デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

info一覧

info

2017年7月20日 (木)

iPhone 8は、iPhone 7とほぼ同サイズ……なのか!?

あまり噂話のたぐいは触れないことにしているのですが、情報筋の方から、iPhone 8……と呼ばれるであろうiPhone次期モデルのフロント保護ガラスの画像をいただいたので、一応ご紹介しておきますね。

いわゆる、深圳の工場方面では『次期モデル』と噂される図面が複数出回っており、それを高いお金で買って、次期モデルのケースや、保護ガラスを作るのだそうです。

『複数』出回っている……ということからも分かるように、そもそも公式のものではないので、サイズが違ったり、センサー用の穴が空いてなかったりする場合もあって、それに基づいて商品を量産しちゃうと大損してしまうわけですが、そのリスクを犯しても、少しでも速く商品を用意しようという戦いが繰り広げられているわけです。

というわけで、この保護ガラスが、本当に次期iPhoneにフィットするのかどうかはまったく分かりませんが、いちおうそういう保護ガラスが存在はしている……ということです。

Dsc05979

サイズ的には、ほぼiPhone 7と同等。全体にわずかに大きいぐらい。ただし、ガラス面は7よりはるかに広いし、ホームボタンの穴もありません。噂されてる、画面が広くなるとか、物理的なホームボタンがなくなるという情報を裏付けるものではあります。

ピッタリ合わせるとこんな感じ。ほぼ同サイズ。

つまり『iPhone 7とほぼ同サイズで、画面はもっと広い』というもののようです。

Dsc05980
ガラスの裏側の写真を見ると、白い部分はリップ状に盛り上がってます。つまり、まっすぐのままではフィットしないということなのでしょう。

Dsc05986

フロントの保護ガラスは何種類かあるようなのですが、切り欠きの仕方が違うのが気になります。センサーがどのように組み込まれるのかによって、切り欠きが変わってくると思うのですが。発売当初は安い怪しい間違った保護ガラスを買っちゃうと、センサーが動作しない……なんてこともあるのでしょうか?

Dsc05985

裏面も、これまた噂を裏付けるように、開口部は縦型です。iPhone 7と重ねてみるとこんな感じのようです。

Dsc05983

背面も保護ガラス的なものが存在するということは、背面もガラスなのでしょうか? 


すでに、だいたい出回っている情報を裏付けるものでしかありませんが、たまたま画像をいただいたので、ご紹介してみました。当然のことながら、この情報が合っているかどうかは、分かりません。とりあえず、うかつなものに手を出さないように気をつけながら、秋の発表を待ちましょう。

(村上タクタ)

2017年7月18日 (火)

本日(7月18日)18:00、Yahoo!から新ブラウザゲームプラットフォーム『ゲームプラス』ローンチ!

正直言うとゲームの方は疎いのですが(汗)、Yahoo!さんが新戦略として、新しいブラウザゲームのプラットフォーム『ゲームプラス』をローンチするとのことで、発表会に行ってきました。

Dsc05875_2
もともと、プレイステーションシリーズやWiiなど、ハードウェアでプレイしていたゲームが、iPhoneやAndroidなど、スマホのアプリでプレイすることも多くなってきているのが現在です。電車の中でもプレイされている方も、いらっしゃいますよね。その先としてのブラウザゲームを考えていきたいとのこと。

ブラウザで高機能、高画質なゲームが楽しめるのなら、その方がいいのではないかということだ。どの端末でもプレイできるし、いつでもどこでもできるということになるわけです。

すでに、技術的にはブラウザ上で3Dのキャラクターをサクサクヌルヌル動かすことができるとのこと。

ゲーム機はどんどん進化していってゴージャスなゲーム体験が可能になっていますが、ブラウザゲームができる範囲も広がっていくということです。



Dsc05899

メッセージとしては『すべてのゲームはウェブでやれ』ということだそうです。

参画メーカーは、スクエアエニックスやタイトーはじめ、全52社。

Dsc05902

本日18時からローンチされるタイトルは全部で39タイトル。

Dsc05919
発表会会場で社、スクエアエニックスがリリースするアンティーク・カルネバーレが公開された。

スクエアエニックスならではの世界観の中で、将棋やチェス、リバーシなどの要素を含んだゲームとなっているとのこと。

Dsc05922

Dsc05932

Dsc05934


電車の中などで、ゲームやってる人って、いっぱいいらっしゃるし、より高度なゲームの配信を大きなプラットフォームとしてYahoo!が配信するというのは、とっても興味深いです。

デバイスはiPhoneであれ、Androidであれ、Macであれ、PCであれ、どれでもできるそうなのですが、どのぐらいの通信環境が必要なのか、どのぐらいの通信料を必要とするのか、いろいろと気になるところであります。



まぁ、この18時からローンチされているので、ぜひやってみて下さい。

http://games.yahoo-net.jp/


(村上タクタ)



2017年7月 9日 (日)

フリック! 2017年8月号 Vol.70、今夜発売です!

早いもので、初代iPad発売を機に作った、フリック!も70号。GPUパフォーマンスを500倍に拡大したiPad Pro 10.5の記事を書いているのですから、不思議なものです。

今夜24時に、8月号Vol.70を配信します!



Photo先日、速報でお伝えしたWWDCの速報と、発売された数多くの新製品のインプレッションと、テストをお送りします。

実機を触ってみたからこそ、速度テストを動かしてみたから分かる部分ってありまして……。iPad Proの激速ぶりとか、MacBook Pro 15と13、13のTBなしはどのぐらい速度さがあるか……とか、いろいろ興味深いです。

その他待望のキヤノンEOS 6D Mark II、オリンパスの防水カメラTG-5なども実際に撮影してレポート。その他にも新製品満載しております。

また、デジモノ好きにはたまらないIT関連各社のTシャツを特集。各社からいただいた37枚を読者のみなさんに抽選でプレゼントします。これからのシーズン、レアなデジモノ系銘柄のシャツというのもいいかもですよ!

お求めはこちらから!
https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/flick-439374/

2017年6月23日 (金)

『知らないと損する!iPhone超便利テク100』6月26日発売! ついに電子版も同日に!

『iPhoneの操作がまだまだ得意じゃない』って人向けの、超懇切丁寧なiPhoneテクニック本『iPhone超便利テク100』を、6月26日月曜日に発売します!

現在、絶賛予約受付中。



Img_6471


そして! ついに、電子書籍チームの努力のおかげで、今回は紙の本と、電子書籍同時発売です。Kindle版は、今予約を入れていただくと、月曜日(多分0時とかに)に配信されます!

まぁ、内容的にはフリック!の読者さんにとっては「知ってるよ!」っていう話が多いかもしれませんが、身近なiPhone使いこなしてないユーザーさんに勧めてあげて下さい。

Img_6473

iPhoneに関する基本的な知識から、最新iPhoneの選び方、MVNOなどで通信費を抑える方法などなど。

一番使いこなして欲しいのはSiriなんですよね。ガジェットマニア以外の人がSiriを使ってるのをあまり見た事がないのですが、初心者の人ほどSiriを使って欲しい。だって便利だもの。

Img_6475

同様にApple Payも使って欲しい。Suicaで日常の買物はたいてい済むし、足りなくなったらカードからチャージできるし、カード払いも使えるし。これももっといろんな人に活用して欲しい。その他にも、初心者に御勧めのiPhoneの活用方法が満載。

Img_6477

もちろん、猛烈に優れた性能のiPhoneのカメラの活用方法も。

Img_6478

また、『起動しなくなった』『画面を割った』などのトラブル時に読みたい対応策も。

iPhoneをもっと使いこなしたい……と思っている方に、ぜひ読んでいただきたい1冊です。







2017年6月 8日 (木)

フリック! 7月号Vol.69は、6月10日配信です!

フリック! 7月号、Vol.69は、6月10日配信です。



Flick_digital_2017_07_200dpi_size_l

巻頭特集は、ヤフオクとメルカリ。

ベテランさんはともかく『家にあるもの売ってみたいんだけど、面倒でやったことない』っていう方にお勧めするために作りました。

Yahoo!さんと、メルカリさんにも行って、上手い利用法や、背景にあるエピソードなんかも取材させていただいています。

編集長は、ずっと旅の空にありますが(笑)、先週台湾で開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2017も、今週サンノゼで開催されているWWDC 2017のレポートも掲載されております。配信は6月10日0時、つまり6月9日の24時でありますが、すでにデザインも完成し、原稿も入稿しております(さすがに、デザインを先に作ることはできず、原稿に合わせてデザインしてもらっているので、フラットなデザインですけど)。

ともあれ、そのやりとりには日本に残ってハンドリングしてくれている安井編集部員はじめ、スタッフの尽力があって、なんとか間に合っております。

なんとか間に合って……と書きましたが、Amazonさんはじめ大手配信元さんは、10日0時に間に合わせて下さるようですが、一部(数としては多くないですが)の配信元さんでは、今回に限っては配信が遅れるところがあると思います。

なんとか、WWDCの記事の掲載をしたいというところで、無理をした部分ではあるので、ご了承いただければ幸いです。

ご予約、お求めはこちらから……と言いたいですが、まだ配信ページがアップロードされてませんね。上がるとこちらから辿れると思います( https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/regular/flick/ )。いつも通り、だいたい200円です(配信元さんによって180〜240円)。

(村上タクタ)

2017年5月 9日 (火)

フリック!6月号Vol.68、今夜0時発売! 特集は『電子書籍』

フリック! 6月号Vol.68が、5月10日(水)配信開始です!
一応、深夜0時ぐらいが目安です(が例によって配信元さんによって、前後すると思います。)

Flick_digital_2017_06_200dpi_size_l

特集は『電子書籍』。

フリック!が完全電子化して、5年弱。

『電子書籍元年』っていうのがいつだったのかは良くわかりませんが(笑)、今やほとんどすべての本は紙版と電子版が用意されるようになっています。我々出版社にとって、最初は限りなく0に近い売上で、理論的には大赤字だった電子書籍ですが、少しずつ収益の足しになるようになってきています。

一方、『電子書籍なんて読んでるヤツなんて見た事ないよ! 全然普及してないじゃねーか!』という人もいらっしゃるでしょう(弊誌の読者にはいらっしゃらないと思いますが)。

では、現実に、各配信元で電子書籍はどのぐらい売れているのでしょうか? これから電子書籍の販売はどうなっていくのでしょうか? 電子書籍大手のAmazonや、電子書籍で大成功したマンガ家の鈴木みそ氏にお話を聞いて『2017年の電子書籍事情』をレポートします。

その他、アップルが新たに配信を開始した動画クリップアプリClips(弓月ひろみさんのレポートです)、マイクロソフトの最新アップデート、世間の話題を席捲した新SNSであるMastodonなどを特集。

240〜180円ぐらいで販売されます。また、kindle unlimitedに入っているので、加入している方は無料で読めます。

あと数時間で発売です。お楽しみにっ!

2017年4月 8日 (土)

フリック!5月号Vol.67、日曜日深夜発売!!!

フリック! 5月号Vol.67が、4月10日(月)発売です!!

つまり、日曜日の深夜0時ごろから配信開始ってことですね。

Flick_digital_2017_05_200dpi_size_l

今回の特集は、3月21日に発表された新しい『iPad』の話を皮切りに、教育関連のお話です。新しいiPadはその優れたコストパフォーマンスからして教育市場を大きなターゲットのひとつとして開発されたiPadだと思います。

_pages アップルは、教育とプログラミング教育に秘蔵に力を入れています。

意外と注目されていませんが、Swift Playgroundsと、その教師用ドキュメントなどがすべて日本語化されたことは驚くべきニュースです。

Swift Playgroundsがいかにプログラミング教育に役立つかは、自分でやってみたり子供にやらせていたりすれば分かります。なぜその要素を学ぶ必要があるのか『理由』を含めて教えてくれますし、0スタートからiPhoneアプリのプログライングまで、ちゃんとステップが用意されています。

_pages_2 iPadを持っていて、まだSwift Playgroundsをやってことのない人がいたら、ぜひやってみて下さい。ましてや、お子さんがいらっしゃるなら、絶対にやらせてみるべきです。

加えて、関西大学初等科(小学校)、三田国際学園中学・高校、早稲田大学グローバルエデュケーションセンターなどに取材にうかがって、その驚くべきiPad活用方法を取材してきました。

もう、これは『電子教科書』みたいな概念を大きく超えていて、今後、iPadを活用している学校と、紙の教科書やノートしか使えない学校では、教育レベルに大きく差がついてしまうのではないかと思いました。

小学校4年生が、理科のレポートをKeynoteで作って教室の前のディスプレイで共有してプレゼンしてたり、英語版(当時はそれしかなかった)のSwift Playgroundsでプログラミングしてて、先生がiBooks Authorで作ったオリジナルの教科書で歴史の授業をしているんですよ! とにかく一度読んでみて下さい。

_pages_3 その他、積水ハウスでのiPad活用や、赤いiPhone 7/7 Plus PRODUCT RED、Bose QC35、マイクロソフトの音声リアルタイム翻訳、VAIO Phone A、新型「おもいでばこ」、AirSelfie、Logicool Spotlight、TUNEWEAR TUNEMAX for Apple Watch、iFrogz summit wireless Bluetooth earphone、ASUS TransBook Mini、などをご紹介してます。カバンの中身は春風亭昇々さん、東京女的生活他連載陣ももりだくさんです。


月曜日の通勤のお楽しみに、ぜひどうぞ。

2017年3月27日 (月)

『デジタル達人の超愛用品』本日27日発売!! 今回はデスクも取材!

本日2017年3月27日『デジタル達人の超愛用品』発売です。



こちら、紙の本で、全国の書店と、一部コンビニ(多分都市圏中心)で、815円(税別)で、144ページといつもより少しページ数を増してお届けします。

ちなみに、デジタル版は4月1日配信予定です。

Img_4679
今回は『愛用品』っていう切り口で、みなさんの持ち物を取材しております。

旬があるデジタル製品で、『愛用品』って難しいんですよね。いくら気に入っても、何年かしたら機能的に足りなくなる。そんな中でも、『これは好きだったなぁ』と思える製品を探す助けになればと思います。

Img_4680
たくさんの方のカバンの中身を拝見しましたが、多く人が使っているアイテムもあるし、なるほど! これは面白いな! と思える特殊なアイテムもあります。

前者は、cheeroのモバイルバッテリーとか、アダプター類とか、ひらくPCバッグとか、ScanSnapとか。後者で、僕が気になったのはケーブルポーチとか、Apple Watchのモバイルバッテリー充電器とか、ケーブルキーパーとか、レーザー測距計とか。細かい持ち物を観察していくのが楽しいです。

Img_4684
『なんで、こんなの持ってるの?』に、それぞれ理由があるのが面白いですよね。

Img_4685
そして! 今回新たな記事として、デスクの取材をさせていただいています。

Img_4681
昨今のセキュリティ上の問題とか、散らかってるとか、会社の許可とか、いろいろ障壁のある中、ご協力下さった7人の方のデスクを微に入り際に入り、ご紹介しております。

Img_4682
思い入れの品がてんこ盛りのデスクもあれば、いつでも移動できるようなフラットなデスクもありますが、それぞれのお仕事事情が見えて面白いです。

加えて、編集部が『これは長年の愛用の逸品になる!』と思った商品をいくつかご紹介しています。あなたの愛用品選びのご参考にどうぞ。

Img_4687
ちなみに、カバンの中身、デスク取材で、登場いただいているのは以下の方々。

定国直樹、松本秀樹、恩田フランシス英樹、市川渚、高松勝範、フジムラトヲル、羽鳥豪(マミヤ狂四郎)、弓月ひろみ、円香、三井公一、春風亭昇々、小路竜嗣、村上丈一郎、百名覚、一戸 晋、助光康大、伊藤好文、霜田憲一、岩切剣一郎、斎賀和彦、岩佐琢磨、ジャイアン鈴木、根本将幸、間島ゆかり、鳥羽恒彰、いしたにまさき、矢崎飛鳥(@ACCN)、コグレマサト、中山智(以上、ページ順、敬称略で失礼いたします)。と、編集部の村上タクタ、安井克至。

荻窪圭さんと納富廉邦さんのコラムも読めます。



というわけで、『デジタル達人の超愛用品』を、よろしくお願いします。


2017年2月24日 (金)

『iPhoneユーザーのためのMacBook超活用術』明日(2月25日)発売です!!

Dsc034402
昨年末から、準備を進めていた新刊『iPhoneユーザーのためのMacBook超活用術』明日(2月25日)発売です!! 



※ちなみに、電子版は3月3日配信予定。……今、データ作る作業に入ってます。

日本のスマホのうち、半分はiPhone。しかし、Macのシェアはせいぜいヒト桁。iPhoneを使ってるなら、Macを一緒に使った方が便利なのに……。そのことをお知らせしたくて作りました。

Dsc03442
iPhoneと同じように楽しく、気楽に使えるMacの魅力を丸ごと一冊使って解説しております。

Dsc03443
MacBookシリーズを実際に活用されている方にも取材うかがって、その魅力を教えていただいています。

Dsc03444
でも、今だと9万8800円(税別)のMacBook Airから、コンパクトなMacBook、超高性能なMacBook Proに、Thunderbolt 3世代になっていない前の型のMacBook Proまで、すごく選択肢が多い今のタイミング。

迷いなく選べるように、詳細なガイダンスを作っております。

Dsc03445

こうやって重ねてみると、すでにMacBook Air 13って、大きい方なんですよね。

でも、初めて買う方には、お値段も含めて、お勧め。

Dsc03446

スペックをキッチリ調べてみると、いろいろな違いが分かって面白いですよ。たとえば、どのモデルからBluetoothが4.0から4.2に変わったかとかご存知ですか? 内蔵バッテリーの容量とか、こうやってみると分かることもあります。

こういう一覧性って、紙ならではでありますよね。

Dsc03447

初めてMacを買う人向けのガイダンスも詳細に。

Dsc03450

本当の意味で使いこなすために大切な、Time Machineやアップルケアなどのワードについても解説しております。

Dsc03451

どうしても、ウインドウズを使いたい方のために、Parallels Desktop 12も解説してます。

Dsc03452

また、Thunderbolt 3について、詳細に理解しておきたいマニアの方にはこちらをどうぞ。

Dsc03453

特に、マニアの方にはこのページが必読。

Dsc03454
新しいMacBookやMacBook Proを使うには必須の、フォーカルのALMIGHTY DOCKシリーズを詳細に解説しております。超細かいところでいえば、どのUSB-Aポートに何アンペア流れているかとか、詳細に説明しております! これだけまとまった資料は他にはないはず! ぜひご覧下さい。



Amazonに今日頼めば、首都圏なら発売日に届くかな。

もちろん、全国の書店、コンビニ(といっても、コンビニは大都市の駅前とか雑誌の扱いが多いところだけだと思うけど)でも明日から購入できます。

MacBookシリーズユーザーの方、MacBookシリーズを買おうと思っている方、ぜひどうぞ!







2017年2月 9日 (木)

フリック!3月号Vol.65、今夜0時発売!!!

今夜0時配信、フリック!3月号Vol.65の特集は『iPhone発表10周年——歴代全モデルをチェック!』です。

Flick_digital_2017_03_200dpi_size_l
なんと、あのスティーブ・ジョブズの基調講演を感激してから10年が経ってしまったわけです。

最初は、『こんなデカイ電話使わない!』『フリーズする電話なんて』『ボタンがないと使い難い』『動作が遅い』『防水じゃない』『ワンセグが見られない』『お財布ケータイ』が使えない……とさんざんな言われようだったことを覚えている人はどのぐらいいるのでしょうか?

Cursor___pages
こうやって、全世代のiPhoneを並べてみると、その進化とともに、驚くほどの変わらなさに気付くことができます。

そう、全画面のタッチパネル、ホームボタン、Wi-Fi、Bluetooth……などの構成はほとんど変わってないんです。それだけ、最初のコンセプトがちゃんとできていたということでしょうねぇ。

Cursor___pages_2
全モデル、どこからどんな機能が追加されたかとか、細かく検証するとともに、4s以降のモデルの分解写真を検証、内部構造的にどう進化してきたかも確認しています。

といういわけで、iPhoneマニア必携の一冊です。

_pages
第2特集は弓月ひろみさんによるラスベガスの最新テクノロジーイベントCESレポート。その他、新製品は、LG 5K、cheeroの新製品群、VAIO Z、エプソンの新型プリンター、ZenFone 3、ALMIGHTY DOCK TB1、AndMeshのケースなど今月も盛りだくさんであります。

深夜0時を目処に配信されますので(実態は配信元さんによって遅い所も早い所もあるけど)お楽しみに!

2017年9月

カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー