デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月28日 (木)

超高規格、マニア向けバッテリーを受領

先日、都内某所であった、高性能なマニア向けバッテリーの非公開プチ説明会に行って、製品をお預かりしてきました。

日本で、発売されます。もう、Amazonでは買えますし、近いうちに家電量販店でも買えるようになります。

Omnicharge——http://www.omnicharge.co/jp/

クラウドファンディングサイトのIndiegogoで、2016年に366万ドル(4億円以上)を集めた、超々人気商品です。

Img_2970

Omnichargeというバッテリーで、2タイプあって、このAC電源とUSB-Aを2口というOmni 20(2万9800円(税別))と、ACがなく、代わりにUSB-Cが2口ついているというOmni 20 USB-C(2万3800円(税別))というタイプがあります。いずれも2万mAhクラスです。

どちらか一方を使用させていただけるということだったので髪の毛が抜けるほど悩んだのですが、Omni 20の方を使わせていただくことにしました。

僕の生活だと、MacBook ProとiPhone、iPadに電源を供給できるOmni 20 USB-Cの方が便利だとは思ったのですが、USB-Cが使えるバッテリーはもっと安価でもあります(これほど大電流は供給できませんが)。DC-AC変換できるバッテリーでこのサイズというのは貴重です。DC-ACのコンバーターって、僕の知る限りでは、もっと大きいものなので。

Img_2973

Omnicharge社の方によると、ACタイプの方はプロフェッショナルなカメラマン、USB-Cタイプの方は、アップルの最新製品を使って、USB-Cに移行し、ACの機材なんて振り返らない人をターゲットとしているということです。

そういう意味では私は後者なのですが、やはりAC出力を出せる貴重なバッテリーというのが気になります。たとえば、カメラのバッテリー充電器なども使えるし、もしかしたら、アウトドアで外付けディスプレイや、スキャナーやプリンタを使う……というような使い方もあるかもしれません。

長時間電源のない場所での取材とか、万が一の震災の時とか、ACタイプが絶対に役に立つ状況というのがあるはずです。

Dsc09503

もちろん、2万mAhのバッテリーというのは他にもあるワケですが、最高のセル、AC/DC取り混ぜたさまざまな出力。かなりのハイパワー(USB-Cでも2口合計で100W、片方でMAX 60Wまで出ます)、そして入出力のかなり詳細なデータを取れるというのが、バッテリーマニアにとってはたまらないものがあります。

Img_2974

iPhone Xを充電してみてもかなり高速で充電してくれるし、その間の電力の消費量や、残量、必要な残り時間、バッテリー本体の温度……などを表示してくれます。

たとえば、複数のケーブルを使い分けてみて、どちらのケーブルの方が大電流を流せるか……というようなチェックに使うこともできそうです。

また、DC出力をUSB-Cに変換したり、Surface用に変換したり、MagSafe 2用に変換したりするケーブルも発売されています。とりあえず、USB-Cタイプのを購入して到着待ちです。

しばらく試用して、また詳細をレポートしますね。

(村上タクタ)


2018年6月26日 (火)

フリック!Vol.81、FileMaker 17記事、お詫びと訂正

先日配信開始しました、フリック! Vol.81のP40において、以下の間違いがありました。おわびして訂正いたします。

●デスクトップクライアントの名称は『FileMaker Pro Advance』ではなく『FileMaker Pro Advanced』です。
●価格は、5万7600円(税込)としておりましたが(税別)です。

以上、おわびして、訂正いたします。

なお、価格はパッケージ版でもダウンロード版でも同じ。アカデミック/NPO価格は3万4560円(税別)。FileMaker Pro/Advanced 16〜14のいずれかの個人向けシングルライセンスを持っている場合にはアップグレード版を2万2800円(税別)で購入可能(14は2018年9月21日まで)。

また、ボリュームライセンスも設定されており、こちらは年額で5ユーザー/9万6000円、10ユーザー/18万円、25ユーザー/39万円、50ユーザー/72万円(それぞれ税別)となってます。

(村上タクタ)

2018年6月22日 (金)

「あったら便利かも」な機能を搭載。第2のディスプレイでノートPCの可能性が広がる

夏秋モデルの新製品が次々に発表される今日この頃。SIMフリースマートフォンなどで知られる台湾のメーカー、ASUSは、同社のハイエンドノートPCの新製品として、ZenBook Pro 15 UX580を発表しました。

B

ディスプレイでもあるタッチパッド『ScreenPad』

最大の特徴は、新しい操作方法を実現してくれるタッチパッド『ScreenPad』の採用。キーボードよりも手前にある約5.5インチの『ScreenPad』は、その名のとおりスクリーンにもなってくれます。

ASUSによれば、複数のアプリ、ウインドウを起ち上げて使うノートパソコンでは、パソコンのサイズを問わずその作業可能エリアは65%ほどしかないとのこと。その不便を解消してくれるとのことです。

A

『ScreenPad』の使い方はいろいろ

『ScreenPad』では現在、6つの表示ができる。『アプリのランチャー』『ミュージックプレイヤー』『電卓』『カレンダー』『テンキー』、そしてOfficeがインストールされたPCではその『ツールバー』を表示することができます。いずれも複数のアプリを起ち上げて作業している際、頻繁に使うことが多い機能。メインディスプレイに表示されるウインドウなどを、わざわざ移動させて……なんてすることなく、手元の『ScreenPad』で瞬時に操作することができます。作業手順を大幅にカットすることができるのです。

D

さらに『拡張ディスプレイモード』に設定すれば、『ScreenPad』をもうひとつのディスプレイとして使うこともできます。メーラーを表示しておくなんてことも可能。また、『ScreenPad』の壁紙を変更、写真にもできるため、子供の笑顔をいつも見ていられるなんて使い方もできます。

新しい『何か』を提供しつづけるASUS

パソコンでは当たり前のマルチタスク。当たり前すぎて、当然と思っていたアプリの切り替えなどの操作が、実は面倒なものだと気づかせてくれるZenBook Pro 15 UX580、そして『ScreenPad』。

2012年に7インチタブレット人気のきっかけとなったNexus 7を発売、2014年には日本においてSIMフリースマホの市場を開拓するなど、ASUSは新しい『何か』を提供してくれました。『ScreenPad』もまた、これからのパソコンでは当然のものになる機能になるはず!?

先にも触れたとおり、『ScreenPad』の機能はASUSが提供しているだけのもの。APIが公開されるとのことで、アプリメーカーがどんな機能を『ScreenPad』にもたせるか楽しみなところ。第2のディスプレイとなるタッチパッドが、ノートパソコンをもっと便利にしてくれそうです。

また、ASUSは軽量薄型のZenBook Sシリーズや安価な汎用マシン、VivoBookシリーズ、さらにゲーミングPCブランド『ROG』シリーズにもニューモデルが登場しています

ちなみに『ScreenPad』搭載のZenBook Pro 15 UX580は6コアのCore i9を採用、1TBのSSDを搭載するなどハイエンドな仕様になっており、上位モデルの希望小売価格は34万9800円(税別)です。

E

2018年6月21日 (木)

ディスプレイでもっと使える! 新スマートスピーカー、Amazon Echo Spot

「コンピュータ……」と呼びかけて尋ねるだけで、天気を教えてくれたりニュースや音楽を流してくれるスマートスピーカー。『声』で操作する新しいガジェットは、キャンペーンで安く手に入ることもあり、昨年秋以降、注目が集まっています。

そんなスマートスピーカーを代表するAmazonのEchoシリーズに、スクリーンを搭載した新製品、Amazon Echo Spotが日本でも予約開始スタート。7月26日から出荷開始予定になっています。

A


もどかしい読み上げもタッチでスキップ

筒型が多いスマートスピーカーですが、見やすくタッチしやすいディスプレイのためにAmazon Echo Spotはかわいらしい丸いシルエット。高さは97mmと小さくて場所を問わずに設置することができます。

これまでのEchoシリーズと同様にクラウドベースの音声サービス『Alexa』を使って、さまざまな情報を確認したり、連携したIoT家電を操作するといったことが、スクリーンがあることでもっとスムーズになります。

例えば天気を確認した際、音声で教えてくれるのはいいですが、基本的に『ながら』で聞くものなので肝心な降水確率を聞き逃したり……、またニュースなども同様に、「ひとつ前のニュースってなんだっけ?」といったこともありました。忙しい時に聞いて答えてくれるのは便利なことではなりますが、返してくれる情報が多いと理解できなくなるものです。『ながら』だと特にその傾向は強くなってしまいます。

Echo Spotは2.5インチのディスプレイがあることで、その問題を解消。音声で読み上げてくれた情報を表示してくれるので、何だっけ? となってもすぐに確認できます。再度、聞き直すなんて無駄もありません。

B

またディスプレイはタッチ操作にも対応しているので、必要な情報をさらに詳しく知りたい時にも便利です。読み上げには、数秒とはいえ時間が必要です。知っている情報や選択して次に進みたい場合は、もどかしいものでしかありません。そんな時はタッチでさくさく操作できます。

音声だけのほうが、より『未来』な感じはしますが、ディスプレイがあったほうが現実的。SFでも「コンピュータ、○○のデータを出して」と呼びかけたら、該当する情報が表示されて、それを指で操作するなんてシーンを目にします。

C

ディスプレイの搭載でその可能性は大きく広がる
Amazon Echo Spotは使っていない時は時刻も表示可能。スマートスピーカーですが、その姿はスマート『置き時計』な感じです。さらに壁紙はAmazonのサービスであるプライム・フォトに保存した写真を設定することもできるので、丸い筐体に合わせた変形ディスプレイですが、デジタルフォトフレームにもなってくれます。

また、Echo Spotはワイヤレスもしくは3.5mmオーディオ出力端子経由でスマホなどと接続して、スピーカーとして使うことも可能です。

さらに、今後、Echo Spotが搭載しているフロントカメラを利用して、遠く離れた2台のEcho Spotを使ったビデオ・音声通話やEcho Spot同士もしくはAlexaアプリとのメッセージ送受信、外出先などからの呼びかけ機能など、ディスプレイを活かした機能も提供する予定とのこと。

Alexaアプリも続々、Amazon Echo Spotに対応しています。

価格は1万4980円(税込)。カラーは黒と白の2色です。

D

期間限定でEcho Spotを1度に2台、購入すると2台目が半額になるプロモーション(6月24日23:59終了予定)やEcho SpotとArloのネットワークカメラ1台をセットにした商品を15%オフで販売するプロモーション(Arloのネットワークカメラの在庫がなくなり次第終了)も展開中です。



2018年6月20日 (水)

デジタルガレージのNCC2018で聞いた『テクノロジーと規制』の話

あまりに長いレポートになってしまい、誰も読んでないんじゃないか状態になったデジタルガレージさんのTHE NEW CONTEXT CONFERENCE 2018 TOKYO『テクノロジーの進化がもたらす レギュレーション維新』のレポート(http://blog.sideriver.com/flick/2018/06/the-new-context-3304.html)だが、イベント自体も9時半から18時半まで、お昼以外はほぼ休憩なし、ノンストップ、高密度……という熱量の高いものだった。

Dsc0923201
私のtweetだけだと、あまりに読みにくいので、ちょっと興味深いトピックを、2〜3私見を交えて取り上げてみよう。

テクノロジーは規制されるべきなのか?

主題は、簡単に言うと『テクノロジー』と『規制』。

当然のことながら、デジタルガレージさんとその周りのいる人は、テクノロジーを信奉する人たち。

テクノロジーを扱う人は自由に進化させたい。ただ、規制がなくていいのかという問題は常にある。

古くはインターネット。現在でいえば、バイオテクノロジーや、医薬品、人工知能、自動運転、フィンテック……などなど。

たとえば、インターネットは結局比較的自由に進化したけど、結果、著作権侵害の問題や、個人情報、フェイクニュースなどのデマ……などの問題は内包している。

Dsc0927601

バイオテクノロジーで、既存の生物を絶滅させてしまうようなウイルスや生物が出来たら? 人工知能は人類を滅ぼすような決定をしない? 自動運転のクルマが人を撥ねたら、それは誰の責任?

現代では技術が富の原資なので、当然のことながら競争が起る。無制限な競争は、良心を越えた決断をさせ、取り返しのつかない状態に陥いる可能性を高める。

では、規制は誰が行うのか? 国? でも、自国の技術を規制しているうちに、他国が圧倒的にメリットを得たら? そう考えると規制は自国の国際競争力を低下させるかもしれない。もしくは、自国で規制することによって、人材やテクノロジーが流出したら? いずれにしても、現代のような人材、技術、情報の流動性の高い状態で、一国で規制しても限界があるし、共同で規制するための意見調整にはとても時間がかかる。

テクノロジーの進歩のスピードの方が早い。

自動運転車のプログラムは、歩行者を守るために、ドライバーを犠牲にすべきか?

デジタルガレージの共同創業者でMITメディアラボ所長の伊藤穣一さんのお話に出てきたのは、トロッコ問題。

自動運転というのはあらかじめプログラミングする必要がある。では、正面にブロック塀があってこのまま走ったらぶつかって乗員が死んでしまうけれど、ハンドルを切ったら歩行者を轢いて死なせてしまう……という状況は起りうる。そんな場合、どう動作するようにプログラムすべきか?

Dsc0928501
たとえば、自分(や家族)が死ぬようにプログラムされたクルマを買うかというと、やはりそれは売れない。つまり市場原理に任せると、究極の選択としては歩行者を轢くことを選ぶクルマが売れることになる。

ただし、自分たち以外の他人には歩行者を守るクルマを買って欲しい。ただ歩いてて、自動運転のクルマに轢かれるような社会なんてディストピアだ。ここに矛盾が生じる。

となると、歩行者を保護するようなプログラムを法的に義務づけないと、市場原理としては乗員を守るクルマばかりになってしまうのではないか? そんな話だ。


命の価値は?

人の命の値段を計算しなければならないかもしれない事情というのはある。

たとえば、津波に対する堤防を作るのにいくらかかるか? 鉄道のホームの安全対策にいくらかかるのか? どの対策にどのぐらいのコストをかけていいのかを判断するには人の命の値段を求めなければいけなくなる。『人の命の値段は無限大』と考えると、どの安全対策にも無限大のコストをかけなければならなくなる。

Dsc0932201

慶應の大屋さんが「フォードピント事件(車両の改修をするより、事故死した人の賠償金を払った方が安いとフォードが判断し大問題になった事件)以来、人の命の値段は計算しちゃマズいということになっている」とおっしゃったが、実際にはVSL(Value of a Statistical Life=統計的生命価値)として、安全性を高める工事などの実施判断などに使われていると伊藤さん。

それによると、国によって違うが、欧米では6〜9億円がひそかに想定されているのだそうだ。

自動車事故の賠償金は一般に2000万円〜8000万円ぐらい(状況や年齢、遺失利益などによって異なる)だが、これは結果として死亡された方の賠償として支払われるもので、失われていない命の価値ではない。しかし、それでも9億を支払えば死なせてもいいという話ではないのは言うまでもない。

自動運転を導入すると、全体としては死者は減るかもしれない。しかし、命の選択を要求される時の倫理的問題はまだまだ解決していない。

ちなみに、現行法では、自動運転の場合でも運転者が責任を負うことになっている。自動運転のプログラムを組んだ人、自動車を作った人は責任を問われないらしい。今のところ。

アメリカでは、先般の事件を受けて、「運転しなくていいように見えて、責任は問われるのはおかしい。運転しなくていいように見えるデザイン、広告宣伝がおかしいのでは?」と問題になっているらしい。

おそらく、今後エリアごとにインフォームドコンセントを行い、サンドボックス(砂場——閉じたエリアで試験的に運用すること)での運用を行っていくことになるのだろう。

安全性のために治験を重ねて誰も買えないほど高価になる薬

医療分野の話も興味深かった。

このあたりを話して下さったのは医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団理事長の土井脩さん。

医薬品や医療機器は、さまざまな書類審査、実験を経て、最終的には人とエリアを区切った『治験』というカタチでさまざまな試用を行い開発を進めているらしい。

しかし、安全性が要求されるあまり、このコストがものすごいことになっており、それが医療費の高騰を招いているという。

開発コストは、当然商品の価格によって負担されるからだ。

そして欧米では、新薬が開発できないほど高価になり、日本では高齢者が増えるとともに、ますますの医療費負担……となっているらしい。こちらはMITメディアラボ リサーチサイエンティスト、プラティック・シャー(Pratik Shah)さんの話。

Dsc0936401

医療分野自体が極めて保守的。医師や医療関係者も、改善により自分たちの職が奪われる可能性に不安を感じるから、人工知能導入のような抜本的改革は好まれない。また、メディアも新薬への不安を煽る記事を好んで書くし、国民の間にもヒステリックにゼロリスクを求める声が強い。リスクがゼロなんてことはあり得ないのに。

かくして行政も極めて慎重な姿勢になり、途方もなく慎重で大量の治験が必要になり、薬価は途方もなく高騰する……というわけだ。

素早く科学的な判断を下して、薬価の高騰を伏せぐ必要がある。シャーさんによると、開発にマシンラーニングを使ってステップを減らす必要があり、そのような開発方法を承認する制度が必要であるという。

ルールをかいくぐって日本で始まったインターネット

実態として、インターネットが日本に繋がった頃のお話をされた慶應義塾大学環境情報学部教授の村井純さんのお話も興味深かった!

Dsc0934701

TCP/IPを使ったインターネットとしては、1983年にアメリカの大学、研究所間を繋ぐネットワークとしてスタートしているが日本における起源は、この村井純さんが、1984年9月に慶応義塾大学と東京工業大学を繋いだことにあった。

しかし、当時は電話を使ってデータ通信をすることは禁じられており、ルール違反な行為であったといいう。また、双方の大学に許可も取っていなかったという。

このネットワークに10月に東京大学が参入し、日本の大学や研究設備を繋ぐ実験ネットワークとして接続されていく。ちなみにJUNETの由来は『Japan University Network』であるが、村井純さんの名前に由来する『純ネット』だという説もあるらしい。

今回のイベントで語られた話だが、NTTの内部に協力してくれる人がいて、ネットワークの回線をこっそり貸してくれたり、アメリカのネットワークとの接続の際にKDD研究所(現KDDI総合研究所)の中の人が回線をこっそり使わせてくれたりしたらしい。

何の話かというと、テクノロジーの黎明期には、従来のルールをこっそり逸脱しないと、技術的飛躍は得られないということだ。

論文でも何でも、既存の権威は、革新を認めない。村井さんはそこをかいくぐって、(たぶん多少ルールを逸脱しても)信じるチャレンジを行う必要があるとおっしゃっていた。

『テクノロジーと規制』という永遠の課題

『テクノロジー』と『規制』。

原子爆弾やバイオテクノロジーなどの例を挙げるまでもなく、無制限なテクノロジーの進歩は、もはや人類を容易に滅ぼしてしまうレベルにまで来ている。

しかし、過度の規制はテクノロジーの進歩を阻害してしまう。

Dsc0934001

人工知能、インターネットメディア、自動運転、フィンテックなどの新しいテクノロジーと我々はいかにして付き合っていくべきか。議論はまだまだ必要だ。

(村上タクタ)

20日発売になった、フリック!7月号Vol.81はWWDC特集&Oculus Go

前号でお伝えした通り、電子雑誌版の『フリック!』の発売日を毎月10日から、20日に変更させていただきました!

理由はいろいろ運用上の理由とかもあるのですが、6月アタマにあることの多いWWDC、9月アタマになる可能性の高いiPhoneの発表を、鮮度の高いウチにレポートできるというメリットもあると思います。

今後は『フリック!は20日発売』とご記憶下さい。


Img_5058

というわけで、本日発売です!



今月の特集はなんといってもWWDC 18の現地レポート。Img_5060

ウェブでは書きにくい話から、現地取材ならではの細かいトピックまで16ページにわたってお送りしております。Img_5061 また、今回のWWDCは製品の発表がほぼなかったということで、我々ガジェットマニアにはちょっとポイントが分かりにくい部分もあったのですが、実際にWWDCに参加してらっしゃるエンジニアの方に、どこが注目ポイントなのか? それによって、これからの製品がどう変わっていくのかの現地インタビュー記事も掲載しております。

それから、なんといっても今月の話題ということで、Oculus Goの試用レポートを! これまマストバイです!

Img_5059

その他でも製品情報満載。

なんと、PFUがライバルの東プレとコラボした『東プレ・リアルフォースR2 テンキーレス PFUリミテッドエディション』登場!

Img_5063ひらくPCバッグminiウルトラセブンモデル!

Img_5062フォーカルポイントから出た「チェーンソーでも切れない」iPhoneケーブル『ヒューズチキン』!

Img_5064

その他にも、Galaxy S9/S9+、ZenFone 5シリーズ、Nuheara IQbud、FileMaker 17、LogicoolのワイヤレスプレゼンターR500、オーディオテクニカATH-CKS 770XBTなど新製品満載でお届けします!

Amazonはこちらから。

Zinio、マガストア、hontoなど、その他の電子書籍配信元からお買い求めの方はこちらからどうぞ!

(村上タクタ)

2018年6月19日 (火)

THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2018レポート〜『テクノロジーの進化がもたらす レギュレーション維新』

今日は、デジタルガレージさんのTHE NEW CONTEXT CONFERENCE 2018に取材にお邪魔しています。

http://ncc.garage.co.jp/ja/

テクノロジーによって実現する未来について、最新の知見が聞けると思います。一部、私が興味深かったところをTweetしてここに取りまとめていきますので、お楽しみに。

以上終了。

(村上タクタ)

2018年6月15日 (金)

Pages、Keynote、Numbersが4.1にアップデート! Apple Pencilでの利用にさらに最適化

アップルのiPad版のiWork製品がバージョン4.1にアップデートされた。

Img_5055
今回のアップデートについては3月のシカゴでの発表で言及されていたもので、編集に融合した録音データの取り扱い、Apple Pencilを使った時の描画モードと、スマート注釈モードの切り替えのボタン化、図形の取り扱いの表現力の向上……などが主な変更点。

Img_5050

サードパーティ製のアプリで重宝されていた、録音機能が追加された。ノートなどを取りながら録音していると、記述と録音が同期しており、知りたい部分をタップすると、録音が再生される。

〈訂正 2018/06/18〉
プレスリリースを誤って解釈しておりました。書類途中に音声は埋め込めますが、並行作業はできませんした。すいません。プレスリリースを誤って解釈しておりました。

Img_5057

右の『オーディオを録音』をタップすると録音できますが、ご覧のようにそのたびに再生ボタンが生成されますが、その間テキストを書く作業はできません。拡大縮小など閲覧はできます。


バージョン4で追加された、スマート注釈は(β)が取れた。普通の描画と、スマート注釈の区別がちょっとつきにくかったが、結局下部にボタンを付けて切り替えるようになった。スマートな解決作ではないかもしれないが、わかりやすい。

Img_5056

利用出来るグラフィックがとても増えたのがありがたい。レポートやプレゼンテーションに説得力を加えることができる。

Img_5046


グラフを角丸にして、その角丸のアールを変化させられるようにもなった。

Img_5054

iPadユーザーの方は、WordやExcel、PowerPointより、Pages、Numbers、Keynoteを使うことが多くなっているのではないかと思うが、アップルがこうやって定期的にアップデートしてくれると、iWorksならではの表現力を活用出来て楽しい。

とりわけ、Apple Pencilでドキュメントに気軽に書き込めるのは、iPadの大きなメリットなので、ぜひみなさん活用いただきたい。

iPad版の主なアップデートは以下の通り。

〈Pages〉Pages

〈Keynote〉

Keynote

〈Numbers〉

Numbers

なお、これに対応して、Mac版のPages、Numbers、Keynoteも、それぞれバージョン、7.1、5.1、8.1にアップデートされた。

App_store

合わせてアップデートして、最新機能を使いこなしたい。

(村上タクタ)

2018年6月11日 (月)

『iPad超仕事術2019』本日発売!

3万7800円(税別)で買えるApple Pencilが使える新しいiPad(第6世代iPad 9.7インチ)の話も入った『iPad超仕事術2019』本日発売です!

Img_0097


Img_5733

第6世代iPad 9.7を中心に、iPadの活用方法をご紹介しています。

注目は、6人に及ぶ、実際にiPadを活用されている方のインタビュー。やっぱり実際に活用されている方のお話は、我々にとっても参考になるし、あたらしい目線を得られます。

Img_6288

TAM'S WORKSさんこと田村梓さんは、Apple Pencilを使って素敵なロゴを書いてそれを消しゴムはんこにしてらっしゃいます。インスタグラムのフォロワーはなんと4万人近い!

その他にも今回特徴的なのが、マンガを描く方にはおなじみ、クリスタことクリップ・スタジオ・ペイントをご紹介していること。細かい機能をはじめて拝見したのですが、いままでマンガ家さんがパソコンとペンタブレットでやってらしゃったことが、ほぼすべてiPadとApple Pencilできます! これはすごい! もっと注目されてしかるべき(マンガクラスタの人はご存じなのでしょうけど、iPadとApple Pencilを持っていて、マンガやイラスト好きな人は入れた方がいいかも)。
Img_6261

その他にも、学校での導入例として聖ドミニコ学園中学高等学校を取材させていただいたり、1/7の時間で従来の一般的な授業と同じ効果を上げることができるという人工知能型教材Qubenaなど、iPadでできることをいろいろ網羅しています。

もちろん、実践的な活用方法、テクニックなども満載。

Img_1938

さらに、周辺機器やアプリなども利用シーンごとにわけてご紹介。

お手持ちのiPadがさらに便利になり、しっかりと活用できるようになる『iPad超活用術2019』本日発売です!

(村上タクタ)


追記:電子版は現在続々ローンチ中。配信元さんによって、出てるところと出てないところがあるみたいです。もし愛用の配信元さんでまだ出てなければ、しばしお待ちを。

2018年6月 5日 (火)

WWDC速報2:大きく変わりそうなmacOS 10.14 Mojave

01_2

新フィーチャー『ダークモード』

アップルエンジニア向けイベントWWDC 18の現地取材2本目の記事をカリフォルニア州サンノゼからお届けしよう。

連綿と進化を続けるmacOSだが、今回のMojave(モハベ砂漠のモハベ)はかなり大幅なアップデートになりそうだ。

2001年に新世代のOSとして公開されたMac OS Xの16番目のバージョン。10.8 Mountain Lionまで猫科だったコードネームは10.9 Mavericksからカリフォルニアの地名になり、今回もカリフォルニアの地名に。ちなみに、モハベ砂漠はロサンジェルスとラスベガスの間の砂漠というか、西部劇に出てくるような荒れ地です。

カメラ好き大歓喜、ダークモードとギャラリー表示

macOS 10.14 Mojaveの最大の特徴のひとつは『ダークモード』が存在すること。

実際白っぽい画面だと暗い場所ではまぶしいし、写真を扱う人などは、周囲のOSの環境に惑わされて色の微妙なコントロールを誤りたくないものなので、これは良いかも。

メール、メッセージ、マップ、カレンダー、写真など、Macの内蔵アプリケーションではすべてダークモードを使えるそうです。

02_2

デスクトップピクチャも時間によって自動的に切り替えることができるようです。複数の時間に撮った写真がちゃんと数多く用意されるといいのだが。

加えて、これまでのアイコン表示、リスト表示などの他に、『ギャラリー表示』が用意される。プレゼンのようにも使える模様。また、ギャラリー表示ではExifデータを閲覧することができ、とりわけ写真の閲覧などの向いていそう。

03_2


Mac App StoreにOffice 365やLightroom CC登場!

App Storeはゼロから作り直されシンプルなビジュアルに。

04_2

独自のエディトリアルコンテンツが追加された他、人の手によるキュレーションが重視されるという。

また、Mac App StoreにMicrosoftのOffice、AdobeのLightroom CCなどが追加されたというのも驚きだ。

なんとMac上でiOSアプリが動くようになるかも

びっくりの発表だったのは、今後iOSの一部のアプリは、アレンジすることによって、Mac上で動くアプリとしてリリースするということだ。

05_2

そもそも、Mac OSとiOSはルーツを同じくする。だから「いつか、iOSにmacOSが統合されてしまうのでは?」という疑問は常につきまとっていた。

しかし、Appleの答えは『No!』だった。

マウスやトラックパッド、キーボードを使った操作に最適化されたmacOSと、タッチ操作に最適化されたiOSを一緒にするのは良くないというのだ。

しかし、構造上、iOSのアプリの要素を使って、macOSで動作するアプリは作れると。

というわけで、第1フェーズとして、Appleが純正のアプリとしてそれをやってみたと。News、株価、ボイスメモ、ホームなどのアプリが、iOSアプリから、macOS用アプリとして作られた。

06_2

これはユニークな試みだ。発展していけば200万以上存在するiOSアプリから便利なmacOSアプリが次々と登場するかもしれない(そして、開発者には新たな収益となる)。

Metal 2とCore MLがパワーアップ

3D表示をはじめとした画面表示を強力にするMetal 2と、機械学習をサポートするCore MLは引き続き重点的にアップデートされる。いずれもiMac Proや強力な外部GPUをThunderbolt 3経由で接続することでさらにパワフルな効果を発揮することができる。

07_2

追跡型広告をシャットダウン

また、セキュリティに関するアップデートも強力。

MojaveでSafariを使うと、追跡型広告を遮断することができる。しかし、ソーシャルメディアの『いいね』ボタンや『シェア』ボタンなどを使った広告主などへの情報公開が遮断されるというから、これはいろいろと影響も大きいだろう。

08_2

また、ユーザがブラウジングする際に、システム情報を簡略化して提示することで、システム構成に基づく追跡を防止。

さらに、ユーザが新規のオンラインアカウントを作成する際に、強力なパスワードを自動的に作成、入力、保存するほか、ユーザにパスワードの使い回しを警告し、パスワードを変更できるようにする。

新しいデータ保護機能では、メールの履歴やメッセージのデータベースなどの個人データにアクセスする場合、事前にユーザの許可を得る必要ようになっているとのこと。

大きく変貌したmacOS 10.14 Mojaveはこの秋に公開される。楽しみだ。

(村上タクタ)

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー