デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« フィルムケーススピーカーのチープな音に癒される夜もある | メイン | 本日、フリック!2月号Vol.88発売! QRコード決済に詳しくなれます! »

2019年1月20日 (日)

ワイン好き、日本酒好き必携のDENSOの秘密のアイテム

醸造酒が好き。

つまり、飲むなら、日本酒か、ワインがいい。

しかし、この2種類って、開栓してからあまり日もちしないのが残念。

我が家では、お酒を飲むのは私だけなので、ワインを開栓したら週末のウチに飲んでしまわなければならない。

Img_2554

もちろん、金土日とかけて、1本開けるぐらいは飲めるのだが、ちょっと用事ができたりすると飲み干しそこなったりするし、逆に「飲まなければならない」というタスク化して、ガマンできるのに飲み干してしまったりする。

γGTPの数字も気になるお年頃だから、酒の控えられるなら控えた方がいいのだが、ついつい飲んでしまう。

というわけで、この不思議なデバイスの登場。ワインに栓をして中の空気を抜き、真空に近くするデバイスだ。酸素がなければ酸化も進まない。がんばって週末に飲み干さなくても、来週も同じ味でワインを楽しめるというわけだ。

_s3a3554

使い方は簡単。

黒い栓をして、白い(色はいろいろあるようだ)デバイスをグッと押し当てる。

そうすると、自動的にスイッチが入って瓶の中の空気を、電動ポンプが抜いてくれる。

_s3a3557

ぷるるる……という音がして、本体のスリット状の部分が明滅する。最初ゆっくりで、段々早くなり、最後に点きっ放しになったら、空気を抜き終わったということだ。

Img_2574

初めて、使ってみたのだが、操作は簡単。これなら酔っぱらってたって使えそうだ(笑)

週末に飲み干さなくていいのなら、ちびちび飲んだっていい。その方が身体にもいいだろう。

また、ゆっくりと飲めるなら、もうちょっと高いワインを買ってもいいかもしれない。いつもは800〜1000円の安ワイン(笑)ばっかり飲んでいるが、これなら2000〜3000円のワインを買って、2週間ほどかけてゆっくり飲んでもいいかも知れない。

Img_2587

というわけで、いつも飲んでるのよりちょっといいワインを買ってきて実験中。

しかし、美味しくて、どうも来週まで残っていなさそうなのが残念なところ……(笑)

もし、来週まで残ってたら、味がどう変化したかレポートしますね。



(村上タクタ)

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー