デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« デジタルガレージのNCC2018で聞いた『テクノロジーと規制』の話 | メイン | 「あったら便利かも」な機能を搭載。第2のディスプレイでノートPCの可能性が広がる »

2018年6月21日 (木)

ディスプレイでもっと使える! 新スマートスピーカー、Amazon Echo Spot

「コンピュータ……」と呼びかけて尋ねるだけで、天気を教えてくれたりニュースや音楽を流してくれるスマートスピーカー。『声』で操作する新しいガジェットは、キャンペーンで安く手に入ることもあり、昨年秋以降、注目が集まっています。

そんなスマートスピーカーを代表するAmazonのEchoシリーズに、スクリーンを搭載した新製品、Amazon Echo Spotが日本でも予約開始スタート。7月26日から出荷開始予定になっています。

A


もどかしい読み上げもタッチでスキップ

筒型が多いスマートスピーカーですが、見やすくタッチしやすいディスプレイのためにAmazon Echo Spotはかわいらしい丸いシルエット。高さは97mmと小さくて場所を問わずに設置することができます。

これまでのEchoシリーズと同様にクラウドベースの音声サービス『Alexa』を使って、さまざまな情報を確認したり、連携したIoT家電を操作するといったことが、スクリーンがあることでもっとスムーズになります。

例えば天気を確認した際、音声で教えてくれるのはいいですが、基本的に『ながら』で聞くものなので肝心な降水確率を聞き逃したり……、またニュースなども同様に、「ひとつ前のニュースってなんだっけ?」といったこともありました。忙しい時に聞いて答えてくれるのは便利なことではなりますが、返してくれる情報が多いと理解できなくなるものです。『ながら』だと特にその傾向は強くなってしまいます。

Echo Spotは2.5インチのディスプレイがあることで、その問題を解消。音声で読み上げてくれた情報を表示してくれるので、何だっけ? となってもすぐに確認できます。再度、聞き直すなんて無駄もありません。

B

またディスプレイはタッチ操作にも対応しているので、必要な情報をさらに詳しく知りたい時にも便利です。読み上げには、数秒とはいえ時間が必要です。知っている情報や選択して次に進みたい場合は、もどかしいものでしかありません。そんな時はタッチでさくさく操作できます。

音声だけのほうが、より『未来』な感じはしますが、ディスプレイがあったほうが現実的。SFでも「コンピュータ、○○のデータを出して」と呼びかけたら、該当する情報が表示されて、それを指で操作するなんてシーンを目にします。

C

ディスプレイの搭載でその可能性は大きく広がる
Amazon Echo Spotは使っていない時は時刻も表示可能。スマートスピーカーですが、その姿はスマート『置き時計』な感じです。さらに壁紙はAmazonのサービスであるプライム・フォトに保存した写真を設定することもできるので、丸い筐体に合わせた変形ディスプレイですが、デジタルフォトフレームにもなってくれます。

また、Echo Spotはワイヤレスもしくは3.5mmオーディオ出力端子経由でスマホなどと接続して、スピーカーとして使うことも可能です。

さらに、今後、Echo Spotが搭載しているフロントカメラを利用して、遠く離れた2台のEcho Spotを使ったビデオ・音声通話やEcho Spot同士もしくはAlexaアプリとのメッセージ送受信、外出先などからの呼びかけ機能など、ディスプレイを活かした機能も提供する予定とのこと。

Alexaアプリも続々、Amazon Echo Spotに対応しています。

価格は1万4980円(税込)。カラーは黒と白の2色です。

D

期間限定でEcho Spotを1度に2台、購入すると2台目が半額になるプロモーション(6月24日23:59終了予定)やEcho SpotとArloのネットワークカメラ1台をセットにした商品を15%オフで販売するプロモーション(Arloのネットワークカメラの在庫がなくなり次第終了)も展開中です。



コメント

コメントを投稿

2018年7月

カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー