したMAKOさん。このiPad Proを使って、どんなクリエイティブを産み出して下さるでしょうか?

(村上タクタ)

2018年12月 7日 (金)

Appleはあなたの気持ちを知ってる(メイキングもお見逃しなく)

絵を描いたけど、他の人に見せる勇気がないとか、音楽を作ってけど、恥ずかしくて、自分だけのフォルダに仕舞ってあるとか、そういう経験は誰にでもあるかと思います。

強力なクリエイティブの集団を擁し、なんでもできる、どんなクリエイターでもアサインできるようなAppleだけど、そんなあなたの気持ちを『分かっている』と、ホリデーシーズンに向けて、メッセージを出しています。



どんな、クリエイターもトビラを破って、世界に向けて自分の作品を発表した瞬間があるはずです。このムービーはそんな先輩クリエイターからの、すべての未来のクリエイターへのメッセージなんだと思います。

ちなみに、このムービーの背後に流れている曲は、16歳の新進シンガーソングライター、ビリー・エイリッシュによるものだそうです。iPhoneやMacBookされば、誰でもクリエイティブを始めることができる……そんなメッセージがそこに込められているそうです。

で、ぜひ一緒に見たいのが、こちらのメイキングムービ。

そう、全部CGだと思っていたら。CGなのは、人物と犬や降りしきる雪などだけで、背景の街は巨大な模型なんです!



Appleの広告を作るような世界的クリエイターだって、こうやって手を動かして、工夫して、クリエイティブを行っている。決してイージーなことではないけど、あなたが愛することをしなさい……そう言われている気がします。

決して、MacやiPadの画面上で行うことだけがクリエイティブではない、コンピュータのメーカーとは思えないそんなメッセージも伝わってきます。

この冬はMacやiPadを買って、誰にも指示されない自分のクリエイティブ、世界を感動させるクリエイティブを作ってみてはいかがでしょう?

(村上タクタ)


2018年11月19日 (月)

今夜24時、フリック!12月号Vol.86発売! 最新Apple製品情報満載! 

11月20日0時、フリック!12月号Vol.86配信開始です!

配信はこちらから!

https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/flick-476047/



今月は、ニューヨークで発表されたiPad Pro 11/12.9インチ、MacBook Air、Mac miniの情報満載。現地取材と、後日日本でのスタジオを撮影を交えてお届けします!

01

現地の行かないとわからない、その場の雰囲気から、先行試用などで得た情報をカッチリまとめております。

02

同行したMAKOさんのスケッチも交えつつ、発表された新製品について、あらためておじっくりお届けします。

イラストレーターさんならではの繊細なレビューについても、MAKOさんに聞いてレポートしておりますので、ぜひご覧下さい。

03



iPad Pro 11/12.9も気になりますが、Appleファン、Macファンの方には、MacBook AirやMac miniも気になるという人は多いのではないでしょうか?

MacBook Airはほとんど夢に思い描いた通りだけど、ちょっとだけ気になるのがCPU性能。Core i5と発表されているけれど、TDPは15Wということで、実際の性能はどうなっているのか……? などをベンチマークテストなどを交えてお届けします。

04その他にも、発売されたiPhone XRの試用レポート、Apple渋谷のリニューアルオープンレポート、キヤノンEOS R、ニコンZ 7の試用レポートもガッチリページを取ってお届けします。

お楽しみに!


(村上タクタ)

2018年10月30日 (火)

Apple発表会は、日本時間30日火曜日23時から

ニューヨークは思ったほど寒くなかった

Img_2322
AUGM長崎から帰って8時間もしないうちに、再び家を出て羽田へ。

いつものカリフォルニアでの発表会より、たっぷり3~4時間は長いフライトを経てニューヨークに着いた。

カリフォルニア便だと乗って、食事をして、寝て目が覚めたらもう軽食を食べて降りる用意……という感じ。これに、たいていは機内でこなさなきゃいけない仕事があるから、むしろ慌ただしいことが多い。しかし、ニューヨーク便は目が覚めて軽食を食べてもまだ3~4時間の時間がある。インターネットにも繋がらず、本を読んだり、考えを巡らしたりできる時間は至福だ。

Img_2275

Apple Watchを持つようになってからは、出発のちょっと前から、現地時間を意識して生活し、機内でもなるべく現地時間で不自然じゃない時間に寝起きするようにしているので、時差ボケが少ない気がする。

ニューヨークのジョンFケネディ空港についたら、いつもどおり羽田で借りてきたグローバルWi-Fiのスイッチを入れれば、iPhoneも、iPadも、Macもネットに繋がって、日本の連絡を履き出し続ける。

「現地の気温はヒトケタ」という情報も得ていたからダウンジャケットまで持ち込んだが、いまのところそこまで寒くはなさそう。


@flick_magのフォローを!

Appleが用意してくれたホテルはマンハッタンの素晴らしい立地にあり、ブルックリン橋やワンワールド・トレードセンターもちょっと足を伸ばせば見ることができた。

明日の発表会は、イースト川にかかるブルックリン橋を渡って、ブルックリンにあるBrooklyn Academy of Musicで、東海岸時間の30日朝10時から開催される。

Img_2308

同じところをティム・クックも歩いていたらしい(こちらは光の方向からすると早朝っぽい)。



日本との時差も普段のカリフォルニアでの発表会と違う、イベントは翌日午前2時スタートではなく、日本時間同日30日(火曜日)の午後23時ぐらいから始まる。つまり、感覚としては、日本時間21時ぐらいから僕らは会場に向かい、23~1:00が発表会。それから日本時間31日の朝(現地的には30日夜)に向けて原稿を書くという感じだ。

日本時間の翌正午ぐらいまでに最初のレポートをとりまとめるとすれば、私は現地時間の夜24時までに原稿を書けばいいということか、なるほど。

発表会の、リアルタイムの現地からの情報は(会場の電波状況が良ければ)、例によってTwitterの @flick_mag ( https://twitter.com/flick_mag )でお届けする。そちらは、フリック!ニュース http://blog.sideriver.com/flick にとりまとめる予定。とりまとめたニュース記事はエイサイト( http://www.ei-publishing.co.jp/ )で日本時間の午後になって配信する予定。

さて、何が発表されるのだろうか? 楽しみだ。

(村上タクタ)

2018年7月27日 (金)

アップルが平成30年7月豪雨被災者に特別無償修理サービスを提供

Apple

中国、四国、九州、近畿地方に大きな被害をもたらした『平成30年7月豪雨』。その被災者に対して、アップルが無償の配送修理サービスの提供を発表した。

かなり広いエリアでの災害だし、水に浸かったMac、iPhone、iPadなどはかなりの数存在するのではないだろうか? もし、知人に被災し、先日の豪雨による被害でアップル製品が故障しているという方がいらっしゃったら、ぜひ知らせて差し上げて欲しい。

適用範囲などの詳細は、こちらのアップルのサイトを参照のこと。

平成 30 年 7 月豪雨による被災者向け特別修理サービスのご案内
https://support.apple.com/ja-jp/repair-service-western-japan

(村上タクタ)

2018年6月15日 (金)

Pages、Keynote、Numbersが4.1にアップデート! Apple Pencilでの利用にさらに最適化

アップルのiPad版のiWork製品がバージョン4.1にアップデートされた。

Img_5055
今回のアップデートについては3月のシカゴでの発表で言及されていたもので、編集に融合した録音データの取り扱い、Apple Pencilを使った時の描画モードと、スマート注釈モードの切り替えのボタン化、図形の取り扱いの表現力の向上……などが主な変更点。

Img_5050

サードパーティ製のアプリで重宝されていた、録音機能が追加された。ノートなどを取りながら録音していると、記述と録音が同期しており、知りたい部分をタップすると、録音が再生される。

〈訂正 2018/06/18〉
プレスリリースを誤って解釈しておりました。書類途中に音声は埋め込めますが、並行作業はできませんした。すいません。プレスリリースを誤って解釈しておりました。

Img_5057

右の『オーディオを録音』をタップすると録音できますが、ご覧のようにそのたびに再生ボタンが生成されますが、その間テキストを書く作業はできません。拡大縮小など閲覧はできます。


バージョン4で追加された、スマート注釈は(β)が取れた。普通の描画と、スマート注釈の区別がちょっとつきにくかったが、結局下部にボタンを付けて切り替えるようになった。スマートな解決作ではないかもしれないが、わかりやすい。

Img_5056

利用出来るグラフィックがとても増えたのがありがたい。レポートやプレゼンテーションに説得力を加えることができる。

Img_5046


グラフを角丸にして、その角丸のアールを変化させられるようにもなった。

Img_5054

iPadユーザーの方は、WordやExcel、PowerPointより、Pages、Numbers、Keynoteを使うことが多くなっているのではないかと思うが、アップルがこうやって定期的にアップデートしてくれると、iWorksならではの表現力を活用出来て楽しい。

とりわけ、Apple Pencilでドキュメントに気軽に書き込めるのは、iPadの大きなメリットなので、ぜひみなさん活用いただきたい。

iPad版の主なアップデートは以下の通り。

〈Pages〉Pages

〈Keynote〉

Keynote

〈Numbers〉

Numbers

なお、これに対応して、Mac版のPages、Numbers、Keynoteも、それぞれバージョン、7.1、5.1、8.1にアップデートされた。

App_store

合わせてアップデートして、最新機能を使いこなしたい。

(村上タクタ)

2018年6月11日 (月)

『iPad超仕事術2019』本日発売!

3万7800円(税別)で買えるApple Pencilが使える新しいiPad(第6世代iPad 9.7インチ)の話も入った『iPad超仕事術2019』本日発売です!

Img_0097


Img_5733

第6世代iPad 9.7を中心に、iPadの活用方法をご紹介しています。

注目は、6人に及ぶ、実際にiPadを活用されている方のインタビュー。やっぱり実際に活用されている方のお話は、我々にとっても参考になるし、あたらしい目線を得られます。

Img_6288

TAM'S WORKSさんこと田村梓さんは、Apple Pencilを使って素敵なロゴを書いてそれを消しゴムはんこにしてらっしゃいます。インスタグラムのフォロワーはなんと4万人近い!

その他にも今回特徴的なのが、マンガを描く方にはおなじみ、クリスタことクリップ・スタジオ・ペイントをご紹介していること。細かい機能をはじめて拝見したのですが、いままでマンガ家さんがパソコンとペンタブレットでやってらしゃったことが、ほぼすべてiPadとApple Pencilできます! これはすごい! もっと注目されてしかるべき(マンガクラスタの人はご存じなのでしょうけど、iPadとApple Pencilを持っていて、マンガやイラスト好きな人は入れた方がいいかも)。
Img_6261

その他にも、学校での導入例として聖ドミニコ学園中学高等学校を取材させていただいたり、1/7の時間で従来の一般的な授業と同じ効果を上げることができるという人工知能型教材Qubenaなど、iPadでできることをいろいろ網羅しています。

もちろん、実践的な活用方法、テクニックなども満載。

Img_1938

さらに、周辺機器やアプリなども利用シーンごとにわけてご紹介。

お手持ちのiPadがさらに便利になり、しっかりと活用できるようになる『iPad超活用術2019』本日発売です!

(村上タクタ)


追記:電子版は現在続々ローンチ中。配信元さんによって、出てるところと出てないところがあるみたいです。もし愛用の配信元さんでまだ出てなければ、しばしお待ちを。

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー