デジタルガジェットとウェブサービスに関する最新ニュースを、電子雑誌『フリック!デジタル』と連携してお届け! [ Flick! 毎月10日発売 ]

« 薄くて、軽くて、耐水。ロジクールKEYS-TO-GO | メイン | フリック!2017年4月Vol.78『iPhone & iOS 知って得する』 »

2018年3月 9日 (金)

7.5W! iPhone用非接触充電器の真打ちフォーカルポイントから登場

iPhone 8/8 Plus/Xで使える非接触充電は特殊仕様で、最大の充電電力が7.5Wとなっている。

これは一般的なQiの仕様とは異なり、アップル独自仕様に対応していないQi充電器を使うと、5Wでしか充電できない。

『Macお宝鑑定団』(http://www.macotakara.jp/blog/)によると、Qiの仕様で策定されている10Wや15Wに上げると発熱してしまい、かえって充電の効率が悪いので、7.5Wというアップル独自仕様を策定したのではないかということだった(http://www.macotakara.jp/blog/report/entry-34166.html)。

5Wでしか充電できないのなら……と、非接触充電器の導入を躊躇していた人も多いのではないだろうか? どうせiPhone 8/8 Plus/Xでなら、 アップル仕様の7.5W充電器に対応したものが欲しい。

と、思ってたら、フォーカルポイント(http://focal.jp/)が、近日、7.5W仕様の非接触充電器を発売するという情報をキャッチしたので、早速撮影試させていただいた。製品名は10W Plus WIRELESS CHARGER。価格は3980円(税込)。今月25日頃発売予定の模様(確定し次第お伝えします)。まだ、フォーカルポイントのサイトにも掲載されていない情報だ。

追記:4月6日(金)発送予定になったそうです!
https://focal.jp/10w-plus-wireless-charger.html






7.5W充電時には、LEDはブルーに光る。

26
ポイントは安全性を追及しているところ。

本体はアルミ製で放熱にすぐれ、iPhoneとの間は独自のリップを持つ構造によりわずかに浮いていて放熱性に優れる。内部には上面にはiPhone方向からの熱は吸収するが、iPhone方向には熱を伝えない特殊放熱財を使っている。また、下面の素材は逆に下に熱を放熱する素材を使っている。

27
また、充電器によっては、上面に金属素材が置かれた時に通電してしまい、火災を起す危険があるが、本機は異物がある場合にはそれを感知し、通電せず、かつブルーのLEDを点滅され、それを伝える。

31_2

ちなみに5W仕様の製品が上に乗ったときには緑色のLEDが点灯する。

32

(※実験のために、iPhone SEに5W使用の非接触充電カードを組み合わせて乗せています)


本機をフルパフォーマンスで使用するには、QuickCharge 3.0に対応した3.0Aの充電器が必要。現在のところ、Anchorの3Aタイプの充電器が安価でお勧めとのこと。

34




USB-C-USB-Aのケーブルは、10W Plus WIRELESS CHARGERに同梱されているので、合計で6279円(税込)で、快適高速な7.5W充電環境が手に入る。

せっかくiPhone 8/8 Plus/Xには、非接触充電の仕組みが搭載されているのだから(しかも、内部構造を見る限りでは、かなりの苦労をして搭載している)、そろそろ利用してみよう。この商品なら、安全、かつ高速で充電できる。

コメント

Ϝreelancing may result in an enormous “plus” relating to your іncome.
As a substitute of gettіng t᧐ settle for thee specific ᴡasցe that is provided by the one regulation firm that yoս ϳust work, youve a great deal
of leeway in setting your own pay rates. This factor can lead to
considerably extra money for yoᥙ.

コメントを投稿

2018年6月

カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

flick_twitter+facebook



このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】




flick! editors

  • 村上タクタ

    村上琢太。ガジェット好きの雑誌屋。'92年入社以来趣味誌ひと筋。バイク雑誌RIDERS CLUBから、現在はコーラルフィッシュRCエアワールドの編集長も務める。機能を突き詰めてカッコよくなったガジェットと、アイデアと楽しさに満ちたウェブサービスを紹介する本『フリック!』の編集活動に奮闘中。twitterアカウントは@flick_mag

flickの広告バナー


  • サイドリバー