デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 『日本にベンチャーの活力を!』Scrum Connetレポート | メイン | Appleはあなたの気持ちを知ってる(メイキングもお見逃しなく) »

2018年12月 6日 (木)

ScanSnap本第4弾! 『書類がみるみる片付く デジタル超整理術』本日12月6日発売です!

みなさん、スキャンしてますか?

今年は、PFUから、ScanSnap iX1500が発売されたので、みなさん、じゃんじゃんスキャンしてらっしゃることと思います。

そんなScanSnapをもっと上手に、徹底的に使うための本、作りました。

紙をスキャンして身軽になるためのシリーズ『デジタル超整理術』の第4弾。今年は、iX1500とScanSnap Homeを中心に細かく、多岐にわたって解説しております。過去4冊の中で、一番内容が濃いと断言できます。

Img_8771
ちなみに、紙の本の方は全国の書店(&一部のコンビニ)で発売。920円(+税)。電子版はちょいとお安くて900円(税込み、kindle版。配信元の都合で多少値段が違うこともあります)。



ちょっと、中身をチラ見せいたしましょう。

まず、「スキャンとはなんぞや?」という疑問に、ドンと答えてしまっております。

これがスキャンの意義です。

Img_2259

初めて、ScanSnapを買ってみようかな〜って思っている人にも分かりやすく、その意義と使い心地を解説しております。

Img_1787

もちろん、6年の沈黙を破って発売された最新型のiX1500についてもミッチリと。今、話題のPaypayで買ってしまうなんていう手もあるのではないでしょうか?

Img_2052

iX1500の導入方法は、箱のをあけるところからミッチリと大きなページ数を割いて解説しております。プロファイルの作り方や、どんなプロファイルを作ったら便利かも。

そして必殺のこの図。ちょっと、ウェブで紹介しようかどうしようか迷ったんだですが、この図って最新のScanSnap Cloud、ScanSnap Homeを理解するには必須かなと思って頑張って書きました。

Img_6172


この図は、iX1500とScanSnap Cloud、Homeを使う際に戸惑ってる多くの人を救うと思っています。

上手に使えば、iX1500や100、500と、パソコン、タブレット、スマホなどを並行して使う、縦横無尽のスキャンライフが送れます。

他にも、何をどういう風にスキャンすればいいかのサンプルもあります。
Img_5051

また連携可能なサービスや、連携していなくても、デジタル化に効果的なサービスをいっぱい紹介しています。

Img_7361

「え、こんなに内容を見せちゃって大丈夫?」という方は多いかもしれないが、なにしろ112ページもある本なので、まだまだ大事なこと乗ってます。ぜひ買ってご覧になってみて下さい。





(村上タクタ)




コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー