デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« 取材記者感涙の自動バウンスストロボ『470EX-AI』 | メイン | 薄くて、軽くて、耐水。ロジクールKEYS-TO-GO »

2018年3月 1日 (木)

バッテリーが大容量なら、充電器とケーブルも【cheero】

cheeroの連日の新製品ラッシュで、まるで専属ブロガーのようになっている村上タクタです。半ば意地w

今日も今日とて、これからCP+のプレスデーの取材なのですが、せっせと書いております。

Img_6581_2

さて、バッテリーが2万mAh、5万mAh……となってくると、従来の5V 1Aはもちろん、5V 2.4Aの充電器では追いつかなくなってきます。一晩経っても、満充電になっていないとちょっと困る。

というわけで、USB-Cが導入されていくと同時に、充電器とケーブルもアップデートしていう方向になるわけです。

cheero USB-C PD Charger(http://www.cheero.net/products/pd18w_charger/)は、USB-C PD対応(最大18W)で、5V 3A、または9V 2A、または12V 1.5A対応の充電器。これなら、大容量のバッテリーでもかなり高速で充電できるハズ。

MacBook Pro 13 TouchBarと、電圧/電流計を接続して計測してみると、だいたい12V 1.45Aあたりをうろうろ(写真とは違いますが、数値はコロコロ変わるので、見た目の平均)。かけ算すると17.4Wだから、だいたい公称スペックに近い数値ですね。

18WでMacBook Proの消費電力をカバーすることができるかどうかはもうしばらく使ってみないと分かりませんが、重い処理をしなれば、かなりバッテリーライフを伸ばせそうだし、少なくとも使ってなければ充電できるので、あまりヘビーにパソコンを使わない出張なら、このアダプターだけで行くのもいいかもしれません(標準の61Wアダプターは約254g、本機は約55g)。荷物は相当軽くなりそうです。

サイズ的には、先に発売されているcheero Quick Charge 3.0と同サイズ。

Img_6583_2


ケーブルもこれに合わせてヘビーデューティなものを準備。Type-C to Type-C Cable 100cm(http://www.cheero.net/products/typeCtotypeC)


従来のUSB-Aの頃と違って、流れる電力は大きくなるので、内部構造が貧弱だったり安全対策をキチンと施されれていないようなケーブルや充電器は使わないように気をつけたい。ケーブルが細かったりすると熱を持つし、ハンダがいいかげんだとショートして火が出たりする可能性もある。

ちなみに、最大の電力量は60W(3A)で、データ通信速度はUSC-Cなので(Thunderbolt 3ではないので5Gbps。……っていうのはいいけど、いいかげんこのへんが分かる表記方法がないと、買ってしばらくすると、どのケーブルがなんだったのか分からなくなる。……どうしましょ。

どちらも3月1日正午発売。

USB-C PD Chargerの参考小売価格は、2,580 円(税込)。直販価格はAmazonが2180円(税込)、発売記念価格は1680円(税込)。楽天とYahoo!が2280円(税込)、発売記念価格は1780円。

Type-C to Type-C Cable 100cm1本タイプの参考小売価格は、1200 円(税込)。直販価格はAmazonが980円(税込)、発売記念価格は790円(税込)。楽天とYahoo!が1080円(税込)、発売記念価格は890円。2本タイプの参考小売価格は、2100 円(税込)。直販価格はAmazonが1780円(税込)、発売記念価格は1290円(税込)。楽天とYahoo!が1880円(税込)、発売記念価格は1390円。




(村上タクタ)

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー