デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

blog一覧

blog

2017年10月19日 (木)

Adobe Creative Cloudがアップデート。新Lightroomが登場!? 『Classic』が付いたこれまでのLightroomはどうなる?

ラスベガスで開催されているAdobe MAXで、新しいCreative Cloudが発表されました。

 

Adobeがクリエイティビティのプラットフォームと居続けるCreative Cloudは、『Next Generation Experiences』と題し例年以上に大規模なアップデートを行っています。

 

気になるのはやはり新しいアプリケーション。デザイン/Webデザイン関係としてAdobe XD、Adobe Dimension、Adobe Sparkが、ビデオ関係としてはAdobe Character Animatorが登場。そして写真関係としてLightroom CCが新たにリリースされています。

 

Dimension_cc_decal

↑パッケージデザインなどに最適なグラフィックデザイナー向け3Dツール『Adobe Dimension』

 


Lightroomがふたつに?

デジカメの進化、そしてスマホの登場になった写真。記録のため、作品としてといった役割だけでなく、Instagramの流行などからもわかるようにきれいで手軽に撮れるようになった写真は、大切なコミュニケーションツールとしても大事なものになっています。また、その量も大幅に増えていて、賢い管理もまた重要なものに。そんな写真データの管理、画像処理を行うソフトがAdobe Photoshop Lightroomです。

 

そんなLightroomですが、先にも触れたとおり、今回のアップデートで新たに『Adobe Photoshop Lightroom CC』が登場しています。この『Lightroom CC』はクラウドベースのフォトサービスで、画像処理もできますが主な役割は写真の管理。用意される1TBのクラウドストレージ上にフル解像度の写真データをバックアップすることが可能で、PCのアプリからはもちろん、スマホアプリなどからもアクセス可能。端末を問わず写真を見たり、編集することができます。

 

Adobe_lightroomcc_macbookpro_3

↑ネーミング的にはメインはこっち? クラウドでの写真管理が得意な『Lightroom CC』。

 

一方、従来のLightroomは『Adobe Photoshop Lightroom Classic CC』に名前を変えて進化。プレビュー生成の高速化をはじめとしたパフォーマンスの向上だけでなく、色域・輝度指定マスク作業ができるようになるなど機能の追加が図られています。『Lightroom Classic CC』は、これまでのLightroom同様、ローカルだけでなくクラウドにも写真を保存することが可能です。

 

Lightroom_classic_cc_color_range_ma

↑ローカルでの写真編集が得意な『Lightroom Classic CC』。

 

同じLightroomの名前を持つだけに、できること、役割は大きくカブっていますが、『Lightroom CC』は、写真の管理や共有が得意なツール、『Lightroom Classic CC』は写真の編集が得意なツールになっています。併用する必要はなく、PCだけでなくスマホやタブレットでも写真を見たい、編集したい、そしてSNSへも投稿する機会も多いといったユーザーであれば『Lightroom CC』のほうが便利だし、編集作業がメインだというユーザーであれば『Lightroom Classic CC』を選べば問題ないと思います。

 


写真の管理と保存、どうしよう?

とはいえ、気になるのはネーミング。新サービスが『Adobe Photoshop Lightroom CC』となっているのに対して、これまでの進化版であるはずのツールには『Adobe Photoshop Lightroom Classic CC』と『Classic』というワードが追加されています。

 

この『Classic』、日本語の『古い』という意味ではないとのことですが、従来の延長にあるほうに『Classic』とついてしまうと、遠くない未来にツール自体がなくなってしまうのではないか……という不安も……。

 

過去、写真共有サービスであるFlickrが料金体系を見直しを行った際、大混乱を起こしたり、Adobe自身も画像保存サービスである『Adobe Revel』を終了させました。写真データは容量が大きいこともあり、終了するサービスから他に移るにしてもその作業は大変で面倒なものです。また、写真は二度と手に入らないものす。それらを管理・保存するサービスはとても重要なものはずですが、途中でサービス自体が終わってしまうという出来事が少なからずありました。

 

『Adobe Revel』が終了する際に提案されたのがLightroomへの移行。そのLightroomに『Classic』というワードが追加された……ということは……。どっちを使えばいいのか? クラウドベースで新しい『Adobe Photoshop Lightroom CC』にさっそく移行したほうがいいのか? それともこれまで通り『Adobe Photoshop Lightroom Classic CC』のままでいいのか? Lightroomはプロが使うことが多いツールだけに、ふたつのLightroomが用意されたことによる混乱は少なくないようです。すぐに決めてしまう必要はないのですが。

 

Adobe_lightroomcc_editanywhere

↑クラウドでの写真管理が普通になった現在、新『Lightroom CC』が写真保存の定番になるのかしら。

 

料金は『Lightroom CC』『Lightroom Classic CC』『Photoshop CC』が使えるCreative Cloud フォトプランが980円/月(税別・20GBクラウドストレージ、1TBのクラウドストレージ付きプランは1980円/月)、新たに設けられた『Lightroom CC』のみが使えるLightroom CCプランは980円/月(税別・1TBのクラウドストレージ付きプラン)になっています。

 

また、『Lightroom CC』『Lightroom Classic CC』は4980円/月(税別)のすべてのツールが使えるコンプリートプランでも利用可能です。ただしクラウドストレージは100GB〜。気がねなくクラウド上で写真データを管理・保存するには増量する必要があるようです。


(安井克至)

2017年9月12日 (火)

iPhoneが発表される、Steve Jobs TheaterとApple Parkに行ってみた

シリコンバレーに着きました。明日に備えて身体を休めるべきなんでしょうが、いてもたってもいられず、iPhoneが発表される、Steve Jobs TheaterとApple Parkに行ってみました(まだ入れないけど)。

とりあえず、旧アップル本社、Infinity loop 1にも行きました。

Img_1623

こちらも以前と変わらず営業中に見えます。人の出入りもたくさんあります。

入り口の、国旗、州旗、アップルの端は半旗になっています。おそらく今日が9月11日だからだと思われます。

Img_1630

横のTシャツなどを売っているカンパニーストアは、縮小されてApple Storeになってました。Tシャツなどはちょっとしか売ってませんでした。

Img_1631

さて、いよいよ、新しいアップル新社屋に行ってみましょ。両者の間は直線距離で1マイル。1.6kmほど。ルートで行くと2〜3kmあります。途中、なんにもないので、歩くには少し遠い感じです。

(地図B)

Img_1662

途方もなく大きいので、よくわかりませんが、遠目に見る限りでは、中でお仕事をされている風には見えません。情報によると、もう一部引っ越しは始まっているようなのですが……。まぁなにぶん巨大なので、あくまで見える範囲では。

ここは従業員用の入り口のようです。

(地図C)

Img_1645
正面に見えるのは従業員用の駐車場なのでしょうか? 右手にある岡が、明日発表会のあるSteve Jobs Theaterだと思われるのですが……見えません(汗)

入り口はこちらのようです。

(地図D)

Img_1652
アップルらしい造形ではありますが、まさに公園の管理事務局みたいな風情であります。中は、公園の中を小道が通っているような風情になっており、まさに全体が『Park』としてデザインされていることが分かります。

以前もレポートしましたが、太陽光を通すガラスパネルと、自然の風を活かした構造により1年のうち9カ月は冷暖房を必要とせず、屋上に設置されたソーラーパネルにより、完全に再生可能エネルギーだけで動作するようになっているという。

ともあれ、内部は見えないので、今日は諦めるしかありません。あまり近づくと警備の人に睨まれます。

さて、これまで敷地だと思っていた場所の外にも建物が立っていました。

(地図E)

Img_1654
こちらも木々に覆われていてよく見えません。ユーカリの木ではないかと思います。

こちらは、Apple Park Vistor Centerとなっています。
Img_1657

これが何のための建物なのかは、明日になると分かると思います。

これより近寄ると警備の人に追い払われます(笑)

Img_1660

Apple Storeのような構造ですが、2階にも上がれるようです。他の多くのストアと同じように製品を売るところなのか、それても他の役目があるのでしょうか? 

それぞれの位置関係をAppleのマップアプリ上に描き込むとこんな感じになります。けっこう広くて遠いことがお分かりいただけるのではないでしょうか?

Fullsizerender_4

明日になれば、いろんなことをレポートできるようになると思います。現在こちらは深夜0時。日本は夕方の16時でしょうか? 明日のレポートに備えて、こちらは眠りに就くことにします。

(村上タクタ)





2017年7月14日 (金)

IoTで『服薬』を管理する薬箱。アイデアが短期間でカタチになる医療系API『CareKit』で開発

凸版印刷とデンソーウェーブがiPad連動型の通信薬箱を発表しました。

P7104219

↑iPadと通信薬箱はBluetoothで連係。専用アプリで服薬のアラートや通知を出す

ICタグを付けた薬包を箱を管理。朝、昼、晩と飲むために薬を取り出すと箱が服薬状況を取得して記録します。連動したiPadは飲み忘れを防ぐための『服薬アラート』や残薬量を表示するだけでなく、Wi-Fiを介して情報をクラウド上にデータをアップ。それにより、家族やお医者さんにちゃんと薬を飲んだのかを知らせる機能も搭載しています。

凸版印刷はICタグ薬包と通信機能付き薬箱の開発を担当。デンソーウェーブはこの通信機能付き薬箱に組み込む、複数の薬包に取り付けられたICタグを非接触で一括読み取りする920MHz帯RFID読み取り技術を担当しています。

実証実験の結果、服用を促すアラートや画面表示は飲み忘れを防ぐばかりか、遠くにいる家族に安心感を与えることもできたとのこと。また、現在、家庭に残っている薬の量がリアルタイムで即座にチェックできるだけでなく、薬局などでもらえる『お薬手帳』では確認に時間がかかったり、記録漏れが生じていましたが、通信機能付き薬箱があれば服薬履歴も簡単に把握できるようになります。

P7104259

↑薬包ひとつひとつにICタグを付けて管理。薬が箱から取り出された情報をクラウドに上げ管理する

この通信機能付き薬箱の開発にはAppleが提供するオープンソースフレームワーク『CareKit』を使って開発されたとのこと。Appleは医学研究向けに『ReserchKit』オープンソースAPIを提供しています。こちらは医療の研究機関などが開発したアプリを介して、被験者から確実ながらこれまでにないほどの膨大な量のデータを収集し研究を進めることができるというもの。

一方、『CareKit』は個人向けの医療にフォーカスしたもので、世界的にこのAPIを使って開発されたアプリの数も増えてきているとのこと。

A00cdbe8972f4bf99285906932bd3762

↑『CareKit』を使った専用アプリ。UI、UXはテンプレートから選ぶだけでOK。デジタルに疎い年配の方でも、いつもの慣れた操作でアプリを操作できる。

今回発表されたiPad連動型の通信薬箱は『CareKit』を使って開発されました。その大きなメリットは、iOSアプリ用なので対応するデバイスが多いこと。セキュリティの高さが確保されていること。そしてUI、UXのテンプレートが用意されていることにあるといいます。

通常、一からアプリを開発する場合、デジタルに疎い人でも使えるようにUI、UXのデザイン調整は何度も検証を繰り返して行うものですが、『CareKit』ならテンプレートから選ぶだけでOK。そのため、『CareKit』を使えば開発期間を大幅に短縮させることができます。実際、凸版印刷とデンソーウェーブが開発したこの通信薬箱はアイデアから数ヶ月でカタチになったとのこと。

このiPad連動型の通信薬箱は、まだプロトタイプ。薬箱のデザインやサイズ、iPadとの装着方法(iPadはBluetoothで薬箱と連動。ユニバーサルアプリなので、iPhoneでも連動可能)から、お昼に外出するためふたつ取り出した場合の管理方法、そして薬包へのICタグの装着方法やそのコストなど製品化するために考えなければならないことは残っています。

A8423ef24bb749f3a633e260b7580786

↑通信機能付き薬箱はまだプロトタイプ。『CareKit』を使えば、服薬状況などをApple Watchに表示させることも簡単だ。

これまでなら、商品化以前、アイデアをカタチにするまでにかかっていた膨大な時間を、『CareKit』は圧倒的に短くしてくれます。『ReserchKit』を活用したアプリが雨後の筍のように増えているように、『CareKit』を使ったアプリ、そしてそれと連動する機器も増えていくはず。

これからの技術として注目を集める『IoT』。その普及は、医療の分野から本格的なものになっていくのかもしれません。

2017年7月 7日 (金)

HHKB BTに白色モデル! 先行販売中 今なら先着1000名に専用ケース、プレゼント中

プロが愛用するキーボードとして人気のHappy Hacking Keyboardシリーズ。ハイエンドモデル、HHKB Professionalシリーズを元に開発された初のワイヤレスタイプ『Happy Hacking Keyboard BT』の登場は記憶に新しいところ。

Img01

ワイヤレスなのでデスクがすっきりする。Bluetooth接続でパソコンだけでなくiPadなどのタブレットとも接続可能。さらに携帯性も向上するなど、HHKB BTは人気のモデルだが、カラーは『墨』の1色だけだった。

『ブラック』ではなく『墨』と名付けられたカラーリングはシックでいい感じのものだが、一部ユーザーからは「オフィスに合ったカラーが欲しい」「他の周辺機器とカラーを合わせたい」という声があがっていたという。

そこで登場したのが新色『白色モデル』だ。『墨モデル』と同じく、英語配列、日本語配列、無刻印モデルの3種類がラインナップされている。

Img04_png英語配列モデル

Img07_png無刻印モデル

Img10_png※日本語配列

7月13日(木)までPFUダイレクト Amazonショップで先行発売中。先着1000名までHHKBスマートケースのプレゼントがある。商品は7月14日(金)から順次、到着とのこと(※7月10日までの注文は7月14日に到着。ただし一部の地域・離島を除く)

2017年5月19日 (金)

オジサンも胸きゅんするラブストーリーは、Premiere Proで作られた

5月27日(土)から、映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』が公開されます。

A(c)mamadame production committee


偶然、Facebook上で出会った日本人の茂木さんと台湾のリンちゃんの海を越えた恋愛模様を描いた作品で、実話を元にしています。リンちゃんのFacebookページは現在も続いています。さらにページをまとめたフォトブック『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』も出版されており、こちらが原作になっています。

Photo_2

▲『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』のFacebookページ

本作品はAdobe Premiere Pro CCで全編編集された。Premiere Proならカラーグレーディングを始め、さまざまな作業が可能。専門の編集マンはいたものの、主演の中野裕太さんと監督である谷内田彰久さんは、ああでもないこうでもないと夜な夜な編集を進めたとのこと。さらに試写会も何度も行い、参加者の意見を受けて再編集という作業を繰り返して完成。

限られた予算の中、何度もフィードバックを反映できるのは、プロフェッショナルのためのソフトながら安価で利用できるAdobe Premiere Pro CCを使ったからとのこと。

Photo_3▲Adobe Premiere Pro CCの編集画面

D ▲主演の中野裕太さんと監督の谷内田彰久さん

Facebook上での偶然の出会いからエンディングまで、作品は胸きゅんなシーンがいっぱい。40歳を超えたオジサンでもきゅんきゅんしてしまいます。(ただ、もうこんな日は自分にはこないのか……と、せつなくなってしまいますが)

公開は来週、5月27日(土)からです。


●映画情報
『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』
2017年5月27日(土)新宿シネマカリテ、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて公開。他、順次全国公開
監督:谷内田彰久
出演:中野裕太、簡嫚書(ジェン・マンシュー)、王彩樺(ワン・サイファー)、蛭子能収
公式Facebook:https://www.facebook.com/mamadame.movie/
公式サイト:http://mama-dame.com/

E (c)mamadame production committee

▲日本だけでなく台湾でも上映される

2017年2月21日 (火)

「再起動」したNuAns NEO[Reloaded]は、Andoroidを搭載し、おサイフケータイにも対応

スマホアクセサリーメーカーがトリニティ初のスマートフォンとして、2016年に発売されたNuAns NEO


上下のカバーをそれぞれ付け替えられる自由度の高さやWindows 10 Mobileを搭載していたことなど、大手メーカーの製品にはない、強い個性を持ったNuAns NEOの後継となるNuAns NEO[Reloaded]が登場する。

A

Android 7を搭載するNuAns NEO[Reloaded]。サイズなどは前モデルとほぼ同様。TWOTONE(カバー)は前モデルのものをそのまま使うことができる。

あくまでもトリニティが『いい』と考える商品を具現化するコンセプトに変わりはないが、前モデル発売後に寄せられたニーズも取り入れられることで、NuAns NEO[Reloaded]はより多機能で完成度の高いモデルに仕上がっている。

B

NuAns NEO[Reloaded]の開発について語るトリニティの星川哲視代表取締役。


その特徴は大きく次のとおりになる。


・Android 7 Nougatを搭載
Windows 10 MobileからAndroidに変更。Nexusシリーズと同様、メーカーによるカスタマイズなし

・3450mAhの大容量バッテリーを採用
NEO同様、バッテリーは大きめ。充電時間を短くするためQuick Charge 3.0に対応

・5.2インチフルHD液晶ディスプレイを採用
5インチから5.2インチに拡大。曲面ガラスでも割れにくいDragontrail Proを採用

・指紋認証センサー搭載

・おサイフケータイ対応

・docomo、au、Softbankの回線に対応(auのVoLTEにも対応)

・生活防水・防滴仕様


NuAns NEO[Reloaded]はSIMフリー端末だ。通信費が安いMVNOのSIMを利用するSIMフリー端末は、価格を抑えるために性能を抑えたモデルも多いが、NuAns NEO[Reloaded]は機能的にキャリアが提供するハイエンドモデルに匹敵する充実した仕上がりになっている。特に生活防水・防滴仕様、そしておサイフケータイへの対応はSIMフリー端末としては先駆けとなる。

D

新モデルもデザインや機能性をユーザーがいつでも自由に選択、変更できる『COREコンセプト』を踏襲。天然の石を使ったカバーも追加され上下各26種類がラインナップ。フリップタイプのケースもある。

価格はコア(本体)が4万6111円(税別)。背面のカバーは1400〜1833円(1枚、税別)でフリップタイプのカバーは2750〜3680円(税別)となる。

E

主要な販売先はAmazonやビックカメラ、ヤマダ電気、そしてY!mobileとなっている。現在、先行予約受付中で2017年5月より出荷が始まるとのことだ。

2016年12月16日 (金)

【無料で1-3まで】まだ身体が覚えている! スーパーマリオがiPhoneに【配信開始】

011無料で1-3までプレイ可能。iPhoneだけでなくiPadでもプレイ可能

iPhoneでスーパーマリオがプレイ可能に!!

iPhone 7/7 Plusの発表会でお披露目された『SUPER MARIO RUN』が配信されました。

マリオは強制的に右に移動、ディスプレイをタップするとマリオがジャンプ。事前のアナウンスどおり、「片手だけで」操作してプレイします。

懐かしのファミコン版『スーパーマリオ』を楽しんだ身としては、戻れない、Bダッシュができないができないこと。そもそも十字キーがないため、土管の上に乗った際、入ろうと思うものの何もできない……など、違和感はありますが、それも2、3ステージクリアする頃にはなくなります。

021

やるべきことはあの『スーパーマリオ』。フラッグを目指せ!

コインを集めて、ゴールを目指せ!!
制限時間は60秒。落ちたり、クリボーに接触するとペナルティで戻されてしまいます(またコインも5枚失います)。3回ペナルティをくらうとゲーム終了。ただしマリオが地面を走っている際、クリボーなどに接触すると小さく飛び越えるので、これまでのタイトルと比べて死にづらい仕様です。

ステージを走破して、フラッグに飛びつくことでクリアになりますが、その間、獲得したコインの枚数がポイント。コインは自分だけの世界を作る『王国づくり』での買い物に必要です。ステージには、ピンク色のコインが5枚があり、5枚揃えることで最終獲得コイン数もアップします。

ゲームは、ステージをクリアしていく『ワールドツアー』や『王国づくり』だけでなく、獲得コイン数などを競う『キノピオラリー』で構成されれいます。『キノピオラリー』はフレンドや他のユーザーとの対戦になり、『ワールドツアー』をクリアしたり購入したりして手に入る『ラリーチケット』を使って行います。

0311200円で全ステージがプレイ可能に。プレイには通信環境も必要

1200円買い切り。通信容量に気をつけて

『SUPER MARIO RUN』は、無料でダウンロード可能。WORLD 1の3ステージまでプレイ可能です。それ以上、プレイするためには1200円で全6ワールド(なので6×4=24ステージ)プレイできるようになります(クリア後に出現するステージなどありそうですが……)。この1200円には、ラリーチケット20枚、コイン3000枚、ハテナブロック1つも付いてきます。

まずは無料で3ステージを体験。おもしろければ1200円で全部プレイするという仕組みです。

また、『SUPER MARIO RUN』はステージを開始、終了する際に通信が必要です。そのためスムーズに遊ぶためにはネットワーク環境下でなければなりません。地下鉄での移動時など、通信が途切れた場合、ステージを攻略している途中であればそのままプレイできますが、クリアした後にエラーが出ます。その場合、通信できる環境で『リトライ』すればOK。強制的にアプリを落とさなければ記録は残ります。

どれくらいのデータ量をやりとりしているのかわかりませんが、移動時、4G/LTE回線下で熱中すると通信容量制限に達してしまう……という可能性があるので、注意しておきましょう。

2016年9月12日 (月)

【今日から】flick!60 バージョンアップ版配信スタート

9月10日配信号では白いページが入っていた最新号、flick!60・10月号ですが、本日バージョンアップ版の配信がスタート!

9月8日に発表されたiPhone 7/7 Plus、そしてAirPods、Apple Watch Series 2など、未発売アイテムのファーストインプレッションレポート記事を読んでいただくことができます。

B

本日(9/12)現在、雑誌オンライン、Google、BookLive、BOOK WALKER、GALAPAGOSでは配信済み。その他のサービスでも随時、バージョンアップ版が配信されていきます。

さらに明日(9/13)からはKindle Unlimitedでも最新flick!60・10月号バージョンアップ版が配信される予定です。

すでにダウンロードいただけている方は、一旦、デバイス内の電子雑誌データを削除していただき再ダウンロードしていただければバージョンアップ版に更新されます。

読者の皆様にはお手数をおかけしてしまい、申し訳ございません。そのかわり5日前に発表されたばかりのiPhone 7/7 Plusの記事を掲載することができました。

ぜひ! お試しください!!

A

※バージョンアップ版はロゴマークがピンクになっています。

2016年9月 8日 (木)

【iPhone 7/7 Plus】Apple Special Event リアルタイムレポート[4]

【iPhone 7/7 Plus】Apple Special Event リアルタイムレポート[3]

2017年11月

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー