デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

ムービー一覧

ムービー

2016年9月 1日 (木)

Olympus TG-Trackerで撮る、サーキット激走動画 #TGTracker

TG-Trackerは面白いですよね! バイクのみならず、自転車、サーフィン、ダイビング、スキー、カヌー……などなど、アクティブ系の趣味をやっている人必携です!

Olympusのログ取りカメラ、TG-Trackerをくっつけてサーキット激走して動画撮ってきました。



走ってるサーキットは、千葉の袖ケ浦フォレストレースウェイ。弊社のライディングパーティっていうサーキット走行イベントで走ってます(みんなも走りに来てね!)。

レースイベントでなくて、革ツナギさえ来てたら、自分のバイクでサーキットを走れるイベントです。こんな感じで走ってます。

Img_8903
昔、バイク雑誌にいたよしみでマーシャルとして走っているので、バイクは全部借り物で、だから映像のたびにバイクが違うわけです。

カメラは、GoProマウントでバイクに固定してみたり、胸のところに付けてみたり、シートカウルに固定してみたり、いろいろやってみました。

Dsc05068
バイクに固定すると映像はきれいになるけど、動きがあんまり出ないのね。身体に固定している方がグラグラするけど、乗ってる感の迫力は出る(笑)

Img_7832
ちなみに、このカメラはGPSのログとかも録ってくれるから、地図にはちゃんとサーキットのどこを走ってるか表示してくれて面白い。これツーリングでも面白い記録が撮れそう。こんどはツーリングでやってみよう。


サーキットをバイクで走っても、山を歩いても面白いTG-Tracker。アクティブな趣味を持っている人は一台持ってると面白いと思います。

こちらもどうぞ。

5秒に1回写真を撮りながら8時間山歩きした動画【TG-Tracker】


(村上タクタ)

2016年2月20日 (土)

iPhoneでしか見れない? 古代文字を見る方法

こんにちは。Blogでは初めましてですね、
flick!別冊"ほぼレギュラーライター"弓月ひろみです。


#𓀀𓀁𓀂𓀃𓀄𓀅𓀆𓀇𓀈𓀉𓀊𓀋𓀌𓀍𓀎𓀏𓀐𓀑
𓀒𓀓𓀔𓀕𓀖𓀗𓀘𓀙𓀚𓀛𓀜𓀝𓀞𓀟𓀠𓀡𓀢𓀣𓀤𓀥𓀦𓀧
𓀨𓀩𓀪𓀫𓀬𓀭𓀮𓀯𓀰𓀱𓀲𓀳𓀴𓀵𓀶𓀷𓀸𓀹𓀺𓀻𓀼𓀽
𓀾𓀿𓁀𓁁𓁂𓁃𓁄𓁅𓁆𓁇𓁈𓁉𓁊𓁋𓁌𓁍𓁎𓁏𓁐𓁑𓁒𓁓𓁔
𓁕𓁖𓁗𓁘𓁙𓁚𓁛𓁜𓁝𓁞𓁟𓁠𓁡𓁢

突如としてTwitter上に現れた、謎の古代文字。
「バカっ……この呪文を唱えるなんて……!」
という人達の声が聞こえてくるようです(私も言いたい)

皆さんには今、どんな風に見えていますか?

こんな風に見えているならば「見えた人」


99c4e5de2c064d0bacdf9eec923f0851



こんな風に映っていたら「見えなかった人」です。


27d0416f8c12465caf1ae4fc0fea2cf8




実は、これが見える人は、古代エジプトに繋がるDNAを持つ古代種。
見えない人は、近未来世界でこの古代種と敵対するであろうミュータントで……
…ということではありません、残念ながら。

謎は深まるばかり……と行きたいところですが

見られない人の環境で、四角い穴「□」に「?」が入って表示されてしまうのは、この文字が機種依存文字(または環境依存文字)であることを示しています。特定の端末や環境でないと、見られない文字のことですね。時々Twitterなどに出回る「iPhoneでしか見られない顔文字」も機種依存文字がその中に含まれているからです。

とはいえ、iPhoneでもAndroidでも、あの「謎の古代文字」を入力するキーボードはありません。
コピー&ペーストするとかありません。では、最初の人物は、どうやって入力したのでしょうか?

答えはこちら。

20160220_135820

実はコレ、Googleが配布している、無料フォントの一部なんです。

引用

When text is rendered by a computer, sometimes characters are displayed as “tofu”. They are little boxes to indicate your device doesn’t have a font to display the text.
Google has been developing a font family called Noto, which aims to support all languages with a harmonious look and feel. Noto is Google’s answer to tofu.
The name noto is to convey the idea that Google’s goal is to see “no more tofu”.
Noto has multiple styles and weights, and freely available to all.
The comprehensive set of fonts and tools used in our development are available in our GitHub repositories.


文字が「豆腐」のように表示されるのは、表示する為のフォントを持っていない から。Googleは"見えない文字をなくすための答え”として「Noto」というフォント開発をスタートさせたよ、Googleのゴールは「ノーモアト ウフ」!その頭文字をとって「Noto」ってフォント名にしたよ!ということが書いてあります。

まさか我々日本人が「古代エジプト文字だ!iPhoneでしか見られない!」と騒いでいるところに「Google」が登場して、
「トウフを無くすためだよ!」なんて仰るとは思わなかったので、一瞬疑ってしまいましたが、本当の話です。

 

今回話題なったフォントの名前は「Noto Sans Egyptian Hieroglyphs」。
エジプトヒエログリフですね。さっそくこちらのサイトから、ダウンロードしてみました。

20160220_142618

他にも、Notoには様々な種類があり、その中には「絵文字」も含まれています。

20160220_142538

iPhoneやAndroidでは、ダウンロードとインストールはできませんがパソコンからは可能です。

Macの場合はインストールしたフォルダから下記のアイコンをクリックすると……

20160220_142842_2


このようなウィンドウが出てきますので、「フォントをインストール」すればOK。

20160220_142636「インストールしたって、どうやって使うんだよ?」という方は……そうですね、

「ヒエログリフ 辞典」で検索してみると、案外答えが見つかるかもしれません。(保証しませんが……)

せっかくなので、「古代エジプトの謎を解く」というところから初めてみるといいかもしれませんね。

以上、flick!別冊では、ほぼレギュラーライター、弓月ひろみからの謎解きでした。

(弓月ひろみ)

2015年5月 1日 (金)

『村上編集長のMetaMoJi Note塾』第3回目のVol.02『まずは線を引いてみよう』

MetaMoJi Note エヴァンジェリストの村上タクタです(笑)

『村上編集長のMetaMoJi Note塾』の2回目に、いきなりScanSnapとの連係についての『特別編』が上がってしまったので、今回は第3回目でVol.02っちゅうナンバリング的にはちょっと微妙なことになっておりますが、気にせず進みましょう。

とにかく、私がメモアプリとして愛用しているMetaMoJi Noteの使い方を、微に入り、細に入り説明してきます。

今回は『まずは線を引いてみよう』という当たり前の作業ですが、だんだんステップアップしますので、まずはしっかり付いてきて下さいね!

ぜひ、ご覧下さい&シェアいただけたら、嬉しいです!

2013年9月27日 (金)

GoProとマルチコプターによる空撮映像

フリック! 編集部にて製作した、『RCヘリ フライト&セッティング2014』のマルチコプター企画取材時に撮影された空撮ムービー。

機材はGoPro HERO3 BLACK EDITION、WHITE EDITION+DJI PHANTOM。ジンバルはDJI Zenmuse H3-2D。

安定したマルチコプターと2軸ジャイロ装備で機体の傾きに関わらず、水平を維持する2軸ジャイロ入りジンバルのおかげで、非常にステディな空撮ムービーを撮影することができる。ガジェット好きなら興味あるはず⁉ 

詳しくは、『RCヘリ フライト&セッティング2014』に掲載されております。ぜひ一緒にごらんを! 

Rc2014_2

 

2013年8月 9日 (金)

オリンパス・Stylus TG-2 Toughの耐衝撃テスト映像

フリック! 9月号の取材でお邪魔した、オリンパスの石川技術センター。

そこで、タフシリーズコンデジのフラッグシップ、TG-2の衝撃テストを見学させていただきたので、そのときの高速度撮影ムービーをお届けします! 

2.1mから自由落下させるわけですが、想像以上に高い! 最初に聞くと、ビクッとしてしまうのではないかというほど床に当たった時の衝撃音はかなりのもの。映像を見ると、当たった瞬間、ボディが一瞬ゆがむのがわかります。それでもちゃんと機能するTG-2の耐衝撃性能には驚くばかり。これを6面、8角、12辺の合計26か所行うわけです。実際の使用シーンでも頼もしいものだと感じました。
こんなタフネスを実現しているTG-2の秘密はフリック! Vol.23 9月号にてご覧ください! 

2012年7月10日 (火)

AR.Drone 2.0ムービー

フリック! Vol.10 8月号楽しんでいただけますでしょうか?
Newsstandにも対応し、よりご購入しやすくなりましたので、まだご覧になっていないかたはぜひ!  

さて、Vol.10のp.058から紹介しております、iPhone、iPadやアンドロイドなどのスマホやタブレットで
操縦できる、AR.Droneの第二世代、AR.Drone 2.0のテストフライトの模様を公開します。
フライトはうまくないですが、新しい720pのHDフロントカメラでどのように空撮映像が撮影できるか、
参考にしていただければと思います。
途中、解像度が落ちますが、それは底面の320×240ドットのカメラになります。
さらに、後半では、新しい機能、ループにもトライしております。
というか、右ボタンのダブルタップのみでできるので、特に難しくもないのですが。
ちなみに、外観のムービーはiPhoneとLUMIX GX1にて撮影しております。
編集はMBP標準のiMovieとプリインの音楽なので、あしからず(^_^;)

純粋にフライト自体も楽しいのですが、AR.Drone 2.0の新機能である、映像の記録機能による、
HD空撮映像の撮影ができてしまうのが驚きです。
これまでは、操縦の難しいラジコン飛行機やヘリなどに、なるべく軽くて小さなカメラ探してきて、
搭載するための加工を施して、角度を合わせて……などなど、個人のホビーレベルで空撮映像を撮影するのは、
かなりの困難と手間を要しましたが、AR.Drone 2.0ならそんなこといっさいしなくても簡単にできてしまうのが凄い! 
ぜひ、一度体感してみていただきたい、画期的なモデルに仕上がっております。

ただ、くれぐれも人気のない場所にて飛ばしてくださいね。安全にできているとはいえ、怪我をさせてしまう恐れもありますので……

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー