デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月20日発売 ]

« アップル、シカゴでの教育関連発表の真意。日本に欠けてるものがそこに | メイン | 新Photoshopはアナログな現実世界をレタッチ! »

2018年3月30日 (金)

Amazon Echo一般販売スタート。今ならEcho Dotは1500円オフ!

昨秋の日本登場以来、招待制で販売されてきたAmazonのスマートスピーカー、Amazon Echoシリーズの一般販売が本日から始まりました。 

A_2

販売モデルは従来同様、小型のEcho Dot、高機能スピーカーを搭載したEchoそしてスマートホームハブ内蔵したEcho Plusの3モデル。 

さらに現在、Echo Dotは1500円オフの4480円(税込)で販売中(4/2 23:59まで)。さらにEchoを2点まとめて購入すると合計金額よりも3000円オフになるキャンペーンも行なわれています。



以前、招待に申し込んだものの、購入可能なリミットを逃した方はこれを機に入手してもいいかもです。ただし、それぞれ大量のオーダーにも応えられるようにしていたとのことですが、3/30 11時現在、すべてのモデルが在庫切れで予約注文状態(発売予定日は4/3になっていますが、今、注文すれば、Echo Dotは1500円オフで購入できます)。 

また、Amazon Echoシリーズは来週4/3(火)からエディオン、ケーズ電気、ジョーシンなど全国1000店舗の大手家電量販店でも販売を開始。現物を見てから買いたい派の人は、近所の量販店に行くのもいいかもしれません。 

日本上陸から半年ほど。ユーザー数も増え、利用され続けていることでAmazon Echoの頭脳であるAlexaも進化。方言や日本独特の表現も認識できるようになっています。例えば音楽を聴く際、ユーザーの好みを把握するのはもちろん、再生を止める際にもこれまでは「止めて」「ストップ」と明確に表現しなければなりませんでしたが、進化したことで「ごめん、止めて」といった日本人特有の表現も認識、反応するようになっています。 

地域や歴史に関する情報も増えており「今日は何の日?」という質問に応えてくれます。さらにEchoが発する音声もよりスムーズなものになっています。Echoに機能を追加するスキルも増加。昨秋時点では250ほどが利用可能だったのですが、現在では600以上にまで増え続けています。 

進化を続けるスマートスピーカー。音声操作で、普段、スマホでやっている検索や操作ができるスマートスピーカーがあれば、家での時間がもっと快適になるはず。Amazon Echoが手に入ったことで、もっと快適な毎日がくる日が近づいた。

コメント

コメントを投稿

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー