デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 今夜24時、フリック!12月号Vol.86発売! 最新Apple製品情報満載!  | メイン | ScanSnap本第4弾! 『書類がみるみる片付く デジタル超整理術』本日12月6日発売です! »

2018年11月20日 (火)

『日本にベンチャーの活力を!』Scrum Connetレポート

'80年代、'90年代の『Japan as No.1』な時代があったせいか、どうしたって今の日本が元気がないように思える。敗戦の焼け跡から、高度経済成長を経て、経済大国になったと錯覚した我々は、どこかで慢心してしまったのかもしれない。その結果の『失われた20年』だとすれば慢心の代償は大きい。

世界経済を席捲するシリコンバレー企業、特にAmazon、Facebook、Google(アルファベット)などの企業は、いずれも創業20年前後の企業、0から創業して、たった20年ほどで世界の頂点に駆け上がった(AppleやMSはもう少し古くて40年少々)。

Appleのように『ガレージから始まった』とまでは言わないまでも、1〜2人の企業が、急激に大きくなり世界的な企業になるサクセスストーリーは、なぜシリコンバレーのものなのだろうか?

そのひとつの理由に、企業へと成長するアイデアの萌芽に出資し、支援するベンチャーキャピタルの存在がある。

元企業家で、日米で起業し、企業を売却までもっていった経験を持つ宮田拓弥氏が率いるScrum Venturesは、アーリーステージの企業支援に特化したベンチャーキャピタルだ。そのScrum VenturesのイベントScrum Connetを取材にうかがった。場所は東京アメリカンクラブで、2018年11月19日開催。

01_2

スタートアップが生まれにくかった日本と、シリコンバレーの土壌にはいろいろな違いがあるだろう。出る杭を打ち突出するのを嫌う日本人と、フロンティア精神に満ちた西海岸の違いというのもあるだろうし、'70〜90年代の成功体験が、チャレンジを阻害したというのもあるかもしれない。

Scrum Venturesは日本とサンフランシスコの両方に拠点を持ち、双方のスタートアップに双方からの資金調達を行っている。

特に今回テーマとなっていたのは『大企業のオープンイノベーション』。

大胆な再生を計りたい大企業が、スタートアップ的アプローチをいろいろな方法で取り込む例が増えているが、どうすればそれが成功するのか? 大企業とスタートアップの間にはどんな文化的違いがあり、両者が協力できることがあるのか? そんな話題が中心となったイベントだった。


セッション1『大企業のオープンイノベーションと展望』

02

ここで登壇されたのは、出資者であると同時に生まれ変わりたい旧来からの大企業でもある三井住友銀行の常務執行役員である工藤禎子氏(一番右)と、近年社内オープンイノベーションに注力しているパナソニックの専務執行役員で、アプライアンス社の社長でもある本間哲朗氏(右から3番目)、そして報道する側でありながら、自らイノベーションを起さなければならない伝統ある企業でもある日本経済新聞の常務取締役である渡辺洋之氏(右から2番目)のお3方。モデレーターはscrum Venturesのパートナーである春田真氏(一番左)。

工藤氏は「銀行としてイノベーションに関わる時には、極力経営に近い影響力の大きい人にアクセスするように心がけていました。下の方から話を持っていっても、旧来のビジネスからチャレンジできないトップ人の承認が出ずに話が滞ってしまうというのは少なくない」とのこと。

04

本間氏はパナソニックで当時後発で劣勢にあったSDカードを成功に導いた人物。自らの経験を元に、現在パナソニックでオープンイノベーションによる事業化の加速を推進。「早いサイクルで潜在的な顧客やパートナーに戦略をぶつけてどんどん方向転換していくのが大切」と語る。「社内の意思決定プロセスが垂直に上がっていって事業部長の承認を得るだけというのは不自然かな」とも。もっと他のルートがあってもいいし、それが社内ベンチャー的アプローチということだろう。


03

日経の渡辺氏は、取材する側であると同時に一企業として日経の課題について言及。その閉塞感を打ち破るための電子化の施策について語った。日経の電子版はすでに61万部を売上げるまでになっているという。

オープニング来賓挨拶

05

公務の都合上、最初のセッションのあとの登壇になったが、内閣官房副長官、衆議院議員の西村康稔氏が登壇。オープニングの挨拶を述べた。

「ベンチャーの活力、大企業の大きな資本力という違うものをミックスして新しい成果を産みだして欲しい。日本企業は卑下する必要はまったくなく、日本企業ならではの素晴らしさがあるし、ただベンチャーは恐れずチャレンジして、階段を5段飛ばし、10段飛ばしで進む活力を供給して欲しい」と語った。「安倍政権はそれをサポートするためにさまざまなメニューを用意している」とのこと。

06

(パナソニックの制度で休職した社員が創業したミツバチプロダクツの「インフィニミックス」で作られたチョコレートドリンクを味わう西村氏とScrum Venturesのパートナーである外村仁氏)

セッション2『ヘルスケア セッション』

07

次なるは、今、非常に注目が集まり、多くの投資がなされている分野でもあるヘルスケア分野のお話。

パネリストは活動量計・ウェアララブルセンサーSpireの創業者兼CEOであるジョナサン・バーレイ氏と、活動データを元にアドバイスをするサービスを行っている『Noom(ヌーム)』のジャパンカントリーマネージャーであるユリ・ハマサキ氏。

Sprieはなんとパンツにつけるセンサー。なんと、洗濯機にも乾燥機にも入れても問題ないという。バッテリーは1年半から2年持つという。Spireは歩数だけでなく、心拍、呼吸なども計測するという。とりわけ、呼吸からは緊張状態、ストレス状態など多くのことが読み取れるという。また、多くのウエアラブルデバイスと違い睡眠も計測も容易だから、計測により多くのことが分かる睡眠状態のデータが取れるという。

Noomは日本では累計300万人、世界では4500万人が使っているというウェブサービス。9割の人が減量に成功し、78%が4年間リバウンドしなかったという健康管理サービス。アプリに食事や運動を記録すると、人工知能があなたを分析。専属のコーチがサポートするという。日本法人のスタッフの7割が女性で、3割が在宅で勤務しているというのも新しい。

セッション3 『セールステクノロジー』

08

ここで登壇したのはアーキー(Aarki)のシニアディレクターofセールスジャパンの小林直樹さんと、リードジニアス社長兼取締役会会長のプリャグ・ナルラ氏。

あまり一般の人が考えている話ではないが、セールステクノロジー、つまり「どうやったら売れるか?」は今後、AIの活用が爆発的にすすみ、既存のノウハウや経験によるマーケティングが役に立たなくなる分野。たとえば、『どちらのデザインのサイトが売上げを上げるか?』というような問題は、AIが容易に答えを出してしまう。

リードジニアスはマシンラーニングでマーケティングを効果的に行うようになった先駆者的企業。アーキーはモバイル端末のDSPで、キャペーンのROIを高めていく技術を持っている。では、「10年後にはセールスマーケティングはなくなるのか?」という問いに関してはどちらの答えも「No」で、AIのトレーニングのデータ作成など技術が必要になる部分は残りそうだ。


セッション5 『eコマースセッション』

09

重大な影響を持つeコマースの分野のセッションで話したのは、中国でユーザーが必要とするサプリメントやビタミン剤をカスタマイズして提供するサービスのレモンボックスファウンダー&CEOのデレク・ウェン氏(左)と、あらゆる移動にマイル(ポイント)を提供するMilesの共同創業者兼CEOのジガー・シャー氏。

デレク氏はウォルマートに務めていてた経験の企業のアイデアを絞り込んで起業したという。

ジガー氏はシスコに勤めていたそうだが、自分の中のチャレンジとして起業しMilesを立ち上げたという。「何年か、給料が出ないかもしれないような時期を経なければならないこともあるが、挑戦をしなければならない」と語った。

デレク氏も「失敗した場合もプランB、プランCとさまざまな案を考えなければならない不安定な時期生を経なければならないが、そこのところは自信を持たなければならない。はじめは上手くいかなかったとしても、いろんな機会があり、いろんなドアがある」と語る。大企業と違い保障はなく、使える資産も限られるが、挑戦してみるべきだとふたりは語る。


セッション4『日本におけるオープンイノベーションの現状と展望』

10

進行の都合か、セッション番号が前後したが、このセッションは日経のSTARTUP Xという動画コンテンツの収録を兼ねて行われた。

STARTUP X の司会進行は日本経済新聞編集委員の奥平和行氏と、日経CNBCキャスターの瀧口友里奈氏。

登壇したのはバカンの代表取締役河野剛進氏と、エクサウィザーズの粟生万琴氏。

バカンは空席情報プラットフォームである『バカン(VACAN)』と、弁当取り置きサービス『クイッパ(QUIPPA)』、トイレの空き室情報サービス『スローン(Throne)』を提供する会社。

エクサウィザーズは京大と阪大、そして静岡大学のベンチャーの融合から生まれた企業で、人事業務サポートの『HR君』、AIの利活用を促進する教育サービス 『AIトレーニング』などの展開を行っている。

両者とも、大企業とのコラボでは担当者の熱量が大事だと語った。

 セッション6 『ハードウェア セッション』

11

このセッションもSTARTUP Xの番組の一部として行われた。注目している人は多いがまだまだ、成功している数の方が少ないハードウェアに関するスタートアップだ。

代表取締役CEOであり、CTOでもあるロン・ファン氏が登壇した『トップフライト・テクノロジー』は、長時間飛行、重量物の輸送が可能なドローンを開発している会社。先日、ヒュンダイとの協力を発表し、いよいよ人を載せてのフライトを意識した開発を行うという。

リアルタイムロボティクス代表取締役CEOのピーター・ハワード氏はロボットが環境や状況に合わせて作業できることを可能にするプロセッサーを開発。ロボットアームが人の邪魔をしても、それを避けて作業するデモを実演。

12

通常、プログラムでこれを解決しようとすると、反応速度の点で間に合わないが、ピーター氏はこれをハードウェアの基板をPCIスロットに追加することで解決している。

13

奥平氏は日本の自動車メーカーなどの企業との協業の際の問題点について聞こうとしていたが、ピーター氏の日本企業の評価は高く、スピードも十分にあると話していた。

対して、ロン氏は「日本の自動車メーカーは意思決定が少しスローだと思っている」と述べた。

セッション7 「SPORT TECH TOKYO」

14

最後のセッションは、Scrum Venturesが2019年のラグビーワールドカップ日本開催、2020年の東京オリンピックを見据えて設定したアクセラレーションプログラム『SPORTS TECH TOKYO』について。まずは電通取締役執行役員の五十嵐博氏が語り、Scrum Venturesの宮田氏がモデレーターとなり元プロ野球/MLB選手の小林雅英氏と、元サッカー日本代表キャプテンの森岡隆三氏が語った。


お二人の、スポーツの現場からのテクノロジーの活用の話は非常に興味深く、この分野の発展が非常に大きいことが感じられた。

ほぼ1日に渡る非常に長いセッションだったが、シリコンバレーのベンチャーキャピタルの様子、日本の課題感、日本の大企業がどうやってベンチャーの活力を取り入れていけばいいか? ベンチャー側はどうやって大企業と上手くコラボレーションを行っていけばいいのか? いろいろな課題の出口が見えるようなイベントだった。

これからもScrum Ventures発の企業に注目していきたい。

(村上タクタ)

コメント

Believe it or not, generally make an improvement!
When a different a good gift suggestion and nothing comes up, pearls are a
smart answer. It is not that hard, you need to find how to use Facebook that
does it look.

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー