デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« PayPayの「第2弾100億円キャンペーン」終了(あと1時間半ほどで) | メイン | flick!6月号 vol.92、日曜日夜24時配信開始! 大幅増ページ、Oculus QuestとQRコード決済特集! »

2019年5月16日 (木)

日産の自動運転ProPILOT 2.0の説明会に行って来た

日産の自動運転、ProPILOT 2.0の発表会にお邪魔してきました。

今年秋のスカイラインに登載されるそうです。

001

新しいモノ何でも好きな、私、村上タクタですが、自動運転については懐疑的です。そもそも運転が好きだから、自動でやってもらう必要はまったくないというのもありますが、元バイク雑誌編集者なのでモータリゼーションに詳しいからこそ懐疑的というのもあります。ちょっと前に詳しかった人が一番ネガティブという典型的パターンかもしれません(笑)

さて、『技術の日産』『やっちゃえ日産』のCMでE.YAZAWAさんが、おっしゃってる通り、日産にはPro PILOTという自動運転があります。

これは高度なクルーズコントロールというか、前方のクルマと一定の距離を保つように加減速しながら、レーンに合わせてステリングも切る……というものです。

それに対して、ProPILOT 2.0は当然、次のステップに進んだ制御をしています。

002

お話下さったのは、本日付けで、副社長に就任した中畔邦雄さん。

さて、Pro PILOT 2.0は高速道路のナビ連動ルート走行と、同一車線内のハンズオフ機能を組み合わせたもので、これは世界初だという。

Img_5621

3D高精度地図データというのは、実装に基づく路面データで、道の形状はもちろん、車線、路面のバンプに至るまで、10センチレベルの単位のメッシュで、道路のデータを実走して取得したもの。

肉眼では見えない、コーナーの先の道路状況などを持って走行することができる。

004

一方、走行時の周囲のデータ取得もすごくて、正面に150°、54度、28度の画角のトライカムを装備。一番遠方をスキャンするフロントレーダー、左右に4つ装備されたサイドレーダー、近辺の障害物を感知する12個のソナー、アラウンドビューモニターのカメラ4個……というカメラとセンサーで、周囲の状況を把握している。

003

これらの情報を元に描き出したのが、この画像。どのぐらいの距離に何が走っていて、車線はどこか、などを把握している。青い線の内側は何もないセーフティーなエリアとして認識している。

005
これらのデータを元に、ナビで示された方向へ、車線をキープして走るというワケである。ジャンクションなどは自分でハンドルを握る。

006

車線内に遅いクルマがいると、サジェストがあって承認すると、ウィンカーを出して、車線変更し、追い越し、元の車線に戻るということを自動でやってくれる。

ドライバーの状況も見ていて、たとえば眠ってしまいそうになって、前を中止していないと、何度かアラートが出るし、最終的には安全のために減速して止まる(路肩に寄せるかどうかは問い合せ中)。

でも、まぁ、やってくれるのはそこまでだ。

技術の日産をもってしても、今のところナビを組合せた高速道路のレーンキープ+αがせいいっぱいということだ。これをレベル2の自動運転というのだそうだ。

レベル2の自動運転では、運転の責任はすべてドライバーにある。たとえば、Pro PILOTが何故か動作せずに追突したりして、責任は100%ドライバーにある。

ここから、次のレベル3の自動運転までは大きな隔たりがあるらしい。

ただ、僕はそれでいいと思っている。

運転は高度な知的作業で、絶対に失敗は許されない。または、失敗があった場合、誰かが責任を取る必要がある(僕はここが運転のキモだと思っている)。

僕の経験だけでも、鹿が飛び出して来てぶつかったこともあるし、高速道路に冷蔵庫が落ちていたこともあるし、ランプウェイを走っていると正面から逆送のバイクが入ってきたこともあるし(運転してたのは僕ではないけれど、後続のクルマと正面衝突して亡くなっていた薬物中毒者だったらしい)、飛び石でフロントガラスが全部割れたこともあるし、タイヤがバーストしたこともある。

また、自動運転するにしても単にコーナーでハンドルを切るのではなく、減速Gを与えてそれをコーナリングGにすり替えるようなスムーズな運転をしないと酔うし、下りや逆バンクのコーナーだったら少し控えめな速度で、上りやバンクのあるコーナーだったらちょっと速めの速度で……など、それなに運転できるドライバーだったらやってるような、スムーズな操作をするものであって欲しい。

いつか、それはできるようになるかもしれない。でも、長年クルマを作ってきて、クルマを売っている日本の自動車メーカーだからこそ、一足飛びにチャレンジするのではなく、現実的な『自動運転』の道を歩んで欲しい。

センサーの誤作動で死んだり、人を殺したりするわけにはいかないのだから。

Pro PILOT 2.0が、そんな堅実な自動運転だと分かっただけで、有意義な発表会参加だったなと思う。機会があったら、広報車を借りて、とりあえず現状のPro PILOTを体験してみたいと思う。

(村上タクタ)

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー