デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

その他ガジェット一覧

その他ガジェット

2018年11月 5日 (月)

先を見据えていまからメッシュWi-Fiシステム導入。LinksysのVELOP登場

日本でも徐々にその数が増えてきたメッシュWi-Fiシステム。今回、ベルキンのブランド『Linksys(リンクシス)』からメッシュWi-Fiシステム『VELOP(ヴェロップ)』が登場。11月9日から販売されます。

20180517034105_velop_combo_lifest_4LINKSYSはベルキンのブランド。創業は1988年と30年前。

家の中に設置された各ルーターがつながり、建物全体にWi-Fi環境を提供するメッシュWi-Fiシステム。中継機を使い、親となるルーターの電波を離れたところにある機器にまで届けようとすると、途中でスピードが減衰したり、デッドスポットが生じてしまい、通信できない場所が出るといった問題がありました。

Sub6_2 メッシュWi-Fiシステムは、家中すみずみまで快適なネットワーク環境を実現する。

スマホやタブレットなど、家の中でも持ち歩くガジェットの増加、そしてテレビやプリンター、スピーカーなどWi-Fiシステムに接続する機器が、どんどん増えています。ひと昔前までは、据え置きのパソコンなど使う場所が決まっているガジェットが安定して繋がっていればOKでした。しかし、さまざまなタイプのガジェットがWi-Fiに接続するこれからの毎日では、従来のWi-Fiシステムでは性能においても、快適さにおいてももの足りなくなっています。そんな問題を解決してくれるのが、メッシュWi-Fiシステムです。

P1010978_2右がデュアルバンドモデル、左がトライバンドモデル。

『VELOP』は強力なメッシュWi-Fiシステムで、建物中に充実したWi-Fi環境を実現してくれます。個々のルーター、ノードは無線で接続できるだけでなく、Ethernetで有線接続することも可能です。セットアップも簡単。コンセントに繋ぎ電力を供給、専用の『Linksysy App』で各ルーターの接続も行なえます。また、アプリが最適な配置を教えてくれるため、ノードの置き場所に悩むこともありません。さらに、ゲストアクセスやペアレンタルコントロールで、子供たちの利用時間制限なども行なうことが可能です。

P1010880_2

P1010883_2中継機を使った従来のシステムと比べて、スピードの減衰幅は小さい。親機から離れるほど従来のシステムとメッシュWi-Fiシステムのの差は大きくなる。

P1010886_2

P1010890_2 VELOPはオフィスビルでも活躍。フロアをまたいで使用することができる。シンガポールではショッピングモールでも使われている。

『VELOP』にはトライバンドモデルとデュアルバンドモデルの2種類があります。いずれもタワー型でスタイリッシュ。カラーはホワイトで、オフィスでも個人宅でも置きやすいデザインになっています。トライバンドのほうがより強力なものですが、混在して使うこともできます。

Sub4_2トライバンドモデル。1個パックは2万980円、2個パックは3万5980円、3個パックは5万3480円(いずれも税抜・想定価格)

Sub5_2

やや背が低いデュアルモデル。1個パックは1万3980円、2個パックは2万2980円、3個パックは3万2480円(いずれも税抜・想定価格)。混在させての使用も可能。また、いずれのモデルも3年間の製品保証がある。

トライバンドの1個パックが想定価格2万980円(税別)、デュアルバンドの1個パックが1万3980円(税別)。それぞれ2個パック、3個パックでも販売しています(日本ではトライバンド、デュアルバンドが混在するパックはなし)。

ひとり暮らしのワンルームであれば、すぐに必要なものではないかもしれないが、部屋数があり、またモノが多い家、2階、3階があればその恩恵はてきめん。建物、部屋のサイズにより必要となる数は異なり、複数台をひとまずまとめて購入する必要はありますが、Wi-Fiルーターは買ってしまえば数年間、ほぼ毎日、利用するものです。今や暮らしのインフラとなったWi-Fi環境。今後、数年を見据えてごっそりメッシュWi-Fiシステムに切り替えるのもいいかもしれません。

P1010830_3ベルキンによれば、『食』に次いで『Wi-Fi環境』に興味があるという。

2018年10月 2日 (火)

ScanSnap iX1500リリース。『紙を意味に変えてワークさせる』ためのデバイス

スキャンできるっていうのは同じなんです。

Img_011105
毎分25枚が30枚になったとか、そういうハードウェア的進化もあるんだけど、スキャンデータのdpi数とかそういうスペック的なところはあまり問題じゃないと思う。

ここ10年ほどの間にスキャンの意味が変わってきている。それに、対応した進化を、ScanSnapの方がちゃんとしているっていうところに意味があると思うんですよね。

10年ちょっと前には、まだクラウドも、iPhoneも、iPadもなかった。

つまり、スキャナーは紙をデータ化するためのパソコンの周辺機器だったんですよね。

最新のScanSnapは、『紙を意味に変えてワークさせる』ためのデバイスに進化している。

Img_001501

ScanSnapにタッチパネルが付いて、タッチパネルに設定したボタンをタップすることによって、インクで表現された紙書類が、データ化され、意味を持ってデバイスやクラウドのしかるべきところでワークするようになる。

Img_013209
たとえば、書類をクラウドのEvernoteに直接読み込ませる。OCRを書けてデータとして読める文書にするということが可能になっている。レシートを経理サービスに読み込ませられる、名刺を名刺管理サービスのデータとして読み込ませることができる。その渡った先で、ちゃんとデータが意味を持つようになるというところが、新しい世代のScanSnapのすごいところだ。

Img_013510
これが、通常、パソコンや、タブレット、スマホを介することなく、ScanSnap iX1500単体で行うことができる。これが新しいScanSnapのすごいところだと思うんですよね。

スペックとしてはそれほど大きく変わってるように見えないけど、意味としては全然違うレベルに進化したスキャナー。それがiX1500だと思います。

(村上タクタ)

2018年9月25日 (火)

世界最大のJINS、サンフランシスコのUnion Square店に行って来た

先日、iPhoneの発表でカリフォルニアに行った時、世界最大のJINSのお店、サンフランシスコのUnion Square店に行って来た。

Img_9614

案内して下さったのはJINSの北米の代表であるマリオこと新井仁さん。実はクパチーノ方面の某所でバーベキューをご一緒したご縁で、私がiPhone発表会取材ついでに、サンフランシスコをうろうろしていることを発見してご連絡下さったのだ。

Img_9604

北米に最初にオープンしたJINSの店舗で、北米のヘッドクォーターもここにある。

ちなみに、Union Squareに面する場所にはApple Union Squareもあり、とっても近い。店舗は広くて奥行きも長い。本当の大きなメガネ店だ。

北米では、メガネは基本的に医師の処方箋がなければ買えず、基本的に保険で購入するものだ。しかも保険で買うから、わりと価格に無頓着なのだそうだ。そして、数年に1度買い替える。

JINSでは、もっと気軽にファッションとしてメガネを購入することをアメリカに提案しているのだそうだ。

Img_9607

価格も1万円前後。そして、店舗内にある加工機のおかげで、30分ほどで完成したメガネが渡せるのだそうだ。これは、数万円するメガネを一週間から10日後に受け取るのはが普通だったアメリカにおいては革命的なことだったという。

ちなみに、この4×4の展示什器はJINS全店共通のもので、横に色違い、縦にフォルムの違いが並んでおり、この色のこの形……というのが選びやすくなっているのだという。

Img_9612

店舗の一番奥にあるのがKANNA。欧米では機械に女性の名前を付けることが多く、それと加工機として鉋をかけあわせてKANNAと名付けられたのだという。

Img_9617

レンズの加工機はJINSの全店にあって即座にメガネを作ってもらえるサービスはどの店でも行われているのだそうだが、メガネのレンズの加工の行程をこうやってアトラクションとして見せている店舗は少ないという。中でもUnion Square店の機械は最大規模だという。

メガネをオーダーする人は、まず店舗内で、自分好みのフレームを選ぶ。そして、カウンターでフレームと一緒に処方箋を渡す。そうするとレンズを選ぶことができる。

Img_9621
まずはフレームをトレーサーという機械に入れると、フレームの形を計測してくれる。

Img_9562

それは数値化されてコンピュータに取り込まれる。

Img_9565

最初レンズはこういう風に丸いのだ。

10793272112_img_9557
そこにブロッカーという機械でレンズに取り扱い用のハンドルを取り付けて、専用のカートに載せて、ベルトコンベアに流す。

Img_9568

次に、4台あるレンズエッジャーという機械でさっき計測したデータに基づいてレンズの周囲の形を加工する。これで一発でフレームにはめ込める。

ちなみに、トレーは立体的に上下に持ち上げれられてエッジャーに入るので、ルートは1本なのにシーケンシャルに処理されず、ランダムアクセスが可能になっている。

10793023888_img_9575

周囲を削ったレンズは、このら旋を回って上段に上がる。このら旋のコンベアが非常に高価だったそうだが、実はこれはコケ脅しに近く、あまり実用的な意味はない。

Img_9627
とはいえ、ここで上がってるから、リングエッジャーのメンテナンスなどに裏側から立ち入れるだけだが。
Img_9584
これでレンズは完成。フレームにはめ込んで、ツルの調整などを行うとメガネの完成だ。40分どころか20分もかかっていない気がする。

Img_9591

コンベア状の加工機などを見れるのは、サンフランシスコのUnion Square店だけ。サンフランシスコに足を運ぶ機会があれば、ぜひ立寄ってみて欲しい。

Img_9600
(村上タクタ)

PFUがScanSnapのティザー動画を公開。約6年ぶりの新型か?

ScanSnapでおなじみのPFUがティザー動画をアップしている。
http://scansnap.fujitsu.com/jp/new/

PFUといえば、ドキュメントスキャナーとして世界的にトップシェアのメーカー。

特に我々にとって、コンシュマー向けのScanSnapシリーズは、スマホやタブレットなどのモバイルデバイス、Evernoteなどのクラウドサービスの普及とともに、書類のデジタル化において欠かせないものになっている。

現状のScanSnapには、おおまかに言って据置最上位機のiX500とモバイル機のiX100、しばらくモデルチェンジのないその中間のS1300i、オーバーヘッド型のSV600がある。どれがモデルチェンジされるのか? それともまったく新しい機種なのか?

現行フラッグシップ機のiX500は2012年11月発売なので、近日中に本機が更新されるとすれば、約6年ぶりのモデルチェンジとなる。もともと、ボタンひとつ、ワンプッシュで高速でスキャンできる便利なデバイスだが、2015年に『ScanSnap Cloud』が追加され、自動的に『書類』『名刺』『レシート』『写真』に分けて、それぞれ設定されたクラウドサービスに送れるようになって、さらに便利になった。



ティザー動画を見ていると、『さまざまな人が登場』し、『タッチ操作』を行っているように思える。

そもそも、ScanSnapは『ワンボタン』だから便利なのだが、『書類のデータ化』のニーズがこれだけ高まると、タッチパネルが用意され、押すボタンによって、Evernoteに保存されたり、ローカルに保存たしたり、Eightに保存したり、複数人数で使えたり……とコントロールできると便利な気がする。

どんなニューモデルが出るのだろうか? 楽しみだ。

また、新しいScanSnapを予想するアンバサダーキャンペーンも始まっている。商品はなんと、その新しいScanSnapそのもの。アンバサダープログラムに登録して、ハッシュタグ「#なんか出るみたい」「#ScanSnapアンバサダー」をつけて あなたの望むScanSnap を投稿することで応募できるようだ。詳しくはこちら(http://scansnap.fujitsu.com/jp/campaign/newscansnap.html?utm_medium=email&utm_source=pfumail&utm_campaign=ssambassador)。

(村上タクタ)

2018年9月18日 (火)

今話題のカメラバッグメーカーPeak DesignのSFのフラッグシップストアに行って来た

楽しく対応して下さった、Zonaさん、スタッフのみなさん、ありがとうございました!

Img_9550

せっかく西海岸に行ったので、最近私がハマりつつあるPeak Designのフラッグシップストアに行って来ました。KickStarterで何億円も集めて、大成功しているというカメラバッグメーカーさんですね。あらゆるところにいろんな工夫がしているのが楽しいのです。

場所はこちら。



街の中心あたりから、1〜2km。サンフランシスコ市庁舎や、以前iPhoneの発表会が行われたことのあるビルグラハム公開度、TwitterやUberの本社から少し南に言った所です。

もうちょっと行くと住宅地のような風情になりますが、このへんにはお洒落なカフェや、ファッションブランドの小規模なお店が集まってます。裏原みたいな雰囲気とでも言えばいいのでしょうか?

Img_4737

お店はこんな感じ。
Img_9508

木の板でできた看板がいい感じ。

店内も、製品イメージにあった、シンプルで素材感を活かした雰囲気。素敵です。

Img_9511
当たり前ですが、店内には、ズラリと並ぶPeak Designのバッグ。ウェブで見ているだけでは分からなかったサイズ感や質感がよく分かります。

Img_9510

壁面には、カリフォルニアの地図が。サンフランシスコやサンノゼの位置はもちろん、Macユーザーにはおなじみのヨセミテ国立公園や、リゾート地として有名なレイクタホ、ワインで有名なナパバレーなどの位置もよく分かります。

Peak Designの人たちが、写真好きであると同時に旅好きであることもよくわかりますね。ドライブすると楽しいだろうなぁ……。
Img_9534

店内にはひっきりなしにお客さんが来て、いろんな商品を取っ換え引っ換え試してます。やっぱりバッグで実際に見て選びたいのは確かですよね。安い買い物ではないのですし。

Img_9516

今、KickStarterで出資募集中のTravel Lineも展示されていました。ちなみに、あと3日はバック可能ですが、約5500万円の募集額に対して、すでに約4億7000万円ほど集まっています。おそるべし。バックしたい人はこちらから。

Img_9478

アウターに対して、カメラキューブをはじめ、さまざまなインナーバッグを組み合わせていくことで、さまざまな利用方法が可能になるというバッグです。そら、こんなん欲しくなるやろという。

Img_9525

ちなみに、フリック!ではすでに取材していて、『デジモノマニアが選んだ超愛用品』で4ページに渡って展開しております。そこから抜粋したウェブ記事はこちら

店内を探索していると面白いアイテムを発見。

Img_9489

バッグに入れてサイズ感を試すための板です。左がiPadで、上から7.9インチ、9.7インチ、12.9インチ。右がMacBook Proで13インチと15インチ(そういえばどの世代なんだろう?)。

Img_9491

裏に割と雑な感じでサイズが書いてあります(笑)

他にも初代キャプチャーの製品とラフスケッチが置いてあったりとか、Peak Designファンにはたまらないお店です。

ついつい買い物をしてしまいました……。LENSkitとキャプチャーですね。取材中にレンズ交換をしたくなってもこれで安心。

他にも、次にKickStarterに出す予定のダップルバッグのプロトタイプの写真とか(これは見せちゃいけないと言われました。が、ここに情報が出てます)。

Zonaさん、楽しかった! ありがとう! またSFに行ったら訪問しますね!
ちなみに、Zonaさんもライダーで、ヤマハのSRに乗ってるそうです。

Img_4731

(村上タクタ)


2018年9月12日 (水)

【現地速報】Apple 新型iPhone、Apple Watch発表会Tweetまとめ

Img_8524

昨日、Appleパークに行って来ましたが、去年はとってつけたようだった木々が、ちゃんと光の向きなどに合うようになって、だいぶしっくりした感じになってきていました。

明日、楽しみのひとつは、Steve Jobs Theaterなどが何か変わっているかということ。Apple Park Visitor Centerとかはまったく変わってませんでした。

このNFCのチケットで、Apple Parkに入れるのあとしたら、それも楽しみです。

【更新終了】

(村上タクタ)

2018年9月 8日 (土)

『デジモノマニアが選んだ超愛用品』絶賛発売中です!

大人気シリーズの第5弾です! 『デジモノマニアが選んだ超愛用品』9月6日発売!

Img_8154_1
今度は黄色い表紙。シリーズはオレンジ、白、青、黒と来たので、また違う色を選んでみました。

今回も前号と同じく、多くの人お勧めの最新ガジェットをご紹介しています。

Img_8156

Oculus Go、ambie、ZOZOスーツ、ヘルシオホットクック、Apple HomePod、東プレのキーボード、Microsoft Surface Go、abrAsusの小さい財布、などなど、お勧めのガジェットを大紹介。

Img_8157

美しいスタジオ写真と、ていねいな文章で解説してます。

デジモノマニアのお宅や、仕事場にも訪問。J WAVEなどでも大活躍中のDJ TAROさんはじめ、ガジェット好きの方にいろいろ登場していただいています。

Img_8160

DJ TAROさんのスタジオ、僕取材にお邪魔したんですけど、めっちゃカッコいい場所でした。TAROさんも、落ち着く場所で、仕事したり、趣味で音楽したりと、ここにいる時間が長いそうです。そういう場所、うらやましい!

もちろん、いろんな方のカバンの中身もご紹介。デザイナーの金田進哉さんや、フリーランスマーケターの上野美香さん、トリニティCEOの星川哲視さん、Astell & Kermの堀良一さん、などなどいろんな方にご登場いただいています。

Img_8161

それと、これ最新情報なんですが、KickStarterで大人気のPeak Designの新作、インナーバッグを取り換えることでいろんなものを入れられるトラベルバックパックも4ページかけてご紹介しています。こちらもお見逃しなく!

Img_8159

デジモノ好きの愛するアイテム満載の『デジモノマニアが選んだ超愛用品』、全国の書店、コンビニで発売中です(たぶん、コンビニは都市部しかないと思いますが)。もちろん、Amazonでのお買い求めも。

電子版は現在制作中ですが、遠からずリリースできると思います。
(※追記:電子版も発売されております!)




(村上タクタ)


2018年7月26日 (木)

#日産ブロガー試乗会 に行って、リーフやGT-Rに乗った

「電子装備がいっぱい付いた現在、クルマって大きなデジタルガジェットですよね!」と、言い訳しながら、日産さんのブロガー向け試乗会に行ってきました。そもそも、クルマなのか? ブロガーなのか? と、いろいろ疑問はありますが、面白そうなところには顔を出すタイプです。

Img_7153

フリック!でもリーフはお借りして紹介したことはあるし、もとより私はバイク雑誌でバイクの試乗記事を書いていたので、試乗車に試乗するのは慣れているわけですが、それでもこんなに一同に並べられたクルマに乗れるとなると、ワクワクせざるを得ませんw

まぁ、試乗したって言っても、1kmぐらいの短いコースですし、スタッフの方が横に座ってらっしゃるので、あんまり床まで踏んだり、タイヤ鳴らしたりもはばかられるので、粛々と走ります。というわけで、ほんと、チラリと味見したぐらいなので、あまり偉そうなことは言えませんw

未体験と、乗ってみた……っていうのは全然違うので、貴重な経験であります。

私の目当てはGT-RとZと、e-POWERそして、EVなわけですが、まずは普通のクルマでコースの下見をしておいた方がいいかと思って、5つある試乗枠のひとつにフーガを選びました。これが想定以上に良かったです。3.5Lセダンの粛々とした感じに、上手にEVが組み合わさっていて、両方の切り替えも感じないほど、なめらかで素晴らしかったです。

100km/hまでしかコースでは試せませんが、その上はどうなってるのでしょう? 排気量も大きいので気になるところです。

リーフは、フリック!がまだ紙の本だった時、Vol.07でお借りして試乗しています。あの時はどこまで走れるかと、374kmのロングドライブに出かけたのですが、初期型は航続距離も短かったので苦労しました。現行は航続距離が2倍になったので、だいぶ走れそうです。

うーん。機械操作が好きな人としては、アクセルとブレーキを踏み換えるのは手間じゃないので、ワンペダルにしたいわけじゃないんですよね。自分の挙動と違う減速がつねにかかえるのは私は苦手でした。そのあと、別にスラロームコースも走ってみたのですが、それでも慣れませんでした。もっと走れば慣れるとおっしゃってましたが……。

このコミューターは、試乗できる5台の枠には入らないし、本コースは走らない。

クルマというより、カートという雰囲気のカジュアルな乗り物。横浜市内でカーシェアリングの実証実験などで使われたらしい。

都会の混合交通の中では、現行法では駐車場所の問題など、メリットは大きくないかも、自由に止められる場所が拡充されたりして、乗り捨て、ちょい乗り自由とかになっていれば、とても便利な気がする。また、地方などで高齢者のちょっとした足にも向いてるかも。

ノートe-POWERは、街中の日産さんで試乗車を借りて乗ったことがあるのだが、エンジンで発電してその電気でモータを動かすタイプ。トヨタ型のハイブリッドは、モータとエンジンを介した駆動系の2種類の動力と駆動系を必要とするのが、どうも私的には無駄に思えるのだが、ノートe-POWERの方式だと、その無駄がない。

エンジンって、最大トルクや最大馬力での燃焼効率が最適化されているけど、低回転では不完全燃焼していたり、燃料消費に対する出力の効率が決していいとは限らないのだけど(逆に、最大トルクぐらいいで高いギア比でずっと巡行するような走り方だと効率がいい)、e-POWERのエンジンは常に一番効率が良いぐらいの回転数でブン回して、電力を取り出すのだそうだ。

電気が駆動力になるエネルギー効率はとても高いので、ガソリン→エンジン出力→電気→駆動力の変換は、それほど効率は悪くないらしい。

さて、仕事としての課題図書であったe-POWERとEVに乗った後は、個人的お楽しみのZとGT-R。特にGT-Rは初体験。

Zはすごいソリッドな乗り心地で、そのパフォーマンスの割に、400万円ぐらいからの価格耐らしく、GT-Rの1200万円という値段に比べると、安く思える。いや、勘違いかもしれないけど。

ただ、なかなか2人しか乗れないクルマって、買いにくいものですが。

そして、ついに、最後にGT-Rの試乗です。美味しいものは最後に取っておくタイプですが、取っておいて、希望者が多くて乗れなかったら、どうしようとドキドキしましたw

まぁ、正直、横にスタッフの方を乗せて、直線でも制限速度100kmという制限の中で分かることは少ない……というか、もっと踏みたかったし、コーナーも攻めてみたかった……のだけれど、まぁ、今日はそういう場ではない……ということで自重して、それでもスタッフの方の顔色を見ながらコーナーで少しづつ踏んでみたりした。

Img_7054
が、一切何も起らない。多分、大きく踏んでも何事も起らず、スムースに加速し、何事も起っていないのにも関わらず、メーターに表示される数字はとんでもないことに……というようなことが起りそうだが、今日はともかく、平和にゆっくりと周回した。

そんな中でちょっとビックリしたのがミッションの良さ。クラッチを2つ設けて、相互に駆動力を切り替えることでショックのないシフトを実現されているそうだが、これは異次元だ。コーナー中にパドルを使ってシフトダウンしてもなめらかにギアが繋がる。もちろん、通常のトルコンオートマに付いてるセミオートマとはレベルが違う。

Img_7070

直線手前で2速まで落として床まで踏んでみたが、1〜2秒で100kmに到達してしまい、アクセルを戻さねばならなかった。

馬力は570psという途方もないスペックなのだが、そこまでのパワーは感じなかったので、たぶん低いギアでは、そんなパワーは出ないようになっているのだろう。また、なんか今回の試乗会ではスムーズに乗れるように超絶なパワーは出ないのようなモードだったのかもしれない(最近のバイクでもRACEとか、SPORTとか、RAINとかのモード切り替えがあるし、そういうの)。ともあれ、すべてが凄まじく良いクルマだった。

今生では1200万円の余裕はなさそうなので、来世でもし経済的余裕があったら、買いたいクルマだ。

さて、最後に「まだ乗りたいクルマがある人!」というオマケタイムがあったので、エルグランドに乗った。


ミニバンは好きじゃない……と広言している私だが、これほどのグレードのクルマが悪いワケがない。

重いし、背も高いのに、カーブもすいすい。2tもあるのに、それなりに加速する。中も途方もなく広くて高級なので、家族で乗れば幸せ感高いだろうなぁ……これも今生では買えそうもないが。

Img_7140

さて、まとめようにもまとめようがありませんw ノートe-POWERから、GT-Rまで乗って、しかもどれもちょっとつまみ食いですから(笑)

世界の自動車の販売台数シェアでいえば、日産・ルノー・三菱連合は世界2位の企業なわけで、そんな巨大企業のクルマをちょっとかじったぐらいでとやかく言えるわけはありませんw

会社としては、たぶん、インテリジェントモビリティ側の話、自動運転や、EV、スマートカー的な方ごグイグイ研究開発していて、だからリーフや、ノートe-POWER、日産ニューモビリティコンセプトのようなクルマがあるのでしょうが、一方で、ZやGT-Rのような、血液中にガソリンが流れる人向けなクルマを作っているメーカーでもあるワケです。

クルマのノウハウっていうのは、EVや電子制御のテクノロジーだけの話ではなくて、重心をどこに持って行くのか、エンジンの駆動力をどうやってタイヤのグリップに換えていくのか、キャンバーやトーをどうやって設定していくのか、車体の剛性はどこを硬くしてどこをしならせるのか? みたいな、クルマ本来のノウハウみたいなのが山ほどあるはずです(クルマに関しては詳しくは知りませんが)。

そんな中で、EVになろうが、自動運転になろうが、クルマメーカーのDNAが脈々と生きて行くのだと思いますし、どうせ乗るなら、そういうメーカーのクルマに乗りたいものだなぁ……と思いました。

たとえば、リーフが自動運転になったって走りの気持ち良さは忘れてないだろうし、GT-Rが電動になったってファンなスーパーカーなのだろうと思うのです。

(村上タクタ)





2018年7月 3日 (火)

iPhone X/8/8 Plusユーザー必携、非接触モバイルバッテリーcheeroから登場

iPhone X/8/8 Plusユーザー、つまり非接触充電が可能なiPhoneのユーザー必携のモバイルバッテリーが登場した。なんと、Qi(ワイヤレス充電の規格)を内蔵しており、iPhoneを重ねて電源ボタンを押すだけで、充電されるのだ。

製品名は『cheero Powermix 6000mAh』。Amazonでの直販価格は2980円(税込)、初回限定500個は2580円(税込)、量販店などで販売される場合の参考小売価格は4480円(税込)。発売は7月3日の正午から。

Dsc09548
これは、たまらなく便利。やっと、 iPhoneの非接触充電に価値が出てきた気がする。AirPodsなどと一緒に使うと、ケーブルの絡まりに悩まされない快適なワイヤレスiPhoneライフを送ることができる。

Dsc09545
バッテリー容量は6000mAhなので、iPhone Xならフル充電1.5回ぐらい。日々持ち歩くiPhone用予備バッテリーとしては軽くて適切なサイズだ。単体重量は約180g。

充電用のコネクターはUSB-Cというところが新しい。最近のcheeroは、大容量のバッテリー、先進的なものを好む人が買いそうな商品から、micro USB→USB-Cへと充電用コネクターを変更しつつある。micro USBよりUSB-Cの方が大電流を流せるので、MacBook Proと合わせてUSB-A、micro USBを廃して、Lightning、USB-C系に切り替えていきたい我々としては歓迎だ。

ケーブルはUSB-A−USB-Cのものが付属する。

Dsc09547
出力は USB-Aと、Qiの非接触充電。USB-Aは5V/2.1A max.で、非接触充電は5V/1A max.(5W)。非接触充電の方は速いとはいえないが、現状のiPhoneの非接触充電の規格では7.5Wが最大なので、モバイル用であることを考えれば、まぁ、仕方がないだろう。

さらに、位置合わせ用のクッション材が付属する。

さて、実際に使ってみると、ケーブル不要というのはかなり便利だ。1分以上使用していないと電源が落ちてしまうが、逆にいうと多少ズレでも1分以内に位置が戻れば充電し続けてくれる。

ご覧のようにかなりズレていても充電は継続される。iPhoneケースを使っていても薄いものであれば問題ない(写真はAndMeshのBasic Case)。また、iPhone Xとほぼ同サイズ、重さも同じぐらいなので重ねて持つのにちょうどいい。

Dsc09552

さらに、ひらくPCバッグのサイドポケットのようなピッタリサイズのポケットに入れておけば、持ち歩きながらでも充電できる。誰か、このiPhone XとPowermix 6000mAhを重ねて入れるポーチや、ポケットを作ってくれないだろうかというぐらいの快適さだ。

しかし、cheeroに問い合わせたところ、金属片などがバッグの中にあった場合、完全に安全とはいえないので、『バッグの中の充電はより安全のために控えていただいた方がいい』とのこと。

もし、やってみる場合には、ポケットの中に金属片、ホチキスの針や小銭、ホコリなどがないことをよく確認してから自己責任でどうぞ。

Dsc09560

イレギュラーついでにもうひとつ。

いろいろ試してみて気がついたのだが、このバッテリーは充電しながらでも、給電できる。

つまり、普段は非接触充電器のように使い、必要に応じて持って出る……ということも不可能ではないのだ。

Dsc09564

しかし、取り扱い説明書には『本製品を充電しながら他機器への充電はお控え下さい』と書いてある。

そこで、これもcheeroに問い合わせたところ『少しずつ中の基板に負担がかかっていくので、あまりお勧めはしません』とのことだった。残念。

バッテリーを安全に、大切に使うために、充電しながらの給電は避けるようにしよう。

ともあれ、特にiPhone Xユーザーにとっては、サイズまでピッタリのこの非接触充電器付きモバイルバッテリー、ケーブルレスで気軽に充電できるのでとても便利で必携と言っていいアイテムだ。



(村上タクタ)




2018年6月28日 (木)

超高規格、マニア向けバッテリーを受領

先日、都内某所であった、高性能なマニア向けバッテリーの非公開プチ説明会に行って、製品をお預かりしてきました。

日本で、発売されます。もう、Amazonでは買えますし、近いうちに家電量販店でも買えるようになります。

Omnicharge——http://www.omnicharge.co/jp/

クラウドファンディングサイトのIndiegogoで、2016年に366万ドル(4億円以上)を集めた、超々人気商品です。

Img_2970

Omnichargeというバッテリーで、2タイプあって、このAC電源とUSB-Aを2口というOmni 20(2万9800円(税別))と、ACがなく、代わりにUSB-Cが2口ついているというOmni 20 USB-C(2万3800円(税別))というタイプがあります。いずれも2万mAhクラスです。

どちらか一方を使用させていただけるということだったので髪の毛が抜けるほど悩んだのですが、Omni 20の方を使わせていただくことにしました。

僕の生活だと、MacBook ProとiPhone、iPadに電源を供給できるOmni 20 USB-Cの方が便利だとは思ったのですが、USB-Cが使えるバッテリーはもっと安価でもあります(これほど大電流は供給できませんが)。DC-AC変換できるバッテリーでこのサイズというのは貴重です。DC-ACのコンバーターって、僕の知る限りでは、もっと大きいものなので。

Img_2973

Omnicharge社の方によると、ACタイプの方はプロフェッショナルなカメラマン、USB-Cタイプの方は、アップルの最新製品を使って、USB-Cに移行し、ACの機材なんて振り返らない人をターゲットとしているということです。

そういう意味では私は後者なのですが、やはりAC出力を出せる貴重なバッテリーというのが気になります。たとえば、カメラのバッテリー充電器なども使えるし、もしかしたら、アウトドアで外付けディスプレイや、スキャナーやプリンタを使う……というような使い方もあるかもしれません。

長時間電源のない場所での取材とか、万が一の震災の時とか、ACタイプが絶対に役に立つ状況というのがあるはずです。

Dsc09503

もちろん、2万mAhのバッテリーというのは他にもあるワケですが、最高のセル、AC/DC取り混ぜたさまざまな出力。かなりのハイパワー(USB-Cでも2口合計で100W、片方でMAX 60Wまで出ます)、そして入出力のかなり詳細なデータを取れるというのが、バッテリーマニアにとってはたまらないものがあります。

Img_2974

iPhone Xを充電してみてもかなり高速で充電してくれるし、その間の電力の消費量や、残量、必要な残り時間、バッテリー本体の温度……などを表示してくれます。

たとえば、複数のケーブルを使い分けてみて、どちらのケーブルの方が大電流を流せるか……というようなチェックに使うこともできそうです。

また、DC出力をUSB-Cに変換したり、Surface用に変換したり、MagSafe 2用に変換したりするケーブルも発売されています。とりあえず、USB-Cタイプのを購入して到着待ちです。

しばらく試用して、また詳細をレポートしますね。

(村上タクタ)


flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー