デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]



2017年9月20日 (水)

iOS 11が来た! ARと、マルチタスクiPadの世界へようこそ!

新時代に、みんなを連れて行くiOS 11、本日から

本日、2017年9月20日、iOS 11がローンチされた。

Ios_11__apple




みなさんのiPhoneや、iPadにも今日からダウンロードできる。

(iPhoneでいえば5s以降、iPadでいえばAir、mini 2以降)

iOS 11の詳細については、6月のWWDC 2017のレポートで述べているので、詳細はそちらをご覧いただきたい。

ARやMLなんて、なんで要るの? →そのうち分かります

軸になるのは、AR(拡張現実)とML(マシンラーニング)が、大きく将来のiOSを支える技術として、取り込まれたこと。すぐに、影響が出ることではないが、今後出てくるアプリやサービスは、このARとマシンラーニングを取り入れたものが増えてくるはずだ。

簡単な例を見ていただこう。これはAppleの新社屋のVisitor Centerに設置された、Apple Parkの立体模型。




現実に目の前にあるのは、モノトーンのカタチだけのApple Parkの立体地図。そこに、iPadをかざすと、植栽や色を見ることができる。フリックすると内部も見える。

また、時間を変えて夜、昼、夕暮れなどさまざまな時間の様子も見られるし、どのように風を使って冷却しているか、太陽電池のエネルギーは設備の中をどのように流れるかを見ることができる。

iPadを上に掲げれば上から見られるし、近づけばクローズアップが見られる。

こんな表現を容易に取り込むことができるのが、iOS 11なのだ。

機械学習は、言語解析、画像解析などに使われる。iPhoneの写真が、いつのまにかカテゴリー分けされているのも機械学習の効果だし、Face IDの顔認識にも使われる。言語認識の形態素解析などにも使われるので、今後、翻訳やSiriなどの音声解析の性能も急速に高まるに違いない。

Img_0851_1

iPadは、マルチタスクがとっても便利に

表向きの話でいえば、iPadではマルチタスクの機能が大きく変わった。

05

まず、Dockの作法が変わって、アプリを開いていてもいつでも呼び出せるようになった。それによって、スプリットビューや、スライドオーバーを簡単に扱えるようになった。

11
Dockから、アイコンをドラッグ&ドロップすれば、スライドオーバーの状態にある。そして、そこから境界線を中央にずらせば、スプリットビューだ。

15

ドラッグ&ドロップも簡単にできるようになったので、ウェブを見ながら原稿を書くとか、テキストを書きながら写真アプリで見つけた写真を挿入する……というようなことがとても簡単にできるようになる。

17


その他、iPad Proでは、ロック画面をApple Pencilでタップするといきなりメモが取れるなどの便利な機能も追加されている。

日常生活もけっこう変わる

細かい所では、iOSのビジュアル自体もけっこう変わっている。
1パスコード入力画面も、コントロールセンターも、文字入力のキーボードもけっこう変わっている。

2

非常に細かいところだが、アイコンの角Rがより緩やかになって、アイコン自体が丸っこくなった(この全体に丸くなる傾向は、シリコンバレーの流行なのだろうか?)。画面キャプチャーを取った時のアニメーションも変わったし、そのアニメーションをタップすると、そのまま画面キャプチャーに描き込めるようになる(ちょっとiPadっぽいインターフェイス)。またApp Storeの風情も大きく変わっている。

これ以外にも、あらゆるシーンでインターフェイスデザインが少しずつ変化しているので、楽しんでいただきたい。

ダウンロードは、『設定>一般>ソフトウエアアップデート』でiOS 11をインストールしていただきたい。

Img_8135_2

(↑ちなみに、この赤丸も新OSの機能を使ってマークアップしたもの)

アップルデートは十分にバッテリーがある状態で、少なければ電源に繋いだ状態で。また、万が一の可能性に備えて、事前にバックアップを取るのもお忘れなく。

また、32bitアプリは動かなくなるので、日常的に使ってる32bitアプリがあると代替策を考える必要がある。まず、『設定>一般>情報>App』で動かなくなるアプリのご確認を。

では、新しいiOS 11を一緒に楽しみましょう。

(村上タクタ)








2017年9月18日 (月)

AppleEvent取材、Wi-Fiと機材の話

安心便利な海外Wi-Fiルーター

Wi-Fiはいつも通り、安定のグローバルWiFiさんにお願いしました。

マニアな人はSIMを用意しないの? と言いますが、空港に着いたら電源ONで使えるモバイルWi-Fiルーターの方が私は気楽で便利なんですよね
というわけで、お申し込みはこちらから(笑)

グローバルWiFi

Img_2698
最近は、ランディングして、シートベルトサインが消えたらもう、電波機器の電源を入れていいんですよね。そこで、iPhone とiPadとMacを接続してしまえば、あとは旅行中ずっと電源入れっぱなしです。

そうしたら、旅行中、ずっとWi-Fiに繋がってられる。

SIMを手に入れて、電話が使えた方が便利な状況もなきしもあらずですが、どっちにしろ英語が苦手なもので……(汗)アップルのスタッフの方は、僕を捕まえにくくて、困られる状況もあるかもしれませんが、メッセンジャーでの連絡をお願いしています。他の取材記者の人たちともメッセンジャーが主な連絡手段ですしね。

iPhone もiPadもMacも旅行中、ずっと繋いでました。

レポートするのに写真をいっぱいアップロードするのに超大容量プランだったのですが、1470円でしたし、いずれにせ、取材はいつも弾丸なので、入る日と出る日をいれても4日ですしね。


Img_2695

あ、あと、今回は発表会会場から、アップルさんの用意してくれた、ホテル、移動のバスに至るまで『Apple Wi-Fi』が飛んでいたのはうれしかった。

いつもは、会場のWi-Fiが濃厚過ぎて、Wi-Fiが掴めない、目の前のカメラのWi-Fiも掴めない、モバイルWi-Fiルーターも電波を掴めない……っていう状況に陥りがちなのですが、今回はApple Wi-Fiのおかげで、会場からもライブtweetができました。このおかげで、Wi-Fiルータの通信容量を心配しなくて良かったのも助かりました。

Img_7941



コンピュータ関係の機材はおなじみ、iPhone 7とiPad Pro 12.9初代、MacBook Pro 13 Touch Bar(2016)です。

ついに新兵器キヤノンEOS 6D Mark II投入!


あと、カメラは以下の通り。カメラが2台とレンズが7本。

Img_7988

サブがこれまで使ってたソニーNEX-5Rです。レンズはNEXが標準の16-50mmと、55-210mm。あとストロボ。

なんで、サブがいるかというとメインが壊れた時というのもあるし、基調講演の取材って、SDカード読み出したり、レンズ変えたりしている時に決定的瞬間が訪れることがあるから。あと、近く撮る用と、遠く撮るよう2台あった方が便利でもあるし。

まぁ、理想は同じカメラ2台が理想なのですが、予算的に……ね。

そしてっ! カメラは今回の取材から、ついにEOS 6D Mark II投入。前回のWWDCの時も6D使ってましたが、あの時はキヤノンさんから借りてた広報機材でしたが、今回は正真正銘の自腹機材。

標準レンズはEF24-70mm F4L USM。それと、壇上を撮る用にEF 300mm F4(これはフィルム時代から20年ぐらい持ってるやつ)。それに50mm F1.8 STM(結局使うヒマはなかった)。EF 70-300mm(これも20年ぐらい前の、ステージが300mmじゃあ寄り過ぎだった時のために。あまりに古くて、三井カメラマンに笑われた)。

それから、今回の必殺技、SIGMAさんからお借りしていった12-24mm F4 DG HSM。まぁこれに関しては別途詳しく書きますが、Steve Jobs Theaterを撮るために必要なんじゃないかと思って、SIGMAさんにわがままを言って借りていったんですが、本当にこれでしか撮れない絵がいっぱいあって、感動したレンズでした。これがなかったら、Steve Jobs Theaterの会場全景は撮れなかった。

まぁ、のちほど、別途詳しく書きます。

それと、その12-24mmを使うために3脚を持っていきました。これがでかくてスーツケースも結果、デカイ方を持って行くハメに。僕のカーボン三脚なので、裸のまま預けられないし、機内にも持ち込めるかどうかもわからなかったし。

Img_7852

で、どうだったかっていうと、結果として、機材多すぎ、重過ぎだった(笑)

人がすごい多いし、その中をかき分けて、iPhoneを手に入れて取材しないといけないのに、三脚まで持ってると、割り込んだり、人のすき間に入ったりできない。

次回の取材までにどの機材を削るか考えなきゃなぁ……。

望遠の絵柄がどのぐらい必要かっていうのもあるんですけどね。手元のiPhone取材と、ステージ上の人の撮影。両方って欲張るから機材が大きくなるわけで。

あと、予備カメラを諦めるかどうか。でも、これも取材中にカメラが壊れたことがあって、できればこういう大一番の時は持ってたいのよねぇ……。

(村上タクタ)

2017年9月16日 (土)

3年目のApple Watchは、アーリーマジョリティへ【発表会現地レポ】

いわば『iPhone 4』のステップ


レポートを後回しにしてしまったのは、Apple Watch Series 3については、現場ではいまひとつ分かりにくかったからだ。

01
Keynoteで、SUPを楽しんでるスタッフと通話してみせてくれたのは驚きだったが、携帯電話会社の通プランをはじめ、米国のApple側から示されるものが少な過ぎたからだ。

Img_1926
現場で分かったのは、『サイズ感などはまったく変わらない』『通話、少なくとも着信は簡単』などということぐらいだ。

しかし、発表会後、いろんな人たちと話すにつれ、反響が想像以上に大きいことに気がついた。これまで『様子見』『買わない』と言っていた人が、『買う!』と言ってるケースが多かったのだ。また、初代を持っていた人のリプレイスも多い。

思えば、これはSeries 2の出来の良さの影響が大きいだろう。『なんとか市場に出した』という体で、OSの動きも鈍重だった初代に較べ、『動作はサクサク』『電池もギリ1日から2日は余裕に』『防水』『Apple Pay装備』『単体で音楽も聞ける』『単体でGPSも装備』と、非常に『使えるスマートウォッチ』に進化していた。それを横目で見ていた人が『キッカケがあれば、次は僕も』と思っていたのだろう。Series 3はそのキッカケになったということだろう。

Apple Watchは年々重要な存在になりつつある。アーリーアダプターが、多少の使い勝手の悪さをガマンしながら使うステージから、アーリーマジョリティの手にわたりはじめたと考えていいだろう。あなたの周りでも、いわゆるギークでない人も手にするようになってきたのではないだろうか? 電池の持ちも悪く、動作も引っ掛かりがちで、アーリーアダプターしか使っていなかったiPhone 3G/3GS世代から、多くの人が使いはじめるキッカケになったiPhone 4の登場を思い出す。

Apple Watch Series 3の特徴とは?


では、今年のApple Watch Series 3の特徴を挙げておこう。

Img_1930
まず、LTE通信が可能となったこと。しかも、別個のSIMを買わなければならないのではなく、メインの回線のオプションとしての回線契約が可能。つまり、電話代が大幅に上がるわけではないし、iPhone にかかってきた電話をApple Watchで受けられるということでもある。

ちなみに、iPhoneとApple Watch、同時に通話はできないが、別個の場所にあるiPhoneで、通話していなければ、Apple Watchで通話することは可能。またデータ通信も行えるので、アプリさえ対応すれば、Apple Watch単体でメッセンジャーや、Facebookメッセージ、Twitterなどを扱うことも可能になるだろう。音声認識で多少の文章入力も可能になるかもしれない。

契約はdocomoが500円、auとSoftBankが350円のオプションとして追加できると発表した。残念ながら、MVNOでこのApple Watch Series 3の電話契約を利用できるという情報はない。Appleは直接キャリアと折衝したようで、今回MVNOは蚊帳の外だった模様。しばらくの間、これは3大キャリアのメリットになりそうだとすれば、サービスはMVNOには当面の間提供されないのではないだろうか?

Img_1935
この契約を可能とする従来の1/100のサイズのeSIMと、画面の内側に内蔵されたアンテナ、そしてデュアルコアプロセッサ搭載のS3により処理速度は70%向上、W2というカスタムワイヤレスチップによりWi-Fi接続が85%高速に、BluetoothとWi-Fi接続時に電力効率も50%向上しているという。

Img_1916
GPSモデルと、GPS+セルラーモデルが用意されるが、セルラーモデルのデジタルクラウンは赤くペイントされる。今後、この赤い切り欠きは『通話のできる最新型Apple Watchの象徴』となるだろう。いわば、高性能車の『ターボバルジ』のようなものだ。デザイン的に、ちょっとアンバランスな部分を作ることで、注目を集めるという意味では、iPhone Xの画面の『切り欠き』もそうなのかもしれない。

Img_2294

ここでも述べたように、最終的にはiPhoneは発展的にその姿を解消し、Apple Watch、AirPods、『何かグラス型のデバイス』が、我々の感覚器官をサポートしていう……という方向に進化していくと思うので、このApple Watchの進化も、その文脈で考えると分かりやすい。

 

新型Apple Watchが誤解されている点


とはいえ、初代からApple Watchを使い続けている筆者としては、『ちょっと誤解されている』『発売後文句を言う人がいるのではないか?』と思う点がある。
Img_2319
ひとつは、電池容量と通話の関係だ。

現在のApple Watchだって、1週間も電池が持つワケではない。せいぜい運良くて3日、基本的には毎日充電するデバイスだ。これが通話によって、LTE通信と音声出力で電池を消費するとなると、かなり電池の持ちは厳しくなるはずだ。つまり、そもそも長時間通話をできるデバイスではない。

あくまで非常用というか、連絡を受け取るため……と考えられるならいいが、AirPodsを使って、長時間しゃべり続けたりすると、電池切れの憂き目にも合いかねない。筆者はApple PayこそApple Watchの有効な使い方のひとつと考えているので、電池切れで改札を出られなくなるような目には遭いたくない。

また、そもそも、いくら通話が受けられるからといって、iPhoneを置いてApple Watchだけを装着して行動することは(少なくとも私は)あまりない気がする。ジョギングや、ロードスポーツでのサイクリング、サーフィンなどのウォータースポーツなどのシーンぐらいだろうか?

また、そもそもiPhoneを持っていれば、初代からApple Watchで通話することは可能なのだが、声はスピーカーから出るので、周囲に人がいるような状況で電話に出るのは、なかなかに恥ずかしい。ということを考えると、Apple Watch単体で通話することはあまりないだろう。
Img_2302
実は、たぶんそれよりもデータ通信の方が有効なハズだ。iPhoneを置いて出てもApple Watchの位置はiCloudに上がり続けるだろうし、SNSのメッセージも受信できる。Pokémon Goのような位置情報ゲームだって、Apple Watch単体で可能になるなら、また違った展開があるのでないだろうか?

Img_1911
Appleは4000万曲の音楽をApple Watch Series 3で楽しめると言っているが、すべてをウェブ経由で行うには、通信量の増大を覚悟しなければならない。

つまり、Appleがプレゼンテーションで見せた状況を実現するには、電池の減りと、ギガの減りを気にしなければならないということだ。Apple Watchの電池容量の厳しさを体験してきた層には分かり切ったことではあるが、初めてApple Watchを購入する層は、このあたりに(悪い意味で)驚くのではないだろうか? ちょっとそこは覚悟しておいて欲しいところではある。

Img_2304

ともあれ、第3世代になったApple Watch Series 3には新しい使い方を含め相当期待できそうだ。筆者の現在の使い方は『通知の受信』『ライフログの取得』『Apple Pay』というところが中心となっている。新しいSiriウオッチフェイスなども含め、この使い方がどう変わっていくのかも、興味深く感じている。

(村上タクタ)

2017年9月14日 (木)

Apple新社屋の建築がすごい! 2——新社屋、ビジターセンターなどと、細かい部分編

はるか彼方の、巨大な新社屋

Img_2600

なにかと秘密主義なAppleのこと、いろいろと秘密のデバイスが山盛りでありそうな本社の方に行く機会はなさそうだなぁと思っていたが、やはりSteve Jobs Theater以外の場所には一切行けそうもない。残念ながら。

なんでも、自然の光や風を上手に活かして室温をコントロールする仕組みがあったり、個人で集中する仕事をしたり、チームでコラボレーションする仕事をしたり……を容易に切り替えて、それぞれ快適に行えるような構造のなっているらしい。興味深い。

しょうがないので、入り口にあるApple Park Visitor Centerの屋上から、めいっぱいの望遠レンズ(300mm)で撮ってみた。窓ガラスの中には何も見えないし。そもそも、300mmで撮って、このサイズって、どんだけデカいんだ。

さらに近い側の窓にを見てみる。やっぱりあまり何も分からない。

Img_2601




逆にワイド側で撮るとこんな感じ。ズームレンズだが、EXIFによると19mm相当。

Img_2592

木々が植えられたばっかりの現状でさえこうなんだから、後々木々が根付いて生い茂ってくると、ほとんど何も見えなくなりそうだなぁ……。

我々に一番身近なApple Park Visitor Center

そもそも、行く機会がなく、行ったら行ったで守秘義務にしばられて、何も書けなくなりそうな本社社屋はともかく、その土地の外周道路の外側にあるApple Park Visitor Centerは、今後営業を開始したら、一般の方も立ち寄れることになりそうな場所。

現在のところは、今回のiPhone Xプレスイベントのために1日だけ臨時で運営したそうだ。正式な営業開始日は、また後日告知されるとのこと。『Visitor Center』って自然公園などにあって、そこを訪れた人が、その公園のことを知り、外側からそっと観察するためのような場所ですよね。おそらく同じような役割を果たす模様。

2階はテラスになっており、上の写真のように本社を展望することができる。

1階は、中央がアップルストアと、本社売店のように世界で唯一(今は二つか)アップルの公式ロゴ入りのTシャツなどの記念品を売る場所になっており、左ソデがiPad ProのAR機能を使ってApple Parkを解説するような場所、左ソデがカフェになっている。

Img_7946
ワイドに張り出した屋根と、柱のない天井までのガラスの壁が基本フォーマットらしい。どれも途方もなくお金のかかりそうな建築物だ。

中央がApple Storeになっている。

Img_2556

アップル製品が展示され、おそらくは購入できるようになるハズだ。

Img_2567

世界でここにしか売ってない『Park』の公式ロゴ入り記念品。

Img_2561

ちなみに、Tシャツは40ドル。読者のみなさんのために、2枚ほど買っておいたので、のちほど何らかの手段でプレゼントしたい。

右ソデはカフェ。

Img_2669

Faemaのエスプレッソマシンがある。

Img_2671

スタッフの方の胸には『Coffè Macs』と入っているので、これがお店の名前なのだろうか?

Img_2672

実際に運営を開始した時に、どういうメニューになるのかは分からないが、当日は軽食がサーブされていた。

Img_2675

スティーブ・ジョブズの魂は、細部に宿る?

唯一自由に歩けたビジターセンターの写真をもう少しご紹介しよう。

まず、本社社屋を展望できる屋上はこんな感じ。

Img_2588
イスやテーブルはウッド。床もウッド。上は微妙に日差しを遮るルーバー構造となっている。

床にはライトが埋め込まれているところがある。夜には建物自体を的確な明るさで照らすようになっているのだろう。夜も見てみたい。

Img_2613

上り下りする階段が素敵。

Img_2569

この大理石のようなセメントは、グラスファイバー入りセメントと説明されていた。

手すりも一体で成形されており、ひんやりとした肌触りが素敵。

Img_2573

もはや、これだけでもアートのようなたたずまいだ。

Img_2571
壁自体と、手すり部分の間の溝の部分が掃除するのが面倒そうだなぁ……とは小市民の感想。きっとイノベーティブな方法で簡単に掃除できるようになっているに違いない。

Img_2615

シンプルなパイプ状のドアノブにも工夫が凝らされている。押す方向、引く方向にそれぞれスイッチになっているのだ。ドアによってはパワーアシストされている感じだった。Steve Jobs Theaterの入り口は同じような構造だったが、もっと巨大なドアなので、開こうとすることでスイッチが入り、自動ドアとして動作するようだった。

ストレージ……も、こ洒落たサインで指示されている。下の金属のバーには点字が入っている。

Img_7980

ついでなので、トイレも見てみよう。

サインは極一般的なものだが、分かりやすくていい。

Img_7979

便座はこんな感じ……(笑)だが、流す方法が分からなくて苦労した。

Img_7973

イノベーティブな方法で勝手にウォッシュされるのかと思ったが、そうでもない。

実は壁面にある金属のボタンを押すことでフラッシュされる。デザイン的には分かりやすいが、誰もが急を要して来る場所なので、もうちょっと分かりやすいインターフェイスの方がよいのではないか……とも思うが、まぁ、アップルらしいといえば、アップルらしい。

水道の蛇口はごく一般的な形状。

Img_7976

スイッチは、ちょっと分かりにくいが、シーソー式でなく、2つのスイッチになっている。

Img_7978

ドアノブやロックも一般的な形状だが、これは分かりやすくて使いやすい。

Img_7974

もっともっと見るべきところはあるのかもしれないが、それほど建築に詳しいワケではないので、わからない。

今後、いろんな記事で紹介されていくと思うが、細かい場所に使われているデザインの理由について知りたくなるような建物だった。

(村上タクタ)









Apple新社屋の建築がすごい! 1——ビックリの新構造を秘めたシアター編

9000本の木が植えられた、まるで公園のような新キャンパス

良い製品を作るためには、仕事がしやすく、イマジネーションの湧く環境を作らねばならない……と、スティーブ・ジョブズが生前に作りはじめていた、Appleの新社屋。最初はCampus 2と呼ばれていたが、最終的にはApple Parkと呼ばれるようになった。

1km四方ぐらいの土地に、総額50億ドル(約5000億円)かけて作られ、1万2000人の社員が働くと言われている。中心となるのは、ガラスの壁で作られた4階建ての、直径約500mのリング状の新社屋。その他に駐車場や発表会を行う『Steve Jobs Theater』、社外から来た人が訪れることになる『Apple Park Visitor Center』などが作られた。

陽光を上手く取り入れ、遮り、風も使って温度を調整し、一年のうちの9カ月は冷暖房を必要としない仕組みになっているとのこと。新社屋屋上などにはソーラーパネルが設置され、100%再生可能エネルギーで運用できるようになっているという。

域内にはなんと9000本もの木々が植えられ、自然に満ちた公園のようになっている。スティーブ・ジョブズがしばしば散策しながら新しいアイデアを得たり、ミーティングをしたりしたことから、自然が身近に感じられる環境を構築した。

Img_1818

草木はまだ植えられたばかりで、テーマパークに入り込んでしまったようなぎこちなさはある。しかしこれから1年、2年と時が経つにつれて、木々は根付き、枝を伸ばして密生し、そのうち本当の森の中にある小道のようになっていくに違いない。

発表会をするために作られた建築物Steve Jobs Theater

小高い丘のようになった場所にSteve Jobs Theaterの入り口がある。そこにあるのは入り口だけで、シアターそれ自体は地中に埋まっている。

今回の取材はiPhone X、iPhone 8/8 Plusの発表会であると同時に、このSteve Jobs Theaterのこけら落としでもある。つまり、i10年近い歳月をかけて作られたスティーブ・ジョブズ最後の作品であるApple Parkの発表会でもあるのだ。

小道を歩いていくと丘の上に、Steve Jobs Theaterのエントランスが現れた。完全な円形。曲面ガラスだけで支えられたカーボンファイバー製の屋根を持つエントランスだ。

Img_1716

世界中から約1000人のプレスが集った。撮影時には、まだSteve Jobs Theater内部への道は閉じられていたので、混雑状態だった。

Img_1785エントランスの内部に入るとこんな感じ。頭上に円盤が浮いているようだ。

Img_1794

上からの強い日差しは遮られ、斜めに入る柔らかな光だけが内部を照らしている。

Img_1799

階段は2方向にあり、外周に沿ったカタチで階下に降りていく。Apple Parkにある他の階段などと同じく、グラスファイバーセメントという大理石っぽい仕上がりのセメントで作られてるのだそうだ。

Img_1810

小ぶりな円筒形のエレベータがひとつだけ存在する。身体の不自由な人への配慮ももちろん欠かさない。


Img_1825 ではゲートオープン。いよいよ下に降りていこう(実は外観の写真を撮っていて出遅れた。席取り合戦には相当出遅れた感じ)。

Img_1848

降りるとこんな感じ。円筒形のエントランスの下は巨大な柱状になっている。実はここに大きな秘密が隠されているのだが、この時の私は知る由もなかった。


Img_1851

正面はこのようなカタチで通路になっており、その先にシアターがある。上部にSteve Jobs Theaterと書いてあるのが見えるだろうか?


Img_1836

シアター内部はステージに向かってかなり強い傾斜となってる。1000人ほどが座れるらしい。

Img_1833

出遅れたので、慌てて席を取った。後ろ半分は急なスロープになっており、どの席からもステージが見やすい。

Img_7963

イスはとても座り心地のいいレザーでできており、背板はウッド。


Img_7959 足下には電源があり、長期間の講演でもパソコンの電源の心配はない(が、事前アナウンスがなかったため、アダプターは持参しておらず、バッテリーが15%ぐらいまで減ってヒヤヒヤした。モバイルバッテリーとUSB-Cに接続するケーブルは持って来ていたのだが、カメラ2台を抱えて、イス下のバッグからバッテリーを出すのが困難な状況だったので、本当に脂汗をかいた)


そういえば、今回安定してレポートできたのは、会場にもホテルにも、そして移動のシャトルバスの中にもAppleのWi-Fiが飛んでいたためだ。1000人いて、それぞれが数台のデバイスを使っていても、ちゃんと使えたのだから、たいしたものだ。これまでの発表会では、あまりにも人数が多く、Wi-Fiに接続できず、さらにセルラーの電波も飽和していてつかめず、リアルタイムでのレポートが難しい……という状況がよくあった。

Steve Jobs Theaterの秘密の構造


基調講演が終わり、シアターの後方から出て仰天した。

入場時に存在したエントランス下の巨大な柱が忽然と消えており、そこに発表されたばかりのiPhone X、iPhone 8/8 Plus、Apple Watchを展示したタッチ&トライ会場が出現していたのだ。

Img_2238

仕組みはよく分からないが、円筒状の壁が屏風よろしく背後に折り畳まれるようになっていたようだ。

Img_2212

エレベータの下部を撮った写真の左側にある壁部分に降りたまれていくようだ。床には何の痕跡もないから本当に驚いた仕組みだ。ちなみに、エレベータはら旋状に回転しながら降りてくる。


Img_7968

階段を途中まで上がった状態で見下ろすとこんな感じ。あの群衆の中で、ラグビーよろしく押し合いへし合いしながら、地元アメリカのメディアから端末を奪い取らないと、レポートできないのだ……なかなか大変(汗)

Img_2243
Steve Jobs Theaterの秘められた構造がおわかりいただけただろうか? 各メディアの記事が例年以上に興奮気味だったもここでの発表だったから、ということもあるかもしれない。今後もSteve Jobs Theaterは発表会などで使われていくだろう。いち早く『未来』に触ることができる場所のこけら落としの日に立ちあえたのが本当に貴重な経験だ。うれしい。

(村上タクタ)

2017年9月13日 (水)

iPhone 8/8 Plus何が新しい? iPhone X 何が違う?【発表会現地レポ】

3機種と過去のモデルの違いを分かりやすく

2017年9月12日、新しいSteve Jobs Theaterで発表された3機種のiPhone。氾濫する情報に、いったい何が違うのか分からなくなった方も多いのではないだろうか? そこでその違いを分かりやすく解説しておこう。

今回は事前にリーク情報が氾濫して何がなんだか分からなくなったが、登場したのはiPhone 8と8 Plus、そしてiPhone Xだ。

Img_2423

iPhone 8(左)は、7の進化型、iPhone 8 Plus(右)は7 Plusの進化型、そして、iPhone X(中央)は別ラインのモデルと思っていい。

iPhone 7s/7s Plusではなく、iPhone 8/8 Plusとなったのは、中身の進化もさることながら、ボディ形状が変わったことが大きいだろう。裏面は、表面と同じような形状のガラスになった。つまり、iPhone 4s時代のフレームを上下ガラスでサンドイッチする構造に戻ったということだ。アルミのフレームがユニボディとしてバスタブ形状になっているのか4sのように周囲だけなのかは公開されていないので、分解してみなければ分からない。

iPhone Xも同型状、つまり金属フレームを上下ガラスで挟んだ構造だが、ディスプレイが液晶のRetina HDディスプレイではなく、OLEDを使ったスーパーRetina HDディスプレイとなっており、ボディ上下左右ギリギリまで液晶面が伸びており、角は丸く、正面中央上のセンサー部分は切り欠かれた構造になっているのが、まったく新しい。

ちなみに、本体サイズは8<X<8 Plusであるにも関わらず、画面サイズは4.7<5.8> 5.5となっている。つまり、iPhone XはiPhone 8 Plusより小さく持ちやすいにも関わらず、大きな画面を持っている……ということになる。

Img_2425
最初に大きくまとめておくと

iPhone 8/8 PlusはiPhone 7/7 Plusと違って
●背面がガラスになった
●A11 Bionicチップ採用でまた高速化
●大きく早くなったCMOSセンサーを持つカメラ
●4Kビデオ撮影などが可能に
●ARがさらに活用できる
●ワイヤレス充電対応

さらにPlusは
●ポートレートモードに、ポートレートライティング追加

となっている。

iPhone Xは、これとは別ラインのモデルだが、A11 Bionicチップの採用など共通点も多いがそれに加えて
●ステンレスのフレームに背面ガラス
●対角5.8インチだが、角が丸くセンサー部に切り欠きのあるOLEDスクリーンに
●ホームボタンがなくなり、認証はFace IDに
●インカメラもポートレートライティング可能
●アウトカメラは望遠側も手ブレ補正可能に

となっている。

7sではなく8となった、iPhone 8/8 Plus

例年同じ形状のモデルでマイナーチェンジを挟みながら、2年ごとにフルモデルチェンジをする慣習だが、何もそれが絶対にそうすると宣言されているワケではない。

Img_1989
背面がガラスになるというのは、構造上はかなり大きな変更だからモデルネームが大きく変わるのに相応しいと思う。

触感、見た目の質感は、たしかに、iPhone 5、5s、SE、6、6s、7とは大きく違う。名にしろ背面がガラスなのだ。不思議な透明感のある外観で、外周のアルミのアルマイトと、きれいなコントラストを為している。ツルツル、プルン……といった外見は独特。特にゴールドは、少し白っぽいガラス部分となっており、金属部分とのコントラストが美しい。

Img_2369

逆に表面から、7系と見分けるのは難しい。

Img_2376

CPUの性能アップは著しい。

A11 Bionicは、A10 Fusionより25%高速な高性能側のコアと、電力消費効率を追及しながら70%も高速になった4個の省電力側のコアで、全体的な性能を向上させている。それぞれに役割を分担させる第2世代のパフォーマンスコントローラーは、全体の効率と速度をさらに改善している。

また、Apple設計の3コアGPUを搭載しており、前世代のモデルより30%高速のグラフィック処理を可能としている。

Img_1997_2


カメラのピクセル数は変わらないが、CMOSセンサーはサイズが拡大され、より高速で、新しいカラーフィルターを持ち『深い』ピクセルを持っているという。

会場の説明員の方は『深い』を強調してたのだが、隣のピクセルとのセパレートがよりはっきりするのだという。

Img_1999

Plusの2つのカメラは、望遠、ワイドと使い分けられ、ポートレートモードで背景ボカしをかけられる他、こんどはライティング自体を変えられるという。

Img_2003
我々、画像を扱う者にとって、ライティング=写真の仕上がりを決めるものだ。広い範囲、いろんな方向からから光が当たると、ものは柔らかく、暖かく、ソフトに写る。女性、特にアイドルの写真や、パンを始めとした食べ物はそうやって撮ることが多い。

逆に限定した明かりでライティングすると、ものは硬く、鋭く、強く写る。機械もの、金属はそうやって撮ることが多い。

新しいiPhone 8 Plusのポートレートライティングは、ポートレートを撮った後に得られる深度情報を元に、明るさを追加したり、減らしたりして、あたかも違った照明で撮影したかのように、仕上げることができるのだ。

Img_2394

Img_2392

データのつきを取る美肌モードとか、目を大きくするモードとかには、文字通り目もくれずに、立体物をハードとソフトの組み合わせで把握して、違ったレベルの加工を施そうとするところがアップルらしい。でも、もしかしたら、美肌モードや目を大きくする方が一部の人にはウケるのだろうけれど。まぁ、それはサードパーティのアプリで実現すればいいのかもしれない。

ビデオはついに、30fpsもしくは60fpsの4Kに。高速度撮影は、従来の2倍の240fpsが可能になっている。このあたりは処理速度向上のなせるワザだろう。

Img_2010_1

6月のWWDCで発表されたiOS 11のAR機能はさらに強力になってそうだ。デスクの上でロボットがガチャガチャ歩いていた。

Img_2341_2
そういえば、Plusの方が深度情報が撮れるのだから、平面だけでなくもっと複雑な立体物も3Dオブジェクトとして認識できそうな気もするが、今のところ、そこは触れられてない。

そして、背面をガラスにしたメリットのひとつであるワイヤレス充電。割と普及している(古いとも言う)技術であるQi(チー)。を採用してきたのが興味深い。

Img_2027
iPhone 8/8 Plusは技術的には変更点が多いが、iPhone 7/7 Plusと同様に確実に使える、正常進化というに相応しいモデルだ。

Img_2534

iPhone Xは将来への投資

そして、ティム・クックはついに、アップル社に伝わる伝家の宝刀を抜き払った。

Img_2040
「この言葉は軽々しく使うべきではないと思うのだけれど……」と前おきしながら、さらに「The Future of the smartphone」とまで言って、iPhone Xを紹介した。

Img_2043

とはいえ、iPhone 8/8 Plusに対するiPhone Xの違いは、前面のほとんど全部がOLEDスクリーンであること、そしてそれによって無くなったホームボタン・Touch IDの代わりに、さまざまなセンサーを搭載して、Face IDを実現したということ。加えて背面のカメラを縦並びにして、望遠側も手ブレ補正が可能なようにするなど、若干の変更を行ったことぐらいだ。

しかし、それが大きな違いなのだ。サイズに対して液晶は極大化し、スマートフォンが10年間かかって求めてきた『大画面化と小型軽量化』の、最後の到達点に届いたのだと思う。

Img_2057

ぬるりんとしたOLEDスクリーンは本当に美しい。スーパーRetina HDディスプレイと呼ばれ、100万:1という途方もないコントラスト比を実現し、真の黒と、深く美しい色を表示する。2,436 x 1,125ピクセル解像度で、458ppi。

Img_2496_2

Img_2501

OLEDというと、これまで少し彩度が高過ぎるような発色のものが多かったが、iPhone XのOLEDは、従来のRetina HDディスプレイの進化の線上にあるような自然な感じがする。

Img_2479
端まで写真や動画を表示することで、すごく広がりを感じる。これは新しい体験だ。

Img_2487

Img_4891_2

この中のドットプロジェクターと、投光イルミネーター、赤外線センサーがミソで、この3つから構成されるTrueDepthカメラシステムが正確な奥行きを把握し、高度な顔認識を行いFace IDという間違いの起り難い認証システムを実現している。

Face IDでは、3万以上もの目に見えない赤外線ドットを投射し、この赤外線イメージとドットパターンがニューラルネットワークに送られ、それぞらの顔の数学モデルが作られる。

だから帽子をかぶろうが、メガネをかけようが、認識できるし、髪形が変わったり、太ったり痩せたり、経年変化があっても認識してくれるのだ。

Img_4898
このテクノロジーのオマケとして、アニ文字という、アバターに表情を認識させる技術が提供されている。

Img_4892

我々が怒ったり、笑ったり、する表情を読み取って、絵文字のようなキャラクターが同じ表情をするのだ。

Img_2090
これ、こういうアメリカンなキャラクターで提供されると、さっぱりピンと来ないが、ジャパニメーションのキャラクターを活用できるなら、FaceTime電話の時は初音ミクになるとか、アムロレイになるとか、そういうアバターシステムとして活用していけるのではないだろうか?

もっとリアルなキャラクターが使えるなら、こっちがパジャマ姿でも、スーツを来たビジネスマンのアバターでFaceTime通話に出る……というようなGene Mapperの拡張現実っぽい使い方も可能になってくるのかもしれない。

Img_2273_2

ボディの両面ガラス、フレームがステンレス……という構造は、スティーブ・ジョブズ存命中の最後のiPhone である4、4Sを彷彿とさせる。オマージュなのかもしれない。

Img_2512_2

カメラは縦配列になって、iPhone 8 Plusと違って、望遠側も広角側も手ブレ補正が付く。

Img_4893_2_2

ARも効果的に働くようだ。

Img_4895_2
スペックだけ眺めると、『画面が違うだけ』と思うかもしれないが、画面のサイズが上がり、ホームボタンをなくしたことがすべてを変えている。いろんな意味でアーキテクチャはこれまでのシリーズのものを使ってるが、逆にそれがこれまでのシリーズの集大成であることも物語っている。

Img_2532_2

とはいえ、安価ではない。

Img_2162_2

iPhone Xの256GBは、12万9800円(税別)、アップルケアを入れて税も計算すると15万4424円と、ちょっとしたパソコンが買える値段になる。iPhone 8の64GBモデルなら、7万7800円と半額ぐらいで買えるが。そして、iPhone SEならさらに半額。

こうしてみると、iPhone Xはマニア向けのテストモデル、もしくは最高級品……という位置づけではある。それでも、そこに未来が見えるから、欲しくなる人は多いと思うのだが。

(村上タクタ)




スマホ時代の総決算『iPhone X』登場!!【発表会現地レポ】

Img_2478

次のディケイド(10年紀)のための『iPhone X』

初代iPhoneが発表されてから10年。スマホが存在しなかった時代が思い出せないほど、我々はスマホにどっぷりと使った生活を送っている。

10年前、この改革をもたらした故スティーブ・ジョブズの名を冠したスティーブ・ジョブズ・シアターで、10周年を記念した名前を持つモデル、iPhone Xが発表されたのは偶然ではないだろう。

Img_1719

アップルは、次のディケイド(10年紀)を切り開くためのテクノロジーとメッセージをこのiPhone Xに詰め込んでいるのだ。

iPhoneは、さらに進化し、そしてスマホの時代は終わり、iPhone自体はきっと我々の手元から消えていく。もしくは、『スマホ』という、マルチタッチディスプレイを片側に持つプレート状のデバイスではなくなるかも。そんな時代がやってくる『次のディケイド』の前の、『スマホ時代の総決算』がiPhone Xなのだ。

もう、iPhoneはいらなくなる!?

今回、同時に発表されたApple Watch Series 3は、LTE通信が可能で、通話が可能だ。アプリのデータ通信もできるし、おそらく(アプリさえ対応すれば)単体でメールや、メッセンジャー、SNSの機能も扱える(文面は音声認識で書けるだろう)。ということは、当初、iPhoneが担った機能は、Apple Watchを腕にしているだけで、問題なくこなすことができるのだ。

Img_2544
今回の発表会の中で非常に衝撃的だったシーンが、基調講演に来ずにSUPを楽しんでいるスタッフに電話をかけてみるという演出。なんと、実際にApple Watchだけで完全に通話してみせているのだ。ならば、もしかしたら、当初の『電話』という意味では、iPhoneは要らないかもしれない。

Img_1925
ちょっと余談だが、今回の発表会で、「40 million songs on your wrist」と表現するシーンがあったが、これはもちろんアップル快進撃の最初の狼煙であった初代iPod(2001年発売)の「1000 songs in your poket」をもじったセリフだ。16年の歳月による進化は、ポケットにあった1000曲を、腕時計だけで4000万曲を聞くことができるようになるほどのものなのだ。

Img_1911


最高の到達点に着いたiPhone Xは、自らの存在を消そうとしている

iPhone Xの画面は拡大され、正面から見たら、ほとんど本体が見えないほどだ。
Img_2245
画面は拡大され、iPhoneを正面から見たら、ほとんど存在を感じない状態になっている。

ご存知のように、アップルは物理的なボタンもコネクターもどんどん削ってきている。iPhone 7ではオーディオのφ3.5mmピンジャックを削ったし、今回ついにホームボタンや指紋認証さえも取り去ってしまった。最終的にはiPhone、それ自体も消えてなくなる(もしくなユーザーが意識しなくなる)状態になってしまえばいいと思っているのではないだろうか?

ARテクノロジーとOLED採用の意味

それなのに、iPhone Xは猛烈な高性能化を進めている。A11 Bionicチップは6コアそれぞれのチューニングと、新世代パフォーマンスコントローラーで、さらに高性能化を推し進めている。3コアのGPUも前の世代より30%高速な描画を実現している。ここまでの性能がなぜ、必要かというと、6月のWWDCで発表さらた、マシンラーニングとARの活用の追及だろう。

今回、ハンズオンでもデモされていたが、テーブルの上に3Dオブジェクトを描画し、まるでそこにそのものがあるかのように、動かすことができている。

ご覧のように実際には存在しないロボットが、まるで机の上を跳ね回っているように、画像上では動くのだ。

Img_2341

このテクノロジーが活用できるのはゲームの上だけのことではない。

今回公開されたApple Park Visitor Centerにある、立体的な地図の上にiPad Proを使ってAR描画し、Apple Parkの仕組みを解説するデモがあるのだが、この技術は実にいろんなことに活かせると思う。

Img_2647

そして、センサーやカメラの情報で、非常に複雑な顔認識をすでに実現していることを考えると、現在平面しか認識できないARKitが複雑な形状を取り込んでバーチャル空間上の形状として活用できるようになる日はそれほど遠くはないだろう。

Img_2089

さて、もうひとつ。今回iPhone Xだけに取り入れられた特別なテクノロジーとしてOLEDがある。

Img_2496

薄く、軽量に作ることができて、消費電力が少ないのが、OLEDのメリットだが、OLEDのもう一つの特徴として、透過性のあるディスプレイを作れることがある。アップルがいつか透明なディスプレイを作るためにOLEDの実装経験を積もうとしているという可能性はないだろうか?

これらのことを重ねていくと、次世代、透明なグラス型ディスプレイにAR描画できる方向へとiPhoneは進化していくのではないだろうか? Apple WatchとAirPods、Siriを活用していると、iPhoneはポケットに入れたままでいいのではないかと思うことがある。本体からはすべてのボタンとコネクターが消えて、単なるモノリスのようなプレートになり、電話部分はApple Watchに、音を聞くのとSiriによる音声コントロールにAirPodsを使い、半透明のOLEDディスプレイをグラス状にして身に着ける……そんな『スマホの次の時代』が来るといったら考え過ぎだろうか?

Img_2238

iPhoneで得た冨を、未来を作るために遣う

美しい新社屋の圧倒的な未来感を見ていると、スティーブ・ジョブズが作ったiPhoneを、このまま、また10年作り続けるとはとても思えない。

Xは10年を示すとともに、ひとつの完成形を意識しているのだと思う。まちがいなく、現時点での最高のスマートフォンだ。

しかし、Mac OS Xがそうであったように、Xは新たな世代の礎だ。Mac OS 9から根本的に違うOSとなったMac OS Xがその後のMacの繁栄の原点になったように(iOSにもその血脈は流れている)、iPhone Xは、新たなディケイドの礎になるという思いが込められていると思うのだ。

Img_1865

推定50億ドル(約5000億円)と10年近い歳月をかけて完成したApple Parkのお披露目であり、冒頭にスティーブ・ジョブズの遺影を持ち出してまで語り出したティム・クックの心には『スマホの次』を作り出す決意があるはずなのだ。

(村上タクタ)

New iPhone発表会、現地生レポートはこちら! #New_iPhone #Steve_Jobs_Theater

@flick_magでの現地からのツイートをこちらに取りまとめます!

発表会は、13日午前2時(火曜日の深夜)から! それまでの事前もこんな感じで、ボチボチレポートするので、お楽しみに!

一応、ここまででひと区切り。 基調講演が終わってのタッチ&トライに向かいました。 それ以降のレポートは、後ほど、とりまとめて。

2017年9月12日 (火)

iPhoneが発表される、Steve Jobs TheaterとApple Parkに行ってみた

シリコンバレーに着きました。明日に備えて身体を休めるべきなんでしょうが、いてもたってもいられず、iPhoneが発表される、Steve Jobs TheaterとApple Parkに行ってみました(まだ入れないけど)。

とりあえず、旧アップル本社、Infinity loop 1にも行きました。

Img_1623

こちらも以前と変わらず営業中に見えます。人の出入りもたくさんあります。

入り口の、国旗、州旗、アップルの端は半旗になっています。おそらく今日が9月11日だからだと思われます。

Img_1630

横のTシャツなどを売っているカンパニーストアは、縮小されてApple Storeになってました。Tシャツなどはちょっとしか売ってませんでした。

Img_1631

さて、いよいよ、新しいアップル新社屋に行ってみましょ。両者の間は直線距離で1マイル。1.6kmほど。ルートで行くと2〜3kmあります。途中、なんにもないので、歩くには少し遠い感じです。

(地図B)

Img_1662

途方もなく大きいので、よくわかりませんが、遠目に見る限りでは、中でお仕事をされている風には見えません。情報によると、もう一部引っ越しは始まっているようなのですが……。まぁなにぶん巨大なので、あくまで見える範囲では。

ここは従業員用の入り口のようです。

(地図C)

Img_1645
正面に見えるのは従業員用の駐車場なのでしょうか? 右手にある岡が、明日発表会のあるSteve Jobs Theaterだと思われるのですが……見えません(汗)

入り口はこちらのようです。

(地図D)

Img_1652
アップルらしい造形ではありますが、まさに公園の管理事務局みたいな風情であります。中は、公園の中を小道が通っているような風情になっており、まさに全体が『Park』としてデザインされていることが分かります。

以前もレポートしましたが、太陽光を通すガラスパネルと、自然の風を活かした構造により1年のうち9カ月は冷暖房を必要とせず、屋上に設置されたソーラーパネルにより、完全に再生可能エネルギーだけで動作するようになっているという。

ともあれ、内部は見えないので、今日は諦めるしかありません。あまり近づくと警備の人に睨まれます。

さて、これまで敷地だと思っていた場所の外にも建物が立っていました。

(地図E)

Img_1654
こちらも木々に覆われていてよく見えません。ユーカリの木ではないかと思います。

こちらは、Apple Park Vistor Centerとなっています。
Img_1657

これが何のための建物なのかは、明日になると分かると思います。

これより近寄ると警備の人に追い払われます(笑)

Img_1660

Apple Storeのような構造ですが、2階にも上がれるようです。他の多くのストアと同じように製品を売るところなのか、それても他の役目があるのでしょうか? 

それぞれの位置関係をAppleのマップアプリ上に描き込むとこんな感じになります。けっこう広くて遠いことがお分かりいただけるのではないでしょうか?

Fullsizerender_4

明日になれば、いろんなことをレポートできるようになると思います。現在こちらは深夜0時。日本は夕方の16時でしょうか? 明日のレポートに備えて、こちらは眠りに就くことにします。

(村上タクタ)





PFUイメージスキャナ全世界出荷台数1000万台突破! #ScanSnap #PFU

今や、我々の生活にはなくてはならないものとなった、PFUのイメージスキャナ。その全世界での出荷台数が1000万台を越えたそうです。

1000万台って……すごい。そして、それだけ、世の中の人は紙のドキュメントをデータ化する必要に迫られている……ということです。

07

PFUからの詳しいリリースはこちをどうぞ。

そして、『10M Achievement 』特設サイトが設けられ、全世界の各国でさまざまなキャンペーンが行われるとのこと。

日本ではなんと、ほぼ全員プレゼントという感じで、ScanSnapを購入して応募した人全員に、Evernoteプレミアム1年分(5200円相当)がもらえるというもの。キャンペーンサイトはこちら。

これはなかなか太っ腹なプレゼント。まだ、ScanSnapを買う余地のある人は、ぜひ!

2017年9月

カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー