デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

その他ガジェット一覧

その他ガジェット

2017年4月20日 (木)

学校の特殊事情に最適化した、バッファローの無線LANアクセスポイントは、何が違うか?

我々にとっては「おもいでばこ」でおなじみのバッファローさんが開催された、ICT教育のモデル授業の取材に行ってまいりました。

Dsc04813
学校において「一人一台」のコンピューティング環境を実現するための、無線LANアクセスポイントとして、学校での使用状況に最適化したWAPM-2133TRというルーターをバッファローが発売したのだが、その実際の運用状況を取材させていただけるということで、今回の取材となった。

取材させていただいたのは、埼玉県飯能市にあるキリスト教系中高一貫の私立校の聖望学園。その中学2年生の数学の授業にお邪魔した。

Dsc04858

学校での無線LAN利用の特殊な問題は、おおきく分けて2つある。

ひとつは、途絶を可能な限り避けたいということ。たとえば、会社環境などでは周波数帯切り替えのために1分ぐらい途絶したとしても「あれ? 繋がらない。あれ? あれ?」ぐらいで済んでしまう。しかし、学校のわずか40〜50分の授業の中で、1分も途絶すると、その間に生徒の集中力が切れてしまい、生徒の集中を再び同じところまで持ってくるのに、大きく時間をロスすることになる。

もうひとつは、20〜50人ぐらいの教室で、「はい、ではこのファイルをダウンロードして下さい」と言うと、同時に一気に負荷が高まるという点。会社などでは、そうはいっても多くの人が瞬間的に同じ動作をするということはなく、負荷は分散されている。

また、従来の授業形態から、デジタル教科書などの運用が本格していく今後、音声データや動画データのやりとりが多くなり、データ転送量が従来の10倍以上に増えていくことも予想される。学校の無線LAN環境にかかる負荷は想像以上に大きいにのだ。

ここの設備をおろそかにすると、生徒たちが必要なファイルを即座にダウンロードできなかったり、画像の共有ができなかったりして、授業が著しく滞ることになる。ひとりのトラブルもなく、画像を開いたり、ファイルを共有したりできることは、ICT教育において、非常に重要な課題であるのだ。

Dsc04790
取材させていただいた聖望学園では、iPadを利用されていた。

iPadが、指定教材となっており、リース代と月額の校外でのLTE通信費(3GBの契約)は父母の支出となっている。使ってるiPadは9.7インチのもので、授業で主に使うのはMetaMoJi Shareの学校版MetaMoJi ClassRoom

Dsc04818
先生は、自分のiPad(Proの12.9でした)をApple TV経由で電子黒板に表示。電子黒板上でかき込んだりしながら使われていた。

MetaMoJi ClassRoomは、PDFをはじめとしたさまざまな資料を共有・表示でき、その上に手書きできるアプリ。手書きで自由に書き込むこともできるし、手書き文字認識mazecを使ってテキストを入力することも、写真や動画を貼り込むことも、録音したりすることも、それを2500倍までシームレスに拡大縮小したりすることもできる。

さらに、そのファイルをグループで共有したり、先生がモニタリングしたり、全生徒分を先生のiPadに表示したり、そのうち一人の画面を先生のiPadに表示して、電子黒板に投影することもできる。

おおよそ、理想の電子的な学習デバイスに必要なことは、すべてここにあると行ってもいい(ちなみに、私はこのスタンドアロン版であるMetaMoJi Noteで取材のメモを取っている)。

Dsc04799

授業では、先生も生徒達も驚くほどナチュラルにMetaMoJi ClassRoomの機能を使いこなしていた。授業で実際に使われているのを初めて拝見したが、これは便利だと思った。

Dsc04802

上は先生が自分のiPadの、クラス全員の画面を電子黒板に投影している様子。「理解できた人は枠を青くして」みたいなことも可能。

先生が板書している時間に生徒たちが気を散らすようなこともなく、また生徒たちがそれをノートに写すために時間が必要なこともない。貴重な授業の時間を、対話し、思考することに費やせるのだから、これは大きい。手を動かして書くことが記憶に必要だというのであれば、それは家でやればいい。同じ教室にいる貴重な時間は、思考やアドバイスに費やすべきなのだ。

さて、この教室で使われているのが、バッファローの新製品WAPM-2133TR。

Dsc04789
仕様上、ひとつのバンドで最大128台、3バンドで384台の接続が可能で、実際に80台の同時動作もテストで行っているという。

聖望学園の中学には10教室と、職員室、理科室、講堂に無線LANアクセスポイントが設置されており、この新型が導入されたのは2教室。

実はこの聖望学園が取材の会場に選ばれたのにはワケがある。この聖望学園、入間基地、横田基地、朝霞駐屯地、所沢通信基地などが近くにあり、航空レーダーの影響を強く受ける。

Dsc04843
航空機の安全運用のために、すべての5GHz対を使う無線LANルーターは、航空レーダーと周波数帯がカブった場合、他の周波数帯にホップすることになっている。その際に切り替え先の周波数を1分間観察して、問題なければ移動する使用になっている。これはバッファロー製のみならず、すべての無線LANルーターがそういうルールで設計されているのだ。

この際に1分間途切れてしまうことになる。学校以外の環境なら1分間ぐらいのたまの不通は許容されるし、W52と呼ばれる航空無線の影響を受けない周波数帯もあるので、さほど問題にはならないが、学校の場合教室ごとに違う周波数帯を使っていくとW52だけでは足りなくなるし、1分間の中断が生徒の集中を著しく損ねることもあり得る。この問題をDFS(Dynamic Frequency Selection)障害という。

Dsc04835

WAPM-2133TRはこの問題に対する対策として、あらかじめ空いてる周波数帯をチェックしており、DFS障害が起こった時に瞬時に切り替えることができるようになっている。

Dsc04847
バッファローのシステムとして、この障害などをモニタリングすることができるが、実際に1週間に16回のDFS障害が発生しているのだそうだ。また、聖望学園での頻度こそは多いが、他の都市圏でも同様な問題は起こるのだそうだ(たとえば、東京だって羽田の影響などを受ける)。

動画再生中にDFS障害と同じ状況を作りだしてみた映像を拝見したが、再生が止まってしまったりする端末が発生し、これではたしかに困るなぁ……と思った。

Dsc04840
WAPM-2133TRはDFS障害回避機能(バッファロー提供の関連動画)に加え、5GHz1系統、2.4GHz1系統のトライバンドによる安定した通信環境(バッファロー提供の関連動画)、ひとつの端末で障害が発生した際にその影響を他が受けてしまわないように、多数の端末の通信を均等に配分する「公平通信制御機能」(バッファロー提供の関連動画)などをサポートしており、学校での利用に最適な無線LANルーターとなっている。ちなみに定価は9万9800円(税別)。

学校でのICT教育の必要性が叫ばれて久しいが、スムーズに動作する端末やアプリケーション、MDMの運用なども大事だが、すべての生徒がスムーズに快適に通信できる環境も非常に大事なのだなぁ……と感じた取材だった。

(村上タクタ)

2017年4月18日 (火)

ScanSnap Cloudが使えるものになったかも

いや、便利なんですよ。ScanSnap Cloud(15年11月の記事)。

スキャンしたものがクラウドに飛んで、そこから各サービスに行く。便利なはずなんです。

が、意外と身の回りのScanSnapユーザーに聞いても使っている人が少ない。なぜなら、旧来のスキャンして、身近なデバイスを経由して、クラウドに飛ぶので十分だから。『ケーブルで繋がってるデバイスにコピーされる方が、なんか分かりやすいんですよね』という人が多い。また、直接飛ばすとOCRがかからないとか、そういう問題もあったんですよね。

結果、便利なはずはのに、「前のままでいいや、安定して繋がってるし」という人が意外と多いということに。

そんな問題をそのまま放置せずに、キチンとアップデートしてより便利な手段を提案してくるのがScanSnapのすごいところ。クラウドなので、すでに勝手にアップデートがかかって、本日(2017年04月18日)からみなさん自動的に使えています。

New170418001 新機能のポイントは3点
1)検索可能なPDFをクラウド上で生成
2)自動ファイル名生成機能を名刺・レシートにも
3)スマホのカメラでもスキャン可能に

ということだ。

1)検索可能なPDFをクラウド上で生成

は、けっこう大きくて、これまでScanSnap Cloud経由で検索されたものは文字認識されていなかったのが、これからクラウド上で文字認識してくれるようになった。

New170418002 2)自動ファイル名生成機能を名刺・レシートにも

New170418003 書類のタイトルや日付などからファイル名を生成してくれる機能は便利だったのですが、その機能がレシートや名刺にも適用された。これも便利ですよね〜。特に、名刺の方はEvernoteやEightに飛ばすにしても、pdfのファイル名にちゃんと人物名が入っているというのは何かと便利。

3)スマホのカメラでもスキャン可能に

というのも、スマホで写真を撮った画像や、名刺はこれまで違う流れになっていたのが、ScanSnap Cloudアプリで撮影したら、iX100やiX500でスキャンしたものと同じように処理してくれる。

たとえば、名刺でいえば、普段、たまった名刺をiX500でスキャンしてEightで管理している人なら、外出先で受け取った名刺をスマホのScanSnap Cloudアプリで撮影するだけで、自動的にEightに取り込まれるということになる。これはかなり便利。極論、名刺を受け取らなくったって、現場で撮影させてもらうだけで、Eightに取り込まれるということになる。

これは便利。

これまで、ScanSnap Cloudを使ってなかった人も、これを機会にScanSnap Cloudに乗り換えてみてはいかがだろう? iX100/500を使っても、スマホをつかっても 自動的に、DropboxやEvernote、Eight、STREAMED、freeeなどに、振り分けられるという便利さを、そろそろ活用してみた方がいい。

詳細リリースはこちら

(村上タクタ)

2017年4月13日 (木)

世界初のApple Watch専用ResearchKitアプリ、ネスレから登場

医療の進歩には、データの収集が欠かせないもの。でも、医者が横に寄り添って、データを計測しつづけられる人数はごく限られたものでもある。

統計的なデータとして活用するには、多人数のデータがあった方がいい。そのために開発されたのが、アップルのResearchKit(詳しくはこちら)という仕組み。多くの人が持っているiPhoneやApple Watchからのデータを、暗号化し匿名の状態で収集して医学の進歩のために役立てることができるというわけです。

そのResearchKitを活用したアプリ『Itch Tracker(イッチトラッカー)』がネスレ スキンヘルスからリリースされた。

26a9d1e78ac8438d9bc73583325648da

これはアメリカ以外で初めて世界同時公開となるResearchKitアプリで、Apple Watch専用アプリとしては世界初なのだそうだ(ResearchKit自体としては日本で11番目)。

737428c3b3cc4272887ebfa075f0d5a9
かゆみは、人間にとって一番の苦痛だと言われている。

でも、かゆみの強度というというのは伝わらない、計測できないのが難しいところ。

たとえば、医者の「どのぐらいかゆかったですか?」
という質問に対して
『すっごくかゆいです!』
と答えた人がいたとしても、この『すっごくかゆい!』が他の人の『すっごくかゆい!』と同じなのかどうかは分からないですよね?

Dsc04645
そこで、少しでもかゆみのデータを取るために、Apple Watchを使って、夜中に掻いているのを計測するアプリを開発したというワケだ。

ネスレスキンヘルスは、非常に数多いネスレグループの会社のひとつ。最近の食品関連メーカーさんは、バイオテクノロジー関連企業ということで、医療などにも深く関わってらっしゃるケースが多い。ネスレ スキンヘルスも、そのひとつというわけだ。

Dsc04641
説明して下さったのは、左からネスレ スキンヘルスの医学博士でもメディカルディレクターの生駒晃彦さん、同じくプロジェクトマネージャの竹村公利さん。

計測する前と後にはアンケートに答える。これにより、どんな状態の時にどのぐらい掻いたかが分かるというわけだ。たとえば、疲れている時にかゆいのか、お酒を飲んだ時にかゆいのか……というようなデータでさえ、これまで意味のある状態で集めることができなかった。それが、これにより非常に多くのデータを集めることができる。

Photo
もちろん、Apple Watchは医療機器としての認証を受けているわけではないので、このデータはあくまで参考として扱われて、医学的に正規のものにはならないのだそうだが、それでも、これまでになかった貴重なデータになるはずだ。

実際にこれまでテストした方でも、『こんなに掻いてるとは思わなかった』という話もあり、スキンケアをていねいにしたら掻かなくなって、クオリティオブライフが向上したということも、すでにあったらしい。

Dsc04665

ちなみに、Apple Watchをつけるのは普段付けている方の腕でいいらしい。人間は以外と利き腕の方で掻くということはなく、かゆい場所に応じて左右の手を適切に使い分けて掻くらしく、利き手の反対の手で掻いたモノが、ほぼ実際に掻いている状態の半分と解釈しても問題がないのだそうだ。

実は、私事だが、私の息子は皮膚がかゆい病気で、もう10年以上も医者に行っているが、原因不明(アトピーではない)、病名不明で、対処療法的にお医者さんにいただいた薬を塗っている。小さい頃には夜中に泣き叫びながら掻きむしり、シーツに血の跡が点々と残り、なんとも痛ましかったものだ。親としてはなんとか直してやりたいと思い、10軒以上の皮膚科を渡り歩いたが、結局解決はしなかった。意外と、皮膚のことひとつ取ったって、医学がすべてを解決できているワケではないのだ。

先に述べたように医療機器として認証の取れたデータにはならないが、それでも一番身近で、いつも身に付けている精密な計測機器として、iPhoneやApple Watchの価値は高い。これまで数十人から収集するのだって、大変だったデータが、ResearchKitの仕組みを使うことで、何万、何十万、ひょっとすると何百万人からのデータだって集められるようになるかもしれないのだ。

ResearchKitが活用され、ひとりでも多くの人が健康で快適な生活を送れるようになることを期待したい。

(村上タクタ)

2017年3月30日 (木)

新型おもいでばこの『クリップ機能』を使ってみた

リビングに置いておける家族写真ストレージの決定版『おもいでばこ』がアップデートしました。

_s3a4545
今度の新しい「おもいでばこ」の注目の新機能は『クリップ』。クリップすることで、スマホやタブレットで、「おもいでばこ」の中の画像を持ち出すことができます! これは便利!

たとえば、子供が産まれたばかりの時の写真や、お気に入りの写真を集めたアルバムを作っておいて、それをクリップすれば、いつでもスマホやタブレットでそのアルバムの写真を見ることができるわけです。

しかも、画像サイズは自動的にコンパクトになるので、スマホやタブレットのストレージ容量を圧迫しにくいのも嬉しいポイントです。圧縮されるけど、SNSなどでのシェアなら大丈夫……という絶妙な画像サイズとして保存されます。

_s3a4780_2
使い方は簡単。「おもいでばこ」を見ているスマホやタブレットの、写真やアルバム表示の時にクリップボタンを押すだけ。写真が圧縮されて格納されます。

ちなみに、取材したところによると圧縮は『長辺1920ピクセル以上を確保する、元画像の整数分の1』で、おこなわれます。長辺1920以下の画像はサイズは変わりません(容量を減らすため再圧縮はかかるそうです)。

だからたとえば、3000×2000だったらそのまま。3840×5760だと、長さは半分(面積は1/4)になるわけです。整数分の1にするのは、モアレや斜めの線が欠けたりを防ぐためだそうです。

実際にやってみると、わかりますが、このスピードで画像を圧縮して保存するって、すごく上手なメカニズムが動いているんだなぁと思います。

_s3a4713
やってみると分かるんですが、この機能で、画像パソコン管理派の人も家族写真だけは「おもいでばこ」に完全移行で大丈夫な気がします。

家族が写真を楽しんでくれるし、持ち歩きたい写真は、クリップ機能で持ち歩けるしね。

自宅の「おもいでばこ」に全部の家族写真を入れておいて、家族それぞれが自分が持ち出したいアルバムを作って、それを持ち出す……なんて運用が簡単にできてしまいます。ちなみに、写真の整理やセレクトなども、MacのアプリやiPad、iPhoneなどで行った方が効率的なぐらいです(※クリップはまだiOS版だけの機能です)。

_s3a4727
ちなみにっ! このクリップ機能は、新型だけの機能ではありません。クリップ機能はiOS版ならもう使えますし、Android版は4月提供予定で、従来モデル(PD-1000シリーズ)を使っている人は誰でも無償で使えます。

Dsc04457
本体にアップデートをかけることで、簡単便利なネットワーク設定、バックアップから一部の壊れた写真を補修する『ディスクリカバリー機能』、新画面デザインは、PD-1000シリーズを持っている人は誰でも使えるようになります。クリップ機能はスマホやタブレットのアプリをアップデートするだけ。よっ! 太っ腹!

Dsc04443

では新型と旧型の違いは何かというと……まず見た目が違います。ビミョーに。

_s3a4864
この四角が6つ並んでいるだけで、「おもいでばこ」に見える……ということで、ブランドが浸透したってことですよね。

あとはは、Wi-Fiが11ac対応で、より高速なデータ通信が可能になっているというところが重要なポイントであります。

Dsc04439

発表会は、ユーザーさんの集まりとして開催されたのですけど、本当にユーザーさんに愛されている製品だなぁと思います。

Dsc04415
大事な大事な家族の写真を入れておくストレージに、こんなに愛着が持てる製品が出てきたということは素晴らしいことですよね。

写真ストレージは各メーカーから何度も発売されましたし、ウェブサービスとしてもいろいろあります。でも、「おもいでばこ」一択というような状況になったのはなぜか?

Dsc04472
そりゃ、作っている人が「おもいでばこ」を愛しているし、「おもいでばこ」の中に入っている写真がどれほど大切なものなのか、よく分かっているからだと思います。

全部データを移行したかと思うと辞めてしまうウェブのフォトストレージサービスとか、本当に何を考えているのだろうと思います。人生で一番大切な家族の写真を入れるのだから、その大切さを分かっている人たちが作ったデバイスに入れるべきなんです。

Dsc04470
というわけで新型「おもいでばこ」、こう言っちゃなんですが、新型もいいですし、大半の機能にはアップデートがかかるので、少し値段の下がった旧型を買うというのも手です。Wi-Fiの転送速度のアップに目をつむるなら。


ちなみに、今Amazonで見ると

ac対応の新型
1TB PD-1000S 3万7584円
2TB PD-1000S-L 4万9680円

2年前発売の前モデル
1TB PD-1000 2万2539円
2TB PD-1000-L 3万4360円

(Amazonの価格は変動するし、売り切れる場合もあるのでその場合はご容赦下さい)

となってますし、なかなか悩ましいところではありますねぇ……。

_s3a4639

すべての場所にDyson Pureがあればいいのに #dysonjp

Dysonの空気清浄機の新型Dyson Pureシリーズの発表会に行ってきました。

激しく花粉症な私としては、世の中のすべてのスギの木が切り倒されたらいいのに……と同時に、すべての部屋にDyson Pureが装備されたらいいのにと思っています。

もちろん、我が家のリビングにもDyson Pureの最初の型がありますが、だからといって家から出ないというわけには行きませんからねぇ……。

Dsc04627
例によってメカニズム的なポイントを解説していきましょう。

元々、ダイソンの送風機のシリーズは、その優れた空気力学的な視点から開発されてます。なぜ、ダイソンの送風機が効率的なのかは3年ほど前に書いたこの記事をご覧下さい(ダイソンの扇風機のリクツ)。つまりは、下からブラシレスDCモーターとインペラによる強力な回転で吸い込まれた空気が、円周上に配置された細いリップから吹き出すことにより、流速は高まり、その内側の大きな空気と一緒に流れていくところがポイントなわけです。

Dsc04559

Dsc04558
それから、空気清浄機能が付きました。それがDyson Pure Coolでした(花粉の季節にコスモクリーナー『D』登場! 『D』とはもちろん『ダイソン』Pure Cool)。これは、リップから吐き出される空気の流速は速いのに対して、下の広い外周の部分に設けられた吸気部分にHEPAフィルターを設けたのがこのPure Cool。HEPAフィルターは6.45m分が折り畳まれており、ここはひろい分流速が遅い……というのがPM0.1という微細な粒子まで取り除けるポイントであります。

Dsc04554
そして、そのセンサー情報がiPadなどで見られるように、IoT家電化したのがDyson pure cool link(ダイソン+IoT? pure cool linkのスゴさはここだと思う!)。

Dsc04563
さらに、暖房のメカニズムも加えて、Dyson Pure Hot+ Cool Linkに(ダイソン全部入り『Dyson Pure Hot+Cool Link』発表!)となったわけです。

Dsc04557
まぁ、最初に全部入りを出してよ! と思わなくもないですが、毎回改良されていくというdysonの技術力には驚くばかりです。

今回の改良ポイントは、HEPAフィルターの裏に設けられた活性炭の量が3.3倍になっているということにあります。

Dsc04590
70年代ぐらいの高度経済成長を経て、我々日本人の住宅は大半がアルミサッシによって非常に密閉性の高い状態になっています。

Dsc04574
外のほこりが入ってこないのはいいですが、ハウスダストと言われるものや、ダニ、カビ……などが繁殖しやすく、また、それの発生するダストなどを我々が吸い込みやすい状態になっているのも確かです。そして、それらの毒性にさらされたり、それらの影響でアレルギー症状を起こしたり……というのが現代人の体調不良の大きな部分を占めているのもまた確かなことでしょう。

Dsc04588
もちろん、私にとっては花粉を減らせるというのが一番のメリットですが、ハウスダスト、PM0.1レベルの超微小粒子、ホルムアルデヒドやベンゼンなどの建材から発生する可能性のある有毒ガス、家の中のさまざまなニオイなどを除去することができるというのも大きなポイントです。原因の分からない子供のアレルギー症状なども直るといいなぁ……と思います。

Dsc04616
というわけで、空気清浄機をご検討のみなさん。Dyson Pureシリーズ、お勧めです。

2017年3月23日 (木)

『天然オイルを要求するー!』Cerevoが【1/8タチコマ】をリアライズした

いやね。もう、悶絶ですw

電源入れると、タチコマの声優さんの玉川佐記子さんの声で
『また会いに来てくれたんですね! 光栄ですぅ! ……オンラインにすることに成功しました! ヒャーッ! 経験値上りそうな気配っ!』
って言うんですよ。

Dsc04360

もちろん、Cerevoのことですから、ただの録音音声が再生されているわけではありません。

なにしろ、正式は商品名は『うごく、しゃべる、並列化する。1/8 タチコマ』ですw 価格も15万7400円! 正直、それが『安いっ!』って思えるほどすごい製品です。

ちなみに、本日(3月23日)から受け付け開始だそうです。商品の発送は6月の予定とのこと。

Dsc04353
(模型はローアングルで撮るのが鉄則ですなっ!)

まず、一連のCerevoの製品と同様、インターネットに接続します。コネクテッド・ハードウェアです。

まず、音声認識します。しかも、ちゃんと自然言語認識して、玉川さんの声を元にした音声で返答してくれます。


YouTube: Cerevoに製造してもらったんだ! と身振りを交えて話す1/8タチコマ


丸い球状のところにはカメラがついていて、上下左右に動くのですが、そのカメラで撮影した映像を、ディープラーニングで作ってデータベースで解析して、何が写ってるかを認識します。

つまり、バナナを見せて『タチコマ、これは何?』と聞くと、『バナナですよね!』って解答してくれるんです。

もう、これだけで某100万円ぐらいするロボットよりすごい。音声認識にも画像認識にも人工知能って言われたりするディープラーニングのAPIが組み合わされているので、いきなりすごいことになってます。

Dsc04347
その上、走る! 15個のサーボに6つのDCモーターと、22軸で動作。間接もぐにょぐにょ動きます。ちなみに、DCモーターは車輪を動かすのに4個、目玉……というかカメラを動かすのにX軸、Y軸で2個使ってます。

ちょっとメカ詳しい人だと、この不自然な位置に付く車輪をどうやって動かすんだろう? って思うかもしれませんが、モーターは脚の下部に縦方向に内蔵されていて、べベルギアで車輪を駆動します。

Dsc04344
ちなみに、重心の関係上、バッテリーは4本の足にそれぞれ1本ずつ内蔵されていて、並列で接続されています。

Dsc04343
感覚的には後ろのポットにでも内蔵したいところですが、そんなところに内蔵すると、あっという間にひっくり返るのだそうです。本体内はサーボなどでいっぱい。そりゃそうか。でも、4本の脚に下から、モーター、バッテリー、サーボなどがギッシリ詰ってるかと思うと、さすがは多脚式戦車……と妙なところに感心してしまいます。

ちなみに、だからといって足が太くディフォルメされているワケではなく、基本的にはアニメで使われた図面の通り作られているらしいです。というか、アニメのデータから成形されるワケですから、実物を寸分たがわぬものができるワケです。

Dsc04336

なんか、カニっぽいですね。甲殻機動隊?

Dsc04339
しかし、こういう形状のものをサーボのトルクで支えようとすると、かなり大変な気がします。本体に近い関節とか、力点、作用点が遠くなるから、かなり負荷がかかりそうなものですがねぇ。関節から覗くケーブルを見るとJRのサーボかしらんとラジコンオールドタイプの私は思ってしまいますが、今はいろんな他のメーカーもこの色のケーブルを使ってるんでしょうかね?


YouTube: 『うごく、しゃべる、並列化する。1/8 タチコマ』はこんな風に走る!


さて、話がそれてしまいましたが、もうちょっと音声認識と画像認識の話をしましょう。

話しかけた人の音声は、Googleの音声認識で認識され、語意認識はジェットラン。そして、意味を解析して、返事をする際の音声合成エンジンはAIのものが使われています。さらに画像認識はMicrosoftのコグニティブエンジン。もう、数年前には影もカタチもなかったような、最先端のテクノロジーがふんだんに使われています。

あらかじめ玉川さんが録音した音声が600種類以上、それ以外の会話については玉川さんの音声をベースにした音声合成で会話します。ネット連携機能を持ち、Googleカレンダーと連携して予定を教えてくれたり、『明日の天気は?』などと聞くと、合成音声で答えてくれたりします。


YouTube: 明日の天気は?  と聞かれたタチコマは、ネットにアクセスしてこう答える


よく分からない人には『アニメのロボットのオモチャ』に見えるかもしれませんが、むしろ『ネットに繋がり人工知能を利用して人とコミュニケーションするロボット』に近いです。オモチャという人は、『マネできるものならしてみろ!』って言いたくなりますよね(笑)そして、これぞクールジャパンw

さらにっ! アニメのタチコマにあったように、並列化も可能です。

Dsc04332
すべての1/8タチコマはインターネットを介して、学習したデータを共有しており、ある人がレモンを画像認識させて『レモンは甘いよ!』と記憶させると、しばらくすると、1/8タチコマたちは『レモンは甘いらしいですね!』と言うようになるというワケです。

Dsc04308
劇場版のアニメから20年以上経ってるわけですが、ついに人類はここまできたわけです。義体化はまだ全然進んでませんし、電脳化も進んでませんが、『うごく、しゃべる、並列化する。1/8 タチコマ』で遊べる世の中はやってきたワケです。


YouTube: 『笑い男』について聞かれた1/8タチコマはこう答える



YouTube: 『草彅素子のマネをして』と言われた1/8タチコマはこう振る舞う

発売記念のSPECIAL EDITIONでは一部のパーツにアルミ削り出しパーツを使用し、17万7400円で発売するとのこと。

買って、塗装したり、ディテールアップしたり、ウェザリングを施したりするのも楽しそうですねぇ。

もうちょっと、細かい情報を補足しておくと、本来、関節の動作範囲はもっと広いようなのですが、現状まだテスト中ということで可動範囲を狭めてデモしているようです。大きく足を動かしたりすると、レバー比が高くなって関節にストレスがかかりますからね。実際にはもっと派手はアクションも可能になるようです。また、言葉を覚えて並列化したりはしますが、『攻殻機動隊』の作品の世界観を壊すような言葉(たとえば、下品な話など)はフィルタリングされるそうです。あくまで、世界観を楽しむための製品です。また、実は『例の歌』も歌える機能もあるようですが、ただいま権利問題の交渉などを行っているようです。

いずれにしても、なんともすごいモノが製品化されてしまったものです。

ああ、欲しいなぁ……。

ちなみに、3月25日からの『Anime Japan 2017』や、3月31日に福岡で開催される『「映画×リアル」〜「福岡IoT元年」×cross fm』でも展示されるそうです。



2017年3月21日 (火)

アップルから、赤いiPhone 7/7 Plusと、新型iPad登場!!

『3月21日の週に何か出る』というウワサは根強くありましたが、アップルから発表会もなしに、突如赤いPRODUCT REDのiPhone 7/7 Plusと、新しいiPadが発表れました。

新しいiPadは9.7インチのRetinaなので、価格帯的もAir 2の後継と思われます。

Apple_2
赤いiPhone 7は猛烈に目立ちそうですね。アルマイトは画像を見る限りでは、ジェットブラックみたいなツヤツヤのではなく、ゴールドなどと同じような、ツヤ消しのアルマイト、つまりiPodのプロダクトレッドなどと同じように見えます。いや、サイトの写真を見る限りでは、ちょっと渋い感じの色でしょうか?

Apple_3
iPadはちょっと不思議な感じです。

9.7インチのRetinaにA9(iPhone 6s/6s Plus/SEに搭載されていたチップ)を積んだ感じなので、Air 2の後継だと思われますが、名称は『iPad』となっています。

ちょっと不思議なことに、Airより32〜4g重くなって、厚さも7.5mm(Air 2は6.1mm)と厚くなっています。

Apple Pencil対応とかではないので、A9を採用した分、電力が必要になって、厚くなったのかもしれません。

そして、価格が下がってます。

この価格の下がり方もちょっと奇妙で、32GBのWi-Fiが5000円、128GBのWi-Fiと32GBのセルラーが4000円、128GBのセルラーが3000円という値下がり幅です。

iPadの価格というのは、どのサイズでもすべてWi-Fiとセルラーは1万4000円差、32GBと128GBは1万円差だったので、そのルールを変えてでも、32GBのWi-Fiモデルを安くする必要があったようです。

……ラインナップをじっと見つめてみたのですが、どうやら秘密はiPad mini 2とmini 4の32GBモデルが密かにラインナップから消えたということになりそうです。iPad mini 2はA7搭載ですから、OSアップデート的にはやっかいな存在になってきます。そこでラインナップから落ちました。

mini 4が128GBのみになったというは、これはどっちかっていうとビジネスユースに振りたいということでしょうか?

となると、最安値は、Air 2の32GHz Wi-Fiの4万2800円になりますが、他社製品との対抗上、一番安いモデルが4万2800円では困るということなので、新しいiPad 9.7は3万7800円というところになったようです。これでもmini 2の2万9800円よりは高くなってますけれども。

※このあたりは、他機種の価格が反映されてないだけかもしれないので、若干様子が変わるかもしれませんが。

なお、このニューモデルで、iPadが欲しくなっちゃった方は、こちらでさらに詳しく研究するのも手かなと思います。

Watchfamily

Apple Watchは、春らしい新色のベルトがたくさん登場しました。

新しいバンドとストラップのコレクションは以下の通り。

Apple Watch
スポーツバンド:ペブル、カメリア、アジュール / 各5,800円
ウーブンナイロンバンド:ベリー、タホブルー、オレンジ、レッド、ポレン、ミッドナイトブルー / 各5,800円
クラシックバックル:サファイア、ベリー、トープ /各15,800円

Apple Watch Nike +
アンスラサイト/ブラック(新色)、ピュアプラチナ/ホワイト(新色)、ブラック/ボルト / 各5,800円

※NIke+のバンドが別売りになったようです。で、ツートンカラーは黒と蛍光のみがキャリーオーバーで、穴あきの真っ白と、真っ黒のベルトが追加されたようです。

Apple Watch Hermès
38mm ドゥブルトゥールレザーストラップヴォー・エプソン ブルー・ゼフィール / 54,800円
42mm ダブルバックル・カフストラップ ヴォー・バレニア / 74,800円
42mm シンプルトゥールレザーストラップ ヴォー・エプソン ライム / 39,800円
42mm シンプルトゥールレザーストラップ ヴォー・スウィフト コルヴェール  / 39,800円

※Apple Watch Hermèsには新たに Apple Watch Hermès 38mm  ダブルバックル・カフストラップ のヴォー・バレニア(オレンジのスペシャルなHermèsスポーツバンドも付属)のケースとストラップ/バンドのセットがコレクションに加わったとのことです。

Apple_watch_series_2__apple_2
選ぶのがさらに楽しくなりますね!

2017年3月16日 (木)

バイクやクルマで、超カッコいいデータをオーバレイした走行動画が撮れる!【Cerevo REC-1/LOG-1】

まずはこれを、ご覧下さい。

Movie_overlay
バイクで見えてる光景に、速度や旋回・加速・減速のG、GPSデータ、などをオーバーレイして表示。

動画はこちら。



この映像が簡単に撮れるのが、Cerevoから発売されるREC-1とLOG-1だ。

Rec1_log1_3 REC-1は最大1080/60pの動画を撮れる動画カメラで、GPS内蔵。別体のセンサーユニット(LOG-1)で、6軸の加速、角速度、気圧、磁気センサーを内蔵して2万9990円(税別)で、4月下旬出荷予定。

このセンサーデバイスLOG-1は別体でも販売(6990円・税別)され、GoProなどと組み合わせて使うこともできる。

Rec1_log1_motorcyce

本体とセンサーを別体としたのは、カメラはカメラで、安定して視界のよいところに取り付けたいし、センサーは車体の動きをダイレクトに感知する部分に取り付けたいというニーズを考えたもの。

かなりよく作り込まれていて、グローブをしていても、直接見えないところ(自分のヘルメットとか)に取り付けていても操作の分かりやすい物理的なスライドスイッチの採用や、カメラを固定したまま交換可能なバッテリーなど、実際に運用したからこその工夫が随所にみられる。

Rec1_battery 使い所を考えてしまうのは、付属の磁石を使う磁気センサー。

たとえば、ブレーキレーバーに付けておけば、ブレーキの動作を感知できるし、ホイールにつければ回転センサーになる。何を感知させるのが面白いだろう?

Xon_log1_overlay_movie_exporter
複数のLOG-1とも連携できるらしいので、工夫次第ではさまさざまな使い方ができそうな気がする。

一方、ガチバイク乗りだと、セッティングを煮詰めたり、ライテクの情報として使うには、サスのストロークセンサーや、エンジン回転、ギアポジションなどの情報も欲しくなるところ。

だが、それを得るにはかなり大掛かりな工夫が必要になるし、バイク側への対応も必要だ。まずは、センサーをバイクに貼り付け、カメラを固定するだけでこのカッコいい動画が撮れるという手軽さが魅力だ。

Dsc04126

REC-1はいわゆるGoPro準拠のアダプターで接続できるようになっており、キットにはあるていどのアダプターも付属している。

Dsc04156

撮影がかなり高画質なので、長時間撮る(たとえば、ツーリングの間中ずっと撮影するとか、ドライブレコーダーとして使う)のには向かないが、一応、モバイルバッテリーを接続したまま、撮影できる(公称スペックにはないが、取材した所できるとの解答は得た)ので、SDカードの容量が間に合う限りの長時間撮影も可能(ただし、動画ファイルは20数分刻みのファイルに分かれてしまう)。

さて、何を撮ると面白いだろうか? スイッチを上手く使って、ブレーキングポイントを検出したり、シフトポイントを検出したりすれば面白いと思うのだが。

さて、Cerevoはグローバルニッチを追求し、マニアックながら、ワールドワイドで考えるとビジネスになる……という狭いカテゴリーの商品を出してくれる。

Dsc04109

特の『スポーツを可視化する』ことを目的としているXONシリーズは、スノボ用のSNOW-1を皮切りに、自転車用のRIDE-1、今回のREC-1、LOG-1など、ユニークな商品が次々と出てくる。

Dsc04113

これからのアップデートや、商品展開の拡大にも期待したい。

2017年3月 9日 (木)

abrAsusから『すわるパンツ』と『いざという時のジャケット』発売

『ひらくPCバッグ』や『薄い財布』など、従来の製品の機能をじっくり見直し、一からその製品の機能を考え直して作ることで、ヒット作を数多く生み出しているabrAsusから、『すわるパンツ』(1万2500円・税込)と、『いざという時のジャケット』(1万4800円・税込)という製品が発表された。

まぁ、例によって名前の通りの製品なのだが、順番にご説明しよう。

まず、『すわるパンツ』。

つまり、多くのパンツは、立った状態に最適化されているけど、座ってる時に不愉快だ。

お尻に、財布やスマホが当たった状態で、ずっと過ごしているのおかしくない? ということである。

というわけで、何がすごいって、車のシートに座ったままで、すべてのポケットの中のものが出し入れできる。

Img_0334
ポケットに入れておいてもストレスないし、スマホも財布も出し入れ自由なのだ。

パンツの裁断としては画期的なことに、真横に縫い目が来ておらず、前ポケット(というか内ポケット)と、後ろポケット(というか外ポケット)がどちらも横に配されているのである。

Img_0321
まず、abrAsusの問題提起はこれ。

Dsc03291
『ズボンのポケットの位置はおかしくないか?』と。

で、
1.座ってる時の快適さ
2.座った時の、財布スマホの取り出しやすさ
を追求して、40パターンも試作したのだそうだ。

その結果、作られたのがこの構造。

Dsc03299
ポケットは平行に配置されている。

しかもインナーポケットの方は独特な形状で作られており、長いスマホは深くまで入り、財布は奥まで入りすぎないようになっている。

履いてみるとこんな感じ。

スタイルとしては若干スリムなテーパーだが、カジュアルにもフォーマルにも着こなせる線を狙ったとのこと。

Img_0284

側面にはサイズを若干調整できるタブが設けられている。

Img_0328

続いて、『いざという時のジャケット』。

これも、まぁ、その名の通り。

もちろん、トラッドな会社だとみなさんスーツで出社されているのだろうけれど、IT系の会社さんや、僕らみたいな編集者は普段はTシャツで仕事をしている。急にお客さんが来た時に、Tシャツだとマズかったりする。

Dsc03306
まぁ、この恥ずかしさはなんとなく分かりますよね(汗)

急なデートでフォーマルなお店だったりしても、マズいわけですw

Dsc03307
そんな時に! ジャンじゃじゃーん!

Img_0307

まぁ、常時持って歩くわけじゃないだろうけど、会社に置いておくとかすればいいわけです。ホックを空けて、裏返すように広げると……。

Img_0309
こんな具合になります。

Img_0311
ジャケットがはいっていた部分は、裏返るカタチで内ポケットのような位置に入ります。

ちなみに、パンツの内側、外側の側面のポケット以外は、パンツもジャケットもポケットは全部ダミーです。そこにものを入れると本末転倒だし、ものを入れるならパンツの側面にということだそうです。まぁ、薄めの生地なので、ポケットにモノを入れるとカタチが崩れるので、そういうわけなら塞いでおこうということかもしれません。

身長175cm、体重67kg、48歳の私が着てこんな感じ。ちなみに、パンツもジャケットもLサイズ。

Img_0292
めっちゃお洒落かというと、ファッションに敏感な人にとっては、既存のフォーマットというものも大事ですし、ビミョーな部分もあるでしょう。でも、座るのが楽だし、いざという時にジャケットが出てくるというのは便利でもあります。そういう便利さ重視かと。

特にジャケットの方は、出張とかの時に便利かと。たとえば、海外出張で飛行機の中とか、滞在中の大半の時間はカジュアルでいいんだけど、プレゼンの1時間だけ、お客様と会う2時間だけはジャケットが欲しいという時にはピッタリだ。

また、長い飛行機の中なんかでも、このすわるパンツは楽だと思う。

Img_0317
おなじみ、ひらくPCバッグminiと組み合わせるとこんな感じ。

ちなみに、2月の下旬に受け取って、ちょっと試してみたのだが、座るのは楽でいいがその季節にはちょっと寒かった。これからの春夏に向けて合う感じの服だ。着心地は上々。ポケットの位置は大変便利なのだが、長年の習慣とは恐ろしいもので、財布を出そうとするとお尻側に手が行くので、なかなかこのポケット位置には慣れない。ただ、便利なことは確かなので、僕が慣れるかどうか、今後も試用してレポートしてみたい。

気になる方は表参道のSUPER CLASSIC直営店(港区南青山3-9-5 WISMA-1ビル2階)でもご覧なれるはずです。

(村上タクタ)









Next Levelのプレゼンを実現する『ロジクール・スポットライト』

会社内であれ、外であれ、プレゼンで人を説得しなきゃいけないシーンってありますよね。

世界では、PowerPointやKeynoteなどで、プレゼンテーションをしている人が、10億人いるのだそうです。

誰もが、スティーブ・ジョブズや、TEDのような説得力のあるプレゼンをしたい。しかし、プレゼンターを使っている人は、たったの200万人。つまり、あとの人はみんなパソコンを直接操作してプレゼンしているワケです……と語るのは、ロジクールのマシアス・ティルブさん。

Dsc03736
今日、ロジクールから発表され、2017年3月22日から発売されるロジクール・スポットライト(Spotlight)(1万2880円・ロジクールオンラインストア価格)は、そんなプレゼンターの悩みを解決する製品。

すべてのプレゼンターは『分かりやすく』『興味を持続させ』『緊張せずに』『時間内に』プレゼンをしなければなりません。スポットライトはそこを助けてくれるプレゼンターなのだ。

まず、一般的な赤色LEDのポインターで部分を指示するとこんな感じ。

Dsc03763

山頂付近を指しているのが、こんな感じ。分かります? 目立ちませんよね?

スポットライトなら、こんな感じ!

Dsc03773
ドン! これは目立ちます。

明かりを照射しているわけではなくて、プレゼンアプリから、ディスプレイ出力への間に介入して、指示している部分以外を暗く落としているのです。

Dsc03823
ちなみに、動作はジャイロセンサーで拾っており、腕の操作に連動するそうです。操作をしはじめた時に、画面のセンターから動作しはじめるようで、別にスクリーンの方向を感知してるわけではないようですが、極端に画面に近づいたりしない限り、まったく違和感なく操作できました。ポインターを操作しようとする時、一般的な人は最初にまず画面中央に向けるような操作をするもののようです。

ちなみに、プレゼンで頻繁に使うスライドを送るボタンは一番大きいもの。手前のボタンは戻る。奥のボタンを長押しすると、このスポットライト機能が動作します。

特別な機能はスポットライトだけではありません。奥のボタンをダブルクリックすると3つの機能が切り替えられます。

ひとつはスポットライト、2番目は拡大機能です。

Dsc03744
これも、人の注目を集めるのに非常に有効な機能です。しかも、スライド上で見にくい部分を大きく拡大して見せることができます。

たとえば、グラフの一部の細かい部分も、大きく拡大して見せることができます。

Dsc03819

観衆の席から見えないような、細かい表組みをプレゼンで見せられること、ありませんか? この機能さえあれば、そんな心配もないわけです。ただ、だからといって細かいエクセルの表組みがさらにはびこるようでは困りますが(笑)

3つめの機能がカーソルのコントロールです。これにより、スライドの途中の動画の再生ボタンを押すために、パソコンに駆け寄る必要がなくなります。

Dsc03784
もちろん、パソコンにドライバを入れる必要はありますが、ドライバにより、さらにタイマーや、各機能のカスタマイズ(円の半径なども変えられる)なども行うことができる。

Dsc03792

Macとウインドウズに対応。Macは10.10以降、ウインドウズは7以降に対応するとのこと。アプリはPowerPoint、Keynote、Google Slide、PDF、Preziで使えるとのことだが、スポットライトや拡大機能は別にアプリが立ちあがっていなくても使える。

Dsc03838
色は、ゴールド、シルバー、スレートの3色だが、シルバーはアップル専売。

Dsc03826
こんなパッケージに入っている。

Dsc03855
下のタブを引っ張ると、USB-Aに接続するドングル入っている。Bluetoothでも接続できるし、ドングルを挿せばそれと接続するというのも分かりやすい。充電ケーブルはUSB-C側をスポットライトに挿して、USB-Aで充電する。

Dsc03859
つまり、本体側はUSB-Cになっているのだ。

両端がUSB-Cの充電ケーブルと、USB-Cのドングルがあれば、USB-C世代にも対応できる。もちろん、まだそんなアナウンスはないが、今後、USB-Cの普及次第では、そういう風に進化可能なようになっているのではないだろうか?

MacBook Proユーザーとしては、すぐにでも完全USB-C仕様にしてほしいところだが。

『スポットライト』や『拡大』機能は、間違いなく、今後のプレゼンの特徴になっていくだろう。

聴衆の注目を、一気に集めて、自信たっぷりにプレゼンしたいなら、他の人に先んじてスポットライトを手に入れよう。

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー