デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« アップルは何を発表するのか? | メイン | ダイソン・サイクロンV10発表! ダイソンは科学の力を信じている! »

2018年3月21日 (水)

iPhone歴代全モデル分解写真掲載の『iPhone10周年 完全図鑑』発売中!

iPhone歴代のほぼ全モデル、初代iPhone、iPhone 3G、iPhone4s、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 6/6 Plus、iPhone 6s/6s Plus、iPhone 7/7 Plus、iPhone 8/8 Plus、iPhone Xの分解写真を掲載した『iPhone10周年 完全図鑑』を3月19日(月)に1200円(税別)で発売しました。

Iphone


全国の書店、コンビニ、ウェブストアで絶賛発売中。もちろん、Amazonでも売ってます。



iPhoneが登場してからたった10年。iPhoneが登場する前はどうやって、地図を見ていたのか、連絡を取っていたのか、待ち合わせしていたのか? SNS、You Tube、キュレーションメディア、クラウド、IoT、ビットコイン、今我々を取り巻くほとんどすべては、iPhone(とそれに続いたAndroid)があったから生まれたものだ。

その10年の歴史を振り返る1冊。

E8fe9245afc3666e8173b3a5e049f9a7

左が初代のiPhone、そして右が最新のiPhone X。

分解してみると驚くほど進化している。そして、同時に、初代iPhoneにしても、マルチタッチディスプレイ、カメラ、通話、音楽や動画の再生……など、ほぼ同じ構成であることにも驚かされる。つまり、iPhoneは10年前の最初から完成していたのだ。

分解してみると、その進化の過程がよく分かる。

01

ポリカーボネートボディの3G、3Gs、両面ガラスに金属フレームの4、4s、アルミユニボディ採用の5/5s、再びポリカボディだったが短命だった5c、2サイズに分かれた6/6 Plus、感圧タッチパネルを採用した6s/6s Plus、防水の7/7 Plus、そして非接触充電の8/8 Plus、まったく新しい世代に移行したiPhone Xと、内部を見ればその進化の過程をはっきりと理解することができる。

分解以外のコンテンツも充実。2007年のジョブズのプレゼンに行った人のレポート、最新2017年iPhone X発表会レポート、iPhoneケースやバッテリー、地図アプリ、iPhoneマニアの10年、コラム、そして久々のiPhoneograpy復活など、いずれもお楽しみいただけるコンテンツを満載した。

05

iPhoneファン、必携の一冊。今後、品薄も予想されるので、今のうちにぜひ手に入れておいていただきたい。

iPhone10周年 完全図鑑
https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/flick-b-460549/

(村上タクタ)












コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー